家づくりの現場

NPO法人「杢の家をつくる会」でお手伝いしている現場の状況、はこちらでご覧になれます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『だるま窯』で焼く『藤岡瓦』の製造見学会

2007年04月23日 | Weblog
共和建材敷地内風景

群馬県藤岡市内の『だるま窯』で焼く手づくりの『藤岡瓦』の製造を見学してきました。
社長の五十嵐さんが一人で全てをこなし年間35,000枚製造します。
『だるま窯』は現在、国内に3基のみ存在し、その内2つがここにあります。
五十嵐さんのすばらしい仕事、熱き思いをどうぞご覧ください。
(それにしても五十嵐さんいい顔してました)

協力:共和建材有限会社 代表:五十嵐清(炎の匠) 藤岡瓦 達磨窯瓦工房
   藤岡市藤岡1416 電話0274-22-0321

 
  だるま窯正面(1度に1,000枚焼けます)       窯内部の焼き上がった瓦

 
山と町場、川という3種の粘土をブレンドします    水が浸透する瓦『瓦は生きている』

  
だるま窯側面の炊き付け口     もう一つのだるま窯      窯内部で焼かれた瓦

 
  粘土を成形する機械と成形された瓦        成形後一つ一つ形を整えます

 
成形時、自然乾燥後、焼き上げ後の伸縮の違い   木節(きぶし:粘土)を塗ります

 
             2つに割るとすばらしいタイルが出来上がります


“杢の家をつくる会のホームページはこちらからどうぞ!(ロゴマークをクリック )
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久喜本町の家(バウビオロギ... | トップ | 鬼板師 富岡唯史氏の仕事 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む