癒しの庭Ⅲ

集おう癒しの庭へ

アカゲラを迎えるシャラの木

2018年02月16日 | ガーデニング

 

画像に含まれている可能性があるもの:植物、空、屋外

 

画像に含まれている可能性があるもの:木、屋外 

 

珍しいお客さまがいらっしゃいました

「アカゲラ」です


枝垂れ梅の枝にのって

ふわり、ふわり

冬の舞を楽しませてもらいました


 

 

                  

秋にはたわわについていた

コハゼの実も

すっかりヒヨドリの餌になってしまい

今はもう残ってないし・・・

 

「アカゲラ」が食べているのは

シャラの木の皮でしょうか?

いやいや

木の皮を剥いで

中にいる虫を食べているのでしょう。


 


シャラの木の皮がむけてしまったのは

かわいいお客様

アカゲラの

いたずらだったようです。

 

 

小屋の前庭の

シャラやナツハゼの木々が

黄金色に輝いていた頃が

懐かしくなります。

 

 

 


今日も深い深い雪に埋もれ

春は来るのかしら

なんて思ってしまいそうな

木漏れ日の庭

今年の積雪は半端でないです


それでも

自然の営みって素晴らしいものです。

木々の葉は輝き出す頃には

アカゲラの冬の舞を

思い出させてくれる特等席となるのです


 

画像に含まれている可能性があるもの:木、鳥、空、屋外 

 

 

         ブログランキングに参加しています

                                   お読みくださったら押してくださいね

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桃源郷もすっぽり雪の中

2018年02月05日 | ガーデニング

 

 

春まだまだ遠い

立春寒波

 

 

ため息が出てしまいそうな

一面真っ白な裏庭の風景です

 

 

 

来週初めに

茜染体験のご依頼を頂いたので

道具を準備するために

庭師が工房までの除雪を頑張ってくれました

 

 

 

雪に覆われた垂れ梅も

春をじっと待っているよう・・・

 

 

 

 

おばあちゃんのお気に入りだった

あの桃源郷も

今はすっぽり雪の中でしょうね。

 

 

 

 

 

村はずれの隠れ里に

静かに

静かに佇む

桃源郷

今年も訪れてみたくなりました


 

 

今日は妹の誕生日です

 

バラの花をそえて

ハッピーバースディ

 

インフルエンザで大変だったようですが

健康で

 幸せいっぱいの日々をと

願っています。

 

 

 

甘いバラの香りにつつまれて

 

         ブログランキングに参加しています

                                   お読みくださったら押してくださいね


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春を待ちわびて

2018年02月03日 | ガーデニング

 

 

 

6月の爽やかな風が

パソコンから

ふうっと届いてきそう・・・

そんな感じがする

心地よい

今日のお天気



 

 


 

 さあ~

ローズ・ガーデンに行ってみましょう。

 

 

 

 


 昨年6月に訪れた

群馬県太田市のボタニックガーデン

アンディー&ウィリアムスの作った

本格的英国式ガーデンです。

 

窓辺にさし込む

日の光を浴びながら

ふんわり優しいバラの香りにつつまれた

至福のひとときを思い出しています。

 

 

 

 

 ふっくらと柔らかな

カップ咲きの

イングリッシュローズ

ヘリテージ




チャーミングな

クリーミーアプリコットの花色は

レッチフィールドエンジェル

 

 

 

いつも胸をときめかせてくれる

ピエールド・ロンサール

 

 

昨年は

かわいい孫が誕生したので

我が家のバラの時期に

長らく家を留守にしていました。

一昨年のバラたちの画像です

 

 

 

今年は

どんな色のバラが

庭を彩ってくれるでしょう。

早くもバラへの思いが募ります

 

 

         ブログランキングに参加しています

                                  お読みくださったら押してくださいね

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

氷点下の中 彩るベゴニア

2018年01月30日 | ガーデニング

 

 

 

木立性ベゴニアが

うつむき加減の小さな花をつけてます


まるで

恥じらいを見せるかのよう・・・

 

 

 

外は

毎日が氷点下の北国

 

 

 

 

ほんわか心を温めてくれる

可愛らしい

お花です

 

 

この木立性ベゴニアは

ずっとずっと前に

三種町からお輿入れしてきました。


 

 

水玉模様の葉っぱのドレスを纏い


 

 

足元にアイビーが植えられています。


 

 

このアイビーは

今から13年前に息子の結婚披露宴の時に

彩りを添えてくれたものです。

 

