勃ちあがった象の白い涙の物語

ロックンロールにゃ老だけど死ぬにはチョイと若すぎる

『真田丸』関ケ原ぶった斬り

2016-09-18 11:40:57 | Weblog
9月11日放送の『真田丸』における関ヶ原の合戦の描写が、わずか1分弱しかなかった、と話題になっている。
たしかに、関ケ原の戦いは日本史上、最大の合戦だし、何より、いままでさんざん関ケ原に向けて盛り上げていくようなドラマ展開だっただけに、あのぶった切り方は意外ではあったし、また、丸々1回分の放送を費やして、第一次上田合戦を描いたのとは、あまりに対照的ではある。
だた、それを「大河ドラマ史に残るぶった斬り」とまでは言えないなぁ、と思う。
個人的には、2011年の『江~姫たちの戦国~』での、向井理演じる徳川秀忠が、関ケ原の戦いに間に合わなくて、土砂降りの雨の中で叫び声をあげるシーンだけで終わらせてしまったのが、あまりに衝撃的すぎて、それに比べれば、今回のは、それほどではないような気がしている。

それにしても、今年の大河ドラマは、結構、面白い。
ヒットメーカー三谷幸喜作といわれても、前回、三谷が脚本を担当した『新選組!』は、イマイチな出来だと思ったし、元々はコメディの人だけに、それほどの期待はしていなかったのだが、いい意味で、その期待を裏切る内容である。

ここしばらく、大河ドラマも視聴率的に苦戦していたし、そういう点から、NHKもヒットメーカーの三谷幸喜に脚本を依頼したのだろうが、NHKのその腹のくくり方が窺い知れるというか、主題歌前の演出を止めたり、無名ながら劇場出身で実力のある役者を使うなど、本当に三谷は好き勝手やっているなぁ、という感じがしているし、それがうまくいっているなぁ、と思う。


(本文と写真との間には、何の関係もありませんし、何の意味もありません)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「Unplugged」 エリック・クラプトン

2016-09-17 02:39:51 | 音楽
一応、クラプトンの代表作の一つであり、世に「Unplugged」ブームを巻き起こすきっかけになったという意味で、ロック史上、重要なライブ・アルバムではあるのだとは思う。
ただ、個人的には、どうもイマイチな印象がある。

まず、元々が、クラプトンは、あまり得意とするアーチストではない。
ロック史上、非常に重要なアーチストだし、彼が発表した楽曲の中には、だれもが認める名曲といわれるものが数多くあるし、そういったものは、個人的には好きではある。
ただ、彼の場合、かなりブルース臭が強いアーチストであると言えるわけで、個人的に、あまりブルースというものに、それほどの興味がわかないので、どうしても、全体的には、それほど好きなアーチストであるということにはならない。
で、このアルバムは、どうも、そういう彼のブルース的な部分が色濃く出ているような気がして、イマイチな印象になってしまうのである。
しかしながら、それならば、単純にこのアルバムを無視すればいいだけの話なのだが、そうならないのは、私は、彼の代表曲である「レイラ」が大好きである。しかしながら、オリジナルアルバムで楽しむには、ほかの楽曲のブルース的な部分がダメなので、ベスト盤で楽しもうと思うのだが、どういうわけか、彼のベスト盤に収録されている「「レイラ」は、このアルバムのバージョンであることが多い。
困ったものである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ACのI

2016-09-10 01:54:14 | 風俗
安倍晴明は橋の下に式神を隠し飼っていたらしい。

ACのIに入ってきた。
最近はそうでもないが、少し前までは某掲示板でボロクソ書かれていた姫である。
ただ、その書かれようが、彼女の性格によるものばかりで、肝心のプレイ内容については、全くと言っていいほど書き込みがない。
かなり以前になるが、こういう状況は、ほかの某姫でも起こっていて、彼女の場合は、典型的なストーカーと化した者の仕業で、あまりにしつこいので姫が相手にしなくなったところ、嫌がらせと姫に振り向いてほしいがために行っていたということがあって、今回のこのIに対するものも、それと同じようなものが感じられたので、入る前から掲示板の書き込み内容は知っていたが、全く気にはならなかった。

さて、実際の姫であるが、少し歳はいっているとはいえ、かなりの美形である。
おまけに、サービス内容もしっかりしている。
これは、はっきりいって、良姫であると言えるであろう。
某掲示板の内容を鵜呑みにしなくてよかった、と思っている。

ただ、関取みたいな言われ方をしていたりするが、それは少し納得のいくものがあって、少し下半身デブである。
それに、たしかに上になってもらったとき、少し重く、かなり痛い。



(本文と写真との間には、何の関係もありませんし、何の意味もありません)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

