ダラダラ生活 日記

見たり・聞いたり・感じたり・気になることを書いちゃいます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ALWAYS 三丁目の夕日

2005年11月11日 | 映画・観劇
観に行ってきました。
年配の方がたくさん観に来ていました。

映画ですが・・・よかったです
ほんわかあたたかい気持ちになる、心地いい映画でした。
「消しゴム」で泣かなかったのに、涙・鼻水が止まりませんでした

昭和33年春から冬までの、鈴木一家と茶川を巡る一年間の話です。
まだ私は生まれていなかったのに、どこか懐かしい街の風景。
東京タワーがまだ建設中。
テレビ・冷蔵庫・洗濯機(三種の神器)が、まだ珍しい時代。
テレビでプロレスを見て、喜ぶ姿はいいですね。
父がラジカセを買ってきた時のことを、ふと思い出しました。
自分の声を録音して、初めて聞いた自分の声に興奮したことを・・・

出演している役者さんも、役にハマっていましたね。
茶川竜之介(吉岡秀隆)が個人的には、気に入りました。
彼のことは「北の国から」ぐらいしか、見たことがなかったんですよ。
いい役者さんになりましたね。
茶川さんに、いちばん泣かされましたよ
子役の2人も可愛く、六子(堀北真希)も良かった。
鈴木夫妻(薬師丸ひろ子・堤真一)は安心して見れる演技でした。

いや~なんだか誉めすぎですが、素敵な映画なので・・・ぜひ!!
CGも見事でした

ALWAYS 三丁目の夕日 ★★★★★
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (32)   トラックバック (74)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 名前が決まりました! | トップ | エヌ山くんとティティ川くん »
最近の画像もっと見る

32 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
実は (jane)
2005-11-11 19:56:02
これ、観に行こうかと思ってたんですよ。

観てよかった映画ランキングでも1位だそうですし、

tan-kanさんの感想を読んで心が固まりました!

見たらtan-kanさんのブログにTBさせていただきますね。

なんだかいまからもう楽しみです~。

TBありがとうございました (ミチ)
2005-11-11 20:18:33
こんにちは♪

心があったかくなる本当に良い作品でしたね~。

吉岡君はこういう役が本当に上手いです。

ちょっとひっくり返った声で「淳之介~」とか「あかの他人なんだから~」とか言われちゃうと涙が~~

もちろんどの役者さんも素晴らしかったです!

もう一回見に行きたいなぁと思っています。
TBありがとうございます (アンナ)
2005-11-11 20:25:18
私も「私の頭の中の消しゴム」では泣かなかったのに

この3丁目の夕日は涙が止まらなかったです。

もうすでに2回見て、毎日公式サイトを開いて音楽鳴らしてネットしてます。サウンドトラック買おうかな?

って。。。
はじめまして!! (MIYAUCHI)
2005-11-12 06:51:28
こんにちは、TBありがとうございました。



本当にいい映画ですね。

「カーテンコール」「この胸いっぱい、、」そしてこの映画と秋の感動大作でした。(個人的に)

よろしかったら「カーテンコール」をぜひ観てみてください。今日から公開です。私の地元が舞台なのですが、この映画も感動しますよ~!!
TBありがとうございました (ずぶと)
2005-11-12 07:01:39
TBありがとうございました



CGのリアルさや役者たちの演技の素晴らしさで、素直に笑えるところでは笑い、泣けるところでは泣ける良い映画だと思います。

はじめまして☆ (お嬢)
2005-11-12 10:22:29
TBありがとうございました。



まだ生まれていない時代の話なのに

何故だか懐かしく感じてしまいました

淳之介くん いい味出してましたね~

彼にノックアウトされ号泣したのかも(笑)



こちらからもTBさせて頂きました。

また、遊びに来てくださいね
Unknown (KOYAJI)
2005-11-12 12:17:55
TBありがとうございます。



役者さんについては、私も茶川竜之介役の吉岡秀隆さんが個人的にすばらしかったと思います。



原作のビックコミックスピリッツでの漫画であがかれる人物像にスゴクはまっていたと思います。



あまり情報文化が発達していないアナログ的な時代だからこそ、しっかり自分の気持をストレートに伝えようとすることが、ためらわずにできたのでしょうね。



わすれてしまった何かを思い起こす本当にいい映画だと思います。
TBありがとうございました (豆猫)
2005-11-12 18:21:17
本当に、良かったですよね

私も泣いたり笑ったり大変でした。

心があったか~くなる映画。

ぜひ多くの人に観てもらいたいですね
janeさんへ (tan-kan)
2005-11-12 22:32:01
こんばんは。

ぜひぜひ観に行って下さいね♪

いい映画ですよ。

janeさん、TBお待ちしております
ミチさんへ (tan-kan)
2005-11-12 22:36:21
こんばんは。

本当にいい作品ですね♪

役者さん、みんな良かったです。

ミチさんと同じく、吉岡君の演技には泣かされっぱなしでした

もう一度、観るつもりです・・・私も!!
アンナさんへ (tan-kan)
2005-11-12 22:41:36
こんばんは。

「消しゴム」泣かなかった少数派仲間(笑)

でもこの映画では、自然と涙がでますよね。

わざとらしい所が、一つもないですもん!