 

 

 幸せを運んできてくれそうな

優しげな色合いです


 

         ブログランキングに参加しています

                                  お読みくださったら押してくださいね。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寒中の記念樹「サザンカ」

2018年01月13日 | ガーデニング

 

画像に含まれている可能性があるもの:植物、花、自然、屋外

 

サザンカ、サザンカ

咲いた道~

 

小学生の頃に歌った

童謡「たきび」に歌われているのが

このサザンカの花

なつかしいですね。

 

厳しい季節にけなげに花を咲かせる

優しい花に魅せられて

昨年誕生した孫の記念樹として

サザンカの木を

癒しの庭に迎えました。

 

花言葉もいいですね。

 寒さが強まる過酷な季節にも負けないで

花を咲かせる姿に由来して

「困難に打ち克つ」

「ひたむきさ」

素敵な花言葉です。

 

サザンカの花は

花が少なくなる時期に

寂しくなった庭に彩りを添えてくれるので

楽しみも倍増です。

 

椿に似ている花なので

間違いそうですが

椿のように花がぽたぽたと丸ごと落ちないで

サザンカの花は

花びらがぱらぱら散ります。

それで

枯れる頃に美しく咲いていた大きな花びらを

一枚ずつはらりはらりと落としていく

「謙虚」

そんな花言葉もあるんですね。

 

そう言えば

迎えたサザンカも

暮れを待たずに

一枚ずつ遠慮しがちに

花を落としてしまいました。

今はもうすっかり

リビングの中で眠っています。

 

 

 

 

窓ガラスが結晶のお化粧をしています。

関東地方も

寒波で大変なようですね。

みなさまのところは

大丈夫でしょうか。

 

暖かなお部屋の中で

いないいないばあ~

タッチを楽しんでいる

可愛い孫も

春待ち遠しいでしょうね。

 

         ブログランキングに参加しています

                                  お読みくださったら押してくださいね。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寒中のハイビスカス

2018年01月13日 | ガーデニング

 

 

 

窓辺のハイビスカスが

次々に蕾を解いて

白い景色を背に

ほっこりあったかな居場所を作っています

 

  寒中にハイビスカスなんてと

お思いでしょうが

我が家のハイビスカスは

これがまた

この時期にも

楽しみを運んでくれるんですよ

 

温度調節と

水やりをちょっと工夫すると

思わぬハッピーなプレゼントにもなります。

 

初めてお正月を迎える

かわいい孫にも

南国ムードのプレゼントに~

自然の温もりっていいですね。


 

 

         ブログランキングに参加しています

                                  お読みくださったら押してくださいね。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新春

2018年01月07日 | ガーデニング

 


新年あけましておめでとうございます


昨年は、健康で充実した日々を過ごせたことを

大変ありがたく思っています。


今年も、晴れやかで

幸せいっぱいの日々でありますように


みなさまにとっても

素敵な2018年でありますようにと

願っています。


どうぞよろしくお願いいたします。

 

         ブログランキングに参加しています

                                   お読みくださったら押してくださいね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幸せの宇奈月温泉もろみまんじゅう

2017年12月22日 | ガーデニング

 

 

 

 

 

黒部峡谷の壮観な眺めに圧倒された

あの日から

早くも

一ヶ月以上も過ぎたなんて・・・

時間の経つのはあっという間です。

 

 

 

 

勢いよく湧き出ているのが

熱い温泉

宇奈月温泉駅の正面にある

 「温泉噴水」です。

 

黒部川電源開発が始まった大正時代に

一大温泉地にしようと開かれたのが

ここ宇奈月温泉でした。

 

その宇奈月温泉で

中央研修の仲間のみなさんと

久しぶりの再会を楽しんできました。

 

 

 

黒部峡谷の宇奈月から

欅平までの

全長20.1kmを

黒部峡谷トロッコ電車に乗り

 

深く切れ込む険しい峡谷の

紅葉した大自然を走る

電車からの眺めは

最高でした

 

 

 

 

赤い色の「湖面橋」というのは

ほんとに名前の通り!

