耳は節穴

レコード・CD・オーディオ・歌・楽器などの音楽関係のことを書いていきたいと思います。

記事のタイトルを入力してください(必須)

2016年04月15日 | 雑多

金沢へ転勤しました。

単身赴任は10年目となりましたが、あと3年は続くことが確定です。

東京のブルベはちょっと参加しにくくなったので、近畿の方へ参加することにしたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BRM208東京300満喫沖縄

2016年02月11日 | じてんしゃ

今年2本目のブルベで、300km完走できました。

ランドヌ東京でこの時期恒例の沖縄ブルベ。昨年は日程が合わなくて参加できず、2年ぶりの出走です。
一昨年は19時間7分で完走できましたが、その時は朝の5時スタート。今回は夜中の0時スタートなので、条件はやや厳しくなります。

夕食は沖縄ちゃんぽん。

食事後、スーパー銭湯に寄って2時間ほど仮眠をとりスタート地点へ向かいました。
今回の参加は6名で、この前の200kmと比べて随分とこぢんまりしています。

夜間走行なので写真がありませんが、PC1のファミリーマート名護マルチメディア館前(70.8km)に3時49分着。
ここの制限時間が4時44分なので55分の貯金ができました。沖縄とはいえ、さすがに夜は少々寒く、冷たい向かい風がつらく感じます。

PC2の奥共同売店には9時26分に到着(PC1から80.7km)。制限時間が10時8分のところ、42分の貯金。
やんばる東海岸のアップダウンを向かい風に悩まされた割には、まずまずのタイムでした。

今回は久しぶりにKHSのF−20Sを使いました。この自転車でブルベを完走できたことがないのですが、
昨年のツール・ド・おきなわで快調に走ってれたのと、折りたたみで車輪を外さないので、飛行機輪行で破損の心配が少ないためです。
購入当初は何となくペダルが重く、ホイールを替えてもあまり改善しなかったのですが、段々と走り心地が変わって来たような気がします。

今年は寒いせいか、寒緋桜もまだ三分咲きくらいです。奥から4kmほど坂を登れば、あとは辺戸岬を回って平坦基調の西海岸。
風も追い風になるはず。

と思いましたが、ほぼ真西から吹いてくるのでなかなか追い風に乗れません。あ、後半の写真を全然撮っていませんでした。

名護市に入り、奥武島・屋我地島を通り、ワルミ大橋を渡って今帰仁から本部半島北部へ。ここらあたりがもろに向かい風となり、後半疲れの出ている体にこたえます。

PC3のローソン本部浦崎(PC2から67.9km)に14時8分到着。制限時間14時40分のところ32分の貯金で余裕がなくなってきました。

本部半島の南側は追い風でスピードに乗れましたが、名護市内を通って58号線に入るとまた向かい風になります。でも、風はいくらか弱くなってきた感じ。

恩納村から読谷村への長い登りの途中でロードバイクが1台後ろに着き、そのままゴールまで。
センチュリーライドでは時々あることですが、ブルベでロードにコバンザメされたのは初めてです。ミニベロを風よけにするとはねぇ。

ゴールのファミリーマートリースビル店に18時55分に到着。本部〜那覇間で挽回し、制限時間の1時間5分前にゴールで、KHSでの初完走となりました。

この日は21時20分のJALで羽田へ行き、空港内のカプセルホテルに泊まって翌朝1番で富山へ帰るという強行軍。だから何とか19時までに走り切るつもりでした。

さて、羽田での荷物の受け取り。やはり自転車がコンベアで出てきました。他の航空会社は人が運んできてくれるのですが、JALのサービスはLCC以下ですね。これだから折りたたみ車にして正解でした。

300kmの完走メダル。今回はゴール地点で購入できました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SU-C1000MK2の電池交換

