背中に痩せる褐色脂肪脂肪細胞が有り脂肪燃焼効果を魔法の「背中クールタイ」で研究しています。

学会に発表された学者の動物実験をヒントに実践。脂肪を燃やす効果がスゴイ!一日30分ウォーキングで生活習慣病、癌予防も

寒さを感じさせ褐色脂肪細胞内のミトコンドリアを増やす「背中クールタイ」の使い方のお知らせです

2017-04-26 | お知らせ

おしらせ

ご案内です。

背中クールタイは温熱環境により使い分けができますので

カテゴリーも参考にして下さい。

1人でも多くの人に役に立ち貢献できればと思っています。

更新されたページもご覧ください。

3月から動画も始めましたのでご覧ください。

 

背中の汗、原因は、対策は予防する方法はどうすればいい?

気化熱で体を冷まし体を森の中にいるような爽やかさを呼ぶクールビズグッズ、を動画で見る。

「褐色脂肪細胞を寒冷刺激」して活性化する動画はYAHOO!もGoogleも上位を独占

褐色脂肪細胞を寒冷刺激する開発商品で褐色脂肪細胞が活性化して増やします。動画で見られます。

衣服内気候の概念を覆すと、こんな効果が期待できます。

学会に発表された褐色脂肪細胞に関する参考文献集

30分ウォーキングに魔法の「背中クールタイ」!医学会も注目。癌予防も!

着物を着ると冬太りしにくい

 寒冷刺激ダイエットが四季を通して出来るk動画 

 

背中クールタイの着け方動画で見る 

 

寒さを感じさせ褐色脂肪細胞内のミトコンドリアを増やす「背中クールタイ」の使い方のお知らせです。

 

健康になる「背中クールタイ」のページにようこそ!

そして、お買い求め頂いたお客様有難うございます。

使い方、着け方など下記に記載ししてありますのでご覧ください。

 

このブログは背中ハッピー(本人のブログ名)が膝の炎症を和らげるのに筋力をつけて

体重を落とすことを目的に始めました。

続けているある日、干してある下着の背中部位に着いた汗の黄ばみにビックリして

この汗なんとかならないの?と考えたのです。

そして、汗の悩みを解消しようと思って考案したのが「背中クールタイ」です。

散歩して汗を掻くのが当たり前だと思っていたのが

汗の悩みを解消してくれました。(*^。^*)  

世の中便利になりにネットでいろいろ調べられます。

背中に関係することを調べているうちにドキッ! ドキッ! とすることがありました。

そう、脂肪を燃やす褐色脂肪細胞があることを知り「背中クールタイ」で比較実験をして

偶然に痩身差を確認したのです。目から鱗でした。

しばらくぶりに会う人には「どこか具合でも悪いのですか?」って聞かれます。

5Kg落とすと変わりますね。本人は至って健康ですが誤解される時もあります。

 

「背中クールタイ」ってなんでしょう。

 

「背中クールタイ」は魔法の力を持っています。

寒い環境では脂肪を燃やし、熱い環境では体を冷ましてくれるのです。

細胞学者のO教授からは「簡単な器具だね」

もう一人のK教授からは「おもしろい現象に良く気が付いたね」

「研究してください」ってエールを頂いております。よくテレビに出ていらっしゃいます。 

Dr、 S様にはアパレルを薦められてから衣服内気候の比較実験はブログに書いてある通りです。

 

「衣服内気候改革」ってホームページ、ブログで言っているのは

脊髄の周りに褐色脂肪細胞があり「背中クールタイ」が寒い環境にして

運動して最初から脂肪を燃やすことができ

皆様の健康に役立つと思うからです。

着けるだけで簡単に褐色脂肪細胞(ミトコンドリア)を増やすことが

出来るような方法は他に見当たりません。

あるとすれば背中丸出しで歩くか冷たい思いをして寒中水泳です。

 

NHK 大河ファンタジー 「精霊の守り人」 の原作者と医師との対談です。

 

「健康」って、なんだろう? 上橋菜穂子x津田篤太郎

両氏の対談からも気になる「運動をしましょうとか」「コレステロールのお薬飲んで」に

の対話を抜粋しました。健康の考え方が客観的に見えてくるものがあります。

 

技術が幸せを生み出しているわけではない

・・・・・「略」・・・・・ 

上橋 : 先ほど「お客様としての患者」のお話が出ましたが、患者がずっとお客様視点だというのは

いけないんじゃないかと思っているんですね。学ばないといけないことも、たくさんあると思う。

たとえば「患者さんがこれをしたらいいのにな」と思うことは、お医者さんからするといかがでしょうか?