もうすでに2回観ているんですね。

私も、必ずもう一度観ます
MIYAUCHIさんへ (tan-kan)
2005-11-12 22:45:08
こんばんは。

いい映画でしたね~♪

「カーテンコール」藤井隆が出てるんでしたっけ?

オススメなんですね。

機会があれば観てみますね
ずぶとさんへ (tan-kan)
2005-11-12 22:48:56
こんばんは。

CG凄かったですよね!

あのリアルな再現は、映画を盛り立てていましたね。

役者さんの演技も、素晴らしかったです♪

沢山の人に観て貰いたいですね
お嬢さんへ (tan-kan)
2005-11-12 22:53:23
こんばんは。

淳之介くん、一平くん子役の演技も

良かったですね♪

自分が生まれる前の東京に、懐かしさを憶えるのは何ででしょうね?

とにかく素敵な映画でした
KOYAJIさんへ (tan-kan)
2005-11-12 23:02:29
こんばんは。

原作は読んだことがないんですが、

吉岡くん素晴らしい演技でしたね!

確かに今の時代にはない、家族の絆や近所の人々との交流など、古き良き時代の日本の姿

を描いていましたね。

いろいろ考えさせられる作品でもありました
豆猫さんへ (tan-kan)
2005-11-12 23:05:33
こんばんは。

いい映画でしたね♪

私は、家族やらに観るようにすすめています。

本当に沢山の人に、観て貰いたい作品ですね
鈴木オートは (こっちゃん)
2005-11-14 11:48:00
家族以外には、みんなに鈴木オートって呼ばれてるのが

ミョーに面白くて。

遠慮なく泣ける映画って良いですよね~



トラバありがとね♪
こっちゃんさんへ (tan-kan)
2005-11-14 18:31:31
こんばんは。

確かに「鈴木オート」としか、呼ばれてませんでしたね(笑)

自然に涙が出ちゃう映画は、私にはかなり珍しいです!

いい映画だったので、もう一度観るつもりです
TBありがとうございました (ok)
2005-11-15 00:19:07
初めまして。

ほんと、語れば語るほど誉めすぎちゃう映画だって思いました。

あざとく泣かされるわけではないので、泣かされても

すがすがしさが残りますよね。

ロクちゃんの東北弁が可愛いかったので映画館を出てからも私は真似してました^^。
TBありがとうございます! (shimaco)
2005-11-15 00:25:39
ほんとに、自然にじんわり泣けてきました。

とってもいい映画でしたね~。



CG、素晴らしかったです!

もちろんキャストも良かった。

人に薦めたくなる映画でした。
初めまして (GTU)
2005-11-15 08:36:59
初めまして。TBありがとうございました。

細かいところまで、懐かしさがしみこんだ

素晴らしい映画だと思いました。

理屈なんて、この映画には必要ないなあと思うし、ボクの世代はこの映画が作られたことだけで拍手喝采です。
はじめまして!! (taku-taku7)
2005-11-15 13:03:28
TBありがとうございました。

30年代生まれの私にとっては懐かしさで一杯でした。

茶川さん(吉岡)と淳之介君の演技、笑って、泣いて、ホロリとしてずーっと心に残りそうです。

六ちゃんも可愛かったですね。^^
okさんへ (tan-kan)
2005-11-15 15:54:22
はじめまして。

粗探し名人の私でさえ、泣かされましたもん!

いい映画でしたよね~。

ロクちゃんの東北弁、確かに可愛かったです
shimacoさんへ (tan-kan)
2005-11-15 17:32:55
こんばんは。

日本の映画で、あのCGすごかったですね!

泣く為に行った訳ではないのに、自然と涙が出ました。

いろんな人に観るように薦めましょう
GTUさんへ (tan-kan)
2005-11-15 17:37:56
はじめまして。

夕日町三丁目は、懐かしさいっぱいの街でした。

理屈なしで楽しめる映画は、貴重ですね!

素敵な映画でした
taku-taku7さんへ (tan-kan)
2005-11-15 17:45:33
はじめまして。

30年代生まれではないけれど、駄菓子屋とか懐かしかったです。

茶川さん&淳之介いい演技でした!

