「抗がん剤がなんぼのもんじゃい」改め「肉腫も腎臓ガンもなんぼのもんじゃい」

青天の霹靂の大腸肉腫発覚、抗がん剤治療を終了したら今度は腎臓ガン発覚。治療を記録することにしました。

父の介護認定

2017-05-21 17:33:47 | お気楽日記
先月病院に救急搬送されたわが父、おかげさまでただの感染症だったらしく、1週間の抗生物質の投与だけで無事に退院し、その後は以前通り(と言ってもヨタヨタだが)に歩けるようにもなって一安心。
誰よりも本人が一番ほっとしているのではないかと思う。

運び込まれた病院の、特に看護体制にはあきれる部分も多かったが、今回の一件にもいいことはあって、それまでいくら言っても血圧が高いのに病院に行こうとしなかった父、入院中に処方された薬の効果に驚き、医師に高血圧の怖さをしつこく言われたこともあって、今後はまじめに通院することを決心したらしい。

さらに前々から懸案だった介護認定も、入院中に市役所に申し込んでくると素直に受け入れてくれた。
これまでは「そんなものいらない」と言っていたのだけれど、さすがに自分の衰えを実感したらしい。

その介護認定の判定員、先日やっと来てくれたのだが件数が多くて大忙しらしい。

父が暮らすのは東京の近郊、通勤距離圏の元新興住宅地。
45年前に家を新築して引っ越した時には周り中が同様に越してきた子連れのファミリーだった。
それが住民はほぼそのまま、みんな45年分年を取って、おかげで近所にあったファミレスは軒並み葬儀場に変わり、大型スーパーの入り口すぐには大きくてかなり充実した介護用品売り場が作られ、トイレに入ってみたらすべて手すり付きのシニア仕様に替わっていた。

なんだか日本の縮図を見るよう。

介護認定の審査にはまたしばらくかかるようだが、果たしてわが父はデイサービスなどに素直に行ってくれるだろうか。


にほんブログ村 病気ブログへ  にほんブログ村 病気ブログ 肉腫へ にほんブログ村 病気ブログ 腎臓がんへ にほんブログ村 
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

救急車初体験

2017-04-24 17:04:13 | 病気のこと
生まれて初めて119番通報して、初めて救急車に乗った。

と言っても自分の具合が悪くなったのではない。
父親の顔を見に行って夕食を作り、さあ、食べましょうとなったら父の足腰が立たなくなってしまったのだ。

普段はサービス付き高齢者住宅に一人住まい、家族が行った時だけ一駅隣の実家に泊まるのだが、昼間はちゃんと自分の脚ででかけた。
それが夕方にはどうしても起き上がれなくなってしまって、ひっくり返った亀のようにじたばたするだけ。
私の力ではイスに座らせることさえできなくて、これはどうしようもないと119番通報した。

通報してから来てくれるまで10分ほどだっただろうか。
救急隊員さんたちは丁寧で親切で、なんとありがたいこと。
15年ほど前には住んでいたマンションの上の階で火事があり、その時も消防隊員さんたちが親切で感激したことがある。
日本の消防・救急ってすばらしい。

ところが「帰りが楽でしょうから」と気を利かせて運んでくれた駅前の病院がトホホなところ。
土曜の夜間で宿直医が一人、すぐにCTを撮って脳梗塞などではなさそうと確認してくれ、熱が39℃もあって白血球数が異常に高いので何かの感染症ではないか、と診断してくれたところまではいい。
しかしその後の処置やら入院手続きやら、命の危険はないと判断されたからか、何をしているのかもわからずやたらと時間がかかる。

しかもこの後はどうゆう診察をしてくれるのかと聞くと、夜間の看護師曰く、「月曜日に担当医が見ますが、午前中は外来が優先ですから」って、救急搬送されたのに、とびっくり。
とにかく医師といつ話せるのか連絡をもらえるよう話をつけ(と言っても結局こちらから連絡するまで何も言ってこず)、大部屋に収容された父親の様子を確認して病院を出るまで4時間もかかって疲れた。

その後は抗生物質の点滴で熱は下がり、今日は足もちゃんと立つようになったので一安心。
しかしこの病院、動けないからと下はおむつ、念のためにと食事も止められたが、明らかに良くなっているのに「食事は?」とこちらが聞くと「え、出てなかったんですか」ってひどすぎる。
抗生物質は効いているようだが、ちゃんと原因を特定してくれるのだろうかともう不信感でいっぱい。

普段はすこぶる元気で、常用している薬も入れ歯もないと言ったら看護士にびっくりされたが、86歳ではいつ何が起こるかわからない、と実感させられた今回の件。
病院も選ばないと大変ということも学ばされた。

