あいあいネットワークofHRSのブログ

人間関係づくり・人間力育成の授業

2013年6月17日 島根県松江市立第二中学校 校内研修会

2013-06-16 20:46:07 | 研修会

レジメ(携帯用)

松江第二中学校の皆さん、お久しぶりです。今日の模擬授業はコミュニケーション基礎に関わるものです。コミュニケーションが成長のプロセスに寄与するためには、コミュニケーションの理解を欠かすことができません。今日の模擬授業では、一方通行のコミュニケーションと双方向のコミュニケーションについて理解を深めました。

今日の模擬授業は私にとって、印象的なものになりました。それは、新しい気づきが喚起されたからです。参加者の皆さんの中にはコメント欄でふれて下さった方もおられます。これがファシリテーションの醍醐味なのですね。人への理解が深まった瞬間です。

***************************************************************************************

7chubook 子どもが先生が地域とともに元気になる人間関係学科の実践

価格:¥ 2,520(税込)
発売日:2013-04

**************************************************************************************

Aiainet

 

あいあいネットワーク of HRS 

ホームページURL:http://aiainet-hrs.jp/

学校の先生119番URL:http://aiainet-hrs.jp/10sensei119/index.htm

(mail:info@aiainet-hrs.jp)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (35)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2013年5月17日 島根... | トップ | 2013年7月2日 大阪府... »
最近の画像もっと見る

