ぼち吉鉄道

Nゲージ好きな小生の改造・整備の忘備録。
たまに、サッカーネタも…。

新レイアウトの制作 その22(法面の制作:その3)

2017-06-20 | レイアウト
土曜晩は、サッカー観戦に行きました。

ヴィッセル対ガンバでした。
ガンバ強いね…。
いや、正確には守備が固い。
ゴール前空いたイメージなかったです。
凄く締まった試合を見ることができました(^^)

さて、がおう☆さんの質問の和紙法面の固さについてです。
当然、爪楊枝はスタイロには刺さります。

和紙には…刺さりました(^^;)

先が若干ひしゃげます。

まぁ、強く押し込めば爪楊枝でも貫通出来るということですね。
ご参考までに。

さて、地形を仕上げていきます。
綺麗に掃除して…。

スタイロの端材を貼り付けていきます。


そして、いつものやすりでゴリゴリ整形。

最後に、左の山にも取りかかり始めました。

先は長そうです(^^;)
でもこれをやらないと、バラストひけませんからね…。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

新レイアウトの制作 その21(法面の制作:その2)

2017-06-13 | レイアウト
昼が長いですね~♪
晩も19:00くらいまで明るくなりました(^^)

まず、余興から(^^;)

最近は買い集めていない、車たち(^^;)
その中に。

スカイライン、Z …そして…。

XX ですね。
そういえば、当時の小学校の先生が2.8GT乗ってた(^^;)
そして憧れの…。


R30ですね。
これの鉄火面買おうと頑張った記憶…。
遥か昔の…淡い夢。
今は…欲しいと思う車無くなりましたね。
車が高過ぎますね。
給料上がらなくて、販売価格は常に上がる。

愚痴はさておき、本題へ(^^;)

和紙粘土の手順を大公開!
溶けると分かったので、ハサミでカットしていきます。

洗濯糊をかけて

さらに和紙を追加

少し練ると、形が崩れだし

さらに練ると、完全に粘土になります。

これを、未完部分にペタペタ

さて、違い分かりますか?

手前が塗りたて、奥が乾燥している部分です。
ちょっとテカりがきついでしょうか(^^;)

さて、ループの造形にもかかります。
まず、片付け。

そして、端材を切り出し

ペタペタと。

そして…。


削っては、掃除を繰返しました。
さぁ、週末には塗れるかな(^^;)
あっ、週末予定三昧だった…。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

新レイアウトの制作 その20(法面の制作:その1)

2017-06-06 | レイアウト
今日はドラえもんの歌の日ですね。
でも…うちの子達あの歌を知らないのです。
「6月6日にUFOが~♪」
主題歌も全く違うし…。
ジェネレーションギャップですね。

さて、駅もボチボチ進めています。


が、駅の周りをバラストするとき、先に駅裏の法面は作っておかないと
今後の作業に支障が出ると思いそこを作成することにしました。

理想は、草の生えた土手のイメージなんです。
それでまず駅裏の法面をガリガリ削りました。


斜面になりきらないので、木粉粘土で整形します。


でも余ったので、駅の線路の間にぺたぺたと…。

そして法面には、この二品を使います。
1.ダイソーの和紙

2.洗濯のり


これを子供の洗面器に(^^;)

ちぎっては追加して…。

いざ貼り付けようとするとその時変化が…和紙が溶けた!
それを塗っていくと…。


感じ的には、どぶ川の藻をイメージしてください。
あのさわり心地なんです…。
でも綺麗につきました。
で乾燥部の拡大です。

ケガの功名(^^;)
これいいかも。

最大の理由は…安い…。
私、大阪人ですから…。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

新レイアウトの制作 その19(駅の制作:その1)

2017-05-30 | レイアウト
週末は…。
今まで仕事で死んでた分、家族サービスでバテています。
仕事は相変わらず、掻き回されています。
転機なのかなぁ…。
そんな事も考えながら。

さて、駅ですが…。
端っこの図面を書こうかとしましたが…。
うまく想定できません。
なので…行き当たりばったりでいきます(^^;)
うねうね接着剤つけて…。

ペタペタとコルクを貼ります。

端は、先端部の位置を決めて…。


現物合わせにしました。
当然、曲がれません(^^;)

切っては…調整。

隙間を開けすぎました(^^;)
やり直しだ…。
それで、二段目を貼ってから作業することにしました。
この上にさらに1.5mn貼りますが、それさえきれいにカットすればきれいに見えるだろうと淡い期待をこめて…。

隙間も端材で整えました。
ちなみに端材はこうやってトレーにいれています。

有効活用しているつもりです。
(もっと計画的にすれば…。)

当然、技術的にコルクは曲がって裁断していますから…最終兵器。

でもこれが大ヒット!
荒削りにぴったりなんです(^^)
ですから、直線部も端っこも削りました。



こつは、大きく削ることですね。
直線的に見えますから(^^;)
現時点の仕上がりです。


まぁ、カシオペアとかサンライズが最終確認車両でしょうね。
ボチボチやっていきます(^^)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

新レイアウトの制作 その18(駅の考察)

2017-05-23 | レイアウト
ふぅ…。
なにかとめんどくさい、悶々とした日々を過ごしています…。
仕事にやる気が全くでません。
「そう言う年頃だ」と上司は言いますが…。

「役職のミスをなぜ尻拭い?」

これは、人生で納得いかない問題の1つですね~(^^;)
オーバーな考えなのでしょうか?

スミマセンm(__)m愚痴りました。

レイアウトは、路盤の整備を進めています。

こう言う隙間を…。

コルク詰めています。
バラスト節約のためです。
じっくり仕上げています(^^;)

で、本題に。
やはり、駅を作りたい!
トータンさんみたいな紙製は…技術的に無理です。
どうやって…。
余ってますよ、コルクが!
これならば、石目に見えますから面白いかも。
で、早速どの高さがいいか検討しました。
ちなみにコルクは、1.5mm、3mm、6mmの3種類あります。

では、旧客でトミックスの田舎タイプの島式ホームで比較。

コルクは12mmに設定しました。
これ…。
トミックス側は、ジャンプ台レベルですね。
Nゲージは、1/150ですから…。
2mmあると30cmになります。
階段は、15-20cm以内が通常です。
これ、ありえない既成品の高さです。
右の12mmは、最低限の高さですね…。
では、別の車両。


こまちなのですが、これはひどい…。
降りれませんよ(笑)
12mm(6+6)でも、低すぎます。

15mm(6+6+3)でここまで近づきますが…。

旧客では、列車に降りる感じ(笑)
こんなに高さが違うとは…。
じゃ、妥協点は…。


これらは、13.5mm(1.5+6+6)です。
これならば、まだ妥協できますね(^^;)
念のため、他の車両も引っ張りだしました。




まぁまぁじゃないでしょうか?

でも…。
実際は、駅と車両はフラットですね。
これ、メーカーさんどう考えているのでしょ?
不思議に思う、今日この頃でした(^^;)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加