今まで自分がお世話になった病院はやっぱりいい病院だったんだ。

ちなみに初めて乗った救急車は中にいろいろな器具がコンパクトに収納されて感心したが、乗り心地はあまりよくない。


にほんブログ村 病気ブログへ  にほんブログ村 病気ブログ 肉腫へ にほんブログ村 病気ブログ 腎臓がんへ にほんブログ村 
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

台湾的健康な生活

2017-04-19 16:56:39 | お気楽日記
11日間の旅行を終えて無事台湾から帰国。

今回は一人旅だったのだが

 無料の公衆浴場から
 高松宮が新婚旅行で入られたと言う温泉(日本のようだがこれも台湾)
 プールのような白濁温泉に
 黄金の湯
 海の見える温泉に
 山の中の温泉
 最後は秋田の玉川温泉と同じ泉質と言う北投温泉の名湯、瀧の湯などなど

7ヶ所、10軒の温泉に入りまくってきた。

電車やバスを乗り継いで、スマホが正しければ毎日10キロ以上、11日間で116.9キロも歩いたらしいのだが、家に帰り着いて体重計に乗ってみれば、なんと2キロ近くも増えているではないか!

  
  
まあ、毎日こんなものを食べていれば当然と言えば当然の結果なのだが。

健康的なんだかそうでないんだか、精神衛生上非常によろしかったことだけは確か。


にほんブログ村 病気ブログへ  にほんブログ村 病気ブログ 肉腫へ にほんブログ村 病気ブログ 腎臓がんへ にほんブログ村 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ようやく花見

2017-04-04 16:17:16 | お気楽日記
先日(と言ってももう2ヶ月前)のオマーン旅行、実は出発前に膀胱炎の症状が出て、出発当日が日曜だったもので休日診療のクリニックを探して薬を出してもらうはめになった。

旅行中は抗生剤でなんとかなったものの、帰ってからも症状がなかなか消えず、また近所の泌尿器科クリニックへ。
すると初めての診察だったけれどきちんと話を聞いてくれる先生で、腎臓手術の話をしたら尿検査に超音波検査もしてくれた。
片方だけになった腎臓は少し大きくなっているそうで、「一つで二つ分の働きをしてがんばっているということですね」だそうだ。

安心したおかげか不快な症状もようやく収まって、よさげな先生なので婦人科の主治医にきつく言われた高脂血症の薬もここでもらうことにした。
こちらでもお見立てはやはり遺伝的なものだろうとのこと、婦人科の手術でホルモン・バランスが崩れると発症のきっかけになるらしく、これからはもうずっと薬のお世話になるのかな。

とりあえずは様子見、東京もようやく暖かくなったので本日は長めの散歩でお花見に。
開花宣言から随分経ったが、我が家の周りは花が遅くて、玄関の前の木などまだやっと五分咲き程度だ。

でテクテク歩いてやって来たのは東工大。
 
ここもまだ満開にはなっていないけれど、今日は花見客に入学式も重なってキャンパスがにぎやか。

  
 
花色の違う桜も植わっていて華やか、やっぱり一度は花見をしないとね。

日本の桜を無事に見られたので、今週はもう桜の終わってしまった台湾へ行く。
薬をもらったから安心して食べまくり、はしちゃいけませんよね。


にほんブログ村 病気ブログへ  にほんブログ村 病気ブログ 肉腫へ にほんブログ村 病気ブログ 腎臓がんへ にほんブログ村 
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

5年目検診クリア

2017-03-24 16:51:08 | 病気のこと
半年に一度の定期健診。

いつも遊びまわっているので本気にされないかもしれないが、検査の日にはどんな結果が出るかと結構ドキドキする。
なにしろ大腸肉腫は開腹手術をして初めてわかったし、腎臓腫瘍の血尿など何の前触れもなくいきなり来た。

どんな結果であれ平常心で聞きたいもの、といつもよりサクサクと待たされることもなく診察室に入れば

「最近どう?検査結果は何の問題もなしね~」といつもカジュアルな我が主治医。

「おかげさまで5年生き延びました~」とこちらも軽く返すと、「これはもう治ったと言ってもいいかも」とうれしいご託宣。

ただし自分が患った大腸の孤立性繊維腺腫とやら、低悪性で再発、転移の可能性は低いとされながらも、症例が少なすぎてどうなるかわからない、結局は各患者の個人的経験しかないのだそうだ。

そのせいかどうか、次は1年後かなと思ったがまた半年後に来いとのこと。
CT検査も「次はいらないかなあ、でもけちってもしょうがないし」ってお金払うのはこちらなんですが。
「人間ドック代わりにしてますんで」と言ったら、「それがいいんじゃない」だって。
CT検査は診療の一環なら3割負担だが、健康診断として受けると保健が効かないのだ。

CTの他には血液検査をして腫瘍マーカーを見てもらっているが、今回もLDLコレステロール値が高くて、すぐ近所の医者に行け、と強く言われてしまった。
おそらくは遺伝性の体質、となれば服薬しかないので通いやすいところがいいだろうとのこと。
確かに脳梗塞とかいやだし、どこの医者に行こうかな。

検査後のお楽しみは前回行って大いに気に入ったお蕎麦屋さん。
 今回はイベリコ南蛮せいろ。これがまたおいしい!

