THE KUROSAKIC RADICAL

こちらは『闇の末裔』の密を幸せにするサイトでしたが、
サーバー廃業により、当面、ブログで密を愛することにしました。

18禁閻密小説『in Dei Patris』1

2017-04-21 09:08:21 | 小説
 「じゃあな、都筑。明日は遅刻するなよ」
 「うん、また明日ね」
 京都から帰ってまだ日も浅い所為か、都筑はそう言って無理笑いをして見せた。
 それが面白くなくて、密は都筑を軽く睨むと、サッと背を向けて召喚課を後にしようとした。
 「ああ、黒崎君」
 不意に近衛課長が密を呼び止める。
 「帰る所をすまない。ちょっと手伝ってくれんかの」
 「はい」
 密はそう答えて、コートとリュックを席に置いた。
 「ついてきてくれ」
 密は課長の後に続いて、課を出て廊下を進み、階段を上っていった。
 「あの」
 近衛が歩みを止めたのは、重厚な扉の前だった。
 華麗な装飾を施した、どことも違う威容な扉。
 それに驚いて声をかけた密に、近衛は渋面で振り返った。
 「都筑から聞いた。呪詛がまだ残っていたこと、隠していたそうじゃな」
 「!」
 息を飲んだ密を、近衛は労わるように見つめ重ねて言った。
 「なかなか言い出せぬ気持ちは良く分かる、じゃが」
 近衛はそこで一旦言葉を切り、なるべくショックを与えないようにと、囁き声で告げた。
 「大王様がお怒りじゃ」
 密は驚きに息を止め、近衛を呆然と見つめた。
 近衛が衛兵に来訪を告げると、扉がギィと軋み、左右に開く。
 厚い絨毯を踏んで近衛の背を追い、密は近衛に倣って、閻魔大王の居ます御座の帳の前に跪いた。
 「黒崎密を連れて参りました」
 そう近衛が口上の述べるのを、密はあまりに驚きが大きくて、他人事のようにしか聞けなかった。
 「ご苦労。近衛は下がれ」
 厳かな声がそう命じると、近衛は深く一礼をしてから、呆然としている密に少し微笑んで言った。
 「外で待っておるからの」
 近衛は安心させるようにその肩を軽く叩いて、密を残して去って行った。
 すっと、帳の間から扇が差し出されたのが見えると、閻魔大王の声が高らかに響いた。
 「入れ、黒崎密」
 その威圧するような声に密はびくっと怯えて、肩を震わせた。
 返事をしようにも声が出せずに、密は項垂れるように深く頭を下げながらその帳をくぐった。
 「ついて参れ」
 閻魔は扇で顔を隠しながら長椅子から立ち上がると、長い髪を靡かせて奥へ進んだ。
 伝わる厳しい雰囲気に震え出しそうになりながら、密はその背に従った。
 閻魔が押した扉の向こう、そこには天蓋付きの大きな寝台があった。
 閻魔は天蓋から垂れるビロードのカーテンをかき分けると、密を顎でしゃくった。
 「上がれ」
 密はその言葉に驚いて、けれど確かめることもできずに、靴を脱ぐとその広い寝台に上がった。
 閻魔も寝台に上がり、ビロードのカーテンを閉じると、寝台内のランプに仄かな明かりが灯る。
 ほの暗い中で閻魔は初めて扇を畳み、動揺している密に近寄った。
 知る者は数える程というその美しい容貌を間近に見て、密は頭が真っ白になった。
 「見せよ」
 呆然と動けずにいる密に、閻魔はその上着の襟をつかんで、前をくつろげた。
 息を飲むばかりの密の服をすっかり脱がすと、閻魔は密の裸の肩に手を添えた。
 「成程の」
 そう閻魔は呟くと、豪奢な袖口から指を覗かせて、密のなめらかな肌に指を這わせた。
 「いつもは顕れぬとは、巧い呪詛をかけたものよ」
 嘲るように言い、閻魔は密の肌の奥に隠された呪詛を指でなぞった。
 「不快至極じゃ」
 閻魔は密の顎を掴んで、その瞳を射竦めた。
 「何故隠しておった?」
 その指から神気を帯びた怒りが伝わってきて、密は戦慄を覚えた。
 「ご、ごめんなさいっ!」
 なんとか声を絞り出して、密は慌てて叫んだ。
 「死神は私の物じゃ。それに呪詛をかけられていたとあっては、私が怒るのも道理」
 そう告げ、閻魔は密の肩を掴んでゆっくりと引き倒すと、その小さな頭を膝の上に乗せた。
 「私の物を呪うなど、無礼千万」
 瞠目する密の顔を上から見下ろして、覗き込むようにして閻魔は続けた。
 「ましてや死者を人間が呪うなど、無礼も甚だしい。万死に値す」
 分かるじゃろう?、と、その意思が怒りとともに流れ込んできて、そのショックに密は気が遠くなりそうだった。
 「お前は私の物じゃ」
 閻魔は震え出した密の耳に唇を寄せて囁いた。
 「私は死者の王、お前は私に臣従する死神。知らぬわけではあるまい?」
 覆い被さるように密の肩を抱いて、閻魔は小刻みに震えるその肩をゆっくりと撫でる。
 「死したお前は、もはや雪貴の孫の人形ではなく、言うなれば私の人形じゃ」
 閻魔はそう言うと、密の頬を大きな手で包み込んだ。
 「お前は私の物じゃ」
 強い口調で閻魔は告げ、密の色を無くした唇に口づけた。
 密の下顎を掴み、口を開けさせ、舌を絡ませる。
 「っ」
 密が動揺してその口づけから逃げようともがいた。
 『大人しくしておれ』
 閻魔の意識がそう伝わって来、密は身体を押さえこまれた。
 『お前の身も心も全て、統べるのはこの私、死者の父なる神閻魔だ』
 閻魔は密の舌を絡め取り、深い口づけを与えた。
 『異存あるまい?』
 閻魔はそう意思を伝え唇を離し、狼狽する密の髪を優しく梳きながら返答を待った。
 密は閻魔の偉大な存在感に飲まれ、促されるままに頷いた。
 「それで良い」
 頷いた密に満足し、閻魔はその頭をよしよしと撫でた。
 「まずはその忌まわしい呪詛を消してやろう。祓い清めて、お前は私だけの人形になるのだ」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 18禁闇末小説『GO!漢密』7 | トップ | 18禁閻密小説『in Dei Patris... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。