のぶさんの花便り

デジカメと花に夢中な《のぶさん》ですが
これからは、風景やスナップにチャレンジ

ストック

2017年01月21日 06時40分30秒 | 写真

ストックは、秋から春にかけて芳香のある花を咲かせ、切り花、花壇や鉢物に利用されています。
原種の花は小さく紫色の一重咲きで、南ヨーロッパから北アフリカに広く自生しています。園芸品種には、
花色も様々あります。 

(千葉三越 : 千葉市中央区 2017.01.08 撮影)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プリムラ・マラコイデス、サイネリア

2017年01月20日 07時32分44秒 | 写真



プリムラ・マラコイデスは、中国の雲南省原産の一年草です。株全体に白い粉がつくことから、ケショウザクラ
(化粧桜)という和名がつけられています。暑さに弱いので、6月から7月もしくは9月にタネをまいて、翌年の
早春からの花を楽しみます。小輪品種(花の小さい系統)と、大輪品種(花が大きく葉がごわごわした系統。
花色が豊富)に大別することができます。



サイネリアは、草丈は20cm~70cm、花は小輪種で2cm、大輪種は8cmを超します。花色は黄色以外は一通り
はそろっておりカラフルです。単色だけでなく、蛇の目模様になるものもポピュラーです。 

(千葉三越 : 千葉市中央区 2017.01.08 撮影)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コチョウラン

2017年01月19日 05時29分18秒 | 写真



コチョウランは、もともとは東南アジア原産の着生ランです。バルブをもたず、肉厚の大きな葉の中に水分や
養分をためて成長するタイプです。暖かい栽培環境を好むため、冬の寒さには注意が必要です。
気温の上がる夏は、非常によく葉を伸ばし、株が大きく成長します。花はラン科植物のなかでも非常に長もち
し、2~3か月間楽しむこともできます。
園芸品種には香りはほとんどありませんが、一部の原種には甘酸っぱいさわやかな香りをもつものもあります。  

(千葉三越、特設会場 : 千葉市中央区 2017.01.08 撮影)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハボタン

2017年01月18日 06時57分07秒 | 写真

ハボタンは、冬花壇や正月飾りに欠かせない植物です。冬の寒さに冴える白や赤の葉はまるでそこに大輪の
花が咲いたような美しさです。外側の葉はグリーンで大きく、中心の葉は紅色、白、クリーム色、ピンクなどに
色づきます。漢字を当てると葉牡丹で、美しいて立派な葉姿を牡丹の花に見立てたものです。 

(千葉市花の美術館 : 千葉市美浜区 2017.01.05 撮影)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アマゾンリリー

2017年01月17日 07時13分47秒 | 写真

アマゾンリリーは、わずかに緑を帯びた純白の花は上品で清楚な感じがあり、爽やかな芳香があります。
そのため、新婦の美しさを表す花という意味で、よくブライダルフラワーとして利用されます。
または切り花としても使用されています。寒さにはとても弱く、柔らかい光を好むので日中は室内のレースカ
ーテン越しに置いておけば、四季咲き性なので常に花を咲かせてくれます。 

(千葉市美浜区: 千葉市美浜区 2017.01.05 撮影)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウナズキヒメフヨウ

2017年01月16日 06時34分05秒 | 写真



ウナズキヒメフヨウ(頷き姫芙蓉)は、緋赤色の花色が一般的ですが、桃色や橙色もあります。
蕾のときは上を向いており、花が咲くと下向きになります。
ウナズキヒメフヨウ(頷き姫芙蓉)という花名の由来は、花弁が開かず下向きに咲くことによります。
 
(千葉市花の美術館 : 千葉市美浜区 2017.01.05 撮影)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドンベヤ

2017年01月15日 07時06分07秒 | 写真

 ドンベヤはアフリカ、マダガスカルに200種類以上が分布する常緑性の低木です。花の咲く時期は品種に
より差がありますが、だいたいが晩秋~春です。花色はピンク、赤、白、紫などがあり小さな花がたくさん集ま
って直径20cmほどのボール状になり、満開の時は非常にボリュームと存在感を見せてくれます。
 
(千葉市花の美術館 : 千葉市美浜区 2017.01.05 撮影)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シクラメン

2017年01月14日 07時15分42秒 | 写真

初冬から春まで咲く、シクラメンは、年末年始頃から室内でもよく飾られる。色はさまざま。鑑賞用の園芸植物。
寒さに強い品種のことを「ガーデンシクラメン」と呼ぶ。また、シクラメンのことを、園芸では「ミニシクラメン」と
ぶことが多いようです。 

(千葉市花の美術館 : 千葉市美浜区 2017.01.05 撮影)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シンビジューム

2017年01月13日 07時28分07秒 | 写真





胡蝶蘭と並んで人気のシンビジュームは、冬の鉢花として贈られることの多い洋ランです。
寒さに強いので育てやすく、淡い色の花をたくさんつけて楽しませてくれます。 

(千葉市花の美術館 : 千葉市美浜区 2017.01.05 撮影)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミニバラ

2017年01月12日 07時12分58秒 | 写真



バラは樹形から、木立ち性、半つる性、つる性の3タイプに分けられます。

ミニバラは、木立ち性の小型の性質を受け継ぐバラです。コンパクトな株に極小輪から中小輪の花を咲かせ、
環境がよければ、春から秋まで咲き続けます。花色も豊富です。 

(千葉市花の美術館 : 千葉市美浜区 2017.01.05 撮影)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シーマニア

2017年01月11日 06時34分37秒 | 写真



シーマニアは、アルゼンチン、ペルー、ボリビアの森林に生えています。地下に鱗状の地下茎を有し、地表や
地下に細いほふく茎が旺盛に伸びて株立ちします。茎頂近くの各葉腋から花柄を伸ばし、赤~オレンジ色の
ベル形の花を横向きに咲かせます。花冠の先端は小さく5裂し、やや反り返り、内側は黄色で小さな斑点があ
ります。

(千葉市花の美術館 : 千葉市美浜区 2017.01.05 撮影)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミツマタ

2017年01月10日 06時44分31秒 | 写真

苑内にミツマタ(三椏)が一株植えられており、蕾が大きく膨らんでおり、数輪の花が開きはじめました。。

(上野東照宮ぼたん苑 : 東京都台東区 2016.01.03 撮影) 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ソシンロウバイ

2017年01月09日 07時16分54秒 | 写真

苑内の2カ所にある、ソシンロウバイ(素心蝋梅)が咲きはじめました。

(上野東照宮ぼたん苑 : 東京都台東区 2016.01.03 撮影)  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬ぼたん その5

2017年01月08日 06時44分20秒 | 写真

牡丹は、中国を原産国とする花で、古来より「百花の王」と呼ばれ、薬用に鑑賞用にと広く親しまれてきました。
絢爛豪華な花容から「富貴花」とも称され、財産・繁栄・名誉・光復をもたらす縁起の良い花として愛されてます。

(上野東照宮ぼたん苑 : 東京都台東区 2016.01.03 撮影)  

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

冬ぼたん その4

2017年01月07日 07時44分39秒 | 写真

丹精込めて栽培された冬ぼたんはどの花もすばらしいもので観る人々の心を和ませ癒してくれます。
5月には、春ぼたんが咲きます。改めて撮影に訪れたいと思います。

(上野東照宮ぼたん苑 : 東京都台東区 2017
.01.03 撮影)  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加