 

津田 : 塩を少なめにとか、運動をしましょうとか、そういうことはいくらでもあるんですけどね。

でもそういうことだけではなくて、「病気を治すとはどういうことなのか」を考えることが

必要な時代になってきていると思います。

 ・・・・・

津田 : コレステロールのお薬を飲んで 、脳梗塞や心筋梗塞のリスクを減らす。10年から20年先のことを考えて、

今はなんの症状もない人にお薬を飲ませているわけです。

なので、「エンドポイント」をどこに定めるかで、何が理想の解決なのか、

そのためには何をしないといけないのかがずいぶんと変わってしまうんですね。

(文中敬称略)参考文献みんなのミシマガジン

 

津田先生との対談もそうですが、

健康に関しては背中ハッピーもアンテナを張っていますから

特に「運動をしましょう」とか「有酸素運動しましょう」は

ドクターからテレビ、雑誌でよく聞かれるのですが、運動の詳細については触れていません。

皆さんも運動さえすれば健康だと思っている方がほとんどです。が、

それも良いのですが脂肪を燃焼するのは実際には違うのです。

同じ運動をしてコレステロールを減らすのに寒い環境にして減ることは

まだマウスの実験の段階で世間にはあまり知られていません。

私個人の体感実験からの意見では

脂肪を燃焼させるのには運動に最初から寒さを感じさせることで

優先的に溜まっている脂肪を燃やすことです。

比較実験グラフにも記載していますので見て下さい。

血流を良くすることにもつながり健康になれます。

 

「健康」って、なんだろう?

自分の細胞の中にいるミトコンドリアを増やすことです。

 

 目的に合わせてご利用ください

 

使い方です。

  

通気層の出入り口になる通気口の開閉はご自身の感覚でお使いください。

通気を必要とするときは開けてください。

 

 カテゴリーも覗いてください。

比較実験が見られます。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

褐色脂肪細胞を寒冷刺激する開発商品で褐色脂肪細胞が活性化して増やします。が動画で見られます。

2017-04-10 | お知らせ

褐色脂肪細胞を寒冷刺激する開発商品で褐色脂肪細胞が活性化して増やします。

褐色脂肪細胞に多く含まれているミトコンドリアも活性化されますので皆さん若返り

皆さん元気に甦ります。

判りやすく動画にまとめましたのでご覧ください。

寒いところに身を置くことで不健康だから15分とか

ライターで書かれネット上に流れていますがそんなことは有りません。

最後に私の実験した証拠写真がありますので内容を確認して頂ければわかると思います。

(見難いところはお許しを

 孫の手は便利。背中クールタイはそれ以上に役に立ちます。

クリックで見られます 。

  

活性化する新しい方法です。

  は処女作で見難い個所もあり削除しました。

ご迷惑をお掛けしますが、再編集をしましたのでこちらをご覧ください。

 

 

 

次はダイエットできる場所を紹介しています。

 

 

 

皆さんの健康志向も高まり、生活習慣病予防をはじめ、

立ちふさがっているのは貯まっている脂肪です。

その脂肪を燃焼する一つが寒冷刺激ですが調べてもあまりありません。

原因が判ってきました。

日本の学者、研究機関はマウスの実験で学会に発表されているのですが

人体実験は乏しいんです。

ある大学に共同研究を持ちかけたら、うちでは動物実験の資材はあるが人体実験

の資材が無いからと断られました。

(でも実験の内容はともかくとして対応してくれるだけでも有り難かったです。)

他にもお世話になっている教授、ドクターはおりますが。

 

海外から人体実験での寒冷刺激で脂肪を燃焼する情報が入ってきます。

でもその内容が「背中クールタイ」と重なります。

アメリカから古いですが進化していない証明です。

 

 

 

