N.E.W.S 雑記帳

photo&text by tenra77

Morris W-20 スタンドetc

2016-08-24 | Music item
今朝、燃えないゴミの日だったので、一本切れた状態だったMorris W-20の弦を外して処分しました。

そして今日、近くにあるハードオフにギター関係の商品が結構あるのを思い出していってきました。

思った通り、ギタースタンドが新品ながら格安で売っているのを見つけてアコースティックも使えるのを確認して

確保完了しました!!やっぱりハードオフは庶民の味方です。

自宅に帰って裸状態のMorris W-20をセットしましたが・・・スタンドがあるだけでいい雰囲気になりますね。



あと、こんな感じで仕入れ完了!!

それぞれ後日更新したいと思っています(^^;

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

Morris W-20

2016-08-23 | Music item
数年前に引っ越した時に処分してしまったアコースティックギターのMorris WD-35。

所有していた頃はほとんど弾くこともなかったのですが、無くなってみると何故か未練が(^^;

ハードオフなんかでもついついギターのコーナーを見ている私がいます。

でもヤフオクだとかなり安いんですよね。この前からチェックしてると数千円も出せば落札可能だと知って

余計にギターが欲しくなってしまい、この前の日曜日の夜にとうとう落札してしまいました。

価格は送料含みで万年筆kakuno3本分でした・・・どうです?びっくりでしょ?これ当時2万円したギターなんです。

長い間使ってなかったのでジャンク扱いで出品されてたMorris W-20というギターです。

本日到着!帰宅して開封するまでは、ほんとのジャンクで割れてたりしたらどうする?って心配してましたが

素人なりにチェックしましたが致命的な壊れはなく使えそうです♪

今夜はラベルの記念写真を一枚アップします。


ラベルには、検査員の名前T.Tamakoshiとあります。ということは飯田楽器製ということになるようです。

製造工場の見分け方は、ラベルにある検査員の名前にあり、下記の通りだそうです。

飯田楽器製・・・杉山氏、長尾氏、玉越氏、唐沢氏
寺田楽器製・・・山田氏、佐々木氏、山崎氏、岩井氏

Morris W-20は1970年代~80年頃製造販売のドレッドノートタイプで、オール合板仕様。

当時の価格は2万円ですが、現在の同価格帯のギター(中国製)と比べたら、とてつもなく作りの良い(国産)ギターなので

お気に入りになりました♪








Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ガジュマル

2016-08-11 | Books
先週、大阪梅田に買い物に行った際に立ち寄った「Kitchen Kitchen」阪急三番街店で発見!

とうとう100均で気に入ったガジュマルに出会えました♪

前からずっと欲しかったのですが、なかなか気に入ったのに出会えなかったので嬉しいです。

いつもながらのニトリの器に植え替えしたのがこれです。この器は多肉植物やミニ観葉植物にぴったり。



Comment
この記事をはてなブックマークに追加

FOSTEX製自作スピーカー設置完了♪

2016-08-10 | PCオーディオ
昨夜、テストした月刊ステレオ付録のFOSTEXスピーカーを今夜自分の机に設置しました。

いまま使っていたSCANPEAKS製の10cmスピーカーはケーブルを外した状態にしてます。

これはまら今度Lepai LP2020A+アンプを接続してこの場所でiPod touchやiPad3を使ってみようと思ってます。

机上にセットしたFOSTEX製スピーカーはメインである鎌ベイアンプ2000Rev.B SDAR-2100-BKに接続しました。

これ一台でMac mini MD387J/Aから、そして外部からiPod touchやiPad3を接続することも可能になります。

VUメーターのアナログな針が振れるのって大好きなんです(^^;


今夜からわが家のデスクトップミュージックを担ってもらう為に頑張ってもらいます♪

昨日も書きましたが、自分で組んだスピーカーってだけでも2ランクレベルの上がったいい音が鳴る気がします。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

