あいあいネットワークofHRSのブログ

人間関係づくり・人間力育成の授業

2015年2月5日 高知県土佐清水市立清水中学校 コーディネーション

2015-02-04 17:56:41 | コーディネーション

高知県土佐清水市立清水中学校にやってまいりました。ストレスマネジメント&アサーションの授業に向けての最終コーディネーションです。本年度、いろんな学校で何回となくコーディネーションをしてきたものの集大成になります。
わたし自身のなかでも、少しずつ整理されてきています。「成長のキーワード=思いやり&目的意識」そして、思いやりは「共感性」へ、目的意識を行動にうつすには「自己管理力」、つまり「共感性と自己管理力を総合したものがアサーション」なのです。人間関係プログラムのねらいをアサーティブネスであると規定すれば、この学習の流れが核を担うということでしょう。
少々、難解だったかもしれませんが、重要なことですね。「ともやさん」ロールプレイングのかけ合いバージョン、ごくろうさまでした。

子どもと先生がともに育つ人間力向上の授業
深美隆司 価格:¥ 1,800(+税)
図書文化社

 Facebook「深美隆司」

  「友だち」依頼をして情報を交換しましょう。

Aiainet

 

 

あいあいネットワーク of HRS 

ホームページURL:http://aiainet-hrs.jp/

学校の先生119番URL:http://aiainet-hrs.jp/10sensei119/index.htm

(mail:info@aiainet-hrs.jp)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サンラポーむらくも (松江... | トップ | BE(べー)ちゃん »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
毎度お世話になります (尾崎浩史)
2015-02-05 17:56:55
「繰り返し」や「共感」、アサーションの極意を勉強させていただきました。自然に使えるように頑張りたいと思います。
アサーション (中本 大)
2015-02-05 18:31:55
深美先生の話を聞きながら、生徒への言葉の掛け方を振りかえりました。きつい言葉をかけたらうまくいかないことは頭ではわかっているのですが・・・
アサーションDESC法の4つを意識した話し方をしたいと思います。
実際にやってと (浦田国宏)
2015-02-05 21:02:12
深美先生、今日も活躍の場をいただきありがとうございました。思ったように上手くできず、まだまだだなぁと感じています。でもやってみて、深美先生にアドバイスをいただいて、少しは理解できたかなと思っています。やっぱり実際にやってみることは大切だなと感じました。今日は食事会に参加できませんが、来週の松江での研修を楽しみにしています。ありがとうございました。
深い・・・・ (中野こずえ)
2015-02-05 21:52:14
共感性と自己管理力を総合したものがアサーション、という考え方になるほど、と納得しました。win - win の関係をつくり出すことができますよね。きちんとした理論があり、それを実際のプログラムにまで落とし込んでいる「人間関係づくり」に出会えて良かったなあ、としみじみ思った今日の研修でした。自分の中の断片的な知識や経験が、一つにつながっていく、この感覚がとても楽しいです。5日後の松江、楽しみにしています。
人間の成長には (岡崎哲也)
2015-02-06 05:13:07
今日はありがとうございました。人間の成長には必要なプログラムだとあらためて思いました。話を聞いて自分の成長にもなったなと感じています。また、職員の成長や自己開示も見られ良い研修になりました。来週の松江も楽しみにしています。今日は本当にありがとうございました。
教師がやる意味 (福重智也)
2015-02-06 05:14:56
今日はありがとうございました。生徒に伝えるために教師側がやる意味をしっかり体験できました。今後子どもたちの前でやるときには今日以上にやっていきます。本当にありがとうございました。
日常のあらゆる場面で (Yui Nakayama)
2015-02-06 16:22:08
昨日はありがとうございました!
ストレスマネジメント、生徒たちは日頃からすとれすだらけですが、それを上手いことコントロールできるようなスキルを身に付けていきたいと感じました。
日常のあらゆる場面で取り入れていけたらと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。