正しく今売っているのが「背中クールタイ」です。

次はシドニー大学のポール・リー先生の学会に発表された報告と

 

 

アメリカのハーバード大学からの研究の

温暖化が進むと糖尿病が増える。その対策として褐色脂肪細胞の

の話です。

運動の話が出ますが脂肪燃焼までは出ませんでしたが。

 

 

 

合わせて褐色脂肪細胞ダイエットもご覧ください。

 

 

寒いところでの写真です。

冷たい思いをしなくてもできますよ。

ブログにも書いています。

最後までご覧いただき有難うございました。

「背中クールタイ」って不思議ですね。

価格2980円が高いか安いか?

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

すみやかに脂肪を燃やし始めるダイエット商品って知ってますか?

2016-11-03 | お知らせ

 

おしらせ

カテゴリーの 「背中クールタイ」と褐色脂肪細胞のまとめ もご覧ください

 

今日は、ダイエットを目指している人には大ニュースです。

今迄当ブログでも

メラメラ脂肪を燃やす

着けるだけで痩せる

などなど過激的にと思われる文言に近い

学会に発表された論文をまとめてみました。

今回は東大の酒井寿郎教授グループの

「寒冷刺激の体温維持には熱産生む遺伝子の高次構造変化が必須 」です

 

ヒトの体には急激な変化に瞬時に応答し生命を守るしくみがあります。

中枢で寒さを感知し、ノルアドレナリンというホルモンが分泌されて、

熱産生を専門に行う 褐色脂肪細胞は寒さを感じると白色脂肪細胞の

脂肪は分解された遊離脂肪酸を燃焼してすみかに熱が産生され、

低体温になるのを防ぎます。

交感神経の活性化から

熱を産するために数分の速さで対応できる

仕組みです。

詳細はリンクしてご覧ください。

参考文献 寒冷刺激の体温維持には熱産生む遺伝子の高次構造変化が必須 

東京大学先端科学技術研センター
 http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/pressrelease/pdf/270507release_rcast.pdf"

 熱・産生は数分から十数分で行われる ので

体重を落とそうと脂肪を燃やすダイエットには必須です。

何これ? の入口から冷気が入り体熱を作るのに貯まる性質の

白色脂肪細胞(肥満)を燃やしてくれる褐色脂肪細胞を寒冷刺激する

背中クールタイです。

 

褐色脂肪細胞とは何か?

褐色脂肪細胞を増やす方法は?

褐色脂肪細胞を活性化する方法は?

 

脳に寒さを感じさせることです。

 

この寒冷刺激が服を着ながら暖かい恰好をして背中に寒さを感じさせることです。

 

温かい部屋から外へ出るときように

着替えするときのように

洗面脱衣室で脱ぐように

最初は寒さを感じます。が、

酸素運動しながらですと体は温まり発汗へとすすみます。

温まる時間帯が今回の論文の

「熱・産生は数分から十数分で行われる」 

に重なります。

有酸素運動をして脂肪燃焼は20分後という

ネット上での情報とは全く違いますね。

 

痩せたい体質になりたいなら

健康グッズ「背中クールタイ」をお勧めします。

有酸素運動に着けると

すみやかに脂肪を燃やし始めます。

ダイエットの新常識は褐色脂肪細胞を増やすことにあります。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自然に痩せられて腰痛が、毎日3秒で苦痛から解放!

2016-10-30 | お知らせ

自然に痩せられて腰痛が、毎日3秒で苦痛から解放!