泣かされっぱなしでしたよ

六ちゃんみたいな赤いほっぺの子供、昔はいっぱいいましたよね。

可愛かったです
Unknown (y_flugels)
2005-11-16 00:56:17
TBありがとうございました。TBいただきますね。

私的にはあの町並みと都電。。。よく再現したなぁ~とあと上野駅。あの時代に生きていたらもっと前向きに生活できたかなぁ~と思います。
y_flugelsさんへ (tan-kan)
2005-11-16 17:51:39
こんばんは。



>あの時代に生きていたらもっと前向きに生活できたかなぁ~と思います。

わかります!その気持ち!!

私もそう思いましたよ~

今の自分ちょっと情けない・・・

CG(VFX)素晴らしかったですね♪
CG (xina-shin)
2005-11-20 11:28:48
CG VFXという事を意識せずに見ることが出来ました。

それが一番のほめ言葉だと思います。

TBサンクスです。
xina-shinさんへ (tan-kan)
2005-11-20 17:50:03
こんばんは。

CG(VFX)に違和感を感じないのは、初めてでした。

それが映画を引き立てていましたもんね!

もう一度観に行かねば・・・
吉岡くん (にら)
2005-12-02 16:22:35
酔っ払ったときのダメ男っぷりもいいんですけど、酔ってないときのダメ男ぶりがまたいいです。

