執着を持たない訓練ブログ

執着しない生き方を模索中!

苦しさからの脱出

2017-06-10 14:57:09 | 日記
前回のブログから日数が経った


もがいてもがいて、

訳の分からない不安に苦しんだ日々だった

[寝たまんまヨガ]のお陰様で

睡眠だけは確保できた



友だちが、

「ご主人に遠慮して、言いたいことを我慢しているんじゃない?」

と助言をくれた


そうだ。。。

私は、鬱の主人に対して遠慮している

この言葉を言ったら気にするのでは?

こんな態度が良くないのかもしれない…

と、自分を押し殺している



今、思っていること、辛いと感じていることを

手紙に書いて渡したらどうかと言ってくれた友だちの言葉を思い出して

手紙を書こうとした矢先に、

自分の気持ちを伝えるチャンスがやってきた。


主人が私に

「しんどい、辛い。俺は、どうしたらいいんだ!!」

と吐き捨てるように言ったので


私の気持ちを伝えるのは今とばかりに


「しんどい、つらいのはあなただけではないのよ、

 私も一緒につらいの、、苦しいの、、

どうしたらあなたの気持ちを楽にすることが出来るのか、、

お互いに、楽になれるように方法を見つけましょう」


確か、このように言ったと思う


今まで、私の辛い気持ちは言っていなかったので

「あっ…」と言う感じで主人の動きが止まった、

何か感じてくれたようだ


その日も肩や足腰をマッサージすると

安心して眠りについた主人


あの日から、少しずつ回復している気がする

私に気を使って、無理をしてる風もない


一緒に戦っていることに気が付いてくれたのかも知れない

自分の気持ちを伝えることが大切だったんだと言うことを

気付かせてもらった


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鬱はうつる? | トップ | カラオケに行く気になった主人 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。