健康寿命の大きな壁になっている腰痛の治療法に、

いま大きな変化が起こっている

NHKスペシャル「腰痛・治療革命」にも出演して反響を呼びました。 

腰痛は長らく日本人を悩ませ続けてきました。実は、レントゲンや

MRIなどで原因が特定できる腰痛は、椎間板ヘルニア骨折、

がんによるものなどわずか15%にすぎません。残り85%は

原因の特定が難しい「非特異的腰痛」だと言われています。

原因がはっきりした腰痛は、治療法が確立されており、

専門医に画像などによる診断を仰ぎ、適切に

治療を受けることが大切になります。

しかし、ぎっくり腰に代表される非特異的腰痛は、現在の画像検査では

明確な原因を見極めきれないため医師も対処が難しいと言うのが実情でした。

マッサージ、コルセットを巻くなど理論的裏付けが乏しい

治療法が蔓延していました。薬、やブロック注射、

最終手段としての手術を駆使して、痛みを和らげようと

してきました。ですが腰痛を追及すればするほど実態が

わからなくなり迷路に入り込んでしまいました。

そんな時に出合ったのが「非特異的腰痛のための

ヨーロピアン・ガイドライン」という世界的に有名な

指針でした。これまで腰痛になったら<安静にする>

<動かさない>という対処が一般的でしたが

グローバルでは、適度な運動と、認知行動療法という腰痛や

腰を動かすことへの不安や恐怖を克服する

治療こそが大切だと書かれていました。

これまでの常識を覆す記述に、医師として“腰痛の森”で迷子に

なっていた私は目から鱗でした。

つらいぎっくり腰であっても「三日以上はベットでの安静を

指示すべきでない」、鎮痛剤を短期間だけ

服用しつつ可能な限り動いたほうが、予後がよく、スムーズに

回復が望めるというのが常識になりました。

こういった新常識を踏まえ、私が腰痛の方に推奨しているのは、

誰にでも簡単にできる

これだけ体操」と「良い姿勢での早歩き」です。

  美ポジをサポートする背中クールタイになれましょう。

「これだけ体操」は極端に言えば<身体を後ろへ反らす>だけ。

の簡単な動作です。足を肩幅より やや広めに立ち、

手の平をお尻にあて、息を吐きながら骨盤を前にへ

しっかり押し込んで腰を反せていきます。

そして「痛気持ちいい」 状態で3秒間キープ。これだけです。

腰痛予防を目的とする場合は一日に1~2回、

慢性腰痛の治療として1セット10回が目安です

注意は親指を腰にかけることで腰の上の方を

部分的にそらさないこと。そしてアゴを軽く引いた

状態を保ち、膝をなるべく曲げないことを意識して

見てください。もし太ももより下の部位に痛みが

響く場合は、神経が刺激されているサインであり、

脊柱管狭窄症の可能性があるので体操は中止

してください。

腰痛持ちからの脱却するためには医師や接骨医に

依存しないセルフケアが重要です。

私が推奨するのが「良い姿勢での早歩き」です。

良い姿勢とは、足の裏に体重を預けつつ、

頭頂部を糸でつられているイメージで力みなく立つこと。

この時に背骨が自然S字を描き、これを“美ポジ”と呼んでいます。

この姿勢で早歩きのペースの 目安は、時速5km、

横にいる人とギリギリ会話ができるくらいのスピードです。

 腰痛からの解放は健康長寿の為に欠かせない要素です。

慢性的な痛みに悩まされている人は

これだけ体操と美ポジを意識して早歩きから初めて見てください。

参照 松平浩 東京大学医学部付属病院特任教授 文芸春秋  

 

背中クールタイは美ポジの早歩きにヒットして夏は煙突効果で

背中の熱溜まりを排出して身体を冷まし、

冬はヒートテックの汗の悩みを解消、さらには褐色脂肪細胞を

寒冷刺激をして活性化して脂肪を燃やしてくれます

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お知らせ ダイエットの秘密が背中に発見されました。

2016-10-26 | お知らせ

 

  お知らせ 

アワード背中クールタイの取り組み<生活習慣病予防分野>の内容ご覧ください。

10月25日「ミトコンボディ」ネットショップのご案内再編集

化学的根拠について書き込みました

10月24日有酸素運動より体脂肪を燃やす商品が誕生

10月21日 体のメンテナンス大革命です。

9月10日のカテゴリーの「褐色脂肪細胞を寒冷刺激で活性化第一位」です。

8月30日健康寿命を延ばそう!アワード<生活習慣病予防分野>に応募しました。

スマート・ライフ・プロジェクトとは

厚生労働省の健康づくり大キャンペーン

健康づくり推進本部の取り組みの一つ生活習慣病を知ろう!です。

生活習慣改善の為に3つのアクション+1

適度な運動

適切な食生活

禁煙

+健診・検診の受診・・・です。

 

カテゴリーもご覧ください。

 

