回想録 その1

そういえば、マロンがうちのコになって半年が過ぎました
今日は、マロンが来た日のことを書きますね。。。


 マロンを家に連れて帰った時は、もう夜の8時を過ぎていました。
帰りの車の中で「夕食の支度もあるし、帰ったら忙しくなりそう
なんて事を考えながら、マロンを迎えたことの嬉しさでいっぱいでした。

 玄関を開けるとすぐに、いつも通りショコラの、『ニャオ~ン
が聞こえてきます(*^_^*)

「ショコラ、ビックリするかな“o(* ̄o ̄)o”ウキウキ♪」
部屋に入って、箱からマロンを出しました。

・・・すぐに空気が殺気立ったのが分かりました。
 今まで見たことの無いような形相で、ショコラがマロンを威嚇しだしました。
何年も聞いたことのなかった、ショコラの『シャーッ、ウウーッ』という声が
ひっきりなしに響きわたっていました。
 とりあえずマロンを隔離しましたが、ショコラは私や夫の事も
分かっていないくらい興奮していて、近づいたら噛みつかれ引っかかれました。

本気で“怖い”と思いました。


 ショコラは最近ではこのブログを通じて、
“気の強い姉さん”キャラが確立されつつありますが、
もともとはおっとりしていて鈍くさくて、何につけても“やりやすい子”でした。

私と夫にしかなつかなかったけど、とても怖がりだし、興奮して威嚇するなんて
最も縁遠い行動だと思っていました。


    長くなりそうなので、このへんで(=^・^=)
          続きは夜に書きますね

回想録2へつづく・・・










コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 本性が出ました 回想録 その2 »
 
コメント
 
 
 
こんばんわ (kotekote)
2006-03-12 20:45:52
なんだかキュンとするネ

ショコ姉さんの、必死の抵抗だったのかな?

今の、チュとしてくれる

ショコ姉さんを思い出すと

更に愛おしくなるね…
 
 
 
Unknown (miro)
2006-03-12 22:43:24
○kotekoteさんへ

そうなんです。ショコラには感謝しっぱなしです

つくづく猫って繊細で、傷つきやすい動物なんだと実感したよ(=^・^=)

本当に、この頃の事を思うと、今はなんて幸せなんだろう・・・
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL