スイス漆喰外壁で北欧風の家づくり ~天然素材の家づくり記録と新築後の変化~

カルクウォール塗り壁とサイディングの外観 パイン無垢床材と天然素材インテリアで薪ストーブライフ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

外講の新緑が綺麗な季節となりました。

2015-04-25 | すまい・インテリア

久々に5月人形を出してみました。殺風景な和室がちょっとにぎやかになりました。

すっかり春の新緑が眩しい季節となりましたので、中庭の眺めも日々木々が変化してくのが楽しいですね。

 

寝室前の中庭

↑ 昨年は途中で枯れたので、花が咲かないかと思っていた「花水木」

ちょっと小振りなのでもっと成長して、石目タイル・カルクウォール・キャスティングウッドサイディングの組み合わせが映えてくるのが楽しみです。

↓ 寝室を出る際に見える和室側の中庭

上から見ると・・・

↑ やまぼうしの葉ぶりが昨年より大きくなりました。

キャスティングウッドのサイディングとのカラーコントラストが気に入ってます。

リビングのパーソナルチェアから見る景色も緑に囲まれている感じがするので落ち着きます。

玄関先のシンボルツリーの梅の木は、実をたくさんつけています。

これから、消毒の季節です。ちょっと大変。。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加