背中の褐色脂肪細胞を寒冷刺激すると脂肪を燃焼する“おもしろい現象”を発見! 煙突効果にふいご作用を促進して冷ます効果も

学者の動物実験をヒントに実践。ホメオスタシスを促進すると効果がスゴイ!寒さを負荷して脂肪燃焼。暑さを感じ体を冷ます。

気化熱で体を冷まし体を森の中にいるような爽やかさを呼ぶクールビズグッズ、を動画で見る。

2017-04-21 | プレスリリース

 

褐色脂肪細胞を増やす方法は活性化することです。活性化する方法は幾つかありますが、褐色脂肪細胞に

寒冷刺激することです。脂肪燃焼もエビデンスが無いから“おもしろい現象”になりますよね。

脂肪燃焼は日本でのヒトの実験、研究が少ないから疫学先進国海外から研究報告が入ってきます。

 

背中の汗の気化熱で体を冷まし体を森の中にいるような爽やかさを呼ぶクールビズグッズがスゴイ!

 

 

桜前線も北上して外に出て運動するにはもってこいの季節到来です。

暖かくなり散歩が始まると汗を掻きます。

汗かいて運動したと言う充実感があるから満足だ。と言う人もいれば

着替えればいいんだが濡れていると嫌だ。と言う人もいます。

散歩に上着一枚脱ぐ位に匹敵する取って置きのグッズを動画で紹介します。

 

クリックすると動画がご覧になれます。

気化熱で体を冷まし体を森の中にいるような爽やかさを呼ぶ

熱い場所での暑さ対策に熱中症対策に魔法の背中クールタイ

 

背中クールタイの内部写真下から見たと空気の流れ予想画像です。

 

この写真は初公開です。

ビデオでご覧頂いた通り、衣服の中と外部をストレートに出し入れできるのは

衣服では穴をあける以外に考えられません。

でも進化した素材、や機能性インナーとコラボするとより効果が出ますね。

季節の変わり目に下着は綿か?新素材か?で迷った時です。

保温性のある綿にすると汗をかくけど背中クールタイ着けると汗は抜けるので衣類が濡れない。

また機能性インナーで汗を掻くぐらいの運動した時に背中クールタイを着けると

機能性インナーの繊維の隙間から空気が入り煙突効果を助長してより爽やかに

してくれます。

これから暖かくなります。

運動して汗を掻きそうなときに、

気温が上がって汗を掻きそうなときに着ける役に立ちます。

脂肪燃焼を目的にするなら運動時に最初から着けてください。

運動することで体が温まり熱。産生から発汗迄が燃焼効果あり

後は汗対策で使えます。

4月も痩身差の記録を取っています。

夜ですが気温5℃~15℃の範囲でも50g~100gの痩身差がでています。

気温が低く北風の時の方が多いのはもちろんです。

 

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 魔法の「背中クールタイ」は... | トップ | 背中の汗、原因は、対策は予... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL