典虚てん手古舞

自分のための備忘録



雨後のススキと・・・

2017年04月18日 | 〈園芸?〉植物観察・実験/剪定/育苗

 「雨後のたけのこ」という言葉があります。たった一晩の雨で、驚愕の成長を成し遂げる・・・。ええっと、これに出会ったのは、たしか、学生時代の部活(国際問題研)の合宿で、場所は服部緑地でした。数十年も昔のことですのに、記憶が蘇えるほどちゅうことです。

 さて、この画像は、園庭の隅っこの「ススキ」が植わっていたところです。手前の土の箇所には、びっしりと薄、「芒」が繁殖していました。土止め?柵?は鉄の金具で止めてあったものの、ススキの株が広がって、外されてしまった! わてたしめの丸4年間の「観察」を振り返っても、こんなに広がっていなかったように存じます。  失敗です。ドジをしました。

 ススキの繁殖力を舐めていましたねぇ。

 かって、どこにでも生えていた「ススキ」から侵入植物「せいたかあわだちそう」によって、人里から追い払われたのは、1970年前後からと記憶しています。

 山歩きをしない私は、「すすきの原」体験はまったくなくて、たった一度、プサンの梵思寺、金井山の近くに滞在していた時です。とっても良質の湧水が出るので、「水汲み」にゆき、飲料水に・・・。 スタジオから散歩でいける距離でした。その散歩の際にも、一面に広がる「すすきの原」を歩いて、まるで別世界に来たような心地なった・・・。

 さて、園庭のすすきの話に戻します。

 まず、抜いた株は大きな植木鉢に移植。まるで「お供え」のように頂戴してるので、購入せず。とにかく、土を掬っては、別のトレイやプランターに移す・・・。この土は、ススキの鉢以外には使わない!実は、すすきの種が「池」の脇のコンクリートに入り込んでいますが、職員はまだ気づいておられません。目下、ただの「草」にしか見えないのだわ。

 しかし、ススキの作業は、体力的に堪えるし・・・。どうしようかな?

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« びっくり、栗の若葉たち | トップ | 白藤お蔓は恨んでる? »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。