のぶさんの花便り

デジカメと花に夢中な《のぶさん》ですが
これからは、風景やスナップにチャレンジ

サルスベリ

2016年08月05日 09時26分10秒 | 写真

                               

サルスベリは、別名「百日紅」(ヒャクジツコウ)の名のとおり、初夏から秋までの長期間に渡って鮮やかな
紅色や薄紅、濃い紫紅などの花を咲かせます。シンボルツリーとして庭植えにする方が多くおります。 

(花見川沿い公園 : 2016.08.03 撮影)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フヨウ

2016年08月04日 08時39分12秒 | 写真

フヨウ(芙蓉)は、夏~秋にかけて桃色や白い大きな一日花を咲かせます。昔から観賞用として栽培されており、
同科同属(アオイ科フヨウ属)でハイビスカスの仲間であるムクゲ(木槿)とよく似ています。
ムクゲとフヨウの違いを見分けるには葉を見てみましょう。フヨウの葉は花と同じぐらいの大きさで薄い緑色です。 

(自宅周辺 : 千葉市花見川区 2016.08.02 撮影)
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ムクゲ

2016年08月03日 05時00分15秒 | 写真

ムクゲ(木槿)は、夏から秋にかけて次々と花を咲かせる落葉性の花木です。栽培の歴史は古く、実に多彩な
園芸品種が存在します。花付きがよく、暑さや寒さにも強い丈夫で育てやすい花木です。

(自宅周辺 : 千葉市花見川区 2016.08.02 撮影)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

観蓮会 その7

2016年07月28日 06時32分43秒 | 写真

ハスの花の撮影を終終えたて後に、大賀ハスの実が発掘された場所に向かう。発掘場所に国土地理院測定
の石碑があります。このシリーズは今回で終わります。

(旧:東大緑地植物実験所 2016.07.16 撮影)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

観蓮会 その6

2016年07月27日 06時09分52秒 | 写真

 拙い説明は省きます。ハスの花をご覧ください。。

(旧:東大緑地植物実験所 2016.07.16 撮影)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

観蓮会 その5

2016年07月26日 06時03分52秒 | 写真









拙い説明は省きます。ハスの花をご覧ください。。

(旧:東大緑地植物実験所 2016.07.16 撮影)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

観蓮会 その4

2016年07月25日 06時06分33秒 | 写真

拙い説明は省きます。ハスの花をご覧ください。。

(旧:東大緑地植物実験所 2016.07.16 撮影)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

観蓮会 その3

2016年07月24日 05時48分42秒 | 写真

移転前のハス見本園には。約200品種のハスが栽培されており、平日でも事務所玄関前に置かれた入園簿
に住所や名前など記帳すれば撮影ができました。自宅から近いので開花期間中たびたび訪れました。
移転後は規模も縮小し50品種ほどの栽培となり撮影も年1回の観蓮会当日のみと、チョット残念な気持ちです。

(旧:東大緑地植物実験所 2016.07.16 撮影)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

観蓮会 その2

2016年07月23日 06時13分17秒 | 写真

検見川から東京の田無に移転したハス見本園は。6/21~7/22の間、一般公開され、今日(23日)早朝からの
観蓮会をもって本年の公開を終了するそうです。出掛ける機会を失い、来年は是非出掛けたいものです。

(旧:東大緑地植物実験所 2016.07.16 撮影)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

観蓮会 その1

2016年07月22日 06時13分17秒 | 写真

東大緑地植物実験所の移転により、もう見ることができないかと心配した観蓮会が、地元有志の方々が管理を
引き継ぎ、移転後も観蓮会が続けられております。今回も早朝6時に出掛け多くのハスの花を撮影しました。

千葉日報によると「1967年から毎年開催され、今年は節目の50回を迎える」と言います。 

(旧:東大緑地植物実験所 2016.07.16 撮影)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

キョウチクトウ

2016年07月21日 07時00分21秒 | 写真

キョウチクトウ(夾竹桃)の花は、6月から残暑の頃(9月)まで咲き続けます。花弁の基部が状、その先端で平
らに開いて五弁に分かれ、それぞれがややプロペラ状に曲がる。花色は、ピンク、黄色、白など多数の園芸
品種があり、八重咲き種もあります。


(花見川サイクリングロード : 千葉市美浜区 2016.07.18 撮影)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カンナ

2016年07月20日 06時36分42秒 | 写真

カンナは、真夏の炎天下、大きな葉の間から鮮やかな花を元気に咲かせます。花が大きく、花色も変化に
富んでいます。また、葉色が美しい品種も多く、赤や黄色の縞斑、白のはけ込み斑、銅葉など多彩です。

(稲毛海浜公園 : 千葉市美浜区 2016.07.06 撮影)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エリンジウム

2016年07月19日 05時58分33秒 | 写真



エリンジウムは、花を包むように付く「総苞(そうほう)」と呼ばれる葉っぱが美しくて人目を惹きます。
総苞は紫色やメタリックシルバーに色づき、幅が細いものや太いものなど品種により形の違いもみられて個性
的です。独特のシャープな美しさがあり、花壇に植えると締まります。  

(千葉市花の美術館 : 千葉市美浜区 2016.07.06 撮影)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

バーベナ・ボナリエンシス

2016年07月18日 06時35分21秒 | 写真

バーベナ・ボナリエンシスは、三尺バーベナとも言われる宿根バーベナの仲間で、名前の由来は宿根バーベ
ナの中でも草丈が高くなることによるものです。暑さ、寒さに強く、丈夫で育てやすいことから、よく見かけます。
群生をしている株が咲きそろっている様はなかなか美しいものです。 

(千葉市花の美術館 : 千葉市美浜区 2016.07.06 撮影)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カールドン

2016年07月17日 03時56分35秒 | 写真



カールドンは、アーティチョークの近縁種で、その違いはよく枝分かれして多くの蕾(花)を付けることと、
蕾が6cm~12cmと小さめで総苞片(ガク)の部分が肥厚しないことです。開花前の花のつけ根のふくらんだ
花托を茹でて肉厚部分を食べます。
   

(千葉市花の美術館 : 千葉市美浜区 2016.07.06 撮影)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加