35 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (かっちゃん)
2013-06-17 17:15:31
絵を描くことが苦手なのでドキドキしましたが、言葉で確認しながら書くとなんとかイメージが浮かびました。会話が気安くできる雰囲気は大人でも気持ちが軽くなりますね。
Unknown (ペコちゃん)
2013-06-17 17:16:54
今日は模擬授業ありがとうございました。南国の島では生徒からねらいに合う気づきが出なくても、それをどう教師が取り上げるべきかを見させていただきました。生徒の気づきを大切にするってそういうことかと思いました。
(深美です・・・今日の模擬授業は、まったくペコちゃんが書いておられるとおりでした。一枚目の絵で「安心できた」、二枚目の絵で「不安だった」というのは、全く「ねらい」とは真逆のことで、それをどう受けて還すか・・・というところは、その場の返しなのです。先生方なので、そこまで深読みした感情が生まれるのですね。これは、私にとっても新発見でしたし、あの場でしか生まれない気づきなのですね。また、その事に気づいたペコちゃんはたいしたものです。その感性、どんどん伸ばしていってくださいね。)
Unknown (わか)
2013-06-17 17:17:51
楽しみながら、いつの間にか気付いたり大切なことを学んだりすることができると思った。指導者がイメージをしっかり作って臨みたい。
Unknown (桜ちゃん)
2013-06-17 17:28:43
研修は星の数あれど、「私も中学生だったら受けたいなぁ~」と思うのは、深美先生だからこそだと思いました。
個人的な意見ですが、二つ目の“アニメの村”は、「のび太の父はサラリーマンだから…」と先入観が邪魔してしまいました。
授業での展開や落とし方、注意点までご教授いただけることは本当にありがたいです。そうすることで、より深く生徒の心へと響かせることができると思うからです。本日はありがとうございました。
(深美・・・お褒めの言葉をいただき、ありがとうございます。今日の謎解きは、「全く不明」というのがポイントでしたから・・・。でも、桜ちゃんのように感じるケースもあるのですね。新たな気づきになりました。ありがとうございました。)
Unknown (梅晴)
2013-06-18 07:08:47
お絵かきは、人それぞれの性格が表れる。しっかりと質問、回答を聞いてから描きはじめる私は、そうとう慎重なのだと思った。逆に言えば、臆病かもしれない。「石橋をたたいても渡らない」
Unknown (アール)
2013-06-18 07:12:06
「アニメの村」では、グループの班員の方に大きく助けられ、自分一人ではできないことも何人か集まるとできてしまう、とよくわかりました。本校では、ふだんから助けていただいていることも実感しています。
Unknown (??)
2013-06-18 07:13:15
会話をしながら、コミュニケーションをとることは大切。その機会を作ることは必要であると感じた。
Unknown (まるちゃん)
2013-06-18 07:14:08
よりよいコミュニケーションをとるためには、なるべく多くの人と情報交換をしていくことが大切だと改めて思った。
Unknown (ららら)
2013-06-18 07:18:27
「アニメの村」はなかなか知的ゲームの要素があるので、班のメンバーによってはかなり混乱してしまいそうですが、それはそれで楽しいかもしれませんね!!
Unknown (もち)
2013-06-18 07:20:39
全班(「南の島」)の活動は、同じことをやっていても違う感想を持っていたことが分かりました。同じ方向に持っていきたくなりますが、違いそのものを受けとめることが大事であることも分かりよかったです。
Unknown (やんま)
2013-06-18 07:25:51
多分、自分が授業でお聞きせずにしたら、振り返りもしっかりしてしまっているだろうなと思いました。最初の2枚の絵(南国の~)がとても印象的でした。どういうふうにまとめをもってきて終わったら良いんだろうと(先生のお話にもありましたが)少しとまどうところもあります。また、生徒と一緒にやってみたいと思います。
Unknown (まえちゃん)
2013-06-18 07:27:08
クラスでやった時の生徒のイメージで受けてみました。コミュニケーションのとり方やどのようにコミュニケーションをとれるように仕組むか考えられた活動だとお見ます。クラスでも楽しくやってみたいと思います。
Unknown (なかじ)
2013-06-18 07:31:10
南国の島は1枚目は流れ星で困ってしまった(情報が少なくて)ので、2枚目は少し安心して描くことができました。アニメの村はグループでルールを守ってやればすごく楽しく推理ゲームができて良かった。意見を出し合って、早く解くコツを共有できたら楽しいと思いました。
Unknown (すしや)
2013-06-18 07:33:14
子供達がお互いに、気づき合う→信頼(ありがとう) につながる第一歩・・・と感じました。
Unknown (オムさん)
2013-06-18 07:35:10
「謎を解く」という活動は生徒達が協力し合い、コミュニケーション活動するのにとても良いと感じました。1人1人大事な情報をもたされているのもいい! まとめ役やサポートする人も自然に出てくると思います。
Unknown (古木秀典)
2013-06-18 07:38:41
南の島やアニメの村は、活動の内容はたのしく生徒もとりくみやすいと感じた。授業の進め方を注意しないと、生徒の気付きにつながらないかなと思った。
Unknown (石原秀顕)