2016年01月23日 | オーディオ

久々にオーディオのネタです。

テクニクスのプリアンプ、SU-C1000MK2の電池が頻繁にレベル低下するようになりました。
ちょうど5年使ってきましたので交換時期のようです。

秋葉原へ買いに行ってみましたら、端子付きのニッケル水素電池がとても高くなっていました。
しばし考えて、一つ小さい単4型4本用の電池ボックスが使えないか試すことにしました。

秋月電子で電池ボックス(¥50)を2個と単4型ニッケル水素電池(¥120)を8本購入し、合わせてみたたところピッタリ収まりました。

電池容量は半分くらいになってしまいましたが、そうそう長い時間聴き続けることもないので、十分実用になっております。

CDプレーヤーは光出力のあるポータブル(PanasonicのSL-CT780)をヤフオクで購入し、これをFiiO D03Kという小さなDACで変換しております。どちらも電池駆動ですので、AC電源よりも何となく良さそうに思われます。
実のところこんなもので、以前使っていたマランツのCD23と遜色ありません。

アンプの上はパイオニアのBDP-170というブルーレイプレーヤー。安価なものですが、SACDのデジタル出力が可能な優れ物。


スピーカーは米国のAUDIOENGINEのA2というアンプ内蔵のものを使っています。
円がとても高かった時期にAmazon.USAで購入したものの、しばらく仕舞ったままにしてました。
これが小さいのになかなか良い音なのです。

現在のラインアップはこのようなもの。年を重ねて音に対する欲が薄れてきたのでしょうか。
いろいろと使ってきて、往き着いた先がこんな所なのかもしれません。
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BRM110東京200 いってこい伊豆網代

2016年01月11日 | じてんしゃ

今年最初のブルベで、200kmを完走しました。川崎の等々力アリーナから中原街道経由で網代まで往復です。
昨年の400kmと重なるコースなので、コースミスの心配がない分、精神的に楽です。

 

 

最初のチェックポイント(PC1)からの富士山。雪が少なくて驚きです。

ここまでで約40分の貯金。これをほぼ保って走りました。
今回の自転車はいつものミニベロではなく、26インチのDAHON CADENZA(2008年モデル)。
このサイズで折りたたみです。アルミ製なのに重さが12.5kgもあり、登り坂になるとペダルが重い重い。
 
 
伊豆山あたりで咲いていたのは梅かと思いきや、どうも桜のようです。暖冬なのですなぁ。
 
 
12時間くらいで走れるかと思っていたのですが、そう易々とはいきません。
結局12時間57分でゴール。200kmで13時間を切ったのは初めてなので、まぁ良しとしましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BRM328東京400 いってこい駿河サッタ峠

2015年03月30日 | じてんしゃ

ランドヌ東京のブルベ「BRM328東京400」に参加。
行ってきました、サッタ峠。1月の300kmに続きミニベロで400km完走です。

 

北陸新幹線は開通したけど、ANAも対抗して大幅に値下げしたので、今回は富山から飛行機で川崎へ。
富山駅から富山空港までは自転車で30分ほどかかりますが、羽田空港からはいつも苦労する東京−川崎の満員電車輪行が回避できてありがたい。
次回からもこれで行こう。

5:00スタートの300km「満喫相模湾」の出発を見送ると、ようやく夜明けです。お天気は良さそう。
こちらは6:00スタート。

やはりミニベロはワタシひとりだけでした。防寒用の衣類と雨具で荷物多めですが、必要なかったようです。

PC1の平塚までは緩やかなアップダウンが続く中原街道。やたらと信号が多いのでロードバイクの皆さんも飛ばせずに苦労している様子。
20台近くのトレインの後ろについたままPC1のデイリーヤマザキへ到着。
参加者が大勢押しかけていたため、コンビニのレジは長蛇の列でした。
ここはクローズタイム9:24のところ8:27通過。目標は8:50に設定したので先が大分楽になりました。
サンドイッチ2つと飲み物を補給。

