市民大学院ブログ

京都大学名誉教授池上惇が代表となって、地域の固有価値を発見し、交流する場である市民大学院の活動を発信していきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

智恵のクロスロード第46回「藤原三守と古川鉄治郎の教育に対する貢献」近藤太一

2016-03-08 16:52:37 | 市民大学院全般
 藤原三守(ただもり)(785〜840)は、平安初期の公卿。藤原南家の祖である左大臣藤原武智麻呂(むちまろ)の曾孫(ひまご)。官僚として嵯峨天皇の傍(そば)で昇進する。淳和天皇在任中大納言に就任した。温和で慎み深い性格の一方、決断力もあった。天台・真言宗の熱心な後援者であり、最澄の大乗戒壇設立構想も藤原冬嗣らと尽力した。その結果弘仁14年(823)、初代延暦寺俗別当に任ぜられた。嵯峨天皇の信頼が深い空海が、私塾綜芸種智院(しゅげいしゅちいん)を建立(天長5年829)する際、空海に自分の邸宅を提供した。今の近鉄京都線東寺駅の周辺である。空海は、全学生・教師への給食制を完備し、全寮制にして、貧困者を救った。学習も儒教や道教・医学・工学も入れた総合大学を開校し、イタリア ボローニャ大学開校より2世紀早かった。
 この世界に誇る綜芸種智院は、藤原三守のドネーションがなかったら、開学できなかったのである。
 次に、古川鉄(ふるかわてつ)治郎(じろう)であるが、明治11年(1878)古川半六の次男として滋賀県犬(いぬ)神(がみ)郡豊郷(とよさと)町49院で生まれた。家は古くから油屋をやっていた。明治20年に「尋常科至塾学校」(豊郷尋常小学校の前身)を満9歳(当時小学校は4年生まで)で卒業した。鉄治郎は、明治22年、満11歳の時に叔父の初代伊藤忠兵衛のもとに書生(丁稚見習い)として預けられたが、「泊雲塾」に通わせてもらい、2年程勉学(漢籍・英語・簿記)し、伊藤本店の中年者(丁稚の上)として入店した。大正7年伊藤忠商事株式会社と螳貌C蘊ε垢吠離独立し、大正10年株式会社丸紅商店が設立された時には、専務取締役(43歳)として引っ張って行った。古川鉄治郎は、「丸紅精神五カ条」を制定した。この五カ条は礼儀や正義、向上心の大切さを旨としており、「自己も利し、他人も利し、社会も利し、三方よし」の近江商人の真骨頂を礎(いしずえ)にしている。そして古川は、1920年代に船で外遊。欧米の科学技術の水準の高さを目の当たりにし、将来を担う子供たちの初等教育の重要性に目覚めた。滋賀県豊郷町に1937年白亜の建物を完成させた。古川自身の個人資産の3分の2、今の時価で十数億円相当を寄付し、同校舎を建設したという。米国人宣教師でもあったヴォーリス建築事務所へ発注し、鉄筋コンクリート製、水洗トイレや冷暖房設備まで完備、当事の世界最先端の技術を尽くしたものだ。地元の後継者を想う心が新校舎の建設であった。
 この二人の社会に対する貢献は、氷山の根底に行基の思想が隠れている。空海は、行基の行動を加速させた。仏国土の現実化である。また古川鉄治郎が生まれた豊郷町(とよさとちょう)49院は、行基がここに49番目の寺院を開基し、49院という寺院名であった。現在の浄土真宗唯(ゆい)念寺(ねんじ)がそれである。常に社会の要求しているものの実現であった。崇高さと緻密な人生構想力が滲み出ている。
              近鉄阿倍野百貨店ハルカス文化サロン講師 近藤太一
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