2013-06-18 07:40:11
生徒が実際にやってみた時(授業で)誰もが盛り上がる環境が大切だなと思った。何とかやってみます。
Unknown (勝部 真)
2013-06-18 07:43:42
本日も楽しい研修ありがとうございました。生徒も意欲的に取り組むことが出来ました。遊びから気づき学びを増やしていきたいです。
Unknown (ふじさん)
2013-06-18 07:45:48
南国の島(流れ星)は、質問してはいけないパターンは不安な反面、自由に描くことができましたが、質問できるパターンの場合は、構えてしまって、なかなか描きづらかったです。楽しい時間を過ごせました。ありがとうございました。
Unknown (どらどら・・・)
2013-06-18 07:50:46
取り組みやすく、楽しみながらコミュニケーション能力を高める事ができました。「南国の島」は、どう質問していくかが興味深いです。「アニメの村」は、生徒がやるとどんな風に役割分担するかが興味深いです。
Unknown (ふじりった)
2013-06-18 07:57:37
リクレーション協会のワークに好んで出席していた昔を思い出します。リーダー養成の研修会でも同様のワークをしてきました。使う場が違えば、こんな効果もあるのか・・・ でも、これでねらいが達成できるのか少し不安です。人間FAX・・・とかタイトルを工夫したほうが良いかな?
(深美です・・・レクレーション協会のグループワークトレーニングというグループアプローチと、「南国の島」は、同系統のエクササイズになります。実際、「人間コピー」というエクササイズもあるくらいです。ねらいを定めることは、非常に重要なのですが、逆に、それに縛られてしまうと、子どもの気づきを見過ごしてしまいます。このへんが、醍醐味でもあるのですが・・・)
Unknown (??)
2013-06-18 07:59:47
模擬授業をしていただいて、授業のイメージ、ポイントがつかめ、是非やってみようと思いました。
Unknown (TK)
2013-06-18 08:00:32
模擬授業「南国の島」には参加しなかったので自分で体験した方がきづきが多かったかもしれません。
Unknown (みっちゃん)
2013-06-18 08:02:39
はじめの絵を描く授業は、「星」の位置で決まるので、それぞれの絵がありおもしろかった。「その1」「その2」2つあってよかった。生徒の個性をつぶしてはいけないし、共通理解も必要。この2つのバランスはどの世界でもとても必要だし大事なことだと思った。
Unknown (K)
2013-06-18 08:05:33
生徒にとってはどちらの授業も興味を持って取り組めるものだったと思う。様々な考えがひきだされ、よかった。
Unknown (ナナ)
2013-06-18 08:06:36
どちらの授業ともシェアリングのおさえ方がむずかしいというか、かげんがわからないと思いました。きっちりとおさえて、おしつけない方がよいというのがとても参考になりました。
Unknown (中野??)
2013-06-18 08:07:24
色を応用して授業や部活動の指導にも役立てたいと思いました。
Unknown (永ちゃん)
2013-06-18 08:08:37
絵を描くことが苦手であるが、思いきりできた。うまい、へたにこだわる子どもは、むずかしかもしれない。情報の処理は、子どもたちの取り組み方に興味がある。
Unknown (たいいく)
2013-06-18 08:24:02
絵は「振りかえり」の時、2枚を大切に扱っていて、生徒にもそうしようと思う。アニメの村のさがす主人公は、今風でも昔ながらでも楽しめるので良かった。ありがとうございました。
Unknown (ブルードアー)
2013-06-18 08:30:37
情報カードを使った特活を以前したことがあったが、今日のようにアニメのキャラクターを使うと生徒の反応も良いと思った。導入のふりが大切だと思った。
Unknown (山崎憲人)
2013-06-18 08:32:41
南国の島は子どもたちの発想をひっぱり出せることを大事にできるやり方もあれば、全員が同じ方向に向くことのできるやり方もあって、とてもおもしろく感じました。アニメの村は、生徒のやる気をすごく出しやすいおもしろい授業になると思いますが、最後の落としどころの難しさも感じました。
Unknown (花ちゃん)
2013-06-18 08:34:28
同じ情報を聞いても人によって、イメージするものが少しずつちがうということに気付きました。「アニメの村」では最初何をするのか分からなかったのですが、やっていくうちにはっきりしてきました。グループの力でしょうか。
Unknown (M)
2013-06-18 08:50:48
「南国の島」は、人と同じだと安心したり、質問しないと不安ですが、質問すると安心することがわかりました。「アニメの村」には問題解決はとてもたのしいことを実感できました。グループで取り組んで解決することはとても楽しいです。授業で生かせたらと思います。
Unknown (S)
2013-06-18 08:52:13
アニメの村では、始めは順番に規律あるすすめ方でしたが、徐々に我先に意見を言うようになり、ややまとまりに欠けました。生徒だとなかなか難しいかもなと感じました。
Unknown (ピンクレンジャー)
2013-06-18 08:53:41
今日、昼休みに生徒から「こんどの学活はじゃがいものパート3だって!」といって会話をしてきました。ガイダンスプログラムが、生徒たちに楽しみになってくれることを期待します。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。