お菓子な徒然diary

趣味のお菓子作りについて綴ります。ときどき日々の出来事も。

山陽の旅~山口~

2018-01-21 17:58:20 | 旅行

間が空きましたが、あけましておめでとうございます。

随分と前の話になってしまいましたが山陽の旅最終編は山口です。

もう記憶がかなり薄れているので写真多めでお送りします。

湯田温泉にある、お庭が素敵な旅館にお泊り。

左下 瓦そばは郷土料理だそうです。

ごちそうさまでした。

 

 

 

朝ごはんはお惣菜がたくさんで食べきれないほど。ふぐの一夜干しがおいしかった。

腹ごなしに日本庭園を散歩します。

鯉と鴨にえさやり。

鴨のお尻がとにかくかわいい。

宿を決めた際には気が付かなかったのですが、中原中也記念館が近くにあることを知りちらっとのぞいてきました。

汚れちまった悲しみに、サーカス…など中高時代わけがわからんと思いながらも教わった懐かしい作品に触れることができました。

 

 

 

萩に移動して。

この頃は夏で、もうとにかく暑くて暑くて観光がままならないほど。

少し外を歩いては、「干からびてしぬ」とカフェに入って涼むというのを繰り返していました。

かき氷に乗っているのは、萩の伝統的な菓子夏みかんの砂糖漬けです。

 

 

どこだかは忘れてしまいましたが、門に萩の方言表が掲げてありました。

「はなから」(最初から、という意味)なんて、日常的に使っているかもしれません。

ほかにも「ねしこい」などは意味が想像しやすいかもしれませんね。

ちょっと否定的な言葉が多いのが難点ですが、皆さんもぜひ使ってみてください!

 

 

せっかく萩まで来たので世界遺産 反射炉まで足を伸ばします。

反射炉は大砲を造るのに必要な金属溶解炉で、萩藩の軍事力強化の一環として導入が試みられました。

しかし、萩藩の記録によると安政3年の一時期に試験的に操業されたという記録があるのみで

萩反射炉は試験炉であると考えられています。

反射炉の遺構は、萩のほかに静岡と鹿児島にあるだけでとても貴重な遺跡です。

私たちの前には子連れの家族がいて、また私たちが去る頃には初老のご夫婦が現れ…と

辺鄙な場所に佇む反射炉ですが、さすが世界遺産というかんじでした。

 

夜は地元の割烹にお邪魔しました。

詳細は覚えていませんが、どれも美味しかった…!

最初は二人で静かに喋っていたのですが、常連さんに話しかけられお店の方も加わって最後にはとても盛り上がりました。

翌日秋芳洞にタクシーで行く予定だと話をしたら「車で送っていってあげるよ」と提案していただいて

危うく「いいんですか!お願いします!!!」と即答してしまいそうになりましたが

さすがに遠くて申し訳ないので丁重にお断りしました。常連さんも大将も、本当にいい人だったなあ。

 

タクシーに揺られ、最後の目的地 秋芳洞に到着。 

入場口は洞窟までまだ距離があるのですが、この時点でひんやりとした空気が流れてくるのがわかります。

洞窟の中は涼しいを通り越して寒いくらい。

もっとこう、壮大で、感動を覚える景色なのですが、スマホの写真では伝わりませんね。

 

岩窟王。

立派なたてがみをもつ百獣の王 ライオンに見えますか?

 

秋芳洞冒険コース。かなり急な壁を登っていって一帯を見下ろせるコースです。

あまり身構えず軽いノリで登り始めましたが、洞窟内はどこも水溜りだらけで足場は最悪。

常に背中に冷や汗を流しながらもなんとか完遂しました。

 

名物?らしい、ごぼううどん。

素朴でおいしかった。

 

 

 

山陽旅行記はこれにて終了。もうupしないままになるかもとうっすら思っていたので書き残せてよかった。

研修はといえば、今はゆとりある科ですが(だからこそ?)週末は色々と予定を詰め込んでいて最近はあまりお菓子も作れていません。

が、たまには更新していきたいと思います。 

以前にもましてのんびりスローペースになりますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

ぜひぽちっと応援クリックをお願いしまーす!

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子レシピへ にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フルーツタルト

2017-11-04 09:48:55 | その他のお菓子

ご無沙汰しております。

気が付けば2ヶ月も間が空いてしまいました。

 

季節の変わり目に体調を崩しましてなかなか治りません。

風邪引かないキャラだったのに…

これはGWに作ったフルーツタルトです。もう半年も経つのですね。

お菓子はぼちぼち焼いていますがもっと腰を据えて作りたいなと思うこの頃。

年末年始はしっかり休めそうなので、そこで菓子焼きマシーンと化してやろうと密かに構想しています。

 

ぜひぽちっと応援クリックをお願いしまーす!

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子レシピへ にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リフレッシュ

2017-08-30 22:36:26 | 日記

東京に遊びに来ていたうーはなちゃんとデートでした♡

私が睡眠不足気味だったので早めの解散。

話足りなかった…というよりもっと色々話を聞きたかったな笑

元気そうなうーはなちゃんを見て安心したし、たくさん笑って癒されて、楽しい一時でした。

 

 

先日のオフ会を受けて、お互い3月は顔を出せたらいいね~と。

今年は6年生のブロガーさんはあまりいないのかな?皆さん息抜きもしっかりしつつ頑張ってくださいね(^o^)

ぜひぽちっと応援クリックをお願いしまーす!

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子レシピへ にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山陽の旅~広島~

2017-08-26 22:37:09 | 旅行

岡山の次は広島編。メインは厳島神社です。

フェリーに乗って宮島へ。時間にしておよそ10分ほど、海から臨む厳島を楽しみます。

電車で移動中 激しく降っていた雨も宮島に到着する頃にはすっかり止んでいて、宿に荷物を置いたらまずは大鳥居へ向かいます。

思っていたよりも大きい。

近づいて見てみると鳥居にはフジツボがびっしりでした。

時間がないので参拝はまたあとのお楽しみにして、写真だけ。

日中歩き回って汗だくだったのでとりあえずシャワーだけさっと浴びて、色浴衣に着替えてお待ちかねの晩御飯。

着席したらご飯を炊き始めます。

お刺身が甘い~

とうもろこしの冷製スープは二層になっていて、下層は茶わん蒸し風でした。

しゃぶしゃぶは飛魚出汁でいただきます。上品な味わいとコクがしみじみ美味しかった…

飛魚出汁はよいと前々から聞いていたけれど、これさえあればどんな料理も絶品になりそう。

牡蠣グラタンは味噌仕立て。和風なまろやかさが牡蠣の旨みを引き立てていました。

 

 

 

お腹いっぱいほろ酔いで幸せだ~と余韻に浸りつつ、屋形船に乗って夜の厳島をご参拝します。

闇夜に浮かぶ大鳥居を遠くから楽しんだり、大鳥居をくぐってその荘厳な佇まいを間近に感じたりと、まさに幻想的なひととき。

夜景は私のスマホだと画質が悪すぎて載せられるような写真がほぼないのが悲しいところ。。

厳島を観光するなら、皆さまぜひ宮島に宿泊し屋形船に乗りましょう。

(チェックイン時、「屋形船のご予約ありがとうございます」と言われ実は身に覚えがなかったのだけど。予約したときの自分good job。笑)

 

 

 

翌日は6時に起きて朝の厳島神社へ。

朝の澄んだ空気に心洗われますし、何より人が少ないのでずっと佇んでいても誰の邪魔になることもありませんから

いくらでもぼーっとしていられるのでおすすめ。

人物の入り込まない写真がらくらく撮れてしまいます。

この日は朝の時間帯は干潮寄り。満潮の時にもまた訪れてみたいな。

 

 

 

宮島には鹿がいるのをご存知ですか?

ゆったりと歩く鹿二匹。すっかり町並みに溶け込んでいます。

お尻が可愛くて後を追いかけてみる。

こんなに近寄っても気にも留めない様子。

雨の日には旅館の軒先で雨宿りをしているそうですよ。

 

宮島の温泉は海水を含んだ天然温泉。せっかくなので朝風呂に入ってから朝食をいただいて、とても名残惜しいけれど次の目的地へと向かいます。

広島駅で友人と合流して呉へ。呉といえば海自カレー。

あまり深く考えずに行きたいところを決めていったためこの日は移動時間長め。つまり観光時間が短い。

大和ミュージアムの、10分の1戦艦大和。

展示は戦艦大和を中心として、その科学技術や歴史そして戦争・平和の問題までを扱った大変濃い内容となっています。

ボランティアガイドさんから歴史の裏話を教えていただいたり潜水艦に乗艦したりと

短い時間ながらも大和ミュージアムとてつのくじら館を気合で回りきり、一路宿へ向かいます。

次回は山口編。お楽しみに。 

 

ぜひぽちっと応援クリックをお願いしまーす!

