ちびもかの縁側

ちびモカ2猫との日々
2011年秋、むぎが加わり3にゃんとなる
2015年1月モカ、虹の橋へ
4月コタ仲間入り

実は野生的なの

2017-07-13 16:43:01 | 日記
空いてる時間を使って・・・



るんるんしてます。

コタやむぎのように、ガーッと勢いよく噛みついて、という感じではない。

器用にキャッチ。両手でしっかり抱えたり。

かと思うと、ぽいっと投げるような?動き。それを再び押さえ込む。

1人キャッチボール。しばらくすると、丁寧に舐め始める。

その様子を、ダンナが見ていて・・・




ぱっと見、子猫の世話をするような、丁寧な扱い。

ダンナが「下手すると、本物のねずみとかヒヨコでも、かじったりせずに、毛繕いするんじゃない?」と言う。

あ~、「いい子ね~よしよし」的な?

そうねぇ。この様子見たら、そう思うかもねぇ。でも、そーれーはー・・・




「妄想ですあり得ないっす」(゚Д゚)ノ


ダンナは、すっかり忘れている。

ちびがまだ子猫から、やっとこ中猫くらいになった頃。まだボロいアパート住まいだった頃だなぁ

当時、大のお気に入りだった、ねずみのぬいぐるみオモチャの



きちんと縫い目を裂いてた

ある意味、丁寧な仕事っぷりだったっけ。

あの時、私は「あぁ、本物のねずみじゃなくて良かった」と、本気で思ったものだ。


よく、お外の猫なんかは、鳥さんやねずみさんをゲットすると、一番柔らかくて食べやすい、お腹から、かじると言う。

でね、シッポは残すんですってよ~。子供の頃、すずめさんだった?らしい羽根の残骸を見た経験はあるが(;一_一)



ちび、ハンターとしての王道は、しっかり守るタイプと見た


本物じゃあ、ホラー映画顔負けの、THE 惨劇 間違いなしだと思うぞ~。
『猫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かっぴかぴ | トップ | 宝探し? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。