スイス漆喰外壁で北欧風の家づくり ~天然素材の家づくり記録と新築後の変化~

カルクウォール塗り壁とサイディングの外観 パイン無垢床材と天然素材インテリアで薪ストーブライフ

新築半年経過後のカルクウォール

2013-10-31 | すまい・インテリア

今年の4月に新築して、約半年が経過しました。

昨日、薪ストーブを今季初めて点火しました。

外から帰ったら、家の中は少々暖かいのですが、さすがにリビングは広いので寒くなります。

工務店から貰っておいた廃材を、薪代わりにしています。
Dsc06676
薪ストーブをたけば、秋でも、ランニングシャツで遊ぶ子供です。
Dsc08232

久々に晴れたので、外観をチェックしました。
Dsc08735

一見見た目は、新築同様です。外壁のカルクウォールも真っ白!

しかし、いくらスイス漆喰が自然浄化作用があっても、さすがに煙突部分は、汚れが落ちないようです。
Dsc08748_1

今日はライトアップも撮ってみました。

Dsc08759

インナーガレージです。

Dsc08776

今日は洗車もガレージ前でやったので、ピカピカです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加