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子レシピへ にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ

  

シニアの先生が「今から緊急オペだから準備して」とか「〇〇先生が出勤しているかピッチ鳴らしてみて」などちょいちょい冗談を交えてくるのですが

私はことごどく真に受けてしまって笑われている(T_T)笑

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山陽の旅~岡山~

2017-08-20 22:46:43 | 旅行

夏休みを取って山陽地方3県をめぐる旅へ行ってきました。

ひとつめは岡山編。

 

直明けの友人と東京駅で待ち合わせ、いざ岡山へ。

実は引き継ぎが遅れて予定していた新幹線に間に合わないというハプニングがありまして

切符を変更すべく私は朝から猛ダッシュでした。笑

 

おしゃべりしつつ軽めの食事を摂ってお昼寝したらあっという間に到着。後楽園を目指します。

曇り空だったのですが蒸し暑く、目的地に辿り着く前にすでにふたりともバテ気味に。

正門を過ぎたすぐのところで桃のかき氷の文字が目にとまり、吸い込まれるように足を踏み入れてしまいました。

桃を1個丸ごと使った贅沢なかき氷。ちなみに時価です。

岡山で最も美味しいとされる清水白桃をいただけました。

1週間程しか出回らないようで、私達が訪問した日から出荷されたみたい。なんて運がいいのだろう!

ほっぺたが落ちそうな美味しさでしばらくはふたりで恍惚としていました。

お手製の桃シロップが甘さ控えめ桃の風味豊でこれまた美味でした。

 

 

 

しっかり涼んだところで後楽園を散策します。これで日本三名園を制覇しました。

一輪の蓮の花。

緑が濃くて、それでいて透明感があって本当に素敵なお庭でした。

岡山城も。

黒い壁のお城って少しめずらしいですよね。

 

岡山はフルーツ王国。どこへ行ってもフルーツパフェを見かけます。

さて、一体いくつのパフェを食べることができたのか予想してみてくださいね。

お城パフェin岡山城。

さすが、どのフルーツも美味しかった。

 

 

 

宿は倉敷美観地区。部屋から見えるお庭もまた風情があります。

梅酒でかんぱーい。

左下の空豆の葛かけ饅頭、空豆のこっくりした甘みがアクセントになっていておいしい~

 

こちらを見つめる沢蟹。

ままかりマリネが美味しくてこのあとお土産に買って帰りました。

ピオーネのゼリーは素材勝負のシンプルなデザートで、お味は言わずもがなです。

は~幸せな夕御飯だ~

 

夜の倉敷。

結構歩き回ったのでお布団に入ったら即行入眠でした。

 

 

 

朝食をいただいたら近くの神社へふらっと散歩へ。

静謐な空気の中蝉の声が幾多にも重なって、押し寄せてくる騒音から逆に静寂が見出されるような

自分と周囲との境界が曖昧になるような、そんな不思議な感覚でした。

一夏をここで過ごしたならば悟りの境地に至れそう。たぶん。

 

閑さや 岩にしみ入る 蝉の声

 

この句は、まさにこんな感じを云わんとしていたのかなぁとぼんやり思いながらしばし立ち尽くしていました。

 

 

 

この日は浴衣で美観地区を散策するのがメイン。

またパフェを食べて

ふくろうと戯れて

川舟流しで風情漂う町並みを一巡り。

浴衣に菅笠も乙なものでした。

川面から臨む景色はまた趣が変わって面白い。美観地区にいらしたときはぜひ川舟流しを体験してみてくださいね。

 

〆のパフェ。さすがに3つめは食傷気味でした。この2日間で数年分のパフェを食べた気がする。。

彼女とはここでお別れ。私は宮島へ向かいます。

次回は広島編です。お楽しみに~

 

 

ぜひぽちっと応援クリックをお願いしまーす!