智恵のクロスロード第45回「スイス帰りの梵鐘の温かい遊学物語」近藤太一

2016-02-09 19:52:28 | 市民大学院全般
 1657年に遡る東京都品川区にある品川寺(ほんせんじ)の由緒ある梵鐘は、長い間行方が知られなかった。幕末の慶応3年(1867)のパリ万博、明治4年(1871)のオーストリア・ウィーン万博に出品されたと伝えられている。この梵鐘は、実際14世紀からの伝統を誇るチューリッヒの近くアーラウのリュエッチ鋳造所で、あわや消滅の危機にあった。溶かして他の金属品の材料にされようとしていたのである。今、ジュネーブにあるアリアナ美術館の土地と美術品と館のオーナーであったルビリオ氏は、美術品の蒐集家であり、彼は、鋳造所を訪れた時、一目でこの鐘に惹かれて買い取った。そこで、この梵鐘を自分の庭園に安置したのである。そして、遺言で、自分が持つ美術品・館・庭園もある土地を全部ジュネーブ市に寄贈した。この美術館の庭に設置されていた梵鐘のことが日本側に伝わり返還を希望したのである。
 美術館のオーナーだったジュネーブ市の市民や議会の温かい心が好意となって、数奇な運命を辿った梵鐘は、1930年に故郷の品川区にある品川寺へ帰還することになった。平成2年には、品川寺と品川区は、この梵鐘のレプリカをアリアナ美術館に石燈籠と共に寄贈した。ジュネーブ市の世界赤十字博物館とヨーロッパ本部の隣にあるアリアナ美術館では、このレプリカにある梵鐘を誰でも撞(つ)くことができる。アリアナ美術館も入場無料であり、日本の伊万里焼も展示している。スイス観光をして最初か最後にジュネーブ空港から帰国する機会にこのアリアナ美術館の梵鐘を訪ね、梵鐘の音を実感して帰国するのである。そして、この品川寺で、梵鐘を見学し、朱印をもらって記念にするのである。鐘は洋行して帰国した。鐘(金)帰る・・・と縁が良い。ご朱印が生きて来るのである。また、品川寺の前の通りは、ジュネーブ平和通りと命名された。品川寺は、6街道の1つ旧東海道の入り口であり、江戸6地蔵の1つ地蔵菩薩坐像が山門の外に安置されている。国の重要美術品の指定を受けているので、大梵鐘は撞(つ)くことはできない。これも一つの歴史を示している。ジュネーブ市内工房・工場で造られた高級時計(文字盤にGENEVEが入る)や万年筆・ボールペンをお持ちの方は、益々ご縁深いものである。京急青物横丁駅から5分である。品川という地名は、この品川寺を守った品(しな)河(がわ)氏が、源泉である。
             ハルカス近鉄百貨店文化講座講師 近藤太一 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

智恵のクロスロード第44回「平成の十字架:商品の信頼と相手の人格」近藤太一

2015-12-02 17:59:11 | 市民大学院全般
 独逸フォルスワーゲン(VW)社の排ガス不正、東芝の不適切会計、建築杭(くい)打ちデータの改ざん問題で共通しているのは、本来社会で絶大な信用を得ていた企業で、まさかの想像を絶する言語道断なデータの示したことである。各企業の先人達が築いてきた信頼が、個別の事件で角も簡単に崩壊してしまった。
 企業に対する信頼は高い格付けと人格な織りなす技だ。この格付けのお蔭で、余計なチェックなしに安心して商取引・人格の信頼があった。これだと初めから相手を疑ってかからなければならない。時間とコストと精神駅フラストレーションが溜まる。電子化は根こそぎ吹っ飛ぶ。昔よくあった偽造紙幣・コインは死罪で処理された。
 どんなに権威とブランド力があっても、信頼をえるには、内実が格付けとおりであることを実質的に担保して、その事を積極的に前に打ち出して行かなければならない。それには、外部の人の審査や評価・発信を加味しなければならない。
 もう一つ、その商品担当者や会計担当者や役員幹部は、一つのガバナンスの構造以前に道徳的改善が必要だ。
 歴史は、教えてくれる。徳川幕府は、家康から家光にかけて、藤原惺窩や林羅山に儒教と仏教あるいは神道をそのこころの支柱にした取り決めや中国の王の代度の例証で示した。特に儒教の道徳観で示している。庶民を裏切ってはならない事と商取引の利潤は、淮第5割、または3割と具体的に数字でも示した。そのうち弟子の林羅山の上野先聖殿私塾は、湯島昌平坂学問所→東京帝国大学→7帝国大学と学問の重要性・人格の形成を導いた。その藤原惺窩の墓地は、京都同志社大学の北方相国寺塔頭林光院「薩摩藩士之墓のなかの後方一角に静かに安置されている。社会の道徳観の勃興を望まれているのである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