半年後にまた来よう。


にほんブログ村 病気ブログへ  にほんブログ村 病気ブログ 肉腫へ にほんブログ村 病気ブログ 腎臓がんへ にほんブログ村 
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

肉腫手術から丸5年

2017-02-14 13:40:02 | お気楽日記
バレンタインは肉腫手術記念日。
今日で大腸肉腫の手術から無事に丸5年が経過した。

通常は5年生存で完治とみなされるガンも肉腫の場合は10年は転移の可能性があるとのこと。
だからまだやっと半分だけれど、1年後の腎臓腫瘍などありつつ、おかげさまで転移も再発もなく、好きなことをして過ごすことができ、5年の経過は早かった。

子宮筋腫の手術をして大腸肉腫が見つかったと言われた時はその深刻さがまったく理解できず、その後ネット検索をして5年生存率の低さを確認してもどこか他人事だった。
いま改めて検索をしても大腸の5年生存率は14%などとあるが、偶然から肉腫を発見、手術してもらえたのは幸運以外の何物でもなく、その後の抗がん剤も効果があったと信じよう。
とにかく14%の中に入れてラッキー、なんて思うこのお気楽さ加減がよかったのかもしれない。

元気が有り余っているから、というわけでもないが、先月末から2週間、中東のオマーンに行ってきた。

 
 グランドキャニオンの小型版のようなところをハイキングしたり
 
ワディと呼ばれる涸れ川をさかのぼったり。

 
 
 
砂漠や砂浜でテント泊をして
 
朝日を拝み、夕日を眺める健康的な生活。



こんなことができる幸運に感謝。


にほんブログ村 病気ブログへ  にほんブログ村 病気ブログ 肉腫へ にほんブログ村 病気ブログ 腎臓がんへ にほんブログ村 
コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

2017年は鹿児島で年越し

2017-01-04 17:09:28 | お気楽日記
あけましておめでとうございます。

2017年、皆様には穏やかなお正月を迎えられましたでしょうか。

年末は実家で大掃除。
今年最後の夕食作り、と電子レンジを使ったら途中から庫内で炎が上がり大汗
これはもう買い替えなければ、と製造年月日を見たらなんと1984年でびっくり!
なにかと物持ちのいい我が家だけれど、同じ電子レンジをまさか32年も使っていたとは思わなかった。

そんな我が家で一番寿命が長いのはもちろん父親。
2年前にこれが最後か、と故郷の鹿児島に連れて行ったのだが、今年の年越しも鹿児島で過ごすことになった。

この年末年始の鹿児島は天気がとても良くて、おかげで
 
黒酢の壺畑からも垂水の足湯からも桜島がばっちり。

 さらに島に上陸し
 鹿児島市内の展望台から望み
 錦江湾越しにも眺めて、と桜島三昧。

 ついでにこちらは池田湖越しに見える開聞岳で、この2つの山を鹿児島県人は愛してやまない。

滞在中はもう無理かと思った崖の中腹にある墓参りも死にそうになりながらなんとかこなし、親戚や友人も訪ねることができた。
移動中も昔話が出るところを見るとさすがにうれしかった様子。
いささか無理をさせすぎたかとも思ったが、食欲も落ちなかったのでまだ大丈夫みたい。

今年もこうして一緒に新しい年を迎えられたことに感謝。


にほんブログ村 病気ブログへ  にほんブログ村 病気ブログ 肉腫へ にほんブログ村 病気ブログ 腎臓がんへ にほんブログ村 
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

熊野詣

2016-11-01 10:46:52 | お気楽日記
2週間前、20年ぶりに熊野へ行ってきた。

東京からだとどんなルートを使っても遠い熊野、それならと夜行バスで9時間。
意外にもよく寝られて

 
まずは那智大社と青岸渡寺。

 
前日の雨で水量ばっちり、うるわしい那智の滝にもお参りして
 延命長寿の水なるものをいただいた。

 新宮で速玉大社に詣で
 神様が元々降臨されたと言う神倉神社は石段を途中まで登ったが、あまりの勾配に恐れをなして途中で断念。

翌日は日本最長の路線バスに乗って
 
熊野本宮大社と、これも元々はここに神様が祀られていたと言う大斎原(おおゆのはら)へ。
こんもりと木の茂った大斎原は今は小さな祠が建てらているだけだが、パワースポットとして人気なのだとか。