最後も転んで泣いちゃうし。



見てるこっちまで泣けてきちゃいましたよ。



てなわけで、TBありがとうございました。
にらさんへ (tan-kan)
2005-12-03 00:56:06
こんばんは。

吉岡くんの演技は「北の国から」以外では、

映画「虹をつかむ男」しか見たことなかったんです。

いい役者さんになっていて嬉しい♪

吉岡くんに泣かされっぱなしの、映画でした

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

74 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
物はなくても豊かだった時代◆『ALWAYS 三丁目の夕日』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
11月9日(水)TOHOシネマズ木曽川にて 昭和33年。東京タワーが完成するこの年に、青森から上野駅に集団就職で六子(堀北真希)がやってきた。就職先は鈴木則文(堤真一)とトモエ(薬師丸ひろ子)が経営する鈴木オート。立派な会社を期待していた六子は、小さな町工場だと
ALWAYS 三丁目の夕日 (2005) 132分 (極私的映画論+α)
 昭和33年、東京下町の夕日町三丁目。ある日、鈴木則文が営む自動車修理工場・鈴木オートに、集団就職で上京した六子がやってくる。しかし、思い描いていたイメージとのギャップに、少しがっかりした様子。その鈴木オートの向かいにある駄菓子屋の店主で、しがない小説家の
古き良き時代のいい話を堪能せよ 「ALWAYS 三丁目の夕日」 (平気の平左)
評価:85点{/fuki_osusume/} ALWAYS 三丁目の夕日 原作のコミックは一度も見たことがありませんが、いい話です。 涙もろい私にはかなり毒です。 体内の水分がかなり減りました。 水分補給必須の作品となっています。 舞台は昭和33年、東京タワーが作られ始めて
ALWAYS 三丁目の夕日 (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
2005年の最高傑作。この作品に出会えたことを誇りに思い、涙できることに幸せを感じます。
映画「ALWAYS 三丁目の夕日」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★ ストーリー: 東京下町の夕日町三丁目に住む鈴木家に、集団就職のために上京してきた六子(堀北真希)が住み込むことになる。また鈴木家の向かいにある駄菓子屋の店主(吉岡秀隆)も、見ず知らずの少年の面倒を見ることに……。
ALWAYS 三丁目の夕日 (アンナdiary)
携帯もパソコンもTVもなかったのに、 どうしてあんなに楽しかったのだろう。 人気コミック「三丁目の夕日」 東京タワーが建設中の昭和33年が舞台。 とっても素敵な映画でした。 オープニング、子供達が飛ばした紙飛行機が空を舞い 「ALWAYS 三丁目の夕日」とタイトルバッ
Always 三丁目の夕日 (都会の田舎者)
今日は久々に映画を見に行った。 前に見たのは「北の零年」か「1リットルの涙」(どっちが最近だったかは忘れた)だから数ヶ月ぶりだ。 この作品を選んのは、青森から東京に就職で出てくるってトコに自分と共通点があって面白いかな、と思ったから。 話は昭和33年、ちょうど
ALWAYS 三丁目の夕日 (外部デバイスへの記録)
製作国:日本 公開:2005年11月5日 監督/VFX:山崎貴 脚本:山崎貴、古沢良太 出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、薬師丸ひろ子、掘北真希、もたいまさこ、三浦友和 ほか 川崎で鑑賞するつもりだったけど色んなことがあって、結局いつもの立川シネマシティで鑑賞すること.
「ALWAYS 三丁目の夕日」 (てんびんthe LIFE)
10月16日(日)「ALWAYS 三丁目の夕日」 一ツ橋ホールで鑑賞 昭和33年まだ東京タワーが建築中。作品中どんどんタワーが高くなっていく様子がちょっと嬉しい。たいした作品では無いだろうなんてタカをくくって見に行ったら、それはそれは作品の中に入り込ん
ALWAYS 三丁目の夕日/堤真一、吉岡秀隆、小雪、掘北真希 (カノンな日々)
いやぁぁぁ、ヨカッタぁぁぁ、もぉ最高に笑顔と涙があふれこぼれるハートウォーミングな素敵な作品でした、感動的ですっ。女性だけではなく年配の男性のすすり泣きが劇場のあちこちから聞こえてきましたヨ。もちろん私もとっても気持ちよくボロ泣きしちゃいました。原作のこ.
『 ALWAYS 三丁目の夕日 』 (やっぱり邦画好き…)
映画 『 ALWAYS 三丁目の夕日  』  [ 試写会鑑賞 ] 2005年:日 本  【11月05日ロードショー】 [ 上映劇場 ] 監 督:山崎 貴 VFX:   〃 脚 本:山崎 貴、古沢良太 原 作:西岸良平「三丁目の夕日 」     (小学館 ビックコミ
ALWAYS 三丁目の夕日 (うぞきあ の場)
私の世代よりもひと世代前の物語。 ゆえに観客もその世代が多かった。 いわゆる“懐かしさ”は感じなかったが、 自分の世代にも、“あったあった”はあった(爆)。 駄菓子屋(ババァはいなかったが)・舗装されていない道・氷屋・・・・。 見所キャスト 鈴木オート(堤
ALWAYS 三丁目の夕日 (ネタバレ映画館)
 「戦争も知らないくせに」「ロシア文学も知らないくせに」という会話にドキリ。はい、どちらも知りません・・・  長嶋茂雄が巨人軍に入団した年に生まれていない者でも懐かしく感じてしまう昭和33年の映像。知らない時代でも懐かしく感じてしまう、日本人のDNAを受け継い