フォステクス製 メタルコーン・スピーカー完成♪

2016-08-09 | PCオーディオ
日曜日に組み立てた月刊ステレオのスピーカーを今夜システムを組んでテストしました。

机上に置くつもりでしたが、まずはちゃんと音が出るかのテストなのでキャンプ用のテーブルを引っ張りだし

その上にスピーカーを置きLepai製LP−2020A+アンプと初代iPod touchを接続して電源を入れiPodから

大好きなChicagoをチョイス、そして再生ボタンをタップすると・・・いい音が流れてきましたよ♪

スピーカーのエイジングが必要なのですが、やっぱり自分で組み立てたスピーカーなのでいい音に聞こえます(^^;



メタルコーンのスピーカーは初めて!それにエンクルージョアのデザインとバックロードホーンタイプというところに

惹かれて4年振りに月刊ステレオを購入しました。

付録初となるメタル振動板を採用した8cm径ユニットで、コーンとセンターキャップはアルミニウム素材で、

「金属振動板特有の立ち上がりと切れ込みの良さが特徴。ワイドレンジでフラットな周波数特性はナチュラルな音質でありながら、

浸透力のある高音と厚みのある低音が持ち味」こんな売り文句に弱い私(^^;

最後に背中押してくれた@jessiesbarさん、いつもながら本当にありがとうござました。また押してね♪






Comment
この記事をはてなブックマークに追加

月刊Stereo8月号FOSTEXスピーカー作成

2016-08-08 | PCオーディオ
休日の日曜日にいよいよ月刊Stereo8月号のスピーカーを組むことにしました。

真夏の大阪は連日36〜38℃の最高気温になり大変な暑さですが、部屋にエアコンつけてのんびりと作業。

夏休みの自由工作の始まりです(^^;

まずはスピーカー本体とエンクロージェアを開封して、動き回らなくても済むよう自分の回りに配置します。



木工用のボンドを使ってズレないように慎重に各板を接着していきます。





今度のエンクロージュアは8cm対応バックロードホーンタイプです。

前回2012年に作ったバスレフタイプのとは違いパーツが多く本格的な感じがします(^^;



ここで本の説明から外れて、先にスピーカーユニットを組み込みました。個人的にこの方が最終的に側面の板を貼って終了と

すればいいからと思いました・・・・間違ってます???



完成後はボンドがきっちり接着乾燥して各パーツにズレや隙間ができないようにダイソーで買ってきたワンタッチベルトで

固定します。写真ではくるっと一重回しただけですが、撮影の後2mあるベルトをグルグル巻いたあと使ってない台に置いて

上からCANON MP610(複合プリンター)を重し代わりに載せて2日ほど放置します(^^;

以上で日曜日におこなったスピーカー作成レポートを終わります。写真撮りながらの作業でしたが、実際に掛かった時間は

約1時間ほどでした。

今ならamazonや街の大きな書店にも在庫がありますので「夏休み大人の自由工作」にチャレンジしてみませんか?








Comment
この記事をはてなブックマークに追加

「月刊ステレオ8月号」&「スピーカー工作の基本&実例集2016」

2016-08-04 | PCオーディオ
今年もTwitterやinstagramの仲間内で恒例の夏休み自由工作の時期がやってきました(^^;

