花咲爺さんの独り言

昔は花を咲かせた事もあったのか? 自慢話ばかりするお爺さんです。歳に似合わず山登りや庭園鉄道、カメラいじりが大好きです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

さて何色にしましょうか?

2014年12月24日 16時52分15秒 | 模型工作
 まだ小物もなく未完成ながら、一応上物と台車が出来上がったので、ここらでドッキングしてみる事にしました。
 図面も無く、ダンボールを切り貼りした型紙をもとにつくった割には、まずまずのプロポーションに仕上がっているのではないでしょうか?



 ここまでくると、後はボデーの塗装と言う事になりますが、さて何色が良いでしょうか? 心が和む“可愛い”感じにしたいと思いますが、オレンジ系、それともピンク系が良いかな?
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

台車の組み付け 

2014年12月19日 16時04分54秒 | 模型工作
 いよいよ心臓部(台車)の組付けです。先ず木材を使ってフレームを作ります。この部分は自分の作りたい車両の大きさ、主にホイールベースによって決まりますが、トレッドは5インチ(127mm)とと決まっていますのでそう自由度はありません。



 後は、キットとして用意された車軸(前輪・後輪)やモーター等を、説明書に沿って組み付けていきます。寸法さえ間違わねばピタリぴたりと決まってゆくので、楽しいものです。今回の作業で一番気を使ったのは、モーターにアイドラーを取り付ける所だったでしょうか! そのアイドラーを介してモーターと車軸がチェーンで繋がっています。

 まだ細々した作業は残っていますが、後は既に組上げた上物とのガッタイです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花咲鉄道 豪雪(?)に見舞われる!

2014年12月17日 11時32分29秒 | 庭園鉄道・Gゲージ
 今朝起きて窓の外を見ると外は白銀の世界。天気予報で降るとは聞いていただけに、驚くのもおかしなものだが、積雪らしい積雪はこの冬初めてである。早速計測してみたら最大で20㎝あった。



 早速、カメラを持ち出して記念撮影を撮る。花咲鉄道の撮影ポイント「石積み風二重橋」も、その存在すら定かではない。それに反し、シェルター上には既に雪崩が発生しており、その存在価値をいかんなく発揮していた。(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

待ちに待った台車セットが届きました。

2014年12月12日 20時59分39秒 | 模型工作
 昨日待ちに待った凸電用の台車セットが届きました。注文してから丁度1ヶ月目です。今まで上物だけの工作を進めきましたが、これでようやく全体像が想像できるようになったのではないでしょうか?



 昨日届いた台車セット(2軸電車メカキット)は、写真のように2つの車輪と4個の軸受け、そしてモーターやコントローラー等です。これらの部品を木製のフレーム(自作)に取り付けて行くわけです。 あと必要な物と言えば車用のバッテリーで、これが動力源となります。



 これはその車輪を1つ大写しにしたものですが、さすが人を載せて走ることができるだけに、ガッチリした造りになっています。これだけで2.5㎏の重さがあります。

 これでいよいよ台車作りや、上物とのドッキング作業が進められるわけですが、その進捗は爺さんの体調次第です。 こんな工作は、作る過程が一番の楽しみ! 先ずはボチボチと言った所でしょうか!?

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

一応上物を組み立て、形にしてみました。

2014年12月05日 20時25分20秒 | 模型工作
 ここに来て、どうにか上物の部品も揃ったので、形にしてみる事にしました。以前と違って体調の良いときを狙ってボチボチの作業だけに、まどろこしく感じられるかも知れません。



 前後の壁(専門用語では“妻”と呼ぶらしい)や、側壁(専門用語では“側”と呼ぶらしい)、そして屋根は全て木製にしましたが、残るボンネット(?)部分は、カーブも有るので金属板を使う事にしました。



 金属板と言っても色々ありますが、検討対象としたのは真鍮板とアルミ板の0.5mmと1.0mmでした。最終的には裏に木製の補強を1本追加した上で、曲げ加工が容易なアルミ板の0.5mmを使いました。



 ここには写っていませんが、中間にもう1本木製の補強を追加しました。



 次の作業はアルミ板の形取りです。厚紙を使ってカーブに沿わせ、寸法を決めました。



 アルミ板のとめ方で悩みましたが、最終的にはご覧の様にビスを多用(その多くは飾り)しました。
他の木製部分とのアンマッチ(木金折中)が気にならなくはありませんが、オーナーが納得すればいい事だと割り切りました。皆さんには異論の有る所だと思います。

 尚、そのボンネット上に何か蓋らしいものが2個付いていますが、これはメンテ作業孔の蓋の積りです。100円ショップで「アルミの名刺入れ」を見つけたので、2つ買って帰り付けてみました。







コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

思わぬところで手間が掛かりました。

2014年11月28日 23時25分48秒 | 模型工作
 5インチの機関車には懐中電灯がお似合いだと、先輩諸氏のからの情報を得ていたので、迷わすホームセンターを狙いました。



 サイズは各種有りましたが、50mmと60mmとで迷いました。結局は安かったこともあって両方を買って帰ることにしました。ちなみに、お値段は50mmが約350円、60mmが約400円でした。当然のことながら今はやりのLEDではありません。



 家に帰って、作りかけの前壁に当てて見たところ60㎜が、迫力(?)があってお似合いと判断しましたが、これをどうやって取り付けるかで悩みました。そこまでは今まで考えた事が全くありませんでした。先ずは分解して構造検討です。



 色々考えて辿り付いたのがこの図のような方式です。その方式とは、バッテリーの入っていた筒のねじの部分を切取って前壁に固定し、懐中電灯の頭部をねじ込んで取り付けるというものです。拙い絵ですがお分かりでしょうか?  ねじ部を前壁に固定する為に連結部材を使っていますが、これは材木で作りました。



これが完成品(?)です。リード線がやけに長いようですが、一応手元(コントローラー)まで届く事を考えています。
ほんの一寸した事なのに、構想に半日、制作に半日掛かりました。ただ頭を色々回転させるのには良いテーマですた。


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

上物は組み立てを待つのみ・・・

2014年11月26日 18時17分16秒 | 模型工作
 前回、謎めいた問いかけをしたら、モノの見事に言い当てられてしまいました。そうです今作ろうとしているのは木製の「凸電」です。
 ただ大きさ(ゲージ)については触れられていませんが、実はこれ、花咲鉄道では初の“5インチ”なのです。何ゆえ今頃になって“5インチ”なのか? 話せば永くなりますのでその話はまた後日と言う事にして、今日は作業の進展具合をお知らせしておく事にいたします。




 先ず側壁が結合されました。これで誰が見ても「凸電」だと言う事が分かる様になりました。次に屋根の部分も何とか形になりました。



 この屋根部分、金属で作れば曲げ加工も容易でしたが、端末形状が薄っぺらになるのが嫌で、あえて木製を選びました。
 先ずアール形状の冶具(写真左)を作り、30㎜幅の短冊を10枚並べていきました。勿論、内周と外周の差分メンを取りながらです。 如何でしょうか? まるで一枚板から削り出したような仕上がりではないでしょうか? (また例によって爺さんの自画自賛が始まれましたので、今日のところはこの辺りで・・・ )

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

これだけで何を作るか分かったら鉄人です!

2014年11月22日 03時16分53秒 | 模型工作
 前回謎めいた文面で、ジグソーや桐の集積材を紹介しましたが、幾らなんでもあれだけでは見当が付かなかったと思います。そこで今回は少し作業が進行した状態をお見せします。
 ここまで来れば“鉄分”が多い諸兄には、それが何かが分かった事でしょう。“鉄分”が少ない方は、後暫らく迷い続けて?下さい。



 幾つも四角く切り抜いた穴が明けられていますね。実はこの作業の為ジグソーが必要だったのです。



 こちらの板にも同じ様に2個ずつの穴が開いています。これだけではまだ分かりませんかね?
 そこで、ここらでヒントを差し上げておきましょう。この四角い穴は何れも窓枠で、この構造物には合計10個付くことになっています。分かったかな??



 解答は兎も角として、この窓枠はちょっと手の込んだ造りになっています。お気付きだったでしょうか? そうです何れの窓にも「枠材」で盛り上がっています。実はこれは無くても良さそうな物ですが、切り抜いた枠の仕上がりをカモフラージュする為に追加しました。チョッピリ手間が掛かりましたが窓枠に立体感も出て良かったと思います。(例によって花咲爺さんの自画自賛が始まりました。)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

また何か作る気になったようです!?