映画館「ALWAYS 三丁目の夕日」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
昭和33年、東京タワーが建設中の東京でのお話。 時代設定が、ちょうど母が子供のころだったので母と一緒に観にいきました。母から聞いた話の中に登場するモノたち、たとえば氷を入れて使う冷蔵庫などを実写で見れたという感じでした。私にとっては、懐かしいというか...
『ALWAYS 三丁目の夕日』 (京の昼寝~♪)
携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。 ■監督 山崎 貴■原作 西岸良平 ■キャスト 堤 真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子、掘北真希、須賀健太、小清水一揮、もたいまさこ、三浦友和□オフィシャルサイト  『ALWAY
「ALWAYS~三丁目の夕日~」を見た (映像職人\'舞\'録゛)
現在劇場上映中の「ALWAYS~三丁目の夕日~」を淡路東宝で見てきた。  そしたら、貸し切り状態だった。観客は私ひとり。 淡路をご存じない方のために。 大阪市の一番北に位置する下町で、私の住んでいる吹田市に隣接している。私の家からは二駅、約十分。 い.
涙で夕日が・・・ (ON THE ROAD)
    うっ! ピンポイントで心の一番深いところをえぐられた! ん? 暗闇のあちこちから鼻をすする音。 あぁ~ オレだけじゃない!みんなそうなんだ。 悲しい映画じゃないのに涙があふれてくる。 いいっす !! ALWAYS 三丁目の夕日 このマンガが実写の映画になる
ALWAYS(当たり前じゃないから夢と未来と希望を持てる) (オールマイティにコメンテート)
「ALWAYS-三丁目の夕日-」を鑑賞して来ました。この映画を見ていると今当たり前な事が当たり前じゃない時代、しかしそれが今忘れられがちな夢と未来と希望を思い出させてくれる作品だったと思う。
ALWAYS 三丁目の夕日 (ドリアンいいたい放題)
ここしばらくめっちゃ忙しかった。 短い日でも12時間は職場にいた。 これが、あと数ヶ月続く・・・・・ 既に心身共にボロボロ。。。。。 とりあえず、心だけでも立て直そうと! 劇場にて3本立て してしまいました。 まずは、3本目に観た「ALWAYS 
ALWAYS 3丁目の夕日 (より善く生きる:雨野寂の人生)
11月6日(日)に久々に映画館に足を運んだ。 http://www.always
「ALWAYS 三丁目の夕日」を観てきました!! (馬球1964)
前評判の高い映画「ALWAYS 三丁目の夕日」を観てきました。 この映画は小学館発行の「ビッグコミックオリジナル」に連載されている西岸良平氏の「三丁目の夕日」が原作です。実に32年にわたって連載されている超人気作品です。私も愛読していますが、ほのぼのしてくる漫画で
「ALWAYS 三丁目の夕日」感想 (ずぶと的洋楽)
タイトルどおり感想書きますんでネタばれになる可能性あります。まだ見てない人は読まない方がいいかも。 ALWAYS 三丁目の夕日 昭和33年の何気ない生活を画いてるんですけど泣きどころ、笑いどころ満載で今よりずっと人がいきいきしてたと思います。 集団
ALWAYS 三丁目の夕日 (花ごよみ)
東京タワーが建設中だったあの頃…  昭和33年の東京を舞台に空前のスケールで贈る、  夢と希望のエンタテイメント映画!!………………  試写会チラシより ………………………………………………………………………………    原作は西岸良平のコミック『
『ALWAYS 三丁目の夕日』 (Antique)
「ALWAYS 三丁目の夕日」、見てきました{/3hearts/} これは私にとって、かなりのヒットです{/kaminari/} あのシザーハンズを超えるほど泣きました。 後半なんか号泣・・・。。 エンドロールの時も涙が止まりませんでした{/ase/} おかげで帰る時が恥ずかしかったです。(笑
ALWAYS 三丁目の夕日 (夢見る小悪魔)
監督:山崎貴 脚本:山崎貴/古沢良太 音楽:佐藤直紀 出演:吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/三浦友和/薬師丸ひろ子 《携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。》 東京下町・夕日町三丁目。 昭和33年春、短気だが家族思いの鈴木則
ALWAYS 三丁目の夕日 (Akira\'s VOICE)
SW ep3のタトゥイーンに匹敵する夕日に感動!
ストレートの感動映画でした...。 (気ままに『建築』コラム!)
『ALWAYS 3丁目の夕日』を見ました。文句なしの感動の作品でしたね。家族で観
ALWAYS 三丁目の夕日 ((ほとんど)シネマ日記)
あ~休まる。ドミノの後だから、なお更に心が休まる感じがしました。 東京タワーが建てられつつあった昭和33年、六子(掘北真希)は青森から集団就職で下町の自動車修理工場の鈴木オートにやってきた。小さな工場にがっかりしたけれども、社長(堤 真一)とやさしい奥さん
『ALWAYS 三丁目の夕日』 (ラムの大通り)
----うわあ、なにこれ?東京タワーが壊れている。 しかもその前を路面電車が走っている? 「(笑)これはね。いまだに根強い人気を持つコミック 『三丁目の夕日』を実写映画化したものなんだ。 舞台が昭和33年。というわけでこれは建設中の東京タワー」 ----それって撮影が難
ALWAYS 三丁目の夕日 (シネまだん)
