スイス漆喰外壁で北欧風の家づくり ~天然素材の家づくり記録と新築後の変化~

カルクウォール塗り壁とサイディングの外観 パイン無垢床材と天然素材インテリアで薪ストーブライフ

あけましておめでとうございます。新築3年目の住まいを伝えていきます。

2016-01-01 | すまい・インテリア

2016年 元旦 あけましておめでとうございます。

親族が集まるお正月。

住んでいる身からすると、3年目にもなれば木の香りがすることは全く感じませんが、年に1回しか会わない人が来ると木の香りがするそうです。

暖冬とはいえ、薪ストーブは欠かせません。

今年も、外観、インテリア、外講まで変化があれば、更新していきたいと思います。

昨年、外講(中庭)のリノベをしようとおもいましたが、予算不足につき延期しています。

中庭の整備もDIYでやることになるかもしれません。(泣)

外観は、カルクウォールとキャスティングウッドのサイディングの変化。

内装は、カルクォールと無垢床、薪ストーブ、ムートンラグ、家具などを含む情報です。

年末大掃除で、窓を綺麗しにました。スイス漆喰はまだ真っ白ですが、所どころにシミが出ています。

ニチハ製サイディング キャスティングウッドビターブラウンのコントラストはまだ綺麗です。

スウェーデンハウスのようなゲーブルメントも小間のケーシングもこのサイディングに合います。

上の写真は夕方。

こちらは日陰になる昼間の東側。同じ色でも違って見えるこの変化が面白いですね。

薪ストーブの前の特等席。ムートンカバーつきの籐製パーソナルチェアが快適です。

ストーブ前においてますが、籐は丈夫です。ムートンカバーが付属しているおかげで、冬でも座り心地抜群です。

ムートンのカーペットを敷いていると、朝の冷たい床も快適です。

元旦の朝は霧がたて込んで幻想的な雰囲気になりました。

冬の庭は静かで落ち着いていて、朝の雰囲気は安らぎます。

では、今年も宜しくお願いします。

このブログに記載の建築資材、インテリア製品の質問はお気軽にどうぞ!

ジャンル:
住宅
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 薪ストーブ大活躍! | トップ | 昨年は梅が開花、暖冬の今年... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素敵なお家ですね (だい)
2016-01-19 18:19:34
いつも楽しく拝見させていただいています。
自分も今、家を建てようとスウェー〇ンハウスやBES〇、未来〇房あたりを見て勉強しているところです。なかなかベストな内装や外観には巡り合えないのですが、このHPで見ることのできる内装や外観は我が家でも「どストライクだね」と評判です。
いろいろと教えていただきたいと思います。
ダメもとでお尋ねしますが、実際にお家を見せていただくことはできませんか?
ブログご覧いただきありがとうございます。 (うり)
2016-01-20 23:21:52
ブログをご覧いただきありがとうございます!
ご覧いただくのは構いませんよ。お近くの方でしょうか?あまりに遠いなら気が引けますが、お越しになりたい日時などご都合をお聞かせください。
連絡先等はこのコメント欄で公開しないように致しますので、教えてくださればご連絡します。
ご訪問の件 (うり)
2016-01-26 00:34:03
だい さん、このままコメント欄にメールアドレスをお書きいだいても、公開しない設定にするので大丈夫です。前のコメントが、表示されていないのがわかると思います。折り返しメールで連絡させていただきます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

すまい・インテリア」カテゴリの最新記事