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子レシピへ にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ

  

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

キャラメルピーカンナッツケーキ

2017-08-13 14:11:22 | パウンドケーキ

この前実家へ帰った際に、ざっくりいうと「はよ記事を更新せい」と父から催促があったのですが

upしていないお菓子なんてそれほど溜まっていなかったと思うけどな~と首をひねりながらも久しぶりに写真を見返してみると、あらま出てくる出てくる。

国試前に作ったものがたくさん残っていました。よくよく探してみるとレシピも大体は取ってあったので、ぼちぼちupしていこうかなと思います。

これは昨年12月に作ったもののよう。ピーカンナッツ美味しいですよね。

このパウンドは、走り書きを見る限りキャラメルチーズケーキで余ったクリームを消費するために作ったようです。

たぶん胡桃も一緒に混ぜ込んでいたかな。

**キャラメルナッツパウンド**

バター80g 砂糖80g 卵2個 生クリーム30g 薄力粉100g B.P.2g A.P.20g

キャラメルクリーム100g ナッツ30g(混ぜる用)+30g(乗せる用)

1.室温に戻したバターをよく練り砂糖を加え混ぜる。

2.溶いた卵を4~5回に分けて加え混ぜる。生クリームも加え混ぜる。

3.粉類を篩い入れてさっくり混ぜる。生地の1/3を取り分けキャラメルクリームとナッツ30gを加え混ぜる。

4.プレーン生地とキャラメル生地をマーブルになるようさっと混ぜて型に流し込んだら、ナッツ30gを均等に乗せる。

5.180度に予熱したオーブンで40分ほど焼いたらできあがり。

 

 

レシピをみて思い出したのですが、これ 生地に少量の生クリームを加えるのにはまっていたときのだ。笑

しっとりさと風味が増しておいしいのですよね。

最近作ったパウンドが、材料の関係で生地が締まってしまいいまひとつだったので今度は加えてみよう。

 

 

 

ぜひぽちっと応援クリックをお願いしまーす!

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子レシピへ にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ

  

医局でカルテを書いていたら結婚の話になって

先生まだ25歳?まだまだ先だね、30歳までは遊んでおいた方がいいよ!

年下がおすすめだよ。俺姉さん女房だけど嫉妬とかされないしすごくやりやすいから。

・・・

なんてアドバイスをされたのですが、まるっきり男性視点な気がするのは私だけでしょうか。笑

結婚云々以前に出会いがないのでまずはそこから(´-ω-`)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ライムチーズケーキ

2017-08-06 17:30:18 | チーズのお菓子

外科になってから朝が早い。

お蔭で行き帰りはそこそこ涼しくて、その感覚で日中外出をしてみたら暑くて融けるかと思った。

やっぱり8月は暑いですね。。

 

 

 

暑苦しいので焼き菓子はやめておきましょう。

さっぱりライムのレアチーズケーキ。

レシピはここより。ライム果汁は25gでした。

チーズケーキは断然ずっしり濃厚なベイクドが一番と思っていますが、たまには口あたりの軽いレアもいいですね。

 

 

 

昨日は弾丸で実家に帰ってケーキを作ってきました。暑いですけど焼き菓子を3種ほど。

なんだかんだ3か月ぶり。当然腕は鈍っているに違いなかったので慎重に作りましたよ。笑

慌ただしくて写真を撮る暇がなかったのが残念ですが

直明け・日直の先生方にお渡しできて、そして喜んでいただけたので私は幸せです。

 

物理的に時間がなかったのもあるけれど

実家への移動などもあるし体力が削られるだろうからと最近はお菓子作りから遠ざかっていたのですが

疲れを遥かに上回る満たされている感がありますね。しばらくは心穏やかに過ごせそうです。無理してでも実家へ帰ろう。笑

 

ぜひぽちっと応援クリックをお願いしまーす!

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子レシピへ にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ

  

更新していないのにぽちぽちしてくださっている方々、ありがとうございます…!(TT)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

誕生日

2017-07-09 15:05:03 | 日記

お久しぶりです。

そろそろ1か月が経ちそうなので(広告が出る前にと笑)慌てて更新しています。

母のお誕生日だったので、日頃の感謝の気持ちを込めて美味しいランチを。…まあ私の愚痴も聞いてもらうわけですが。

今年も健康に誕生日を迎えることができて本当によかった。

 

そしてちらりと頭を過るのは、まだまだ先の話ではあるけれど父の誕生日はどうしましょうということ。

父と二人ではこんなに話が盛り上がるとは到底思えません。笑

美味しいお酒を持って実家に帰るのでいいかしら。

 

 

 

素材の味を活かしつつ小技を利かせた料理の数々は、味はもちろんのこと視覚的にも楽しませてくれて

また行きたいなぁと思わせるお店でした。

 

 

ぜひぽちっと応援クリックをお願いしまーす!