8.5点 よくぞ造った映像は、昭和のにおいがプンプン 監督:山崎貴 出演:吉岡秀隆 堤真一 小雪 薬師丸ひろこ 公式サイト   昭和33年。建築中の東京タワーを見渡す下町。就職のために青森から上京してきた六子が見たのは、そこにある自動車修理工場だった… .
今日の万歩計 「Always 三丁目の夕日」を観た (ヒューマン=ブラック・ボックス)
今日は、 12,187歩だった。 レイトショーでAlways 三丁目の夕日を観てから、11時頃歩いて帰宅。 ずいぶん寒い。 吐く息が白く見えそう。 それもそのはず、早い年なら雪が降ることもある時期だ。 帰宅したら、温かいおでんが待っていた。
映画のご紹介(72) Always 三丁目の夕日 (ヒューマン=ブラック・ボックス)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(72) Always 三丁目の夕日 Always 三丁目の夕日を観た。 そういえば、家の前の道路は舗装されてなくて、通りから家の中までよく見えたな。 日中戸締まりしている家なんてなかったっけ。
ALWAYS 三丁目の夕日(gooブログ専用) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
今日、僕の家へ新しい家族がやってくる。 集団就職で青森から来た六ちゃん。 怒りん坊のお父さんと、優しいお母さん。 駄菓子屋の茶川さんは、居酒屋のヒロミさんが大好き♪ これは、僕ん家と夕日町三丁目に住む人のお話。 http://yoyupon.livedoor.biz/a
ALWAYS 三丁目の夕日 (Black Pepper\'s Blog)
ノルタルジックな昭和の世界をリアルに再現。 「ALWAYS 三丁目の夕日」を観て
「ALWAYS三丁目の夕日」@イイノホール (旦那にはひ・み・つ (☆o☆))
今年の秋の『泣ける邦画』としてあーちゃんが注目していた2本は不発…という事で今日はめっちゃ楽しみにしていきました。 {/kaeru_cry/}STORY オフィシャルサイト 昭和33年、東京タワーが完成するこの年、夕日町三丁目では個性豊かな住民たちが暮らしていました。そ
ALWAYS 三丁目の夕日 (こっちゃんと映画をみまちょ♪)
思わずポロリときました。これは勝手な想像なのですが、恐らく今現在、劇場公開されている映画の中で、一番ハートウォーミングなお話ではないでしょうか? ビデオもケータイもプレステも無かったこの時代に、今、モノに何一つ不自由しない我々が一番欲しかった物がいっぱい
ALWAYS 三丁目の夕日 (ペ・ンギン日誌)
【ALWAYS 三丁目の夕日】の試写会へ行って来ました。 小学生だった頃、父がビックコミックを買っていて、私はその中の【三丁目~】だけを読んでいた。 小学生の時は成人誌を見ても、絵が凝りすぎていて受け付けなかった。 そんな中【三丁目~】は絵も内容も、ほのぼのし
ALWAYS 三丁目の夕日 (晴れbox‐RUN)
ALWAYS 三丁目の夕日 最初、「三丁目の夕日 」が映画化されると聞き、てっきりアニメかと思ってました。原作は熱烈なFANという訳ではありませんが、とかくバイオレンスにはしる漫画が多い中で、ホノボノと人情をかもし出す良作と思ってました。そして、そ
『ALWAYS 3丁目の夕日』 (Simply Wonderful ~Diary & Hobby etc...~)
♪タタタッタタ! タタタッタタ! タタタタタタッタ~ タタタタタタッタ~♪ (変な鼻歌でゴメンナサイ。m(_ _)m) 何故かサザエさんを思い出しちゃった。(笑)それよりちょっと前の話なのだけど…。 でもこのほんわか幸せな気持ちは、サザエさんに通じるものがる!? 『ALW
都電とオート三輪の走る風景 (ぶらぶら..ぶろぐ)
『ALWAYS 三丁目の夕日』を見てきた。 人気コミック「三丁目の夕日」が原作、 東京タワー建設中の昭和33年の東京下町が舞台。 いやぁ、ボロボロに泣いちゃった。 もともと難病ものみたいなあざとく泣かすような 映画を避けているせいもあるけれど、 ここまで泣いた.
『ALWAYS 三丁目の夕日』(2005年) (エイガnoHANASHI)
公開2週目。最近観た映画と比較すると、観に来ている人の年齢層がなんと幅広いことかと驚きました。 そして、観終わって思った事は、「この映画はまだまだ伸びるぞ」と。 笑えて、泣けて、ほんわかあったかい気分になる。 素直に「いい映画だったよ」と、お薦めできる映画で
泣いてしまいました・・・・感動の「三丁目の夕日」必ずあなたも観なさいよ! (「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!)
楽しみにしていた映画を観た。「三丁目の夕日」。 泣いた。 一言で、この映画を述べるのであれば「ぬくもり」であろう。これほど、ぬくもりを感じさせてくれる映画は少ない。 それぞれの出演者がいい味を出しており、BGMが涙を後押ししてくる。特に、駄菓子屋の売れな.
ALWAYS 三丁目の夕日 (ぱいぱてろ~ま)
”お気楽日記♪”の nao_nao888さんに”そして東京タワーがみんなに愛されてきた事がすごく良く分かる作品なので、絶対に観て欲しい!!”とコメントされてしまったので(笑)、このあとに控えている予定の前にちらっと見てきました。 ちょうど昭和33年の日本が舞台に
ALWAYS 三丁目の夕日 (mocha**)
公開初日、見に行ってきました! 心がじんとするあたたかい映画でした。 昭和33年、まだ生まれてもいなかったあたしが、映画を見ていて懐かしいと感じたのが不思議。 テレビもインターネットもない時代、今より娯楽と呼べるものが少ない時代。 けれどそこに生きて
