「抗がん剤がなんぼのもんじゃい」改め「肉腫も腎臓ガンもなんぼのもんじゃい」

青天の霹靂の大腸肉腫発覚、抗がん剤治療を終了したら今度は腎臓ガン発覚。治療を記録することにしました。

おばあちゃん先生

2017-07-06 18:43:54 | お気楽日記
しばらく前から婦人科系でちょっと気になることがあり、しかし絶対にたいしたことではないとわかっているので近所の町医者に行くことにした。

ネットで検索をして一番近所の産婦人科に行ってみると、なんと玄関に「6月末日を持って廃院しました」の張り紙。どひゃ~。

しかたがないので2番めに近いお医者さんへ。
すると大通りから隠れるように建つ昔ながらの医院。
そして産婦人科と言いながら、来ている患者さんたちはみなさん後期高齢者。
まあ、こちらももう絶対に産科には縁のない年だけど。

しばらく待ってから呼ばれて診察室に入ってみると、先生は80はゆうに超えていらっしゃると思しき女医さん!
アシスタントの看護師さんもいくつも年は違わない感じで、これはすごいところに来ちゃった。

しかし診察が始まると先生の説明は丁寧で分かりやすくて、この先生なら信頼できる感がはんぱない。
単純なものですぐにこの先生のファンになる。

結果は思った通りたいしたことはなくて、ちょっとしたお薬をもらって終了。
でも先生に「心配ありませんからね」と言われれば本当に安心。

この病院の待合室がおばあちゃんだらけだった理由も深く納得。
きっと何十年も前からこの先生がかかりつけだったのだろう。

大きな病気の時にはもちろん大きな病院で最新の医療を受けたい。
しかし普段のちょっとした不調にはこういう街のお医者さんこそ頼りになるわけで、東京の住宅街に住んでいるからこそ近所に選択肢はいくつもあるが、ここでさえ町医者が減っていることを最近実感する。

おばあちゃん先生、なんて呼び方は失礼で、かくしゃくとしてかっこいい先生には似合わないが、まだまだがんばっていただきたい。


にほんブログ村 病気ブログへ  にほんブログ村 病気ブログ 肉腫へ にほんブログ村 病気ブログ 腎臓がんへ にほんブログ村 
『闘病』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 父の介護認定 | トップ | インドから戻ってみたら »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おばあちゃん先生! (SORA)
2017-07-07 11:40:00
Luntaさん、こんにちは。

何だかTVドラマにでもなりそうな先生ですね!
年々街の産婦人科が減ってきてる中、こんなベテランおばあちゃん先生が居てくれると安心ですね。私は、病院の先生って、あんまり若い先生は苦手で特に婦人科は安心感のある年齢の先生がいい派なんです。まだまだ、このおばあちゃん先生には現役で活躍して頂きたいですね。

Luntaさんも大した事がなかったようで安心しました^^お薬で早く完治しますように七夕に願いを
SORA 様、 (Lunta)
2017-07-07 16:55:42
先生、ドラマというかドキュメンタリーにしていただきたいぐらいかっこいいんです。
NHKで72時間密着、とかね。

不調はほんとたいしたことなくて、実はまた遊びに行くので念のために薬をもらいに行ったようなもの。
ご心配おかけしてすみません
良かったです (Simco)
2017-07-07 20:49:22
Luntaさん、こんばんは^^

80歳を超える女医さんとはすごいですね!
いろんな症状や患者さんを診てきたそのスキルはすごいものがあるのでしょうね。

うちの近くにも医院がありますが、ネットで調べて初めてこんな近くにあったんだ、と思うことも。
でも町医者はいいなと先日思ったばかりです。

「心配ありませんからね」 なんと安心する言葉でしょう。
何事もなく良かったです(^^)
Simco 様、 (Lunta)
2017-07-08 08:10:42
ご心配おかけしました。
先生に大丈夫と太鼓判を押されましたので大丈夫です(笑)。

いい町医者って本当に貴重ですよね。
でも維持は大変そうで、高齢化がすすんでいるし、次々廃業している様子。
この国の医療の将来がいささか心配になります。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。