豆猫日記 すべてはうまく行っている♪♪

すべては うまく行っている♪
ころんでも 起き上がればいいじゃん♪
みんな うまく行ってるよ~♪
 

『ALWAYS 三丁目の夕日』

2005-11-09 18:31:35 | 映画
今朝、一番の公開で『ALWAYS 三丁目の夕日』を観てきた。

昨日の事から気持ちを切り替えるため、朝一で観ようと決めていた。

今日の選択は大正解!

よかった~

泣いて笑って、また泣いて、感情がクルクル代わって大変だったけど観てよかった。
本当は笑うシーンなのに涙が出て止まらない。
こんな経験は初めて。
きっと私の感情のスウィッチが壊れてたのかも。
今朝は朝から涙もろかったし・・・。

それにしてもみんな濃かった~~~
私の大好きな堤真一。今回は乱暴な町工場のオヤジ。
やたらキレまくってた!
そこにいい味出してた薬師丸弘子。昭和の女がほんとに良く似合ってた。
思わぬところで笑わせてくれたし。

さえない小説家役の吉岡秀隆。彼も良かった~
小雪もいい
私は彼女が大好きだから・・・
他のみんなもすごく良かった

昭和33年その世界をCGで再現したと言うのが売りらしいが、
そんな事より、とにかく人間くささがすごくにじみ出ててよかった~。



ほんわか、あったかい作品です。
ぜひ皆さんにも観てもらいたいです
コメント (2)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やっぱり偶然って無いのかも... | トップ | パニック! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
always三丁目の夕日 (yumi)
2010-03-18 23:17:15
私の大好きな作品になりました。

はじめ、このタイトルに魅力を感じなくて見るつもりなかったの(タイトル負けしてる映画も多々ありますが)で、期待をかなり裏切ってくれました。感動のあまり、続編も続いてみてますます感動。どっちも泣いて笑って忙しかったけど続編はますますコメディタッチになってて堤真一に笑わされたわ。この作品は3も4も出来るんじゃない?と思った。いっそのこと<北の国から>、<寅さん>みたいに監督のライフワークみたいにしちゃえばいいのに~と思ったよ。

最初お母さん役が薬師丸弘子だと思わなかった。いいお母さん役が似合うようになっちゃって。私もあんなお母さんになりたいなって思ったわ。

私、堤真一の出てる作品は最近は見てないんだけど、私のイメージでは、大昔たぶん彼の駆けだしの頃大竹しのぶと共演したドラマがとてもうまくて<舞台出身>の役者と、その頃何かの記事で読んだ事ある。それ以来ちょっと気になっていた俳優さんだったわ。

吉岡君は<子役は育たない>というジンクスを見事に破った感動を与えられる役者さんだよね。

みんな濃いキャラなんだけど、注目したのは堤真一の息子役の一平君。彼が何か言ったりやったりするたびにクレヨンしんちゃん?と思ってしまったのは私だけ?1も2もいい味出してたわ~。今度彼の出てる作品見てみようっと。

最後にもう一人注目したのは、みなしごだった淳之介君の演技。目の使い方がうまくて視聴者泣かせられる子だなあと感動したわ。彼の主演の映画次、見るわ~。彼ってさあ、<爆笑問題>の背が高いほう、大田?かな?に似てな~い?
ゆみちゃんへ♪ (豆猫)
2010-03-19 23:42:18
堤真一いいよね~
大好きです
薬師丸ひろ子の肝っ玉母さんぶりもいいでしょ!
私も大好きな作品の一つです~

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ALWAYS 三丁目の夕日 (ダラダラ生活 日記)
観に行ってきました。 年配の方がたくさん観に来ていました。 映画ですが・・・よかったです{/face_yoka/} ほんわかあたたかい気持ちになる、心地いい映画でした。 「消しゴム」で泣かなかったのに、涙・鼻水が止まりませんでした{/namida/} 昭和33年春から冬までの、鈴
ALWAYS 三丁目の夕日 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気blogランキングに参加してます! ここを一度クリックして頂けるとありがたいです。 ご協力お願い致します。 今日、僕の家へ新しい家族がやってくる。 集団就職で青森から来た六ちゃん。 怒りん坊のお父さんと、優しいお母さん。 駄菓子屋の茶川さんは、.
ALWAYS 三丁目の夕日(gooブログ専用) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
今日、僕の家へ新しい家族がやってくる。 集団就職で青森から来た六ちゃん。 怒りん坊のお父さんと、優しいお母さん。 駄菓子屋の茶川さんは、居酒屋のヒロミさんが大好き♪ これは、僕ん家と夕日町三丁目に住む人のお話。 http://yoyupon.livedoor.biz/a