ALWAYS 三丁目の夕日 (まつさんの映画伝道師)
第266回 ★★★★(劇場) (万人に薦められる故、核心に触れる文面にご注意あそばせ) 「ALWAYS 三丁目の夕日」は、まさに夕焼けを見たくなるような思いに駆られる作品で、終盤になるとそれぞれのエピソードの結末にいちいち感動させられる。  とこ.
「ALWAYS 三丁目の夕日」劇場にて (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
金曜日、『エリザベスタウン』を見た後、続けて見たのは『ALWAYS 三丁目の夕日』です。 原作は「西岸良平」の名作マンガ『三丁目の夕日』から選りすぐったエピソード12編。 東京タワーの建設が進められる昭和33年。上野駅に集団就職で上京する一団の中に『六子 -ムツ
ALWAYS☆三丁目の夕日 (☆INTERIM~まだ夢の途中~☆)
昭和33年春から年末までのお話・・・ 吉岡秀隆さんと言えば・・・北の国からの純君のイメージ一色でしたが いい俳優さんになりましたよね! 個人的に・・・私のNo.1は、堤真一さん漣漣 元々ファンなんですが・・・やんちゃな親父という役も素敵でした
ALWAYS 三丁目の夕日 (広報宣伝室ブログ)
えびZです。 先日映画を観ました。 いつも映画館でチケットを買うのにかなり並ぶのですが WEBで指定席が買えたので超便利っ!! あまり映画館で邦画は見ないのですが・・・ 今話題になっている「ALWAYS」。 なかなか面白かったんです! ALWAYS 三丁目の
ALWAYS 三丁目の夕日 (たこブログ)
今日は『ALWAYS 三丁目の夕日』観てきました☆ とりあえず結構前の時代の話なんだろな~ってくらいで行ったんだけど・・・ これがマジに感動もんよw 笑えるとこは思いっきり笑え
Always  -三丁目の夕日-  (kazoo) (音楽業界をぶっ飛ばせ!!)
Always  -三丁目の夕日- 今日は始めて現在上映中の映画について 「Always  -三丁目の夕日-」   見てきましたよ この前の日曜日   本当は「チャーリーとチョコレート工場」を 見に行ったんだけど 完売しててさ   前々から見たかったこの映画.
ALWAYS 三丁目の夕日 (まつさんの映画伝道師)
第266回 ★★★★(劇場) (万人に薦められる故、核心に触れる文面にご注意あそばせ) 「ALWAYS 三丁目の夕日」は、まさに夕焼けを見たくなるような思いに駆られる作品で、終盤になるとそれぞれのエピソードの結末にいちいち感動させられる。  とこ.
「ALWAYS 三丁目の夕日」 (soramove)
「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★ 堤真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子主演 山崎貴監督、2005年 予告編を見た時、 「この映画はやめよう」と 思っていた。 「泣き」の映画の あざとさのようなものを 嗅ぎ取ったからだ。 で、映画館の暗闇で上映開始を待...
映画「ALWAYS 三丁目の夕日」 (Mas che buono!)
昨日pandaちゃんといっしょに観てきました。人情味のあふれる、心温まる物語でした。笑いあり、涙あり。純粋にいい映画だな~と思いましたよ。前から気になっていて、さらにtan-kanさんのブログを読んで、「これは観なければ!」と思い、半ば強引にpandaちゃんを映画館に引き
~お勧め~映画『オールウェイズ 三丁目の夕日』 (東京で働くサラリーマンの日記)
今日は話題の映画『オールウェイズ 三丁目の夕日』を見てきた。 予告CMや連日映画ランキングでトップになっていたこともあり、 結構前から気になっていたのだが、面倒くさがる出不精の嫁を連れ出し 某シネコンにてついに見に行った! 観客は最初まばらだったが、開始5分.
ALWAYS 三丁目の夕日 (けずろぐ)
今日はお誘いを受け映画を見に行ってきた。 先日は「皇帝ペンギン」 今回は「ALWAYS 三丁目の夕日」 いろいろ考えることもあり、映画なんてみてて良いのか? とも思ったが、せっかくのお誘いなので行ってきた 特に興味もナイ作品だったので原作もしらないし、どんな内
映画:「ALWAYS三丁目の夕日」の感想 (Mr.Ericの感じたままで)
西岸良平の原作マンガは、連載されているビッグコミック・オリジナルを購入した時は欠かさず読んでいます。昭和30年代の時代背景をベースに、ネタが尽きる事なく毎回心温まるエ
『ALWAYS~三丁目の夕日』 (ねこのひたい~絵日記室)
新聞の映画上映時間案内欄は、映画のタイトルが縮められて表記されていることが多いんですけど、今作の場合「オールウェイズ」なんて略されてるもんだから、判りにくくてしようがない
映画『ALWAYS 三丁目の夕日』 (音の鳴る木)
 時は昭和33年、東京タワー建造中の東京のとある町が題材の『ALWAYS 三丁目の夕日』を見てきました。あまり邦画は好んで見ないんですが、そんな俺からも言わせてください「見ないと損な映画」です。チョットばかし期待はしていましたが、それおを大きく超える期待以上の作品
『ALWAYS 三丁目の夕日』 (Whaddya say?)
ALWAYS 三丁目の夕日 o.s.t 佐藤直紀, サントラ ALWAYS 三丁目の夕日 オフィシャル・フォト・ブック 2005『ALWAYS 三丁目の夕日』製作委員会 三丁目の夕日 特別編 西岸 良平 公式サイトはコチラ 周りのあまりの評判の良さに、これは是非とも見ておかなけれ
ALWAYS 三丁目の夕日 (toe@cinematiclife)