坂口杏里、AV転身

2016-09-06 22:08:05 | 風俗
あのおバカタレント、坂口杏里が「MUTEKI」からAVデビューするらしい。
個人的には、坂口杏里本人より、母親の坂口良子のほうが、世代的に印象が強い。
杏里本人でいえば、おバカタレントいうポジションのタレントは数多くいるが、彼女の場合、それはTV用の作られたものではなく、また、単に一般的な知識や常識が欠如しただけのものではなく、正真正銘の本当のバカじゃないかと思えるものがある。

ちなみに、坂口杏里といえば、雄琴の「アムアージュ」に、稀に現れる某有名タレントが彼女ではないかという噂があったが、こうなると、この噂が本当だったんじゃないか、と思えてくるし、もしそうなれば、近い将来、今みたいに謎に包まれた特別扱いの存在ではなくなることになるんじゃないか、と期待してしまう。
そうなったら、DVDを鑑賞してから、上手く予約が取れれば、入ってみたいな、と思わいでもない。

(本文と写真との間には、何の関係もありませんし、何の意味もありません)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ACのK

2016-08-21 03:29:39 | 風俗
そういえば、郵政民営化はどうなったんだろう。

ACのKに入ってきた。

第一印象は、けっこうよかった。
HPの写真より、よく見えるという、逆パネマジ状態で、ちょっとハーフっぽい感じのルックスで、角度によっては滝川クリステルっぽく見える。

しかし、
裸になってみると、けっしてデブではないが、下腹部が出ている。
サービスも、ずーとチ○ポに刺激を与えてくれていて、そういう意味では、まぁいいのだが、いかんせん、テクがない。
それは、素人以下といっていい。
さらに、感度もイマイチよくない。

はっきりいって、これでは何もおもしろくない。



(本文と写真との間には、何の関係もありませんし、何の意味もありません)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『野獣死すべし』

2016-08-15 04:00:01 | DVD(映画)
80年発表の松田優作主演の映画。
この作品の演技において、松田優作は名優の称号を手にしたといっても過言ではない。
とにかく、この映画で見せる優作の狂気に満ちた演技は、唯一無比のものであり、彼以外にこのような演技を成し遂げられる役者は、おそらくいないであろう。

そんな優作の演技以外にも、殺害されるシーンでの小林麻美の美しさや、列車内の室田日出夫の演技など、見どころはそれなりにある。

ただ、内容が少し難解というか、やりたいことはわかるのだが、上手く消化できていない印象がある。
戦場カメラマンとして数々の戦場で凄惨な場面に出会うことにより、その精神を狂わせてしまった伊達邦彦を描くことにより、単に戦争の悲惨さを描くのではなく、戦争という異常な状況が人間の精神に及ぼす影響を描くことによる、ある意味、よくできたテーマの反戦映画ということはわからいではないのだが、ちょっとわかりづらいような、と思う。
特に、その傾向が顕著なのが、いろいろと語られることの多いラストシーンである。
日本映画史上、指折りの難解なラストシーンといわれるあの場面は、これだけいろいろと語られて、いまだにこれといった定説的な解釈が出てこないということは、単に観客にやりたいことが伝えきれていないという、作り手の未熟さの表れであろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SMAP 年内解散!

2016-08-14 04:13:22 | 社会
国民的なアイドルグループ、SMAPが年内いっぱいで解散すると、正式に発表したらしい。
すごく大きなニュースだとは思うが、正直な話、個人的にはそれほどの驚きは感じなかった。
むしろ、思ったより、長く持ったな、という印象ですらあった。

今年年初の解散騒動で、メンバー間の不仲が明るみに出て、おそらく、この人間関係を修復するのはむつかしいだろうな、と思っていただけに、ここまで何とか引っ張ってこれただけでも、たいしたものである。

しかし、仮にも国民的なアイドルグループと言われているだけに、たとえ個々の活動が中心となっているといえ、SMAPというコンテンツの喪失は、TVなんかへの影響は大きなものがあるんじゃないか。

また、これだけの人気を長年に渡り続けてきたのだし、それなりの落とし前みたいなものは、その人気を支え続けてきたファンに対しては、必要なんじゃないか。
年内解散ということで、紅白で歌って終わり、みたいな感じが簡単に想像できるけど、それだと、このグループの最後としては、少し弱すぎるような気がする。
もっと大々的な、特番を組むくらいのものがほしいところではあるとは思う。


(本文と写真との間には、何の関係もありませんし、何の意味もありません)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『蘇る金狼』

2016-08-13 02:51:02 | DVD(映画)
79年の松田優作主演作。
ストーリーはご都合主義だし、アクションはチャチだ。
ただ、松田優作を筆頭に、小池朝雄、成田三樹夫、岸田森や佐藤慶など、出演している役者は、一見の価値があるし、特に、風吹ジュンには、特筆すべきものがある。

