「hana」グ

hanaのブログ。

新横浜でキープロさんと

2017-04-17 08:12:12 | Weblog
ライヴ情報です。
是非お越し下さい。
必見です!

4/23(日) 新横浜ベルズ
「Sunday Night Excellent!」

出演:THE KEY PROJECT / Flower Hips / 坂 彩加
open18:30 start19:00 前¥2500 当¥3000(ドリンク代別)


全国を飛び回ってライヴしている、

THE KEY PROJECTさん
http://www.thekeyproject.jp が、
またベルズに来て下さいます。

私は、ワクワクしております。



会場でお待ちいたしております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スリーピースアゴーゴーありがとう

2017-04-03 07:58:01 | Weblog
THREE-PIECE A GO! GO! Vol.3」終了いたしました。
ご来場頂いた皆様、ありがとうございました。



素敵な先輩方とのライヴ、楽しい夜でございました。



楽屋の出番待ちの様子。
このちょっと前に、サウンドチェックがありまして、先輩方を前に緊張したんでしょうか、汗だくになってしまいました。(ただ会場が暑かっただけかもしれんが・・)
サウンドチェック時の自身プレイもなんか、ガチョーンな感じだった。
逆リハでトップバッターだったので、あまり時間も無い中、気持ちを本番に持っていっておるのです。(ボーっとしてただけなんだが実は)



柿島伸次&アッシュポテトさんです。

今回はアコースティックな感じでプレイ、昔からそうなんですけど、本当にかっちりしているんですよ。
また歌がグッと来るんですなぁ。
ここ最近は、柿さん一人のステージしか観れていなかったですからね、久々のバンドサウンド素敵でした。


GOOD is GOODさんです。
長年やっておられるバンドさんですからね、もう「間」とか絶妙なのですよ。
なるほどと思わせる歌詞の歌に、ブワァーっと来るギターソロ。
シンプルな場面、劇的な場面とドラムとベースが素晴らしくからんで、更に「間」と。
やっぱりいいですな。



そして、我らがFlower Hipsです。
サウンドチェック時の大量の発汗と、その後のボーが効いたのか、とても気持ちの良い演奏が出来ました。
全員のグルーヴがキッチリ合ってグイグイ来る。
こんな感覚がずーっと続いてもう最高でした。
久しぶりのSTAY YOUR FIREなんかもやったりして非常に良い気分で終われました。




お世話になった先輩方、ベルズのスタッフさん、そしてお客さん、ありがとうございました!

このイベントまた呼んでもらえたらうれしいな。



次のFlower hipsのライヴは、

2017年4月23日(日)新横浜BeLL's
「Sunday Night Excellent!」

出演:THE KEY PROJECT / Flower Hips / 坂 彩加
open18:30 start19:00
前¥2500 当¥3000(ドリンク代別)

問い合わせ:新横浜BeLL's 045-476-5691
横浜市港北区新横浜3-1-4 プラスタリアビルB1

THE KEY PROJECTさんがまたベルズに来て下さいます。

http://www.thekeyproject.jp

すんごいですよ~この方たち。
是非ぜひお越しください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スリーピースアゴーゴー

2017-03-28 18:34:17 | Weblog
Flower Hips、ライヴのお知らせです。





4月2日(日) 新横浜ベルズ
GOOD is GOOD PRESENTS 「THREE-PIECE A GO! GO! Vol.3」

出演:GOOD is GOOD / 柿島伸次&アッシュポテト / Flower Hips
open18:30  start19:00 
前¥2500 当¥3000(ドリンク代別)


新横浜ベルズお馴染みのナイスな先輩方とのライヴでございます。

3人で演奏するのがこのライヴの条件。
フラワーにはもってこいのイベントですな。

バッっとやりますよぉっ!