お祈りしたのはもちろん自分と家族、そして闘病中の方々の健康と世界の平和。
みんなが心穏やかに暮らせますように。

熊野をお参りした後は日本一大きな村、十津川で果無集落まで熊野古道をちょっと歩いてみたが
  
石段は苔むしてすべりやすく、勾配は想像以上にきつくて、わずか50分ほど上っただけでヘロヘロ。
こんな道を何十キロも歩く熊野詣、どれだけ大変だったことか、と骨身にしみて実感。
 
民家の文字通り軒先を通って世界遺産の石碑にたどり着いたが、ここにはバスが通っていた。
月曜の午前中に2本だけ通るらしい、謎のバス。

あとは十津川村で温泉三昧。
  
 

紅葉には2週間ほど早かったが、日本の秘境もすばらしい。


にほんブログ村 病気ブログへ  にほんブログ村 病気ブログ 肉腫へ にほんブログ村 病気ブログ 腎臓がんへ にほんブログ村 
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりの大腸内視鏡

2016-09-05 19:10:04 | お気楽日記
おとといの記事で予告した通り、大腸の内視鏡検査を受けてきた。
病院の検査予約は10月までかなりいっぱいだったのだが、ちょうど3日後にキャンセルの空きが出来ていて、不安を抱えて待つのがなによりも嫌なので「すぐやってください」と入れてもらったのだ。

その結果は、なにもなくて真っ白

正直、ポリープの再発は覚悟していたのだが、上から下まで見ても「何もないですねえ」。
先生は前回の大腸肉腫の切除跡を一生懸命探していたようだがそれすら見つからず。
「痕跡もわからないということはいい状態と言うことですね」のお墨付き。

結局出血するような要因は何も見つからなくて、肛門が切れたのかもしれないが痔もないとのことで、「また何かあったら来てください」と言いつつ、ほとんど「なにしに来たの」状態。

よかった~~。

時間もお金もかけてしまったけれど、この安心感を買ったと思えば安いもの。
これでまた思う存分旅行計画が立てられる、ってそれが心配の種だったとは馬鹿につける薬なし。

しかし7年ぶりに受けた大腸内視鏡検査、
 相変わらず2リットルの下剤を飲まなければならなくて、その合間にはさらに1リットルの水かお茶も飲んでくださいと言われた時にはひっくり返りそうになった。
しかも今回の下剤は味が濃くて、飲むたびに思わずしかめ面になってしまう。
結局下剤1リットルにお茶を半分飲んだところでお腹がきれいになったのでそれ以上は飲まずに済んだが、検査そのものよりやっぱりこれがつらかった。


にほんブログ村 病気ブログへ  にほんブログ村 病気ブログ 肉腫へ にほんブログ村 病気ブログ 腎臓がんへ にほんブログ村
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

4年6ヶ月検診クリアだけど

2016-09-03 00:29:09 | お気楽日記
半年に一度の婦人科定期健診、おかげさまで転移、再発の兆候は全くなし。

血液検査の結果はクレアチニンがいまだ1.0となかなか改善しないが
「腎臓が1個だから仕方ないよね。この値なら問題ないでしょ」と軽やかにスルー。

ただしここ何回か警告を出されているLDLコレステロール値はやっぱり標準値をかなり上回っている。
前回の検査以来、ずいぶん意識して青魚や野菜を食べるようにしていたのでこれはショック。努力はむくわれなかったか。
「卵や魚卵、レバーやイカがだめなんだよ」と言うけど、そのどれもめったに食べない。
「もともと太ってもいないし、ということは体質だね」って、なんだか救いようがない。

しかし今回一番の懸念は実は大腸。
最近何回か血便があって、症状は10年前に見つかった大腸ポリープの時に良く似ている。

しかし同じ大腸でも外側にできる肉腫と内側にできるものとはまったく関係がないそうで、回された消化器内科の先生は「大腸肉腫って外側にできたってこと?」とびっくりしている。

そんなわけで来週は大腸内視鏡検査。
これ、大量の下剤を飲むのが非常に苦痛なのだが、良性のポリープぐらいならまだいい。
まさかまた悪いものはできていないよね、と心配の種はつきない。

せめておいしいものを、と病院の近くのおしゃれなお蕎麦屋さんに入ったら
 このカレー南蛮せいろ、めちゃうま!

病院にはなるべく近寄りたくないが、このお蕎麦はまた食べたい。


にほんブログ村 病気ブログへ  にほんブログ村 病気ブログ 肉腫へ にほんブログ村 病気ブログ 腎臓がんへ にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加