智恵のクロスロード第43回「懐かしい日本のクラシが見えてくる野外民家の博物館」近藤太一

2015-12-02 17:57:47 | 市民大学院全般
 懐かしい日本固有の民家を見れば、そこにはその時代を生きた民の叡智がフォルムとして結晶された形で語りかけてくれる。各地の民家や目的を持った建造物が12棟解説を聴きながら研修できる博物館がある。
 それは大阪府豊中市服部緑地(北大阪急行電鉄地下鉄御堂筋線と相互乗り入れ「緑地公園」駅下車西へ約1キロ)にある日本民家集落博物館である。この日本民家集落博物館は、日本各地の代表的な民家を移築復元し、関連民具と合わせて展示する野外博物館である。服部緑地の一角、約3万6千屬良瀉脇發法∨未牢篌蝓ζ酩瑤龍覆蟆箸ら南は鹿児島・奄美大島の高倉まで12棟の民家を集めている。各民家ともに江戸時代(17〜19世紀)の建築で、地方固有の風土・習慣から生まれる様式を残している。そこには、土地の自然を活かし、調和しながら生活を営んでいた人々の叡智が随所に窺える。それぞれの暮らしぶりは時を超えて、今に生きる私達に、大切なメッセージを静かに語りかけてくれている。
 もし、一段と深くすぐ見抜けないその土地の季節風土に適応する機能や防御を解説していただくボランテァも事前にボランテァのスケジュールを配慮しての現地講座であれば、現地研修も一段と充実する。午前10時〜12時の2時間の研修である。その研修を体験して、宮崎県の日向椎葉の民家や岩手県の南部の曲り家の現地見学や観光は、より一段深まった柳田國男の民俗学に入り込むことができるであろう。
 もう一人、渋沢敬三である。第二次世界大戦終戦時には日銀総裁の要職に在り、戦後大蔵大臣に就任し、その後の日本の金融政策を断行。GHQにも張り合い、シビア−な戦後日本の経済復興を軌道に乗せた。渋沢敬三が大学を卒業し、横浜正金銀行入社後のロンドン支店勤務が、ヨーロッパの博物館の在り方の取得に結びついた。それも野外博物館即ち本物志向である。その渋沢敬三が、この日本民家主楽博物館の開館に結びつけた一人でもある。
 このように、この日本民家集落博物館の入場料は、個人で500円だが、参加者の世界観の拡大と人生構想の一隅を照らす結果を生み出すであろう。関西地方のお住まいの方は、場が、観光のまなざしの舞台を創り出している。
         ハルカス大阪阿倍野近鉄百貨店文化サロン講師:近藤太一
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