フラワーはトップバッターで19時から出演でございます。
お早めにお越しください。

そして先輩方は、良い曲沢山あります。
最後までお楽しみ下さい。


お待ちいたしております。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秦野でセッション

2017-03-19 12:44:45 | Weblog
セッションにお邪魔してきました。
ブルースのセッションでございました。
(決してブルースが得意という訳ででは、無いのですが・・・)


全くもって初対面の方と、せーの!で合わせるこの感じ、久々だ。

始まってしばらくは、ちょっと変な汗が出ました。
ドラム云々よりも、初対面の人たちに(笑)。
でもやってると、気持ちのバランスが演奏の方に傾いてきて楽しくなってくる。
今回は、周りにくっついていくように演奏。
思っていたより沢山の曲を演奏させてもらった。
ブルース以外のリズムも飛び出して、これも楽しい演奏になりました。


知ってる人もいたのだ(笑)。
松ちゃんが静かな、しっとりバラードを選曲した。実は、個人的にはこういった感じの曲をやってみたかったのよ。
松ちゃんありがとう。
スティック貸してくれた桑ちゃんもありがとう。

また、お邪魔させていただきます。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アルゼンチン日記その27

2017-03-15 19:34:49 | Weblog
最後の飛行機。
日本人が結構乗ってる。
担当のキャビンアテンダントさんも日本人。
流石に海外の感覚は薄れますな。

特に面白そうな映画もなく、暇をもて余すかと思われましたが、空港で沢山歩いたのと、時差ぼけの影響もあり、結構睡眠がとれた。


ご飯の時間。
ちょっとパスタがぶよぶよでしたが美味しかった。(おかわりしたいなぁ)

日本に近づくにつれ、結構飛行機揺れたのね。
気分が悪くなっている人も近くにいて、ちょっとつられそうになりそうになりましたが、飛行機も私も無事到着。



入国審査は日本人専用があり、パスポートにハンコ押すだけで終了。
しかし、荷物が出てこないねぇ。2-30分くらいかかった。
税関は、日本人専用は無いのね。
こちらも時間かかった。

で、ようやく解放されて、

ふぅ~っと。
また、目が回りました。

ん~、やっぱり日本食たべたいのよねぇ・・・

うまかった。10日間も蕎麦抜きなど、普段では、まず考えられませんからねぇ
格別でした。



いやぁ、遠かった、アルゼンチン。
でも、ここに行かなければ体験できないことが、沢山ありました。
特にコスキンは、とっても気にいってしまった。

また行きたいなぁ。
行けるかなぁ。

アルゼンチン日記、終わり。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アルゼンチン日記その26

2017-03-13 08:15:30 | Weblog
帰りとなると、当然、行きのワクワク感もなく、何より一人なので、時間をもて余す。

何度寝て起きても、飛行機は飛んでいる。


結局、食べて寝る訳ですよ。

さすがに、寝れねぇとなり、映画を一本。

キャビンアテンダントさんは、仕事がないときは、ナンプレやってる。
みんなやってる。流行ってるのかね?


13時間。
フランクフルト空港に到着。
長かった。
乗り継ぎに6時間。
これまた長い。
ひとまず、搭乗口を確認。
なんと喫煙所の目の前。
これは助かりました。

お土産探しに広い空港を、搭乗口を中心に何度も往復。流石に疲れた。


疲れたので

フランクフルト空港でフランクフルトですが、なんかあんまり美味しくないの。


搭乗口の外れに、お土産ビールを置いている店があったので見ていると、
「いらっしゃいませ~」
と、聞こえてくる。
日本語だ。
間違いなく日本人の女性が店番をしとる。
目があったが、搭乗まで4時間半ほどあたので、重たいビールを持ってうろつくのもしんどいなぁと。
後でまた寄ることにした。

また空港内をいったり来たり。
途中、TEMAKI BARなんてお店があったりして、外人さんが食べておるのでちょっと惹かれたのだが、帰ったら寿司処一久に行くと決めているので我慢。
水買ったりなんだりと頑張りましたが、1時間ほど経った辺りで、疲れてしまい、ベンチに座ったら寝てしまった。

