脳卒中をやっつけろ!

脳卒中に関する専門医の本音トーク
 最新情報をやさしく解説します 

ASSORT研究

2017年02月27日 | その他
米国の国際脳卒中学会(International stroke conference 2017)で私たちの研究を発表してきました。
脳梗塞の急性期にスタチンという薬が効くかどうかのランダム化比較試験(ASSORT研究)です。
この薬はコレステロールを下げる作用のある薬なのですが、他にも抗炎症作用や抗酸化作用などがあるため、動物実験などで脳梗塞に効くとされてきました。しかし、これまでヒトでは十分な比較がされていませんでした。
このため今回は、日本で使用できる最大量(アトルバスタチン20mg/日、ロスバスタチン5mg/日、ピタバスタチン4mg/日)を入院当日から投与する群と7日目から投与する群にランダムに割り付けてその治療結果を比較しました。
その結果、両群の治療成績には差がなく、入院当日でも1週間程度後でも変わらないという結果でした。

この研究結果はこの学会の最大のセッションであるlate-breaking sessionで発表させて頂きました。
大きな会場ですので大変緊張しましたが、何とかうまく終えることが出来ました。
早速、海外メディア(下記)に取り上げられましたし、国内でも神戸新聞、読売新聞に掲載して頂きました。

ある治療や薬が本当に有効かどうかを確認することはとても重要なことです。今回の用量設定や対象患者さんでは有効性が示せませんでしたが、同じ薬でも条件を変えれば有効性が示せる可能性もあります。また、別の薬にさらなる期待もかかります。
今後も機会があれば、治療の有効性を確認するための研究に取り組んで行きたいと思います。

TCT MD

healio

medpagetoday



コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ASTER試験

2017年02月23日 | 学会/研究会
国際脳卒中学会(ISC 2017)にて吸引型血栓回収機器(Penumbra systemによるADAPT法)とステント型機器の比較試験であるASTER試験の結果が発表され、両機器に再開通や安全性に差がないとする結果でした。
吸引型血栓回収機器(Penumbra system)はわが国では多くの施設で使用されていますが、その有効性を示すエビデンスがありませんでした。この結果で安心して使用できるようになりそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

星野晴彦先生にご講演頂きました!

2017年02月17日 | 学会/研究会
昨日は東京済生会中央病院の星野晴彦先生に「ESUS (Embolic Stroke of Undetermined Source)の診断と治療」というテーマでご講演頂きました。
脳梗塞の原因が特定できないことは比較的多く、全体の15-25%に達すると報告されており、それらをまとめたものがESUSです。この概念は比較的新しく、最近大きな注目を浴びています。
星野先生からはこのESUSのすべてを網羅的に、しかも分かりやすくまとめて頂き、感銘を受けました。
会場は聴衆で埋め尽くされていて、先生の人気ぶりを再認識致しました。
ご多忙のところ兵庫までお越し頂いた先生に心から御礼申し上げます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東海看護研究会

2017年02月12日 | 学会/研究会
今日は東海看護研究会で講演をさせていただきました。
多くの方に聴いていただき、気合が入りました!
ありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NHK

2017年02月10日 | 報道・出版関係
今日はNHKで収録でした。スタジオに入るのは初めてでしたので、若干緊張しましたが、担当の皆さんのご協力で無事終えることができました。ありがとうございました。
こういった報道で血栓回収療法の認知度があがり、少しでも多くの方が救われることを祈ります。

2月13日(月) NHK視点・論点「脳梗塞 基礎知識と最新治療法」
総合テレビ 4:20-4:30
再放送 Eテレ 13:50 - 14:00
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

月の輪酒造

2017年02月09日 | 閑話休題
伊丹空港で以前当科に来てくれていた杉浦先生と偶然会い、岩手花巻空港まで一緒の便で向かいました。空港には岩手県立中央病院の横沢路子先生が迎えに来てくれていました。そこで「私の実家が酒蔵をしているのでちょっと見学されませんか?」とお誘い頂き、お言葉に甘えることにしました。