智恵のクロスロード第42回「私が思う二宮尊徳 その6(補足)」中西 康信

2015-11-19 16:58:08 | 市民大学院全般
キーワード: 徳、報徳、大乗仏教、親鸞

 前回で一旦終了した「私が思う二宮尊徳」シリーズであるが、6月28日に行われた尊徳研究会での議論などから、このシリーズで尊徳の言った「徳」についてほとんど触れていなかったことを思い出し、その時の議論と私なりの考えと合わせて、尊徳の言った「徳」、「徳に報いる=報徳」について、ここにこのシリーズの補足として、再度書くことにした。
 中桐先生が時折言われるのが、よく世間で言われるgive and take(与えて受け取る)という考えがありますが、尊徳はtake and giveと考えている、ということである。Take、つまり、受け取る、もっと正確には既に受け取っている(英語では現在完了形のhave takenにするのが正確とも言えるが)のであって、人間が既に今、ここに生きている=徳を受けていると尊徳は考えていたようなのである。説明すると、既に、ここに今人が生きている、ということは、その人には必ず両親が、今いるかいないか別にして、必ずいたはずであり、ここに生きているということは、水を飲んだり、太陽の光や、空気を吸ったりなど、自然からの恩恵に授からないと生きているはずがないし、食べ物一つをとっても、自然の恩恵だけでなく、つくった農家の人、それを料理する人、きちんと買える値段で商売してくれている人がいたりしないと、そこに人が生きているわけない、と尊徳は考えていたようなのである。
 私がこのブログの初回で、尊徳にはタレントの明石家さんまの座右の銘「生きているだけで丸儲け」と近い考えがあります、と書いたが、その「丸儲け」の中身が、生きているということは、既に、自然から、親も含めた他の人から、色々恩恵なり、何なりを受け取っていないと生きていられる訳ないんだから、それだけで丸儲けなんだよ、と考えていた、という意味なのである。そして、その自然からなり、他の人からなり、有形無形に授けてもらっている、もらっているもの、受け取っているものの総体をどうやら、尊徳は「徳」と呼んだようなのである。
 そして、その既に受けっている「徳」に対して、少しでも働きかけて、何かお返しなり、受けったものをアレンジしてもう少し良くしよう、そういう心構えなり、行動を「報徳」と尊徳は呼んだのだと、私は解釈している。もちろん、自然生態系に、人が受け取っているものを全てお返しすることなど、どう考えたって不可能で、何億年という歴史の中で築かれてきたものを、しかも、人為的につくったわけでもないものを有り難く受け取っていることを思えば、受け取った「徳」の分以上にお返しはなかなかできるものではないし、対人間に対しても、なかなか自分が受けた「徳」と同じほど、お返しできているかと言えば、なかなかそうも思えないというのが普通の人間の感覚だと思う。稀に、「いや、私は受けた分以上の徳をお返しした」と言う人もいるかもしれないが、おそらく尊徳は、そういう傲慢な態度をとる、感覚の鈍い人が大嫌いだっただろうし、何も分かってないし、そういう感覚の鈍い人に何を言っても無駄かもしれない、と思ったように私は思う。大抵の人は、そう言われて、「ああそうだなあ」と、今流の言葉を使えば、ホッコリと心地よく尊徳のそうした考えを受け入れて、無理なく、そうした傲慢さから解放されるように私は思っている。こうした尊徳の考えなり、言い方が、上手だなあ、と私には思えるのである。こうしたことを説教臭く言う人間なら、いくらでもいるし、こうした議論を権力のため、もっとはっきり言えば、「私の言うことに従え」と他人を服従させるために言う人はいくらでもいるだろうし、私も少なからずそういう人と大学で出会った。しかし、尊徳はそういうお説教臭さや従属支配とは無縁に、人の心、感覚に響くように、しかも、無理なく持っていけるところがうまいなあ、と私は思うのである。
 尊徳自身は、中国の古典、神道、儒教、仏教と多数の分野を独学していたらしく、研究者の間では中国の古典の影響が尊徳の思想に与えた大きいのではないか、と言われているらしいが、前述した「徳」についての考え方は、大乗仏教の世界観とどこか通底しているように私は感じている。私は大乗仏教の考えを最もラディカルにかつ論理的に示したのは親鸞だと考えているのだが、私が親鸞について学んだことと、よく似ているなあと感じる。前述した「生きているだけで丸儲け」というのも、大乗仏教の祖とも言える龍樹が、今ここにいるということは、縁起の世界の中の馬の上に乗っていると言ったことと、どこか似ていると感じる。(注1)
 私が大乗仏教的世界観と尊徳の言ったことがどこか通底していると感じるのは、尊徳が色々と勉強していく中で、自らの考え、思想を構築したことは確かであろうが、それを表現する時、大乗仏教的世界観を知っていたこともあるだろうし、民衆の間では当時もちろん大乗仏教が普及していたこともあって、大乗仏教の完全な受け売りでなく、大乗の仏教の中で、自分がこれはいい、使える、学びがいがあると思えた部分(それは他の中国の古典などと共通しているかもしれない)を大乗仏教的世界観を拝借して、語ったからもしれない。尊徳自身にとっては、教え、考え、思想がどこの出自であろうが興味がなく、役に立てて初めて意味があると考えていた人なので、どうでもよかったことなのだろうと思う。人に伝えやすい、他の人に理解してもらいやすい方法なら、それでよかったのだと思う。
以前書いた「推譲」についても、「生きているだけで丸儲け」、既にお返しできないほど「徳」を受け取っているからという考え、いや感覚があってこそ、尊徳の言った「推譲」に意味があり、そうした感覚なり、心の作動が欠落していて、どこか無理がある、強制感のある「推譲」だったら、結局、それは意味のないことになってしまうように私には思える。そうした心の作動なり、人の感覚の裏付けを伴った行為、言葉をコミュニケーションと言い換えるとして、そうしたコミュニケーションの連鎖を広げることがまともな社会的秩序を生み出す、と言ってもいいように私には思え、実はこのことこそ私が尊徳から学んだ最大のことであると思っている。
(注1:龍樹と親鸞の関係については、山本伸裕(2013)『他力の思想 仏陀から植木等まで』、青灯社を参照。)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加