2014年11月17日 06時49分11秒 | 模型工作
 月初めに退院してからこの方、寝たり起きたりゴロゴロしていた爺さんも、ここに来て体調も良くなったのかホームセンターで買物をして帰りました。



 その1つがこの「ジグソー」です。使用目的はご存知の通り木の板から、色々な形状の物を切り抜くのに主の使われる道具です。国産品に比べて半値以下の価格にも後押しされてつい買ってしまいました。



 もう1つの買物は「桐の集積材」3枚です。何故桐の集積材なのか? それは作る品物の重量を出来るだけ軽くしたいのと、何となく加工がしやすく感じたからです。
 
 さてこれから何が出来るか? それは今しばらく内緒にしておきましょう。何はともあれ家でゴロゴロしていたらネガティブな事しか考えませんが、手足を動かす気になっただけでも良しとしましょう!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花咲爺さん 歌手に転向!?

2014年11月10日 18時56分57秒 | 日記・つぶやき
 このブログ、開設以来はじめて1ヶ月更新しない状態が続きました。あれでも時折ご覧になっていた方々は、『とうとう花咲爺さん挫折したか?』とお思いの事ではないでしょうか?
 どっこいそうは行きません。話題は何であれ“続ける事に意味がある”をモットーに頑張ってみる事にしました。



 かといって、いきなり「カラオケ用マイク」が出てきたりしたら、皆さん首を傾げたくなると思います。そこで話は長くなりますが、少し経緯をお話しておきましょう。
 10月14日に体調が思わしくないので、息子の嫁に連れられて病院に行ったら、お医者さんから『手術した方が良いので明日入院しなさい』と告げられたのです。そして15日に緊急入院し、約半月病床生活を送る事になりました。ここまでの話なら何も「カラオケ用マイク」の説明になってはいませんね。
 実は体調が崩れて病院に行った前日(13日)、広島で開催された「千昌夫の歌謡ショー」を見に行っていたものですから、『ショーの間中、痛みはちっとも無かった ets 』などと息子の嫁に話したのです。そしたら手術が終わって3日ほど経ってから、この「カラオケ用マイク」が病室に届いたのです。嫁曰く『早く良くなって、退院したら思う存分唄ってください』。



 ちなみに私のオハコ(十八番)は、千昌夫の「北国の春」と「星影のワルツ」です。歌謡ショーの帰りにロビー販売されていた手拭を1枚買って帰りました。
  
後日談:このカラオケセットには採点機能も備わっていました。ちなみに私の唄う「北国の春」は、初回が91点、2回目が95点でした。このカラオケセット、採点機能も良いようです。(笑)
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

久々に 庭園鉄道を楽しみました。

2014年10月11日 19時34分46秒 | 庭園鉄道・Gゲージ
 このところ体調が思わしくなく、室内でゴロゴロしていましたが、庭園鉄道の保線状態も気になったので、久々に「ブロッケン」にタンクカーを牽かせて遊びました。
 心配した保線状態は、2ヶ月ほど前に整備しておいたお陰で、直ぐに機関車を走らせる事が出来ましたが
沿線の植込みや、円形花壇の草花は伸び放題で、そろそろ秋物の植え替えが必要になっていました。
 以下、変り映えはしませんが、撮れたての写真を添付しておきます。








コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

あの頃私も若かった! ~つづき~

2014年10月03日 23時12分33秒 | 日記・つぶやき
 昨日に引き続き、6年前のブログの記事(青文字)を紹介しておきます。撮影場所は広島県北広島町の樽床ダム(正式名称は聖湖)、堰堤と国道191号線を結ぶ道路の中間地点です。樽床ダムからの帰り道、あまりにも紅葉が綺麗だったので、三脚を据えセルフタイマーで撮りました。撮影時期は10月中旬でした。


あの頃私も若かった! ~つづき~
 HONDA CB750 を、インターネットで検索すると、次のような解説文を見付けました。
 “1969年にセンセーショナルに登場したCB750は、ホンダの技術の結晶として誕生したマシーンで、高速道路の世界的な普及に伴う長距離高速ツーリング時代の要求に応えた高性能オートバイでした。
 世界初の量産並列4気筒OHCエンジンを搭載し、最高時速200km/hというスポーツモデル。このモデルの出現で、多気筒ビッグバイク時代が到来、発売開始とともに世界中でヒットし、世に「ナナハンブーム」を巻き起こしました”