それ以外には、内容的にはあまり見るべきところはないが、のちの『野獣死すべし』で見せた松田優作の狂気の演技の原型が見られたりはするし、特に、ラストシーンは、なかなかの見どころだと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『ゴジラvsビオランテ』

2016-08-10 01:54:30 | DVD(映画)
84年に復活したゴジラの2作目の作品。
ゴジラ作品の中では酷評されることの多い作品だが、個人的にはナカナカだと思う。
CGが当たり前の今見ると、少しチャチな印象を持たざる得ないが、制作当時の状況を考えるならば、よくできていると思う。
確かに、ストリー的には、少し中途半端な印象を持たざる得ないが、ビオランテの造形はよくできている。
このビオランテの造形のすばらしさは、ゴジラ怪獣史上、屈指のものだと思う。

ただ、この植物と動物に融合というのは、かつて『帰ってきたウルトラマン』であったネタではある。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ACのH

2016-08-09 01:21:40 | 風俗
最近の雄琴では、ACがお気に入りである。
この店にはお仕事系の姫が多く在籍し、ソープらしいプレイが楽しめる店だという印象がある。

で、今回もACに行ってきたのであるが、お相手いただいたにはHであった。
ちなみに、この姫は、この店に在籍している中では、特に年長の姫のようである。
さらに、話をしてみると、この姫は元大衆店に在籍していたようである。

それなりの年齢と元大衆店の姫というだけに、ルックスはそれなりである。
これだけならば、価格が価格だけに、がっくりである。

しかし、サービスは、満足がいくものであった。
おそらく、本人も、そういう見た目のマイナス要素を自覚していて、そのぶんをサービス内容でフォローしようとしているのだろう。
それなりの一生懸命さが伝わる内容であった。
特にマットには特筆すべきものがあり、マットとは、本来、あそこだけでなく、全身で快感を感じるものであると、改めて認識させてもらえるものであった。












(本文と写真との間には、何の関係もありませんし、何の意味もありません)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都38℃予想

2016-08-07 08:16:05 | Weblog
マジか!

シャレにならんぞ!

こんな高い予想気温、初めて見た。
この時期は、予想気温より高くなることが当たり前だから、このままだと40度越えか?



(本文と写真との間には、何の関係もありませんし、何の意味もありません)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暑い

2016-08-06 04:16:23 | Weblog
こういう暑い日は、汗をかいて何度も着替えるので、
洗濯物が、溜まってしまう。

何度洗濯しても、まるでエンドレスのように、洗濯物が増えていく。




(本文と写真との間には、何の関係もありませんし、何の意味もありません)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ACのY

2016-07-30 02:56:15 | 風俗
新人ながらランキングしているACのYに入ってきた。
ルックス的には、まぁまぁである。
WINKの不細工なほうに似ている。
ただ、サービスが、一生懸命なのはわかるが、イマイチである。
おまけに、上品ぶっているのか、話声が小さすぎて何を言っているのかわからない。
一応、シップで隠しているが、腕にお絵かきがあるようだ。

思うに、この姫は、恋人系を目指しているのだろうが、それにしては中途半端であるし、私個人的には、この店には、どちらかというとお仕事系を求めているので、そういう意味でも、イマイチであった。

(本文と写真との間には、何の関係もありませんし、何の意味もありません)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポケモンgo

2016-07-27 21:03:04 | 風俗
(本文と写真との間には、何の関係もありませんし、何の意味もありません)

雄琴にもポケモン、いるかな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「私本太平記」 吉川 英治

2016-07-23 08:33:34 | 書籍
あまりテレビや映画の題材として取り上げられることはないのだが、この鎌倉幕府末から南北朝の時代は、メッチャクチャ面白い。
この太平記は、一応、足利尊氏を主役としているが、彼以外にも、後醍醐天皇、北条高時、新田義貞、楠正成、佐々木道誉など、出てくる人物誰も彼もが魅力的で、それぞれを主人公にしても、また違った物語ができそうである。

しかし、改めてこの小説で、足利尊氏という人物を検証してみると、足利幕府の創始者であるが、とてつもなくとんでもない人で、この人の行動がいちいち世の中を混乱に起こすだけ起こしているし、おまけに、それらの混乱に何の解決策を見いだせないまま死んでしまう。
戦前は、国賊として悪者扱いされてきた足利尊氏であるが、その評価は、皇国史観という観点からのものであることを大とするのだが、それを除いても、本人に何の悪気がなかったにしろ、これだけの大混乱を次々を引き起こしたという事実だけで、非難されるに値する人物ではないか、と思う。
なのに、紛いなりにも室町時代の創始という偉業を成し遂げたのだから、歴史というものは、皮肉で面白いものである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加