庵KM

技術屋OBの環境問題独り言

経済問題。交通問題。健康問題。そして、日本の国創り問題。快適社会問題。

原子力発電に依存社会では膨大な経費が次々に浮かび上がる。

2016-10-07 | 核エネルギー・原子力問題

現段階で原子力発電の発電コストは、高レベル放射性廃棄物の最終処分経費を算入すると、大幅に上昇してしまうが、安倍政権はこれの公表をしていない。

もともとの処分地も決まらずに、原発の増設を繰り返してきた「電力会社の経営」は、廃棄物の処理の行き先もない「無責任な先送り」を続けてきた。

タテマエ上は、放射性廃棄物の処分費用は、別途、適正な経費の見積もりで積み立てていると、国民には説明をしてきた。

しかし、その積み立てている金額が不足することは、もはや明らかになっている。

何しろ、処分法も決めることができず、先送りのために「核燃料サイクル路線」を採用してきたが、【高速増殖炉もんじゅの失敗】によって、破綻している。

 

電力業界の「原子力発電関連の経費の見積もり」は、はじめは少なめにしておいて、取り掛かってから、想定外として次々に追加の設備や施策を重ねている。

「高速増殖炉関連」はすでに1兆円を超えて、もし再稼動をして研究継続すると、今後の19年間で5400億円の追加費用が必要だとしている。

これを国民が承認するはずはなく、あとは廃炉費用と追加するだけにすべきだ。

「使用済核燃料の再処理工場」は、まだ稼動もしていないが、当初の予算を大幅に超えた経費を投入している。

これらの経費は、電力会社が負担することになっていて。電気料金で消費者から徴収してきたが、処理費用の膨張は見通しもつかない。

 

東京電力の福島原発の大事故による賠償金額は、9兆円を超えて増え続けている。

燃料棒はメルトダウンしているので、この処理方法は「これから30年以上かけて、試行錯誤をしながら、安全なレベルに処理するが、方法は全く見えない。

つまり、現在では3兆円と公表している金額で止収まる可能性は全く無い。

これらの費用を電力消費者に負担させようと、安倍政権は、なし崩し的に進めている。

しかし、東京電力の経営責任を問う上でも。この賠償金と廃炉費用は、東京電力の今後の収益から賄うのが経済原則である。

当面は、東京電力の経営再建努力と不必要な資産の国への売却によって、しのぐしかないだろう。

 

このように「原子力発電」は、【安全性のりスク】、【安価な電源の嘘構】、【供給の不安定】によって、電力企業としてのメリットは崩壊しているのだ。

それでも、倒産させてしまう場合のデメリットは、膨大に残された「使用済み核燃料」の後始末が、【どこも引き受けてないない事態】になる。

また、東京電力の負の遺産として「福島原発の廃炉費用と長期の管理」は、宙に浮いてしまう。

原子力発電の国策を進めてきた「国の原子力推進派」は、これらの答えを国民に示して、税金投入の理解を得なければ、安倍政権としては無責任である。(続)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 巨大な無責任と愚かな選択は... | トップ | 日本の危機的状況では、経済... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

核エネルギー・原子力問題」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。