30分程で目が覚め、お土産買いに先程の店へ。
「いらっしゃいませ~」
と迎えてくれた日本人女性店員さんは、ビールから、ジャーキーからハンドクリームなどの日用品まで細かく説明してくださいました。
割引まで。
こんなところで日本人。
ドイツ語なのか、英語なのかと恐れおののいていた私はホント助かりました。
おかげで、お礼も丁寧に言うことができて良かった。



まだ、時間はあるが、あと飛行機一本。12時間。


続く

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アルゼンチン日記その25

2017-03-12 14:39:28 | Weblog


空港に到着。
まだ予定が数日ある、奥さんがついて来てくれました。

そして、もうひとつやりたかったことが、



牛肉の国なので、マクドナルドはどんなものかと・・・
トリプルバーガーと言うメニュー。
国際空港の店なのに、ここでもスペイン語オンリー。
注文に苦労しました。
助けてくれた、空港職員の女性、ありがとうございました。

いざ、実食。
肉がパサパサじゃ・・・
これは?日本のほうがうまい(キッパリ!!)。
こんなもんかと言う感想で店を出た。





搭乗まで時間が少々ある。
また、ブエノスアイレスに戻る奥さんを見送って、いよいよ地球の裏側で一人となりました(不安だぁ)。
まぁ、

幸いにも、誰にも話しかけられず、出国審査も問題なく飛行機に乗り込めました。

あっさり飛行機も飛び立った。
ありがとうアルゼンチン、なんだかずいぶんあっさりなお別れでした。
でも、良かったですな、アルゼンチン。
様々なイベント、とても良い思い出になりました。


また、飛行機に乗り続けます。

続く

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アルゼンチン日記その24

2017-03-10 07:57:08 | Weblog
帰国の日となってしまいました。



ホテルからの眺め。
まぁ、日本とそんなに変わらんが、見納めです。

朝、8時。
13時に出発なので、荷造りしていると、外からスゲー音量でブラジルサンバみたいな太鼓の音が聞こえだした。
この日は火曜日。
通勤時間帯。
恒例行事なのかなぁ、さすがアルゼンチン(笑)なぁんて思いながらも、部屋からは見えないので
そのまま朝食へ。

20分くらいかなぁ、朝食を食べ終わり、ロビーに戻ると、まだ太鼓の音が聞こえてくる。
そもまま見物へ。




なんとまぁ、警察沙汰になっております(笑)。

その奥におりました。
この方たちですな、犯人は(笑)。




(音出ます)
"ブエノスアイレスの街角で、朝っぱらから" を YouTube で見る

(音出ます)

ゲリラだったんですね(笑)
警察が来ても、ものともしません。
警察もやめさせようと言う気があるのか無いのか・・・

それからしばらく演って、リーダーの人が合図してようやくお開き(のフリでしょうが)。
警官さん達も去って行きました。

ちょっと面白かった。



それから、お土産を物色しにぷらぷらと。
なんかアルゼンチンはお土産らしいものがあまり無いのねぇ。
チョコもあるけど、高いのね。
買い物の途中で、あの太鼓の音が遠くから聞こえてくる。
またやっているのね(笑)。

13時。
皆さんがホテルロビーに見送りに来て下さいました。
寂しくはなく、一週間旅ができて、お近づきになれたことが大変嬉しかったのです。
皆さんはまだまだ行程がありますから、気をつけてくださいと。
そんな感じで空港へ向かったのです。

ありがとうアルゼンチン!


