性犯罪報道と『オタク叩き』検証

大谷昭宏part17スレの138、siebzehn138による、海外情報等の補足。『オタク叩き』は性犯罪抑止にあらず。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2005ユーキャン新語・流行語大賞トップテン『萌え~』『ブログ』、やくみつるが授賞

2005-12-04 22:40:49 | 報道
ここ2年ぐらい、コイツにはずっとブチ切れてたんですけど、その総決算ですかね…。

あれだけオタクを蔑視しといて、「ご主人様(はあと)」

とメイドさんに呼ばれたら、鼻の下延ばしますか。

---

中尊寺ゆつこ氏が今年亡くなった際、『ザ・ワイド』にて、「時事漫画の描き手は彼女の死により、男女ともに絶滅寸前。特に男性の漫画家志望者は、現実から離れた『アキバ系』を目指す」と言ってました。

そして、同番組は今年7月22日『ルパン三世 天使の策略(タクティクス)~夢のカケラは殺しの香り~』が金曜ロードショーで放映されるにあたり、スタジオに栗田貫一氏を呼び、95年の山田康雄氏死去により劇場版『くたばれ!ノストラダムス』の代役に抜擢されたことを、担当プロデューサーや、小林清志・納谷悟朗両氏からのVTRコメントを交えて特集を組んでました。しかし、同日は『電波男』『萌える男』等の著者・本田透氏のインタビューVTRも交えた、難波圭一氏ナレーションによる『アキバ特集』も放映され、秋葉原のメイド喫茶などのVTRを見た有田芳生・やくみつる両氏らは、スタジオに切り替わったときに直前のルパン特集とは全く違い、嫌悪感をあらわにしたままコメント無し。そのままCMに移りました。

このとき録画したテープ、自分ちゃんと持ってますよ。ハイ。

---

こんな奴だから、審査委員を務める流行語大賞では、今年もノミネートされた『萌え』をはじめ、オタク・アキバ・ネット関係は徹底的に排除するよう働きかけると思ってたんですが…。
候補語は、同社が発行する「現代用語の基礎知識」の読者審査員のアンケートによって選出。12月1日に審査委員会が年間大賞語およびトップテン語を決定する。審査委員会は、藤本義一さんが委員長を務めるほか、やくみつるさん、俵万智さん、神足裕司さん、現代用語の基礎知識の長沖竜二編集長で構成される。
@ほぉ~むcafe完全メイド宣言へのプレゼンターはお前かああ!!!(もう我慢の限界)

月1で土曜夕刊『週刊テレビ評』でスポーツ番組についてコラム書いてる毎日新聞では、http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/geinou/graph/20051201_2/5.html に写真がありますがリンクしたかねーので見たい方だけ見るように。

(2005/12/05) あまりにキレてて『プレゼンター』書き間違えたので修正。あと、『萌え~』自体はトップテン圏内だけで大賞ではないので、タイトルも修正。

---

でもユーキャンは創価学会系だし、瀬戸純一・毎日新聞社論説委員と、徳永文一・読売新聞東京本社論説委員が、東京都青少年健全育成審議会委員の日本新聞協会枠にいるんだよな…。それに毎日新聞社では採算のためにと、聖教新聞刷ってるし。
2003年11月17日
 第524回東京都青少年健全育成審議会で「不健全図書類の効果的な規制のあり方等について」意見交換が行われる。会長代理の瀬戸純一毎日新聞社論説委員などから、包括指定を導入するより、個別指定を強化すべきだという意見が出される。
※個別指定は包括指定と異なり、性表現に限らず、様々な表現を「有害(不健全)」指定することができる。
---

読売新聞は福田記者と石田汗太記者の『直言兄弟』・特撮愛の鈴木美潮記者がおり、読売ウイークリーでも、今年夏コミで少女漫画評論を出した笠間亜紀子記者もいます。一部は編集部ブログ別館『大手町支店』に掲載)。

毎日新聞は『まんがたうん』がコミケにも出展したり、ウェブサイトではゲーム・アニメ・漫画情報に力入れてるのに、読売・毎日共に上層部が足引っ張りまくっているし、オタク嫌いの記者がまた別にいるんで、もう如何したことかと。

