市民大学院ブログ

京都大学名誉教授池上惇が代表となって、地域の固有価値を発見し、交流する場である市民大学院の活動を発信していきます。

智恵のクロスロード第49回「近年高まっている「バウハウス芸術運動」の再評価」近藤太一

2016-07-12 19:46:15 | 市民大学院全般
 第一次世界大戦後、アール・デコ芸術運動と同時代のバウハウス芸術運動が、再評価されだした。このバウハウス芸術運動は、「機能がフォルムを決定する」というシンプルなスローガンに集約された表現形式を生み出した。ヴァルタ―・グロピウス(Walter・Gropius 1883~1969)によって創始されたミニマリストの建築・装飾芸術はこのことを忠実に表現している。その結果、美しさと機能性が融合した作品が生まれたのである。1919年に統合された国立バウハウス学校が開校し、初代校長を務めた。ブロピウスは、以後イギリスへ亡命、最後は、1937年米国ハーバード大学に招かれ、当時超高層ビルのパンナムビルも設計した。
 このバウハウスの芸術・デザインは、スイス超高級時計パテック・フィリップにも採用され、シンプリシティを「カラトラバ」という商品名で売り出している。
 このバウハウスでは、「付加価値」という言葉はいらないという。「価値」とは、モノの外側に付け足していくようなものではない。モノと人との関係を隙間(すきま)もないほど融合し見出すことこそが「価値」である。価値をつけてやろうとする欲望があるときは「ゼロ原点」に立ち返り、インスピレーションを得たフォルムが必要な時が来たようだ。
 削ぎ落とされたシンプルな美しさは、その表現として独創的とは奇抜なことではなく、誰よりも先にスタンダードを創り上げることである。自動車でも高級ドイツ製には、このバウハウスの芸術性が見て取れる。食器でも北欧諸国には、シンプルとクオリティを融合させている。
 一方、自然界では、水が空間を落ちる大滝は、飛沫と音を作り出し、一つの芸術空間を創り出している。海と陸地の波打ち際でも一つの芸術空間を作り出している。音を作り出す動きと重なり合っている。その境遇が、バウハウスの世界を一層深く進化させる可能性を秘めている。
        ハルカス大阪近鉄阿倍野百貨店文化サロン講師  近藤太一

----------------------------------------------------------------------------
一般社団法人文化政策・まちづくり大学校(通称・市民大学院)の7月の授業計画は以下のサイトにアクセスして下さい。
http://shimindaigakuin.wix.com/bunka-machi
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

智恵のクロスロード第48回「大豆が健康と長寿を支える」近藤太一

2016-06-20 22:46:00 | 市民大学院全般
 冷ややっこ、薄く塩が振り駈けられた枝豆がおいしい季節を迎えている。手ごろな価格の大豆商品が、日本人の長寿を支えているという。食べ物の流行は、世の流れで変わる。若い世代を中心に大豆の摂取量が減り、和食の伝統が崩れつつある。
 大豆の原産地は、中国の東北地区説ともっと西南の長江流域説がある。当時のツルマメ栽培が、日本へは、弥生時代後期と言われている。
 ここで問題は、この大豆の加工食品の作り方である。中国原産は、中華料理には、この大豆で作られたお料理が多い。そして、大豆の加工食品の筆頭は、味噌である。奈良時代から平安時代に亘って、入唐した遣唐使の僧侶が、文化として持ち帰った。味噌の原料としてとしてダイズ、米、小麦、酒、塩を入れて発酵さす。金山寺味噌は、空海が中国の金山寺から持ち帰ったとか、僧の覧心が、径(きん)山寺(ざんじ)味噌として持ち帰ったとも言われている。
 味噌は、701年制定の「大宝律令」では、醤、未醤(味噌)の字で見られる。英語では、SOYまたはSOY―SAUCEまたはSOY-BEANと言われ、「そい」と言われていた中国が原産地である。植物性たんぱく質を代表としていたことが、想像される。茶もチャイが原産地中国語からきており、世界では、ティ―、日本では茶と言われている。
 そして、この大豆を元に豆腐も作られる。室町時代には全国に広まり、江戸時代になると庶民も食べた。肉食の習慣がなかった人々には、漁獲類と共に、大切はタンパク源となった。
「健康のために大切は食品は3つのS。大豆(ソイビーン)と魚(シーフード)を、塩(ソルト)を減らしてもっと食べたいのが二つのSである」。寿命とその地域を専攻しているお医者さんが、調べたところによると、大豆やその加工品を食べている地域は寿命が長く、大豆食品を食べない地域では、血管、心臓の病気が多く、短命のことがわかった。中国の長寿地域、貴陽市。貴州省の高原都市で、豆腐など大豆料理をたくさん食べる。納豆もあり、血圧が低く、肥満も少なく、健康な人々が多かった。と報告されている。
 サラダオイルにも大豆を入れて作られることが多い。朝食には納豆を、昼や夕食には豆腐や枝豆、厚揚げやお稲荷寿し、きつねうどんと大豆を選択しながら、食事をすると、自然に体のメインテナンスをしていることになる。最近の我が国における食品用ダイズの消費量は年間90~100万トンで、その大半を輸入に依存しており、国産ダイズは、年間出回り量は3~4万トン程度に過ぎない。平成20年度に豆腐、油揚げ用に49,5万トン、味噌用に13,7万トン、醤油用に39万トン、納豆用に12,8万トン、凍豆腐2,8万トンその他、きな粉、湯葉、もやし、更に新タンパク食品(脱脂大豆を使用)に合計数万トンが向けられている(農水省大豆関連データ)。社会的な面での情報も必要であるかもしれない。
             ハルカス近鉄阿倍野百貨店文化サロン講師 近藤太一
----------------------------------------------------------------------------
一般社団法人文化政策・まちづくり大学校(通称・市民大学院)の詳しい情報は以下のサイトにアクセス下さい。
http://shimindaigakuin.wix.com/bunka-machi
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