続く
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アルゼンチン日記その23

2017-03-08 07:42:57 | Weblog
夜になり、アルゼンチン、伝説のバンドネオン奏者「アニバル トロイロ」さんのお孫さんのところにお邪魔して、貴重な資料を拝見します。

トロイロさん、1930年代から名を馳せ、その後、自身のオーケストラを持ち数々の演奏の記録が残されているそうです(また、いまいちわかっていない。汗)。
命日は「バンドネオンの日」となってるとのことで、アルゼンチンはもとより、世界のタンゴ界で伝説となっている、人とのこと。

お孫さんはフランシスコさん。
おじい様の演奏や記録を現代に伝えるべく活動をされているそうです。
今回はその事務所にお邪魔いたしました。




その資料を見ているの図。(直筆の譜面なんかだと思われる)
きっと皆さん目がハートになっているのでしょう。
マニアには堪らんでしょうなぁ。



小川先生、トロイロさんの前で演奏。
フランシスコさんにもグッと響いたようです。


そして、フランシスコさんとそのまま夕食へ。
私にとっては、アルゼンチン最後の晩餐となります。



前菜に始まり、



やはりお肉なのだ!



そして、この方、今回同行した翔くん。
スペイン語ペラペラ(驚)。
この方のおかげで、今回非常にスムーズに旅ができたのです。ありがとう!
翔くんの肉もうまそうだ。



そして、お気に入りのフライドポテト(笑)

またお腹いっぱいになってしまった。ゲフゥ・・・



小川先生、お店でも演奏。
アルゼンチンではこういうのも俄然、有りなのだ。
他のお客さんも、店員さんも一緒に楽しんでいた。


フランシスコさん、イベントも構想にあるらしい。
日本にもいらして頂けると良いのですが・・・




最後の晩餐を済ませ、ホテルに戻る。
ふと気付く。
昼のハンバーガーが冷蔵庫にある。
もう食べられない。
明日にしよう・・・


続く


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アルゼンチン日記その22

2017-03-06 07:39:10 | Weblog
午後は、世界三大劇場のひとつ、「コロン劇場」を見学しましょうということに。
(すみません。また、よくわかってなかったので調べてみると・・)
イタリア、ミラノにある「スカラ座」とフランス、パリにある「オペラ座」と、この「コロン劇場」で世界三大劇場と言うのだそうです。
ちょうど行ったところに有るんだもの、行きましょう、行きましょう!

ホテルからは徒歩で10~15分位でしょうか、




途中の広~い道路の真ん中にはオベリスク。
デカい!





劇場に到着。
横に広すぎてフレームに入りきらんの(凄)


一旦、見学ツアーの予約をして、1時間あるので、お昼にしましょうと、もと来た道をちょっと引き返し、街のカフェへ。
注文しましたが、みんなの食べ物が出てこない・・・
待てど暮らせど出てこない・・・
劇場の見学ツアーがあるからと催促しても出てこない・・・
いよいよ食べてたら間に合わない時間にようやくお料理登場。
お持ち帰りしたらこぼれちゃうものを頼んだ人だけその場でかきこんで、包めるものは包んで、劇場までダッシュ!
そのままツアーへ。



荘厳なヨーロッパ建築で、



巨大さに圧倒されるんだが、背中のリュックから、ハンバーガーの匂いがしている(焦)




いやぁ、なんかすごいなぁ
どこを見ても手が込んでおります。


そして、こんな廊下を歩きまして、扉のひとつに入ると、


劇場!
デカイ!高い!




凄いやこりゃ。
ゴージャスです。
なんでも世界三大劇場の中でも、音響はナンバーワンなんだそうな。
静かな広い劇場にスペイン語訛りの英語が響く。

感心して見入っていると、やはりふいに気付いてしまうハンバーガー臭。
集中力を削がれます。
恐らく同行した外国人もきっとお腹が空いてきて、集中できないにに違いない。「すまん・・・」



今度は、ステージ脇から。
映画アマデウスて見たあの感じですな。



オケピ。本番はここがギュウギュウになるんでしょうな。

ハンバーガー臭はしている。





階段を降りてツアーは終了です。
こんなドデカイ頭の像もいたるところに。欧風だ。


まだまだ写真はあるのだが載せきれない。
会ったときにでもお見せできればと。


またしてもこのような機会でなければ訪れなかったであろう場所。
本公演だったら、ドレスコードなんかあったりして大変だったろうが、Tシャツで来れてしまった。
良いツアーだった。