月刊ステレオ8月号でここ数年付録に自作用スピーカーが付くのでこれを買って夏休みに自作の

スピーカーを作るのであります。

前回の記事がこちら「ステレオ8月号 スキャンスピークスピーカー作成」

その後も毎年スピーカーが付録として出てきて、中には大きくていいなあと思うものもあったのですが

初めて作ったスピーカーが気に入ってたので購入は見送っていました。

しかし今年もTwitter仲間が「買ったよ!!」そしてinstagramでも「あれ?まだ買ってないの」なんて煽られまして

webでサクッと調べると今回はこんな謳い文句が載ってました。

「今年も月刊ステレオ8月号では、“史上初”に挑戦! メタル振動板を採用するフォステクス製の

8㎝径のフルレンジ・スピーカーユニット(ペア・完成品)の特別付録を用意しました。

クォリティは保証済みのフォステクスとの共同企画品。本誌内での詳しい解説、スピーカー作例を参考に、夏の一大工作にチャレンジしましょう!」


おおお!今回はメタルコーンのスピーカーなのか・・・。

そして今回も同時に発売されるのが、専用エンクロージュア・キット付きMOOK「スピーカー工作の基本&実例集2016」で

スピーカーの箱(エンクロージュアと言います)の画像を見ると

M800専用バックロードホーン エンクロージュア・キットとあり、今持っている比較的簡単なバスレフタイプとは違っていて

驚異的な低音 のバックロードホーンタイプなんだそうです・・・驚異的と聞くと興味が出ますよね(^^;


webで注文してもよかったのですが、先日大阪梅田へ買い物に出た際にMARUZENと紀伊国屋書店で入手してきました。

作るのが今から楽しみです♪



Comment
この記事をはてなブックマークに追加

YB125SP エアクリーナー交換(フィルター)

2016-07-25 | MotorCycle
YB125SPの走行距離がほぼ10000kmになるところでエアクリのフィルターを交換することにしました。

フィルターはこれもタオバオで仕入れたものを使用します。品番を見るとナンバーが違うので焦りましたが、なんとか

きっちり嵌ったので、まあ良しとしますが流石タオバオでした(^^;



サイドカバーを外すとエアクリのケースが現れますので回りにある計5本のビスを緩めてケースのカバーを開けます。



カバーを開けるとフィルターが出てきます。一枚薄いスポンジが付いてます。(画像に無い)



右が3年10000km走行、左が新品です。

あまり変化が無いような気がしましたが交換します!




ちなみにフィルターを外すとエアクリケース内はこんな状態・・・まあ、ケースですね。



フィルター交換後は逆の順番通りにすれば完了です。





Comment
この記事をはてなブックマークに追加

YB125SP グロメット交換

2016-07-19 | MotorCycle
YB125SPユーザーなら知っていると思いますがサイドカバーの爪が折れたり割れたりしますよね。

特に冬の乾燥した時期にサイドカバーを開けるごとにポキン!パキン!と悲しい音とともにカバーが割れます。

twitterでお世話になっている雷太さんのブログでみたグロメットを交換することによって解消するとのことでさっそく交換してみました。

まずはヒカリのグロメットKGE-14A 14mm用を「あきばおー」で入手、amazonだと1000円近いのにあきばおーだと100円ちょっとでした。

この価格の差って何なんでしょうね?モノは全く同じなんですが・・・。

ただし、あきばおーはしっかり送料が掛かります(^^; それでも安いですが。



これが純正グロメットと外す時にサイドカバーが割れて残ってしまったピンの部分です(^^;

ピンの回りにはもっとカバー部分の割れたのが残ってましたがニッパーでカットしたあと撮影してます。

左右のサイドカバーで合計6本ピンがあるのですが、これまでにすでに4本折れてしまってます・・・。

対処方法としては、ピンにグリスを塗ったりピン自体を削る方法もありましたが、サボった結果こういうことに。



折れて残ったピンをニッパーでカットしてドライバーやペンチでグロメットを外したところです。



グロメットは最初ゴムで蓋がされているのでカッターナイフで丸くカットしてから装着します。

丸くカットと書きましたが・・・不器用すぎるカットの後(^^;

しかしグロメットさえ手に入れれば簡単な作業です。



先日タオバオで入手した新品のYB125SP純正サイドカバーを装着!!

