東矢憲二の「気づきの経営」

経営コンサルタントとしての長年の経験を活かして、様々な気づきをご紹介します。
毎日読んでいただくと、心がホンワカ・・・

難しい意思決定

2017-02-22 | 経営の気づき
意思決定において、始めるのと継続するのはどちらが難しいでしょうか。多分、継続するのが難しいと答える人の方が多いでしょうね。事業経営にしても、事業を興すよりも継続して続ける方が難しいです。

では、始めることと続けること以上に難しい意思決定は何でしょうか。それは、止めることです。してはいけないことを習慣的に続けていることを止めるのは、途方もなく難しいです。事業経営にしても、赤字経営の部門を撤退するかどうかの意思決定は非常に難しく、ついつい垂れ流し的に赤字経営を続けています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

涙の出る人 出ない人

2017-02-20 | 雑談
私は鈍感なせいか、一般常識でも知らないことが時々あります。例えば、ツララのできる理由。屋内の暖房の温かみで屋根に積もった雪が溶けて出来るのがツララとか。ですから、いくら寒くても人の住んでいない家にはツララが出来ないのです。

これって、人間の涙がでる理由に使えるかも。心の温かい人が何か辛い出来事を冷まそうとして、涙になるという説明は如何でしょうか。そうです。心の冷たい人は涙が出ないのはそのためなのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

探し物の見つけ方

2017-02-18 | 私流
歳を重ねると記憶力が落ちてきます。すると探し物に関わる時間が増えてきましたので、スピードアップするために、短時間で見つける方法なるものを工夫する始末です。

私の場合、次の要領で見つかることが多いです。
①行動を順にたどり、可能性のある場所候補をリストアップして探します
②一番最初に探した場所が、実は一番可能性が高いわけですから、その周辺の隙間などを丁寧に探します
③行動を思い起こすだけでなく、同じ行動をしていきますと、忘れていた行動を思い出すことがあります
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

波長合わせ

2017-02-16 | 人生の気づき
志を高くもっていると、不思議と同じ志を持っている人と巡り合えます。同じ周波数の人は、自然の流れとして寄せ集められるのでしょうね。悪い波長も寄せ集められるという実験結果があります。それは、事故とかの災害に巡り合わせられる波長です。

自分がどのような波長を発信しているか、いつも注意して見ておくべきです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和して同ぜず

2017-02-14 | 雑談
いま世界平和に求められているのは、聖徳太子の教え「和をもって貴しとなす」ではないでしょうか。その点、中国にも奥深い教えがあります。「君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず」との孔子の教えです。

意味は、すぐれた人物は協調はするが、主体性を失わず、むやみに同調したりしない。一方、つまらない人物はたやすく同調するが、心から親しくなることはないということです。これは世界平和というよりも、日々の我々の守るべき道ですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

絶好調

2017-02-12 | 私流
いま絶好調です。私の絶好調とは、酒が美味しく飲める時。仕事もさほど混んでなくてゆとりがあり、体調も良くて酒が美味しく飲めます。私流の絶好調は、ひんしゅくをかいますかね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

迎合しない政治

2017-02-10 | 雑談
国の〇〇省の「省」は、省くという意味を持っているそうです。一般的な国民は目近な考えを持っていることが多く、国民のわがままを聞いていては正しい政治を出来ないから、その小さなわがまま的な欲望を省くのが国の務めということらしいです。

しかし、現在のアメリカ大統領は、国民の希望をきく政治をしようとしているのが気になります。政治家はもっと高邁な精神をもって、考えの足りない国民を感化・誘導して欲しいのですが、ちょっと寂しいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ストレスのタイプ

2017-02-08 | 雑談
人によって何をストレスと感じるかが違うらしい。大きく分けると、仕事から受けるストレスと人間関係から受けるストレス。私の場合は、人間関係よりも仕事の負荷がストレスにつながっているように感じます。自分のタイプが分かれば、そのストレス負荷をチェックするだけでも、解消や過大化の予防に繋げられると思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生活に学ぶ

2017-02-06 | 人生の気づき
ガラス拭きをしていて気づいたことがあります。この汚れは、こちら側かな、それともあたら側かな。そうなんです。物事の弊害が生じたとき、その原因はこちら側なのか相手側なのか、分かりにくいことがあります。

うっかりと相手側の責任になすりつけても、間違っていると問題です。先ずはこちら側のチェックを念入りに行うべきです。

自然界や生活の中から発見する事象は、本当に参考になります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いま

2017-02-04 | 経営の気づき
明日からではなく、今日から。今日からではなく、いまから。良いことは今すぐ実行しましょう。しかし、やる気のない人は、何故か出来ないことの言い訳がうまいのです。自分を正当化したいのは全ての人ですから。

言い訳の慣れている人は問題ありですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

常に経営理念を念頭に

2017-02-02 | 経営の気づき
本来何事においてもベースになるべき経営理念ですが、ついつい忘れがちです。したがって、何を行うにしても経営理念に反していないか、理念をベースにした場合、この攻め方はどのようにすべきなのかと、いつも理念に戻る習慣が必要です。

ある会社で人事評価システムを作成する際、徹底的に理念にこだわりましたら、見事な評価システムが出来上がりました。理念は常にフィードバックし、離れてはいけませんね。今更ながらの体験談です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

縁を活かす

2017-01-31 | 人生の気づき
縁には良縁と悪縁がありますから、用心が必要です。アンテナが鈍いと、悪縁に対しても素直に付き合おうとしますから要注意。これは自分への戒めです。悪縁に気づくためには、自分の身を正すことが必要でしょうが、つい緩みがちです。

節分の日の鬼払いには、この悪縁を断つことを意識したいものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

未熟さはプラスポイント

2017-01-29 | 人生の気づき
未熟さは、通常マイナスポイントとして評価されます。しかし、未熟さは「新鮮さ」「秘めた可能性」を内包していますので、加点ポイントとして評価すべきです。留意すべきは、対象となる事柄から逃げるのではなく、挑戦的にトライすることです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人肌

2017-01-27 | 雑談
冬の晩酌も、普段は冷酒かワインですが、時に燗酒が欲しくなる時もあります。熱燗ではなく、人肌のぬる燗が好みです。人間の肌の温もりは情感があり、単なる暖房の温かみとは異なります。ハートを持つ人が故の温かさ、人肌は何とも言えない情を感じます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伝筆(つてふで)

2017-01-25 | 初体験の気づき
文字は何らかのことを伝えるための手段です。ということで、私たちは、紙や鉛筆と同じように一つの道具としてつきあってきました。そのつきあいかたにおいては、深い想いのようなものはなかったのです。しかし、今回、伝筆(つてふで)の先生に文字の書き方を習って、全てが変わりました。

内容を伝えるのではなく、自分の心のありようを伝えることに主眼を置きますから、「書く」のではなく「描く」という形に代わります。紙の全体空間を意識して、余白を活かすことに注力します。文字の形に心を込めていきます。すると、色々と変わってくるのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加