劇場は申し分無く素晴らしかった。
だが、ある意味私の中では、「ハンバーガー劇場」と名前がついてしまった。
(すみません)


続く


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四ッ谷ソケースロック終了

2017-03-05 09:47:50 | Weblog
四ッ谷ソケースロック、松平忠智&THE BroSisのライヴをご覧いただいた皆様、ありがとうございました。




会場に到着。
サウンドチェック、久々の生音、あまり大きな会場ではないので、音量がどうかなぁとやってみると、やっぱり大きいと。
本番は久々の音量を気にしながらの演奏となりました。



トップバッターで出演でした。
今回はトラブルと言うトラブルも無かったんですよねぇ(笑)
でも、お客さんが始めからノリノリでしたので、こちらも盛り上がりました。



コーラスの声もよく出た。






今回主催の森さんのバンド。
今後お世話になると思います。




そしてこの方たち。
ギターの方が無茶苦茶でした(笑)
おもろかったです。


楽しい夜となりました。
ありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アルゼンチン日記その21

2017-03-04 09:20:36 | Weblog
今回の旅は演奏の皆さんに同行すると言う目的ですが、ブエノスアイレスに向かうと決まった時点でこれはやらせて頂きたいと懇願した、丸ノ内線の旧車輌見物。
いよいよ実現いたしました。

午後にはまた予定があるので、午前中勝負です。
ブエノスアイレスの地下鉄はAからH線まであるとのこと。
その内、丸ノ内線旧車輌があるのはB線。
ただし、この車輌だけでなく他の車輌も混在して運行しているので、運が悪ければ、出会える迄に相当時間がかかってしまう可能性もあると踏んでおりました。

まず、B線の乗り場はどこよ?
ホテルで地図もらったんだが、渡された地図はマクドナルドの冊子。
しかたなしにその地図片手にホテルを出た。
あまり方向もわからないので、やっぱりまず迷う。


暑いし、時間もないので焦りましたが、B線の入口発見。



改札でこのカードを購入。
チャージして使うので10ペソほどチャージ。
タッチ式の改札を通る。
階段を降りる。

!!!



降りたらいた(笑)

ゆっくり写真撮る間もなく、乗ってしまった。
乗ったはいいが、突然のって来た東洋人に乗客は視線を向けてきます。
ただ見ているだけだろうが、この間話を伺った谷口さんからも気をつけなささいと言われているので、油断は禁物。
社内にはバイオリンを弾く流しの人、物売りのひともいます。物は受け取ったら買わされますので注意が必要。
スマホなんかもつかっているとひったくられる、取りかえそうとすると、最悪刺されたりするそうなので、おっかないですわ。


そんな中で、チャっと撮って見たが、焦りでブレる。


こちらはうまく取れた。
本当に日本から持ってきてそのまま使用しています。

さて、外観を撮りたいのだが、飛び乗ってしまったのでどうしようかと。
このままのり続けても遠くに連れて行かれてしまうので、2駅で降りてパチリ。



だいぶ塗装は薄くなってますが、子供のころに走ってたまさにソレ。
始めに乗ったときの記憶は、当時神田に勤めていた父親が休日出勤するのでとついて行った時、江古田から西武池袋線に乗って池袋で乗り換えるときに初体験。
西武池袋線車輌しか見たこと無かった私は、真っ赤なボディ、走ってくると側面の二本の波線が上下して交わりまた離れる

ここの部分ね。(同じ写真だが)
子供心に「うわぁー」ってなったのを覚えております。
あの頃乗ったかもしれない車輌がこんなところでと思うとなんだか不思議な気分になります。


電車は行ってしまったので、どうやって帰ろうかと・・・



次の車輌がやってきましたが、新しい車輌です。
反対ホームから帰ろうかと階段を登ると改札もなく外へ出てしまった。
そうか、均一料金なので、入るときのみ改札なのね。

2駅分歩いて帰りました。
暑かったけど、また違う地区を見て回ることができた。


午後は世界三大劇場の見学にまいります。



続く

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アルゼンチン日記その20

2017-03-03 23:54:16 | Weblog
さすがに少々お疲れのご一行様。
夕飯のお誘いも無いので、食べ物をフードコートで購入してお部屋で食べましょうと言うことに。