---

その足の引っ張り具合はまた別に書くとして…(もう色々怒ってるの)。

やくみつる、朝日新聞で時事1コマ連載してるものの、同紙ではコメンテーターとしてはもう全然使われてないんだよな~。その代わり他紙で毎日はコラム、読売・産経でもコメント出してるし、特に後者ではサンスポ・夕刊フジでも。けっ。

---

(2005/12/05) 新語・流行語大賞は機能不全ですが、『現代用語の基礎知識』本体に関しては、2005年版からサイズをA5に縮小した際、前年まで掲載していたやくみつるのイラストを削除。

2006年版からは、はてなの協力により、2ch・オタク用語(ジャニオタ用語も含む)などを追加。

---

(2005/12/08) 『ブログ』受賞者、『実録鬼嫁日記』・カズマ氏のプレゼンターもやりやがったそうで。
やくみつる氏いわく

「インターネットの情報って言うのは、個人の日記だとかつまんないものが多くて、ひんそうなんですよね。」
「ホリエモンが、本当に欲しいのは会社そのものじゃあなくて、フジのもっているコンテンツやそれをつくりだす技術力なんです。」
これ多分、このエントリーが書かれた前日の、3月17日『スーパーモーニング』での発言だと思うが、完全にアホ丸出しだろ。

フジテレビは結局、ネットからコンテンツを得た『電車男』のヒットにあやかり、『鬼嫁日記』のドラマ化もしたわけなんだが、学研『TV LIFE』での1コマ漫画では、『オタク』キャラや秋葉原が登場するからって、『電車男』を貶すことは全くできなかったんだよな~。

(以前持っていたテレビ雑誌の連載とは違い、ジャニーズなどの芸能事務所等との兼ね合いなのか、ヨイショネタしか描けない。)

---

ブログは、現在のスワローズのプレイング・マネージャーが開設している以上、うっかり馬鹿にすると仕事に影響すると踏んだのだろうか?---

コメントを求める担当者には、なぜ、やくみつるを100%信用しきれるのか、その理由を聞いてみたいです。
『イベント』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11月1日『ザ・ワイド』・リベ... | トップ | 今後についてと、女性向に関... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
そもそもフィギュアおたくは、ここまで非常識なのか? 行列のできる法律相談所 (フィギュア萌え族(仮)犯行説問題ブログ版・サブカル叩き報道を追う)
この忙しい時期にバラエティー番組を相手にしたくはないのだが、12月4日放送の「行列のできる法律相談所」の「失恋した男の歪んだ愛情。自分そっくりなフィギュアにセクハラされた場合、慰謝料を取れるのか?」というケースについて異論がある。それは、加害者として訴えられ
トラックバック雑記文・05年12月22日 (新・後藤和智事務所 ~若者報道から見た日本~)
 今回のトラックバック:「カマヤンの虚業日記」/「冬枯れの街」/古鳥羽護/「性犯罪報道と『オタク叩き』検証」/「おたくの旅路」/「海邦高校鴻巣分校」  さて、どうしたものか…。 カマヤンの虚業日記:[政治]自民党・規制派の謀略 冬枯れの街:ゲーム悪影響論に下
12月27日NHK「にっぽんの現場」で12月11日に秋葉原を訪れたオタクたちをレポートする (フィギュア萌え族(仮)犯行説問題ブログ版・サブカル叩き報道を追う)
私としては、「NHK、グッジョブ!」だったのですが、この番組を見た人の感想をコメント欄やトラックバックに募集します。
[第4期] ネット界トーク王決定戦 (真剣10代!チョベリ場!!~ブログ編~)
どーも。1UPです。 まだまだ廃れているネット界トーク王決定戦ですが、いつかはきっと華開きます☆ どんどん行きますよ。 さて、今期のお題も通常のボケです。 いきます!! 今期のお題は、、、、 「全国で受講者数2名のユーキャン ...
やくみつるか?亀田父か? (好き好き大好き!)
Q: やくみつるさんですか?史郎氏ですか? A: みつるじゃね? Q: みつるさんと呼びなさい。 A: やくみつるさんです。