8月9日楽天市場にもオープンしました。

 

クールビズで考案した背中クールタイが褐色脂肪細胞(ミトコンドリア)を

寒冷刺激をして脂肪を燃やすのを偶然に発見 してしまいました。

日本初! 若返りの鍵を握るミトコンドリアを活性化します。

少しきつめの運動を負荷して若返るのは筋肉細胞の中のミトコンドリアでした。

発見したのは体に寒さを負荷して感じさせる(寒冷刺激)方法です。

今迄の寒中水泳から背中に着けて活動するだけでできるようになったことです。

簡単に脂肪を燃やせれば背中クールタイ1つで役に立つことがたくさんあります。

ネットで検索すれば、体を温める、基礎代謝を上げ痩せる体質になる・・・・・・

皆さんの思い当たる案件があると思います。

 

偶然発見の理由とは

写真は褐色脂肪細胞の部位を示しています。PET/CT

 

褐色脂肪細胞のある部位は首の回り、脇の下、肩甲骨の周り、 脊髄の廻りです。

ウィキペディア参照

背中クールタイを着けるとどうでしょうか

脊髄の窪みに割って入り気持ち悪いくらい重なります。

背中に入った冷気が寒さを感じさせ刺激します。

このことの効果が、左記のカテゴリーにあります。ご覧ください。

褐色脂肪細胞の研究は各大学でマウスを使い実験中で

成果が学会等で発表されています。

 体温調節の神経回路

中村和弘教授(京都大学→名古屋大学)

ヒトを含めた哺乳動物(恒温動物)では、体温を一定に保つために、体内から環境中へ

の熱の放散を調節し、必要な時には体内で積極的に熱を産生する。・・・つづきを読む

 褐色脂肪細胞においてエレルギー消費を促す新たなメカニズムを発見

京都大学・生理学研究所リリースより

脂肪細胞には、いわゆる皮下脂肪や内臓脂肪などの白色脂肪細胞用語1と、褐色脂肪
細胞用語2の2種類が存在します。この2つの脂肪細胞は、同じ脂肪であるにも関わらず
、まるで対照的な特徴を持っています。
 白色脂肪細胞は細胞内に栄養を脂肪として貯蓄しますが、褐色脂肪細胞は脂肪を
分解し、熱を産生することで体温の調節をします。特に寒い環境下では、交感神経用語3
の活動が高まるにつれて褐色脂肪細胞が活性化し、体温が下がりすぎないよう熱を
産生します。・・・京都大学の研究成果を読む

 脂肪細胞の分化メカニズム

筑波大学大学院遺伝子制御学研究室 

近年、欧米諸国を中心に肥満が社会問題となっており、日本でも肥満者の割合が年々
増えています。肥満は糖尿病や循環器疾患などをひき起こし、医療費の高騰にもつな
がるため、治療法の開発が早急な課題となっています。  
我々の体内には大きく分けて2種類の脂肪細胞、すなわち白色脂肪細胞と褐色脂肪
細胞があります。・・・つづきを読む

 

各大学で求める脂肪細胞の研究内容とは違い、

背中クールタイは交感神経を促し脂肪の燃焼を促すことで痩身差を確認しました。

 

魔法の「背中クールタイ」のホームページ公開しました。

http://senaka-cool.sakura.ne.jp/index.html

 スマホはhttp://senaka-cool.sakura.ne.jp/sp/index.html

 

 

自社開発商品の総合案内


カテゴリーにも商品の温熱環境の効果が詳しく載っています。



魔法の「背中クールタイ」

寒冷刺激で脂肪を燃やすことが簡単に出来る商品です。ダイエットの強い味方です。

汗の悩みも解消します。

眠気も冷まします。

   

ウッソ ! 

脂肪をメラメラと燃やし脂肪をはぎ取ります。これってホラ?

皆さんどうしようもなく暑いときには汗が滲み出ますよね。かなりの量です。

これって体温調節で恒常性の維持によるものです。

反対に体が冷えると温めようと貯まる性質の脂肪を燃やします。かなりの量です。

寒さに比例して燃えます。(目に見えないのが残念ですが)

これも交感神経が寒さ、暑さに反応して体温調節で

恒常性の維持によるもので、まったく新しい商品の登場です。

 

ホラ?