ホテルからほど近い場所にショッピングモールがあるとのことで、買い出し部隊の一員として街へ。




想像以上のショッピングモールがいきなり出てきた。





比較的新しい建物なんだろうけど、ずっと昔からあるような欧風な雰囲気。
広さも物凄い。

そしてフードコートへ



購入したのは、







こんな感じ。
あとワイン数本。

お部屋にみんな集まりまして、まだ続いているコスキンフォルクローレフェスティバルを観賞。



こんな画像を番組に投稿してみたりして・・・
紹介はされませんでしたが。
皆さん、映像を見ながらあーでもないーこーでもないと、好きな音楽の話でもりあがります。
こう言う話は、やっぱり尽きませんなぁ。楽しいひととき。



睡魔に弱い私、テレビ見てたら、やっぱり眠くなっちゃいまして、申し訳無い気持ちを引きずりつつ、退散いたしました。

このあと、宴は2時間3時間続いたようです。


続く


♪テレッテ~レ~レレ~レレ、テレレ~~ン~~
「世界の車窓から、明日はブエノスアイレスの地下鉄を紹介します。」


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桃のセック祭り

2017-03-03 07:38:04 | Weblog
アルゼンチン日記がいつ終わるんだかかな状態ですが・・・
ライヴがあるので告知をと。
もう、明日なのですが、こんなイベント。
松平忠智サポートです。



2017/3/4(土) 四ッ谷ソケースロック
【桃のセック祭 2017】 
出演
松平忠智 and The BroSis.
The Fighting Cocks
プランチャーチョップスティック

Open 19:00
Start 19:15

東京都新宿区舟町7番地 
舟町ビル2F 
03-5368-1317

東京メトロ丸ノ内線 四谷三丁目下車 徒歩3分

http://www.sokehsrock.com

よろしくお願いいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アルゼンチン日記その19

2017-03-02 18:51:51 | Weblog


日本からちょうどレコーディングに来ていた、バンドネオン走者の平田耕治
さんと、現地の歌手コクブさん。

そして




始まりました、小川紀美代と蛇腹隊。
コスキンフォルクローレフェスティバルでの演奏曲から始まり、レパートリーをどんどん披露してまいります。



見よ!この笑顔。
オーディエンスに手拍子を求めるの図。



見よ!この笑顔。
オーディエンスに手拍子を求めるの図2

なんでも、なによりこの笑顔に命をかけたそうです(笑)。がんばりました。

アルゼンチンの蛇腹隊は、どんなかなぁと、ふと見てみると、



日本勢のアレンジに感心しているようにも見えます。やったねー




そしてやっぱり、鳴れば踊りだす。
素敵だアルゼンチン。

アンコールにもキッチリお答えし、現地の蛇腹隊と平田さんのセッションと言う流れになりました。



総勢で10台のバンドネオン。
圧巻です。





ラ・クンパルシータの重奏です。
大迫力!
最後のパッセージなんか何人で弾いていたのかわかりませんが、ちょっと他では聴けない音圧の演奏となりました。
これにて演奏はお開き。
後は入り乱れての撮影会。





素敵な会でございました。



撤収です。
会場は物凄い暑さだったので、外へ出ると風が気持ち良かった。

この後、現地の蛇腹隊の怖い顔のひとたちがこちらに歩いてきたので、恐る恐る「グラシャス・・・」と言ったら、笑顔で「☆♪@→●▼○*▽」となんかいってくれた。良かった。
怖いのは顔だけだったようだ。(笑)

中城村人会のみなさま、現地の蛇腹隊の皆様、平田さん、会場にいらっしゃった全ての皆様、ありがとうございました。

お肉沢山食べたので、夕飯どうする?


続く

コメント
この記事をはてなブックマークに追加