やっぱりこのグロメットを使うと脱着がものすごく楽になりました。

YB125SPとYBR125ユーザーにはお勧めのプチカスタムだと思いますよ♪

参考にしたのは雷太さんのブログYBR125ダイアリー いつもtwitterでお世話になってます(^^;

Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

NEO RIDERS SY-5

2016-07-11 | MotorCycle
この時期になると普段使いのジェットヘルメットが暑くて困るんです。

オールドタイプのジェットヘルメットにコンペシールドの組み合わせが一番お気に入り!!

でもベンチレーション機能が全くない硬派なヘルメットなんですよね。

そこで水面下でいろいろ探していたのですが、とうとう見つけました。

NEO RIDERSのSY-5です!低価格なのにどこのレビューをみても絶賛!デザインもなかなかいい。

そして開閉式のシールドとともにけっこうガッチリとしたベンチレーションシステムに一目惚れ(^^;



木曜日の深夜にポチリ、金曜日に発送連絡と追跡案内メール、そして土曜日の朝8時すぎに配達完了!!

レビューにも書いている通り驚くほど早く商品を受け取ることが出来ました♪



開封するまで「チープなヤツなんだろうなあ。値段が値段だし・・・。」なんて心配していましたが。

そんな心配は全くする必要がなかったと言い切れるヘルメットでした。安全規格:SG品/PSC付で自動二輪全排気量OK。

中華製ではなく信頼の台湾製というのがポイント高いです。実物をみてもいい感じでした。

色は11色の中からガンメタリックをチョイス。これから走るのが楽しみです。

NEO RIDERS驚きの価格はこちらから(^^;









Comment
この記事をはてなブックマークに追加

下駄箱増設♪

2016-06-28 | WOOD CRAFT
前に作った玄関のブーツ用の棚。結構気に入って重宝しています。

最近になって子供たちの靴(就活用の革靴)がまたまた増えてきたので

一段あげて革靴専用の収納スペースを作ることにしました。

画像に写っている棚の上の新しい色の部分が今回増設した部分です。サイズピッタリでしょ♪





材料はいつもの1×4材です。1820mmのを2本購入してカットも依頼しました。

このカットサービスは不器用者にとって本当にありがたいです。

まずは3枚を並べて木工用ボンドで接着そして乾燥させます。




そして電動ドライバーを使ってビスで固定すれば出来上がり。

落ちついてやれば誰でも出来るDIYですが、出来上がりは結構満足できるものでした♪


Comment
この記事をはてなブックマークに追加

KOMINE JK-014 Riding M-JKT LEGEND

2016-06-04 | MotorCycle
とうとう念願のメッシュジャケットを手に入れました♪

KOMINE JK-014 Riding M-JKT LEGENDの2016年新色OLIVEです!!

最初は黒が欲しかったのですが、背中のロゴが白で気に入らず。

しかし2016年の新色のオリーブですが袖の二本線も背中のロゴもブラックでいい感じで気に入ってます♪


Comment
この記事をはてなブックマークに追加

FLIGHT JACKET G-1入手!!

2016-05-20 | MotorCycle
数日前、帰宅途中に寄り道したOff-Houseでジャケットを物色していたらMサイズのハンガーに

ちょっと気になる革ジャンがぶら下がっていた。「Mサイズじゃあな、でもいくらするの?」

って値札を見てビックリ!!まさかの3Kです・・・。

でもサイズがなあと革ジャンを列から外したら・・・あれれ?けっこう大きいぞ!これ。

その場で試着したら何とぴったり!!XL~XXLサイズでした。

しかし革が焼けているのか各部分で色が違うのと左肩後ろの部分の革のダメージがかなりひどいので

閉店時間の蛍の光が流れだしたのもあり、悩んだ末にそのままハンガーにかけて戻して帰りました。



そして今日、もう無いよなあ・・・なんて思いながら見にいったら・・・待っててくれてました(^^;

こんどはじっくりチェックします。

革のダメージは何ヶ所かあるがバイクに乗る時がメインになるので、リペアすれば大丈夫!