開発製品は褐色脂肪細胞に寒冷刺激を負荷することで活性化する

自然治癒力でのダイエット、体が甦る、眠気を覚ます効果が出るのです。

 

定められた社会の中で進化していく衣類業界にの中に

さらには医療界に迄に横穴を入れて騒ぐのですから

「ホラ」と思われるは覚悟しています。

そう思われてもホラでないことを裏付けるのに、大学の

学会に発表された論文に基づき「背中クールタイ」で

脂肪燃焼の実験をして確認した実験データを紹介します。

 

カテゴリーの「グラフで見える化背中の温度痩身差」をご覧ください。

(電車の中、歩き、ドライバーの眠気対策、エコノミークラス症候群、肩甲骨体操・・・・・)

                     

 

開発商品はなんぞや?紹介します。



すご~く カンタンです。

写真のように背中に着けて頂くだけで「痩せる」などの効果が期待できます。
背中に数々の不思議発見です。

寒冷刺激をして褐色脂肪細胞の中のミトコンドリアを増やすことから

商品「背中クールタイ」はお客様の脂肪を刺激することでこんな悩みを解消してくれます。

☑「ダイエットが続かない」

☑「ダイエットに挑戦しても挫折。低体温改善も・・・」

☑「スタミナ付けて若返りたい」

☑「猛暑の中、身体に優しく体を冷ましたい」

☑「生活習慣病で、医者に言われちゃった。カンタンに痩せる方法ないかなあ」

☑「運転中に襲ってくる睡魔どうしようもない」

☑「ピンピンコロリしたいなあ」


☑ジカ熱の感染が心配だ





褐色脂肪細胞内に多く含まれるミトコンドリアを活性化するのに

 今までの常識を覆した新しい方法を開発しました。

人間の身体の仕組みで「寒いっ!」と感じると熱を作るのに脂肪を燃やします。

このように背中に寒さを感じさせるだけで体温調節を促す商品は他に存在しません。


 アマゾンブランド登録商品です。



利用の仕方次第で +α こんな悩みも解消してくれます。

☑吸湿発熱の衣服(ヒートテック等)を着た時の運動中の汗の悩み

☑汗の臭い


商品の効果がグラフで確認できます。

痩せる
若返る
眠気を覚ます
体を冷ます
吸湿発熱とコラボ
吸水速乾とコラボ
の効果は比較グラフで見える化しています。


(ホームページ、ブログに公開します。ソフトメール発信中)

 


細胞の最先端
ips細胞による創薬、手術が期待されます。

でも「遺伝子組み換え大豆」を使った食品は安全なのか?

と心配する人は「ips細胞って安全なのか」と思うでしょう。

ips細胞とがん細胞はよく似ているという話を聞くと転移して

がん細胞になる可能性もあるそうです。

(養老孟司参考文献)


小保方氏のSTAP細胞の刺激惹起性多能性獲得細胞は

弱酸性溶液に浸す実験などの外的刺激を与えての研究でした。



「背中クールタイ」
褐色脂肪細胞を寒冷刺激して活性化する方法を背中に発見しました。

寒さを負荷して恒常性の維持を促し体温調節をする仕組みを取り入れた

まったく新しい健康グッズです。

「皆々様の健康」を
「背中クールタイ」が応援します。

厚生労働省の健康づくり大キャンペーン

スマート・ライフ・プロジェクト健康寿命をのばそう!に参加しています。 

 

灯台下暗し、人間の体の仕組みでこんなに健康寿命をのばせる商品が有りました。

ご自分で、お世話になったお方のプレゼントに喜ぶ顔が見たいから。

こちらからお買い求めできます。

   

 

 
街の工務店のオヤジが日本で一番「住み心地のいい家」の工法を

ヒントに「衣服内環境を快適にして健康な体にする健康グッズ」を開発しました。

 

 

※当ブログに掲載されているすべての文章・画像の許可なく
転載・転用することを禁じます。
 

体を冷ます、痩せる効果のある魔法の背中クールタイの使いどき、使い方をまとめてみました。 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

体を冷ます、痩せる効果のある魔法の背中クールタイの使いどき、使い方をまとめてみました。

2016-05-19 | お知らせ

体を冷ます、痩せる効果のある魔法の背中クールタイの使いどき、使い方をまとめてみました。

衣服と膚の間に入れたワコールさんのブラパットは女性を美しくしました。

背中クールタイも衣服と膚の間に入れます。健康グッズとしては侮れません。

暑くなるこれからの季節です。

日差しも強くなり動くと汗ばみます。

台所のガス代の前で調理している時も汗を掻きます。

こんな時は使いどきです。

背中から熱気が「スッ~」と抜け爽やかになります。

汗で衣服が濡れないで散歩できるのも気持ちがいいですよね。

この気化熱で冷ます状態は体温を外気温度より暑くなっても続きます。

放射、放熱で冷ますのは体温までです。

 

吸水(汗)速乾とコラボするとより爽やかになります。

背中クールタイはストレートに外へ熱を排出します。

汗を繊維に吸いとり外へ排出させようとする構造とは違うのです。

コラボすると、吸水(汗)速乾衣服の下部の部位が

煙突効果の入り口になり

背中クールタイの襟元にある出口から気化した熱を排出するのを促します。

ですから、衣服の重ね着しても使えます。

ジカ熱対策で長袖、長ズボンももちろん煙突効果を発揮して使えます。

ふなっしーなどのゆるキャラの中で働く人たちの為に

ブログでヒントをあげましたが。

 

冬の汗の悩みも解消します。

進化した吸湿発熱(ヒートテック類)はすばらしいものがあり

私も愛用しています。

湿気を繊維の中に取り込み発熱する優れものです。

ただ、軽い運動をして発汗が始まると汗の悩みの種です。

寒いときの汗で濡れた下着は着替えるしかありません。

風邪を引かないように。こんな時使いどきです。

今迄に無い発想を変えた背中クールタイが

煙突効果で衣服の中を心地よくしてくれます。

 

室内にいて自律神経が反交感神経時になり眠くなるときがあります。

体を休ませようとしているのです。

車の運転も走りはじめて車内の温度、気持ちも安定してくると

睡魔が襲ってきます。そんなときを前もって予想して着けるのが使いどきです。

着けると、背中に寒さを感じ交感神経を刺激して

眠気を覚まそうとします。

 

エコノミークラス症候群予防もです。

同じように寒さを負荷させて交感神経を介して血流を良くしてです。

同じ姿勢で同じ環境でいる時が使いどきです。 

 

脂肪をメラメラ燃やして痩せるダイエット方法です。

ホラ吹きと思われても致し方ありません。

東大、京大が開発したと言えばマスコミもプレスリリースで飛びつきますが。

その大学でのマウスの実験で

褐色脂肪細胞を寒冷刺激して脂肪を燃焼することを知り

それをヒントに背中クールタイで比較実験して偶然に確認したのです。

 

マウスの実験で寒冷刺激の温度差は4℃が発表されました。

使いどきは寒冷刺激ですから寒いほど燃焼することが

体感比較実験からも裏付けされています。

カテゴリーお知らせの京都大学・・・に書いてあります。

 http://blog.goo.ne.jp/st6540/e/426c17c985a0a6924c7ee32406b24d1f

 

ダイエットは脂肪燃焼ですから体が温まるまでか使いどきです。

(摂取したエレルギーATPの脂肪燃焼とは違います。)

冬ばかりと思われているのが夏出来る場所も確認しました。

 

基礎代謝も背中に寒さを感じさせ脂肪を燃焼して痩せる体質に。

そして温めた体を気化熱で冷ます。

この一連の恒常性維持の体熱調節を促します。

 

どれも体温調整を促しているものですから体調不良の時はやめてください。

ダイエットも寒い場所での静止状態は薦めておりません。運動しながらです。

  

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都大学で褐色脂肪細胞においてエネルギー消費を促して痩せる新たなメカニズムを発見!