エメラルドグリーンの湖に

橋の赤色が映って

絶妙なコントラストでした

 

 

 

 

素敵な友たちとの再会と

黒部の大自然

素晴らしい旅を満喫できました。

忘れられない

感激の出来事もありました。

 

宇奈月温泉駅近くの和菓子屋

「つぼや」さんの

もろみまんじゅうにまつわるお話に

お付き合いください。


もろみまんじゅうは、

「つぼや」さんの看板商品で

もろみ醤油で皮に色と香りをつけた

ほのかな塩味と芳ばしい香りが絶品のまんじゅうです。

 

そのつぼやさんのもろみまんじゅうを

みんなに味わわせたいと

富山のYさんが

予約しておいてくださいました。

ところが

予約しておいた朝に行ってみると

お店には休業中の看板があり

お店の方はなんと予約を忘れていたというのです

 

実はその日の朝にお嫁さんが急に産気づいて

赤ちゃんが生まれたんだそうな

それでバタバタしていたので

後でおうちの方にお送りします

ということになったのです。


ところが

まあ~なんと

すぐにおまんじゅうを蒸かして

私たちが出発する宇奈月温泉駅の改札口まで

オートバイに乗って息子さんが届けに来てくださったのです。

列車は出発寸前でした。

 

もろみまんじゅうは

繊細なおまんじゅうで

保存料なども一切使っていません。

「つぼや」さんでは

毎日できたてのおまんじゅうを

お客さんに食べて欲しい

そんな思いをこめて

手作りされているそうです。

 

届けていただいた

できたてのぬくぬくしたおまんじゅうは

まさに幸せのおまんじゅうでした。


蒸し上がったばかりの

おまんじゅうのいい匂いが

列車の中に広がって

美味しさと人の心の温かさがじーんと伝わって

嬉しい旅の思い出がまたひとつできました。

 

 

 

 

 

         ブログランキングに参加しています

                                  お読みくださったら押してくださいね。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

癒しの庭の今年の漢字は~「彩」

2017年12月12日 | ガーデニング

 

 

 

一面真っ白な癒しの庭

すっかり葉を落とした木々も

凍えそうな寒さです。

 

お久しぶりでございます。

ようやく落ち着きを取り戻した

暖かな部屋では

タンノイのスピーカーから

透き通るような

軽やかな曲が流れています

 

 今年の世相を表す師走恒例の

「今年の漢字」が発表されました。

「北」ということですが

北朝鮮の脅威と不安が

どうしても脳裏を横切ってしまいます。

世界に平和と穏やかな日々が訪れますようにと

祈らずにはおられませんね。

 

我が家の今年の漢字は

「彩」でしょう!

華やかな変化の彩りです。

 

 

6月には4人目の孫が誕生しました。

新たな命の彩りです。

華やかな幸せの彩りを運んでくれた

たくさんの方々に感謝いっぱいです。

 

 


 

 

 

 

 一緒に出かけた

荘厳な那須高原のステンドグラス美術館と

晩秋の美しいシーンを

楽しく思い出しています

 

 

 


3月には花輪大町・新町商店街のアーケードに

タペストリー75枚が

「鹿角紫根染・茜染」の彩りの世界をくり広げました。

鹿角紫根染・茜染研究会の

「伝統の紫根染・茜染彩る街」が

たくさんの皆さまの応援で

大好評に終えられたことにも感謝、感謝です。


 

 

 

 癒しの庭の工房にも

たくさんの笑顔がはじけました。

まだまだ楽しみが続きそうです

 

 

 

きらめく宝石のように

輝きを放った孫たちに

 たくさん元気をもらうことができました。

 

テニスが大好きになったと喜んで話す孫や

煌煌と光り輝く学習発表会で

感動の涙をいっぱい流させた孫2人

おじいちゃん、おばあちゃんの日々に

素敵な彩りを添えてくれました。


 


来る年も

幸せいっぱいの年でありますように・・・

 

 

         ブログランキングに参加しています

                                  お読みくださったら押してくださいね。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

松を切った庭

2017年11月11日 | ガーデニング

 

 

裏庭の一番大きな松の木を伐採しました。

 

 

 

 

 バラ庭にも

南の光がいっぱいにさし込んで

明るくなりました。

 

 


 

 

築山の裏のこの松

我が家の庭師は

植えた覚えのない松だと言っています。


実生から育ったのでしょうか。

それにしても大きくなったものです。

 

 

 

 

 

 

 

5人の庭師さんたちが来て

アッという間に切って片付けてしまいました。




料金はなんと

2人で午前中の作業と同じで良いそうです。

ありがたいな


松の木の伐採の他にも

大きなソメイヨシノやスモモの樹なども小さくしてもらいました。

 庭が広々とした感じになって

これからの管理が少しは楽になるでしょう。 

 

 

 

        ブログランキングに参加しています

                             お読みくださったら押してくださいね。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加