流雲片々   ~ 香川県・高松市 曹洞宗 祥福寺 ~

おりおりの風光とよしなし事を思いつくままに。栗林公園の南西、小高い山の中腹に閑居する禅寺和尚の雑記です。

一段落

2017年04月27日 | 日記
年度替わりで
出張が多かった 4月も

きょうの
松山出向で ようやく 一段落

そんなことを 思いながら
眺めた 八重桜の 美しかったこと 

   


しかし・・・

寺に 戻って 
ふと 気がつけば
寺のたよりの 原稿が 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

永平寺

2017年04月26日 | 日記
きょうは 永平寺2
長〜くなりますが お付き合いの程を   

今回の 永平寺行きは
大本山永平寺七十六世貫首
秦 慧玉(はた・えぎょく)禅師の 
三十三回忌法要焼香のための 上山でした

秦禅師は
現貫首猊下の 三代前に 在位され

和尚にとっては 
冬安居(ふゆあんご)という
特別修行期間の 恩師に 当たる方です  

24日 
昼前に 高松を出て
同日夕方 門前に 到着 

参道では
広げ始めた モミジの葉が 頭上を覆い
若葉色の 日差しが 降り注いでいました



  

永平寺では
この時期 恒例の 
報恩授戒会(ほうおんじゅかいえ)の 修行中



全国から
篤信の信者の方々が
一週間泊まり込みでの 
法会(ほうえ)に 参列されています



この 法会には
信者の方々だけでなく
お坊さまも 大勢 参集するため

ご本山では 
この法会に 合わせて
歴代貫首猊下の 年回法要が 
慇懃に 営まれる というわけです

 
法要の合間に お参りした
歴代の禅師が 眠る 寂光苑



寂光苑の横 永平寺川には
雪解けの 水が 滔々とながれ






玲瓏の滝(れいろうのたき)では
落ちる水の 勢いで 飛沫が舞っていました

   

雪国 福井の
遅い春を 待ちわびたかのように
山肌では 植物が 花を 咲かせて 












24日の 逮夜法要(たいやほうよう)から
25日の 正當法要(しょうとう)までという

文字通り
駆け足での 永平寺出向で
体は ヘトヘトに なりましたが

永平寺の先代貫首猊下
宮崎奕保(みやざき・えきほ)禅師
ゆかりの方々に 大勢 お目にかかれて
充実感満載の 強行突破的永平寺紀行でした

追記
永平寺からの帰り 門前で食した 
早刈り蕎麦粉仕様の おろし蕎麦が 美味で 

  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

永平寺

2017年04月25日 | 日記
昨日
午後から 
曹洞宗大本山永平寺に 
上山してまいりました 

さすがに
一人で運転しての 福井往復
しかも 滞在先が ご本山とあっては

もう PC画面に 向かう 
気力 体力 視力が ありません 

本日は これまでと いたします (^_^;)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

思いやり

2017年04月24日 | 日記
おはようございます
朝から 良いお天気です

もう 今頃は
昨日 丸亀への
お参りで 目にした

土器川の  
鯉のぼりたちも
気持ちよさそうに 
風に そよいでいることでしょう

   


きのう
伺った お家では
一抱えも あろうかという
大きな鉢に植えた 藤が 見ごろでした

   


見事ですね
手入れも 大変でしょうね

と 尋ねたところ

表年 裏年があって
立派に 咲かせると 
翌年は 花が つきません
そこで もう一鉢 育てて
毎年 入替を しているんです (^^)

とのこと

自分が 楽しむだけでなく
他の人にも 楽しんでもらおうと

同じ大きさの 藤を
横に並べて 育てるのではなく

わざわざ 
入れ替えるという 手間を 惜しまない

立ち寄る人の 笑顔が 見たいだけ
という お家の方々の 笑顔に 脱帽の 一日でした
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

上を向いて

2017年04月23日 | 日記
去年 

拙寺の 
二ホンハナミズキは
2・3輪しか 花をつけず

若葉の 出かたも
なんとも 心細いかぎりで

このまま
枯れてしまうのだろうか?
と 心配しながら 一年が 過ぎ

今年

ハナミズキの 横で
元気に 咲いていた 山桜が
若葉に 変わっても 花は 見えず 

しかし
車を 走らせていて
目にした アメリカハナミズキは
もう どこも かしこも 満開です 

このまま 拙寺の 
ハナミズキは 枯れてしまうのか・・・

と あきらめかけていた 和尚でしたが

   


   

どっこい
ハナミズキ 生きていました!!

花は
軒先よりも
上側で 咲いていたのです

どうやら 
去年は 裏年で 
今年が 表年だったようです

咲いていたのは
ハナミズキにとって 
きちんと 日の当たる 場所
窓から 見えぬのも むべなるかな

人間
目の前のこと
自分の考えの 届くところ
そこだけで 判断しがちですが

慌てず
焦らず
じっくりと
もっと もっと 
ひろ~い 目を もたなければいかんと 反省した 和尚です
コメント
この記事をはてなブックマークに追加