2016-02-23 | お知らせ

カテゴリーも覗いてみてください。不思議なデータがたくさんあります。

 京都大学研究グループの研究成果が、ヨーロッパ分子生物学会誌EMBO Report誌(2016年3月1日号)

に掲載されるそうです。

褐色脂肪細胞においてエネルギー消費を促す新たなメカニズムを発見 されたようです。

(京都大学ホームページより)はこちらから 

ホームページを見させていただき今回の発見で参考になったのは

冷たい刺激4℃にさらされると起こり交感神経の活動上昇に伴い増加することが分かったとのことです。

 

このことは自ら痩身の比較実験をするうえで寒冷刺激の温度差が何℃というのが課題でした。

いろいろ実験しても解明できなかった温度です。

早速、今迄の痩身差の月平均の記録と月平均の温度を合わせて見ました。 

27年 1月  126.7g   ( 5回)  4.1℃ 

27年 2月  162.7g   (16回)  3.9℃

27年 3月   48.21g  (11回)  8.5℃

27年 11月  54.1g   ( 7回)  12.3℃

27年 12月  87.5g   ( 8回)  7.2℃

28年  1月  92.8g   (14回)  4.0℃

40分間、寒冷刺激をしての痩身差は平均温度が低ければ痩身差が大きいことが分かります。

ビックリしましたが哺乳動物は恒常性の維持の体温調節がることの証明です。

京都大学研究グループのマウスでの研究で4℃からというのをと重ねると

正しく人体実験でも痩身差が温度に影響してくることも分かるような気がします。

ですから散歩中に時には"脂肪をメラメラと燃やす"ように思え発言するのです。

痩身差の脂肪が燃えるんですよ?

衣類の中の快適な温度は

32℃±1℃です。

夏も冬も大型店舗内の温度はブログでも書きましたが24℃です。

8℃の温度差ですから比較実験からの痩身差も分かってもらえるかもしれません。

それに

今回の発見にエレルギーの消費量が少ないために肥満になりやすいことも分かりました。とあります。

このブログのカテゴリーの生活習慣病予防に重なります。

簡単に着けるだけで寒冷刺激をするものが無かっただけに

「背中クールタイ」の使い方でより効果の出る方法など健康な体に導きをリードすることが

できると思って体感実験を重ねています。

より詳しくはhttp://senaka-cool.sakura.ne.jp/

   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お知らせ2 背中の世界に不思議発見!

2016-02-05 | お知らせ

お知らせ2

新しいページが追加されています。

カテゴリーをご覧ください

 

あけましておめでとうございます

衣服でもなく衣服以上に快適にしてくれるものが誕生します

よろしくお願いいたします。

                       

 

 お知らせ2 中の世界に不思議発見!

「背中クールタイ」

「背中クールタイ」は着けることで

冷気が背中に入り

痩せる、若返るなどスゴイ効果が出るのを発見しました。

細胞の中に入っているミトコンドリアを活性化して

恒常性の維持ホメオスタシスを促し健康を取り戻し幸せにする

全く、新しい発想の開発商品です。

 

ips細胞の創薬であれば即売れるでしょうが・・・

でも褐色脂肪細胞の中にあるミトコンドリアを

しかも、恒常性の維持を促す商品は初めてです。

 

幾つかの大学でマウス実験をして学会等で発表している段階です。

私は、大学教授でもないので「理論」などはありませんが

考案した「背中クールタイ」で体感実験中に不思議を発見したのです。

背中の部位にある細胞ミトコンドリアを寒冷刺激したことで偶然にも遭遇して

体感実験を重ね比較してみることで確認したのです。

 

恒常性の維持の体温調節を促しての体重の前後の痩身差は

脂肪燃焼によるものなど、学会で発表しているマウス実験の

発表しているのと重なります。

いろいろな効果が私の体で確認出来たのです。(グラフ参照)

医療で言えば待機的治療かもしれません。

もちろん私自身が実験台ですから

えこひいきと言われるのは覚悟しています。

 

でも、人間の比較実験での結果が紛い物であれが

大学でのマウス実験は?

論より証拠です。

着けるだけで細胞の治癒力を促す素晴らしさを

ただ、皆様を幸せにしたいと思っております。

恒常性の維持を促して活性化する仕組み

暑い環境になると

煙突効果で

汗を出して

体を冷ましてくれます。

 

より詳しくはhttp://senaka-cool.sakura.ne.jp/index.html

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加