いつか辿り着く場所~遠い記憶

世の中で起きてる事柄から自分の生活のことまで人生終盤の日々の出来事や感想を書きとめます。

つじ田味噌の章〜飯田橋店

2016-10-13 14:58:30 | ラーメン











昨日のめん徳つじ田の衝撃波に揺さぶられ

連日来てしまいました。

また飯田橋なのですが味噌にするか煮干しに

するかで迷ってます。

今日は時間に追われないでゆっくりできる

ので現地の混み状況やインスピレーションで

どっち食べるか決めます。

つじ田のHP見たら神田や御茶ノ水中心に

7、8店舗あるのですね。

肉そばの井関屋がつじ田だったとは

私のラーメン知識はまだまだです。

あと味噌と煮干しと井関屋と担々麺屋の4つは

行ってみないとという気にさせられました。











味噌ラーメン大盛り(800+120)

午後1時20分に到着しまきたが

めん徳2代目の方は6名待ち、味噌の章は4人待ち

でした。煮干しの奥の院は確認する間もなく

味噌を選択です。

今までの味噌ラーメンの概念にはない

味噌ラーメンでした。

まず炒め野菜がない。

もやしと玉ねぎは少量茹でたものが

丼の隅っこに。

輪切りのネギと黒く煮込まれた支那竹

柔らかい大きなチャーシュー1枚

角切りのチャーシューが中央に。

普通のラーメンの具とあまり変わりません。











結論から言うと非常に美味しい味噌ラーメン

でした。

今までの食べたことのない味噌ラーメンです。

目隠しをして食べると味噌とわからないくらい

繊細な白味噌を使ってます。

めん徳2代目の濃厚ラーメンに使ってる出汁を

味噌ラーメンにも使ってるような気がするほど

濃厚な出汁スープです。

麺は北海道味噌ラーメンによくある

黄色い卵麺で意外と細い中くらいのやや縮れ

でした。固麺で頼む方が複数いましたが

私もその方がいいと感じました。

50円アップでバリ味噌、100円アップで

辛味噌と3種類の味噌ラーメン。

山形の龍上海の辛味噌ラーメンをヒントに

したのでしょうか。

今度は辛味噌ですね。











食べ始めは味噌の香りより香味油でしようか

意外と脂っこいと感じたのですが

後半は白味噌と野菜出汁の甘み感じる

ことができました。


味噌の章の厨房スタッフは若い兄さんたちです。

めん徳2代目とお店は中で繋がってます。








ご馳走さまでした。

今度は煮干し奥の院です。

つじ田にちょっとハマりそうです。



ジャンル:
ラーメン
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« めん徳ニ代目つじ田「濃厚ラ... | トップ | ディランと春樹とノーベル賞 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。