各ポケットやボタンやチャックそして袖やウエストのニット部分も思ったより状態がいい。

何の革?これはタグがあって確認したら山羊革でした。

ゴートスキンでディティールも米国海軍の航空パイロットに支給されたG-1とほぼ同じです。

ということで確保決定!!ニコニコで家に連れて帰りましたよ。

まずはメンテナンスから始めたいと思います♪

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

YB125SPブレーキ&クラッチレバー交換

2016-05-16 | MotorCycle
先日到着したタオバオで購入したYB125SP用パーツの取り付けをスタートします。

今回はブレーキ&クラッチレバーの交換をしました。

タオバオで天俊(YB125SP)と表記のあったレバーを購入したのですが届いてみるとYBR125と

書かれていて、開封して取り付けようとすると厚みもサイズも合ってないのが判明、これがタオバオ!ってこと実感(^^;

前からタオバオの製品は素材だ!少しくらいの加工は必要って聞いてたのですが

いきなりの洗礼にちょっとビックリでした。



金属用のヤスリでまずは厚みを調整その後で突起の部分を削りサイズを合わせました。




おお!装着することが出来た!!

ひたすら削ってはサイズ合わせを繰り返してたので汗かきながら小一時間かかりました(^^;




続きましてクラッチレバーにとりかかりました。こちらもすんなりとは取付けできません・・・。

しかしこっちは単純に厚みだけの問題ということが分かりヤスリで気合い入れて削ります。

シルバーの部分が削ったところです。




おおお!うっとり♪

38元(日本円で約836円)と格安で購入したレバーでしたが合わないを諦めずにヤスリで削りまくって装着完了!!

無駄にしなくてよかった♪しかもカッコいいやん。


Comment
この記事をはてなブックマークに追加

タオバオで買い物!

2016-05-14 | MotorCycle
この度、初めてタオバオで中国からYAMAHA YB125SPに使えそうなパーツを取り寄せてみました。

中国からの買い物ってなんか敷居が高いような気がしましたが、案ずるより何とかでやってみれば

意外とあっさりいろんなパーツを入手することが出来ました。

ここでタオバオで買い物したいけどどうなの?っていう方のために簡単に説明したいと思います。

今回代行業者はチャイナマートさんにお願いしましたが連絡なども迅速で安心して買い物ができました。

まずはチャイナマートにアクセスしてユーザー登録をします。


そのあとは商品検索でYB125SPとか中国名の天俊と入力すればパーツ一覧が表示。

気に入ったのがあればカートに入れ、商品が決まればそこから見積もりを依頼します。

複数の業者から買い物をすると3件までとか5件までなどで代行手数料が変わりますので注意が必要。

その後チャイナマートから連絡があれば購入ボタン?を押すと品物代のみをまず決済。

クレジットカードだとPayPalで別に手数料が少しかかりますが仕方ないですね。

あとはチャイナマートが代行して買い物をしてくれます。数日で商品が揃うことになるのですが、

たまに発注してから先方で在庫切れなどというこもあり、そこで代品を頼むことも出来るし、

欠品は了解であるものだけ送ることも可能です。

チャイナマートに商品が揃った時点で中国国内の送料を日本向けの国際運賃が決定するので二度目の決済をすれば、

あとは約1週間くらいで自宅に到着。

私の場合、YB125SPのサイドカバーが二度欠品となり三回目の発注でやっと在庫発送にありつけました。

web上で在庫5600個なんて書いてるのは何なん?

こんな感じで意外と簡単にYB125SPやYBR125等中華バイクのパーツが手に入りますので中華バイクオーナーの方が

タオバオを利用するのがよく分かりました♪



私の購入したパーツのリスト。こんな感じで常に表示されますので分かりやすいです。

右端に単価が表示されています。私の時は約22円/元レートでした。

チャイナマートはちょっとレートが高めかも。でも安心して取引が出来たからOKです♪

Comment
この記事をはてなブックマークに追加