脳卒中をやっつけろ!

脳卒中に関する専門医の本音トーク
 最新情報をやさしく解説します 

もやもや病について その4 治療:血流を増やす バイパス術3

2010年08月10日 | 脳梗塞
もやもや病のイメージをお示しします。
正常では太い脳の血管が、右のもやもや病では非常に細くなっているのが分かると思います。
こうなると脳への血流が減少してしまい、ある程度を超えると脳梗塞になってしまいます。
このため、代償機構が働き、脳の細い血管が拡張してきます。
これがもやもや血管です(矢印)。
つまり、もやもや血管というのは、それ自体が病気なのではなくて、脳を守るためにできているのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もやもや病について その4... | トップ | 臓器移植 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございました。 (さわえみ)
2010-08-15 00:14:54
分かりやすいコメントをありがとうございました。モヤモヤ病の知識が少しでも増えると、私も安心します。甥っ子は検査入院が終わり、手術の日程も決まったようです。幸いにも片側のみのモヤモヤ病みたいで少し安心しましたが、大変な手術にはかわりないですね。成功を祈るばかりの叔母です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
画像で見るもやもや病 (もやもや病の情報とブログ | もやもや病で脳梗塞、そして失語症。でもがんばる。)
MRA、MRI、血管造影、SPECT、バイパス・・・。このような専門用語や普段見慣れない写真をつかって、もやもや病の説明を受けることがよくあると思います。 その時はわかったつもりでも、やっぱり難しいですよね。 お医者さんに何度も質問するのも気が引けますし(いや、何...