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子レシピへ にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ

  

着々と夏休みの予定が決まっていって今からわくわくです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ピスタチオとクランベリーのケーキ

2017-06-11 19:42:31 | パウンドケーキ

6月から新しい科になりました。

普段は出入りも少なめで落ち着いている科のようですが今週は立て続けに入院があり文字通り奔走していました。

といっても実際には勝手がわからず右往左往している時間がほとんどなのだけど。

 

人気の少なくなった医局で、自分要領が悪いなぁ早くおうちに帰りたいなぁと思いながらかたかたカルテを書いていたら

今お世話になっている科の部長が通りすがりに

随分遅くまでやってるね、もっと要領よくやらないとだめだよ

と仰り去ってゆかれて

あ、それ私も今まさに痛感していました~☆って感じでした。

来週は早く帰るぞ。

 

2か月ごとに新しい科に移る生活には、最後まで慣れることができなさそうです。笑

 

 

 

 

 

 

ピスタチオを使ったスイーツが好きで、お店で見かけると手が伸びてしまうのですが

残念ながらこれだ、と思うものにまだ出会えていません。

(単純にNが小さいせい)

そんなわけで自分で作ってしまおうと。これを言いたいがための前置きでした。

本当はアントルメを作りたいのですが失敗したときのダメージが絶大なので

まずは焼き菓子で試しておいしいピスタチオを探しだしてから挑戦することにしました。

一体いつになるのだろう。

 

ピスタチオとクランベリーのケーキ 

 バター100g 砂糖90g ピスタチオペースト30g ピスタチオパウダー30g

 卵100g 薄力粉60g B.P.1g クランベリー70g(熱湯でさっと戻しておく)

室温に戻したバターをふんわりするまでミキサーで混ぜて砂糖を加えてさらに混ぜます。

ピスタチオペースト、ピスタチオパウダーも順に加え混ぜたら、解いた卵を4~5回に分けて加え混ぜます。

粉類をふるい入れてさっくり混ぜたらクランベリーも加え混ぜて型に流しいれます。

200度に予熱したオーブンで10分、正中に切れ目を入れたら180度に下げて30分焼いてできあがり。

 

確かにプレーンなパウンドよりコクや甘みがあるけれど、ピスタチオ!という感じがしないのですよね。

配合を変えてもう一種類作ったので誰か食べ比べしてくれないかなぁ・・・

 

 

 

 

日曜が終わる、、、また明日から頑張ります。

ぜひぽちっと応援クリックをお願いしまーす!

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子レシピへ にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ

  

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

リフレッシュ

2017-05-28 20:01:08 | 日記

うーはなちゃんとランチしてきました。

オフ会以来なのでおよそ2ヵ月ぶり。

……そうか、あれから2ヵ月しか経っていないのか。遠い昔のことのようだけど。笑

そんな盛りだくさんだったここ最近の近況報告をしていたら4時間なんてあっという間。

 

(話に夢中になってパスタの写真は撮りそびれ)

うーはなちゃん、とびきりの笑顔で仕事楽しいよ♡と締めくくってくれたのですが、つらいエピソードも少なくなくて

突っ込みがとまりませんでした。笑

 

疲れた心を癒したいよねと旅行の話で盛り上がったのだけれどなんというかちゃんとした休みの少なさを実感しますね…。

お互いの中間地点でよさそうな旅館を見つけて、もうそれだけでなんだか元気が出てきました。笑

お休み取れたら現実逃避しに行こうね…!

 

さあ、明日からまた頑張りましょう~

ぜひぽちっと応援クリックをお願いしまーす!

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子レシピへ にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カレンダー

2018年2月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

ブックマーク

和洋菓子パッケージ 【suipa 楽天市場】
モニターブロガーをさせていただいていました。
cookpad
こちらにも一部レシピを掲載中。

アクセス状況

アクセスアクセス
閲覧 491 PV DOWN!
訪問者 153 IP DOWN!
トータルトータル
閲覧 499,425 PV 
訪問者 163,533 IP 
ランキングランキング
日別 6,304 DOWN!
週別 5,677 UP!
  • RSS1.0 RSS2.0