先生のご実家は花巻空港から盛岡に向かう途中の紫波町(しわちょう)というところにある「月の輪酒造」という名前の酒蔵でした。明治19年の創業から130年間、お酒造りを続けている歴史ある酒蔵だそうで、現在は、路子先生のお姉様、裕子さんが五代目杜氏をされています(写真左上)。女性杜氏として有名な方だそうです。
酒蔵の中はお父様のご案内で回らせて頂きましたが、発酵の過程などは裕子さんが説明してくださいました。歴史ある酒蔵で、裕子さんと若いスタッフがとても綺麗な仕事をされていました。樽や使用する器具はすべて熱湯で洗い、「洗剤は一切使わない」というこだわりようです。素晴らしいですね!その仕事ぶりに感動してしまいました。

土日祝日はジェラートも販売されているそうです。ホームページも女性らしい、かわいらしいページですよ!
オンライン販売もされています。蔵の最高傑作は「大吟醸」だそうです(写真中央)。ぜひお試しあれ。


〒028-3303
岩手県紫波郡紫波町高水寺字向畑101
電話019-672-1133(いいささ=いい酒)
電送019-676-5011 
kura@tsukinowa-iwate.com
Http://www.tsukinowa-iwate.com

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

雨ニモマケズ

2017年02月07日 | 閑話休題
研究会とワカサギ釣りを終え、花巻空港に向かう途中、松本康史先生と宮澤賢治めぐりをしました。
まずは空港近くの宮沢賢治の家、羅須地人協会へ。岩手県立花巻農業高等学校の中にありました。家の壁には「下ノ畑ニ居リマス 賢治」と書いてあり、あたかもまだ賢治がそこにいるようです。庭にはマント姿の宮澤賢治像がありましたし、家には賢治が実際弾いていたオルガンが置かれていました。

その後、宮澤賢治記念館へ。
独特の宇宙観と絵画、そして童話。何十年かぶりに「注文の多い料理店」を見ました。宮澤賢治は東北地方では今も多くの人に愛され、尊敬されているのですね。
貧しい農村での質素な暮らし。賢治の心の中に描かれた宇宙。さまざなものが展示されています。
ただ、私はやはり「雨ニモマケズ」に心打たれました。当時、健康を害していた賢治が「健康であったならこうありたかった」という思いが込められたこの言葉は、なんとも美しい。実はこの言葉は生前に発表されておらず、没後1年目に鞄の中から発見された手帳に記されていたそうです。「自身は最低限の生活で、とにかく人のために生きる」というこの言葉は、自分たちがとかく忘れそうになっている、人として生きるべき道を指し示しています。
宮澤賢治、本当にいいですね。健康で、医師である自分は、もっともっと人のために生きなければと強く背中を押された気がしました。

松本先生、良いところに連れて行ってくれてありがとう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岩手ウィンターセミナー

2017年02月06日 | 学会/研究会
岩手ウインターセミナーに参加。翌日は有志でワカサギ釣りでした。
「朝3時半集合」、「日本一の極寒地」との情報にややひるみましたが、木村尚人先生をはじめ、皆さんのご配慮で快適に釣りに興じさせて頂きました。
運が良かったのか極めて豊漁でしたし、近くのレストハウスですぐにフライにしてもらったところ、あまりにも美味で驚きました。
気候にも恵まれ、生まれて初めてのワカサギ釣り体験は大成功に終わりました。
最後は松本康史先生が空港まで送ってくれて、二人で宮澤賢治記念館に行きました。先生、ありがとう!
真冬の岩手で、温かい歓迎を受けて感激しました。関係者の皆さん、本当にありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TV放送の予定

2017年02月01日 | 報道・出版関係
最近、いくつかの取材を受け、下記のような放送予定となっています。
もし宜しければご覧下さい。

1. NHK 視点論点
 2月13日月曜 総合テレビ午前4時20分から30分
   (再放送 Eテレ、同日午後1時50分から2時)
 「脳梗塞 知っておくべき知識と最新治療」

2. BS朝日 月曜プレミアム 特番 「命を救うドクター(仮)」
 2月13日(月) 19:00 ~ 20:54
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

スキーツアー

2017年01月29日 | 閑話休題
兵庫医科大学脳神経外科で初めてのスキーツアー!
いろいろあって、今回は栂池高原になりました。
天気も最高で、みんなで楽しめました。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加