泣いたわよ。 まさかと、自分でも思ったけど、泣いたわよ。 まぁ、最近、涙腺ゆるゆるだけどね。 でも、きっとまだの人も、見ると泣くかもよ。 <STORY> 戦後間もない東京下町、東京タワーのすぐ近く。 いろんな生活がそこにはあった。 駄菓子屋・茶川商店の茶川竜之介(吉
★「ALWAYS 三丁目の夕日」 (ひらりん的映画ブログ)
久しぶりに映画館のはしごをしてきました。 こちらはチネチッタ川崎で鑑賞。 なななかおじさん連中には評判のようだったので・・・ 2005年製作のファミリー・コメディ・ドラマ、133分もの。 あらすじ 昭和33年、東京の下町、夕日町三丁目が舞台。 町場の修理工場・鈴木
ALWAYS 三丁目の夕日(映画館) (ひるめし。)
携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。 CAST:吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/三浦友和/薬師丸ひろ子 他 ■日本産 133分 最近映画館で邦画ばかり観ている今日この頃。 実はこの映画まったく観る予定じゃなかった
ALWAYS 三丁目の夕日 今年の234本目 (猫姫じゃ)
ALWAYS 三丁目の夕日 泣いた、、、 ホント、久しぶりに映画館で見た。札幌で、夜の出撃に備えて、英気を養うためにぶらぶらしていたんだケド、この映画の評判が良いのは知っていたので、たまたま通りかかった映画館へ。 SFXとは、こういう使い方をするんだぁ! 年代は
ALWAYS 三丁目の夕日 (時計仕掛けのオレ BY ザ・ワールド)
ほのぼのとしたいい映画でした{/fine_sim/} 思ってたよりもずっとおもしろかった{/up/} 感動させられたなぁ 薬師丸ひろ子のお母さん役はかなりハマってました そして堤真一はやっぱり大好き{/hearts_pink/} あの親子には何回も笑わされました{/face_yaho/} テレビが家にや
「ALWAYS 三丁目の夕日」夢や希望を皆が語った時代 (soramove)
「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★ 堤真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子主演 山崎貴監督、2005年 予告編を見た時、 「この映画はやめよう」と 思っていた。 「泣き」の映画の あざとさのようなものを 嗅ぎ取ったからだ。 で、映画館の暗闇で上映開始を待...
ALWAYS 三丁目の夕日 (泥海ニ爆ゼル)
「ALWAYS 三丁目の夕日」 今年映画館1本目の作品。誰かが観客の8割以上が最高点の評価を付けていたとか言ってた。何かの罠だろうと思っていたけど、多分大手の映画情報ページでも見たんだろう。Moviewalkerのレヴューなら大抵平均が高いからあまり当てにもならなさそうだし
ALWAYS 三丁目の夕日 (Extremelife)
西岸良平の人気コミック『三丁目の夕日』を映画化した人情ストーリー。誰もが明るい未来を信じていた昭和30年代の東京下町を舞台に、個性豊かな人々が織りなす心温まる人間模様を綴る。広大なロケセットに加え、「ジュブナイル」「Returner リターナー」の山崎貴 ...
ALWAYS 三丁目の夕日 (東京ミュービー日記)
ALWAYS 三丁目の夕日 監督:山崎貴 出演:吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ ほか? 毎日、雨続き。 梅雨ですかね? うっとうしいなぁ・・・。 なんとかならんですかね。 今週末に広島出張を控え、バタバタです。 ? さて ...
ALWAYS 三丁目の夕日 (土曜の夜は・・・)
story 西岸良平の人気コミック『三丁目の夕日』を映画化した人情ストーリー。誰もが明るい未来を信じていた昭和30年代の東京下町を舞台に、個性豊かな人々が織りなす心温まる人間模様を綴る。広大なロケセットに加え、「ジ
ALWAYS 三丁目の夕日 (土曜の夜は・・・)
story 西岸良平の人気コミック『三丁目の夕日』を映画化した人情ストーリー。誰もが明るい未来を信じていた昭和30年代の東京下町を舞台に、個性豊かな人々が織りなす心温まる人間模様を綴る。広大なロケセットに加え、「ジ
【邦画】ALWAYS 三丁目の夕日 (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  A- (演技4/演出3/脚本4/撮影4/音響3/音楽4/美術4/衣装4/配役4/魅力3/テンポ3/合計40) 『評論』 あれ
50年後も綺麗な夕陽・・・「ALWAYS 三丁目の夕日」 (取手物語~取手より愛をこめて)
昭和33年、東京の下町。
ALWAYS 三丁目の夕日~昭和バンザイ!珠玉の名作!! (名作玉手箱!~映画・テレビ・ゲーム・漫画・小説など)
ALWAYS 三丁目の夕日、見ましたが震えました。前評判が良いのは知っていましたが、これは予想以上のデキで、穴が無く、笑えるし、感動しっ放しで、珠玉の名作だと思います。
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (アートの片隅で)
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の試写会に行って来ました。 前作が大好きな妻と一緒です。 前作から4ヶ月後、既に完成した東京タワーをバックに始まります。 このオープニンがとても楽しいです、(内容は書けないけど、、、) 山崎監督のこういう感じの作品も観てみた...