耳は節穴

レコード・CD・オーディオ・歌・楽器などの音楽関係のことを書いていきたいと思います。

近況

2021年03月09日 | 雑多

昨年3月に定年退職となり、13年半ぶりに東京の自宅へ戻りました。

短時間ながら体を使う仕事に就いたおかげで体重が減り、衣類がほとんど体に合わなくなってしまいました。

たくさんいた猫も年取って徐々に数が減り、今は3匹となってしまいました。ちょっと寂しいけれど、20年近く生きることを考えると新しいのを増やすわけにもいきません。人間の方が先にくたばる可能性がありますので。


ブランディーヌ・ヴェルレさん逝去

2019年01月14日 | レコード

優秀録音盤でおなじみだったブランデーヌ・ヴェルレさんが、昨年12月30日に逝去されたとのことです。

最新録音はクープランのクラヴサン曲集第の第13組曲と第18組曲のようです。

それ以前の録音盤は大変な値段がついています。

naiveもなかなか旧譜が出ない、新譜もなかなか出ない厳しい状況ですですので、

このままFade Outかもしれません。


転勤しました

2016年04月15日 | 雑多

金沢へ転勤しました。

単身赴任は10年目となりましたが、あと3年は続くことが確定です。

東京のブルベはちょっと参加しにくくなったので、近畿の方へ参加することにしたいと思います。


BRM208東京300満喫沖縄

2016年02月11日 | じてんしゃ

今年2本目のブルベで、300km完走できました。

ランドヌ東京でこの時期恒例の沖縄ブルベ。昨年は日程が合わなくて参加できず、2年ぶりの出走です。
一昨年は19時間7分で完走できましたが、その時は朝の5時スタート。今回は夜中の0時スタートなので、条件はやや厳しくなります。

夕食は沖縄ちゃんぽん。

食事後、スーパー銭湯に寄って2時間ほど仮眠をとりスタート地点へ向かいました。
今回の参加は6名で、この前の200kmと比べて随分とこぢんまりしています。

夜間走行なので写真がありませんが、PC1のファミリーマート名護マルチメディア館前(70.8km)に3時49分着。
ここの制限時間が4時44分なので55分の貯金ができました。沖縄とはいえ、さすがに夜は少々寒く、冷たい向かい風がつらく感じます。

PC2の奥共同売店には9時26分に到着(PC1から80.7km)。制限時間が10時8分のところ、42分の貯金。
やんばる東海岸のアップダウンを向かい風に悩まされた割には、まずまずのタイムでした。

今回は久しぶりにKHSのF-20Sを使いました。この自転車でブルベを完走できたことがないのですが、
昨年のツール・ド・おきなわで快調に走ってれたのと、折りたたみで車輪を外さないので、飛行機輪行で破損の心配が少ないためです。
購入当初は何となくペダルが重く、ホイールを替えてもあまり改善しなかったのですが、段々と走り心地が変わって来たような気がします。

今年は寒いせいか、寒緋桜もまだ三分咲きくらいです。奥から4kmほど坂を登れば、あとは辺戸岬を回って平坦基調の西海岸。
風も追い風になるはず。

と思いましたが、ほぼ真西から吹いてくるのでなかなか追い風に乗れません。あ、後半の写真を全然撮っていませんでした。

名護市に入り、奥武島・屋我地島を通り、ワルミ大橋を渡って今帰仁から本部半島北部へ。ここらあたりがもろに向かい風となり、後半疲れの出ている体にこたえます。

PC3のローソン本部浦崎(PC2から67.9km)に14時8分到着。制限時間14時40分のところ32分の貯金で余裕がなくなってきました。

本部半島の南側は追い風でスピードに乗れましたが、名護市内を通って58号線に入るとまた向かい風になります。でも、風はいくらか弱くなってきた感じ。

恩納村から読谷村への長い登りの途中でロードバイクが1台後ろに着き、そのままゴールまで。
センチュリーライドでは時々あることですが、ブルベでロードにコバンザメされたのは初めてです。ミニベロを風よけにするとはねぇ。

ゴールのファミリーマートリースビル店に18時55分に到着。本部~那覇間で挽回し、制限時間の1時間5分前にゴールで、KHSでの初完走となりました。

この日は21時20分のJALで羽田へ行き、空港内のカプセルホテルに泊まって翌朝1番で富山へ帰るという強行軍。だから何とか19時までに走り切るつもりでした。

さて、羽田での荷物の受け取り。やはり自転車がコンベアで出てきました。他の航空会社は人が運んできてくれるのですが、JALのサービスはLCC以下ですね。これだから折りたたみ車にして正解でした。

300kmの完走メダル。今回はゴール地点で購入できました。


SU-C1000MK2の電池交換

2016年01月23日 | オーディオ

久々にオーディオのネタです。

テクニクスのプリアンプ、SU-C1000MK2の電池が頻繁にレベル低下するようになりました。
ちょうど5年使ってきましたので交換時期のようです。

秋葉原へ買いに行ってみましたら、端子付きのニッケル水素電池がとても高くなっていました。
しばし考えて、一つ小さい単4型4本用の電池ボックスが使えないか試すことにしました。

秋月電子で電池ボックス(¥50)を2個と単4型ニッケル水素電池(¥120)を8本購入し、合わせてみたたところピッタリ収まりました。

電池容量は半分くらいになってしまいましたが、そうそう長い時間聴き続けることもないので、十分実用になっております。

CDプレーヤーは光出力のあるポータブル(PanasonicのSL-CT780)をヤフオクで購入し、これをFiiO D03Kという小さなDACで変換しております。どちらも電池駆動ですので、AC電源よりも何となく良さそうに思われます。
実のところこんなもので、以前使っていたマランツのCD23と遜色ありません。

アンプの上はパイオニアのBDP-170というブルーレイプレーヤー。安価なものですが、SACDのデジタル出力が可能な優れ物。


スピーカーは米国のAUDIOENGINEのA2というアンプ内蔵のものを使っています。
円がとても高かった時期にAmazon.USAで購入したものの、しばらく仕舞ったままにしてました。
これが小さいのになかなか良い音なのです。

現在のラインアップはこのようなもの。年を重ねて音に対する欲が薄れてきたのでしょうか。
いろいろと使ってきて、往き着いた先がこんな所なのかもしれません。