治療には旬がある!?

2013年03月27日 | 治療の話

「痛み」という相談は一律な方法では対処できない

って言ったら皆さんはどう思われるでしょう!?

実は、「痛み」への治療には「旬」があるんです。

おなじ「痛み」という表現を使っていても、

炎症が活発に起きているために痛いのと、

疲労して強張った筋肉が循環障害を生じて痛いのとでは、

その対処は正反対になるんです。

痛む箇所が炎症している時にグイグイ揉んだり伸ばしたりすると、

治るどころか腫れがひどくなってしまうでしょう!?

そんな時には安静にして、腫れが広がらないようにアイシングをするわけです。

組織の傷を治すのは治療家ではなくカラダ自身の能力なんですね。

この時期はカラダの仕事を邪魔しないことが重要です。

 

逆に、炎症が治まって強張りに転じた時にまで安静にしていたら

強張りは解かれるタイミングを逸してしまうでしょう。

この時期になってきたら私たち治療家の出番です。

 

ね、痛みの治療には旬があるでしょう!?

 

と、今日はそんなお話でした。

 

では。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ランニング障害の克服 | トップ | 腰部脊柱管狭窄症について »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。