春霞(?)のもやっとした空ですが、富士山が顔を出しました。

国道1号線に出て酒匂橋からの富士山。
日差しが出て暖かくなってきました。

小田原を過ぎて伊豆半島東岸を南下すると真鶴までは渋滞でした。
バイクが路肩をふさぐのですり抜けることもできず、がまんしてノロノロと進みます。

湯河原から先は車も幾分少なくなりました。アップダウンが続き、汗をかきます。
網代手前の小山臨海公園付近。桜満開です。

伊東から海岸を離れ、中伊豆バイパスの方へ進みます。
少し行った南伊豆駅の先で救急車が止まっていて、反射ベストを着た男性が乗せられるところでした。
これはブルベの参加者かもしれないと、主催者へメールを入れました。
見ていた人の話では、路地から出てきた車へ突っ込んだとのことでした。
自分も気をつけなければ。

 

PC2のミニストップにはクローズ13:48のところ12:50通過。渋滞で時間のロスがありましたが、約1時間の貯金をキープです。
ここでは飲み物のみ補給。
この先が今回の最高地点の冷川トンネル。ここを超えて下ると修善寺です。

伊豆温泉村の看板の向こうに見事な枝垂れ桜。

城山の岩壁。そういえばここは登りに来たことがなかった。
ザイルを組む仲間もいないので、もうクライミングは無理かな。

沼津を過ぎてようやく遮るものなく富士山が裾野まで見えるようになりました。

富士川を渡り由比駅の先から旧東海道へ入り由比宿を通ってサッタ峠へ登っていきます。
急な登りでいらぬ体力の消耗を防ぐため、ここは自転車を押して越えました。

峠の頂上。左へちょっと降りたところに展望台がありますが、今回は素通りして右の興津方面へ進みます。

峠を下り、興津で国道1号線に入り折り返し点のPC3のローソンに到着。
クローズ19:28のところ18:22通過でほぼ計画通りのタイムでした。
夕食にエビチリ丼を食べて折り返し。

復路で東名高速の側道を見落として大分先の新幹線の陸橋まで行ってしまい、少々時間をロス。
サッタ峠は往路と同じく押して越えました。もう真っ暗です。

あとは来た道を忠実に戻りますが、千本松原沿いあたりから何となく向かい風が吹き出してきました。
冷川トンネルを越えると、強烈な北風が吹き付けてきます。

PC4は往路のPC2と同じミニストップ。クローズ1:12のところ0:40通過。
コースミスと向かい風で貯金を使っていました。やはりそう易々とは走りきれません。

向かい風に耐えて徹夜で伊豆東海岸を北上します。小田原まで来ると幾分風も弱まりました。
二宮を過ぎ国道1号線から海沿いを離れると、ようたく向かい風から開放されました。

PC5は往路PC1のすぐ近くにあるセブンイレブン。その手前にもセブンイレブンがあり、間違えそうになりました。
クローズ5:48のところ5:08の通過。わずかですが貯金を戻しました。
ここでは3名の参加者が仮眠中。サンドイッチと飲み物を補給して出発。

往路では緩やかなアップダウンと感じていたのが、果てしない上り下りに思える中原街道。
もうペダルが重くて重くて、やっとのことで進んでいる有様。
同じようなスピードでロードバイク2台が前を走っているのに付いていきます。

ゴールの武蔵中原駅近くのセブンイレブンには8:28の到着。クローズ9:00の32分前でした。
前回300kmから比べれば幾分マシですが、今回もギリギリのタイムです。

目と鼻の先にあるデニーズでゴール受付。ワタシの後ろをまだ4人走っているそうで、今回は最下位を免れました。
軽い朝食を食べてから都内の自宅まで輪行して、それから夕方まで爆睡でした。

次は4月25日の600kmに参加予定ですが、2日間走った翌日の休暇が取れるかどうかが微妙。
ミニベロで走れそうな600kmは多くないので、何とか参加したいものです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加