  じっくり車体を観察する為に写真を変えて見ました。前回の写真は足が邪魔でした。前輪前の84の数字は日付で、1984年に撮影したことを表しています。
 この車種は正確には HONDA CB750K と言い、1975年頃から1980年頃までの間に生産されたようです。OHC空冷4気筒、マフラーが左右2本づつシンメトリーに付いていました。このマフラーの跳ね上げ角度がまた絶妙で、これ以外の角度は有り得ないと思いました。
 タイヤはチューブレス、ホイールはアルミホイールでした。(ホイール部分はアルミダイキャストの切削加工、スポーク部分はアルミ板のプレス加工)

 この車、10数年前に引越しをした時、不動屋さんに無料で処分を依頼したところ、後日10万円で売れたとの報告がありました。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

あの頃私も若かった! ~それは30年前のお話です~

2014年10月02日 23時37分47秒 | 日記・つぶやき
 先月の13日に、病院のベッドの上で書いた“「白馬岳に登りました」ただしそれは6年前のお話です”を最後に、20日間程このブログの更新をさぼっていたら、色々と皆様にご心配をお掛けした様なので、また昔のお話でお茶を濁す事にしました。
 以下青色の記事は、旧ブログ「花咲Gさんの汽車ポッポ」に、6年前に掲載したものです。そして写真はちょうど30年前(1984年)の秋のものです。

あの頃私も若かった!
 この所、野暮用が多くて、ろくにブログも更新せずご無沙汰していました。やっと一息つけたので、何かブログのネタになるものは無いかと探したら、今の季節にピッタリの昔の写真を見つけました。


 このオートバイはホンダの750cc。この車に乗るにはジーパンは似合わないと(勝手に)思い、全身ぴったりサイズの革製品を探しました。結果的にはジャンバーは東京で、ズボンとロンググローブは広島で、ロングブーツは大阪で、ようやく手に入れた次第です。(何でも「形から入る」私の悪い癖です)
いかがですかこの写真? 様になっていると思いませんか?? あァ~あの頃私も若かった!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「白馬岳に登りました」 ただしそれは6年前のお話です。

2014年09月13日 07時49分24秒 | 山登り
 先日、おばあさんが『山の写真はどこに置いてあるの・・・』と言うので探してみたら、いろいろと出てきました。その中に「夫婦二人で最後に北アルプスに登った写真を見つけたので紹介しておきましょう。



 私たち夫婦が初めて「北アルプス」に挑戦したのは、20年程前のことになりますが、その時最初に選んだのが「白馬岳」、コースは「大雪渓ルート」を選びましたが、今回紹介する6年前は「白馬大池ルート」を登りました。



 広島を出発してから三日目の朝、「白馬大池山荘」を出発して、いよいよこれから白馬岳山頂を目指します。ようやく前方に白馬岳が見えてきました。写真はちょうど小蓮華山を越えた辺りだったったでしょうか?  



 しばらくすると下界から雲が次第に湧き上がってきました。ただ雲はこれ以上は登ってこず、私たちは雲海の上の稜線漫歩を楽しみました。真夏なのに気温は18~20度と低く、とても爽やかでした。



 だいぶ山頂が近くに見えるようになってきました。おばあさんの歩く真正面の山肌に薄い斜めの線が見えますが、これがこれから登る登山道です。そしてこれを登り切った所が「三国境」になります。三国とは越中(富山県)、越後(新潟県)、信濃(長野県)の事です。私も最近知りました。
 三国境から山頂までは、標高差にして180メートルあまり、これからコマクサの群生地もあるので、あと1時間半は掛かりそうです。

最後に、山頂での写真を載せたかったのですが、みな顔が映っていたので諦めました。今回は病室でノートパソコンを使ってこの記事を書いているため、顔にモザイクを掛ける方法が分からなかったからです。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

まだ飽きもせずにスヌーピーですか??

2014年09月11日 17時08分06秒 | 日記・つぶやき
 『まだ飽きもせずにスヌーピーですか?』と言われそうですが、今回もスヌーピーのお話です。実は今日、家内に頼まれて郵便局に取置きしてもらっている記念切手を取りに行ったところ、そのうちの2枚が「スヌーピーとピーナッツのなかまたち」だったのです。
 何だかこのところスヌーピーに取り付かれているような気分になりました。



切手と一緒に渡されたこちらは(発売予告の)チラシです。これを見ると8月19日が発売日だったようです。



こちらが切手です。52円切手と82円切手の2枚組みです。52円の方はごく一般的なイラストですが、82円の方には郵便に関係したイラストばかりでした。やはり日本郵便ですね。



これが82円きっての方を一部拡大したものです。今度、花咲爺さんが作るとしたら「赤い郵便受け」かも知れませんね!?(笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加