智恵のクロスロード第47回「皇居東御苑と京都御苑」近藤太一

2016-06-06 20:32:54 | 市民大学院全般
 東御苑は、皇居内にあり、宮内庁が管理している。江戸時代の本丸跡である。現在は、公開されている。月曜日と金曜日は閉苑されるが、他の曜日は無料で入ることができる。午前中が、静かである。又、三の丸尚蔵館(しょうぞうかん)は、宮内庁の管理する美術品を展示している期間もある。手狭な館内であるが、落ち着いて鑑賞することができる。大手門から本丸への通路は、全国から持ち込まれた巨石を並べ、壁にし、後続が続かないよう曲がりくねって武器を持って攻め入る集団を防御している。江戸城天守閣跡の高さは、今の千代田区1番町~4番町の高さに合わせて築城された。あまり出すぎると狙われる。低いと権威が保たれない。そして北詰(きたつめ)橋門(ばしもん)からの退出である。北詰橋門の城壁は、そそり立つ。敵が攻めてきて退却する場合は、この北詰橋門の橋を落として退却し、追撃を阻止する工夫である。ここを出ると、目の前が北の丸公園である。環境省が管理している。静かで木々の勢いがいい。公園の中心部に吉田茂元首相の銅像がある。銅像の作者は、クリスチャンでもあった東京芸術大学名誉教授舟橋保武氏である。国会本会議場中央ホールには、伊藤博文・大隈重信・板垣退助像が並んでいるが、この吉田茂も国会の中に置かれてもいい実績を備えているといえよう。この北の丸公園でも存在感は出ている。
 そして日本武道館を通り、重要文化財の田安門を出れば、地下鉄九段下駅である。ホテルグランドパレスでも食事はできる。皇居大手門から田安門まで無料であるが、その風情と歴史は、深みのあるストーリーを帯びている。
 他方、京都御苑は、環境省が管理している国民公園。京都御苑は、市民の「御所」と呼ばれ、親しまれている。市街地の中心部に東西700㍍、南北1300㍍の公園が広がり、5万本の木々が梅雨ごろは、緑に色づいている。この京都御苑の周囲には、京都御所・仙洞(せんとう)御所(非公開ではあるが、申請すれば許可も下りる)に囲まれた公園である。
 そして二条城に向かう。二条城の近くでランチ。二条城は、江戸時代に造営された日本の城である。現在見られるのは徳川氏のものだが、近代になって京都府の府庁や皇室の離宮としても使用された。城内全体が国の史跡に指定され、二の丸御殿(6棟)が国宝、建造物も重要文化財として、二の丸御殿庭園が特別名勝に指定されている。ユネスコの世界遺産(世界文化遺産)として登録されている。入城は、有料だが、京都の平城として大きな役割を果たしてきた。慶長19年(1614)大坂冬の陣が勃発。二条城は家康の本営となり、家康は二条城から大阪に駒を進めた。見学が終わると。JR二条城駅から電車でJR京都駅まで高架から京都景観が見られる。皇居東御苑と京都御苑は、見ごたえのある散策を醸し出す・・・・・。今回に必要な備品は千代田区限定の地図、京都の場合は京都市地図だけである。          大阪ハルカス近鉄百貨店文化サロン講師 近藤太一
---------------------------------------------------------------------------------------------------------
一般社団法人文化政策・まちづくり大学校(通称・市民大学院)の詳しい情報は以下のサイトにアクセス下さい。
http://shimindaigakuin.wix.com/bunka-machi
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

智恵のクロスロード第46回「藤原三守と古川鉄治郎の教育に対する貢献」近藤太一

2016-03-08 16:52:37 | 市民大学院全般
 藤原三守(ただもり)(785~840)は、平安初期の公卿。藤原南家の祖である左大臣藤原武智麻呂(むちまろ)の曾孫(ひまご)。官僚として嵯峨天皇の傍(そば)で昇進する。淳和天皇在任中大納言に就任した。温和で慎み深い性格の一方、決断力もあった。天台・真言宗の熱心な後援者であり、最澄の大乗戒壇設立構想も藤原冬嗣らと尽力した。その結果弘仁14年(823)、初代延暦寺俗別当に任ぜられた。嵯峨天皇の信頼が深い空海が、私塾綜芸種智院(しゅげいしゅちいん)を建立(天長5年829)する際、空海に自分の邸宅を提供した。今の近鉄京都線東寺駅の周辺である。空海は、全学生・教師への給食制を完備し、全寮制にして、貧困者を救った。学習も儒教や道教・医学・工学も入れた総合大学を開校し、イタリア ボローニャ大学開校より2世紀早かった。
 この世界に誇る綜芸種智院は、藤原三守のドネーションがなかったら、開学できなかったのである。
 次に、古川鉄(ふるかわてつ)治郎(じろう)であるが、明治11年(1878)古川半六の次男として滋賀県犬(いぬ)神(がみ)郡豊郷(とよさと)町49院で生まれた。家は古くから油屋をやっていた。明治20年に「尋常科至塾学校」(豊郷尋常小学校の前身)を満9歳(当時小学校は4年生まで)で卒業した。鉄治郎は、明治22年、満11歳の時に叔父の初代伊藤忠兵衛のもとに書生(丁稚見習い)として預けられたが、「泊雲塾」に通わせてもらい、2年程勉学(漢籍・英語・簿記)し、伊藤本店の中年者(丁稚の上)として入店した。大正7年伊藤忠商事株式会社と㈱伊藤忠商店に分離独立し、大正10年株式会社丸紅商店が設立された時には、専務取締役(43歳)として引っ張って行った。古川鉄治郎は、「丸紅精神五カ条」を制定した。この五カ条は礼儀や正義、向上心の大切さを旨としており、「自己も利し、他人も利し、社会も利し、三方よし」の近江商人の真骨頂を礎(いしずえ)にしている。そして古川は、1920年代に船で外遊。欧米の科学技術の水準の高さを目の当たりにし、将来を担う子供たちの初等教育の重要性に目覚めた。滋賀県豊郷町に1937年白亜の建物を完成させた。古川自身の個人資産の3分の2、今の時価で十数億円相当を寄付し、同校舎を建設したという。米国人宣教師でもあったヴォーリス建築事務所へ発注し、鉄筋コンクリート製、水洗トイレや冷暖房設備まで完備、当事の世界最先端の技術を尽くしたものだ。地元の後継者を想う心が新校舎の建設であった。
 この二人の社会に対する貢献は、氷山の根底に行基の思想が隠れている。空海は、行基の行動を加速させた。仏国土の現実化である。また古川鉄治郎が生まれた豊郷町(とよさとちょう)49院は、行基がここに49番目の寺院を開基し、49院という寺院名であった。現在の浄土真宗唯(ゆい)念寺(ねんじ)がそれである。常に社会の要求しているものの実現であった。崇高さと緻密な人生構想力が滲み出ている。
              近鉄阿倍野百貨店ハルカス文化サロン講師 近藤太一
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

智恵のクロスロード第45回「スイス帰りの梵鐘の温かい遊学物語」近藤太一

2016-02-09 19:52:28 | 市民大学院全般
 1657年に遡る東京都品川区にある品川寺(ほんせんじ)の由緒ある梵鐘は、長い間行方が知られなかった。幕末の慶応3年(1867)のパリ万博、明治4年(1871)のオーストリア・ウィーン万博に出品されたと伝えられている。この梵鐘は、実際14世紀からの伝統を誇るチューリッヒの近くアーラウのリュエッチ鋳造所で、あわや消滅の危機にあった。溶かして他の金属品の材料にされようとしていたのである。今、ジュネーブにあるアリアナ美術館の土地と美術品と館のオーナーであったルビリオ氏は、美術品の蒐集家であり、彼は、鋳造所を訪れた時、一目でこの鐘に惹かれて買い取った。そこで、この梵鐘を自分の庭園に安置したのである。そして、遺言で、自分が持つ美術品・館・庭園もある土地を全部ジュネーブ市に寄贈した。この美術館の庭に設置されていた梵鐘のことが日本側に伝わり返還を希望したのである。
 美術館のオーナーだったジュネーブ市の市民や議会の温かい心が好意となって、数奇な運命を辿った梵鐘は、1930年に故郷の品川区にある品川寺へ帰還することになった。平成2年には、品川寺と品川区は、この梵鐘のレプリカをアリアナ美術館に石燈籠と共に寄贈した。ジュネーブ市の世界赤十字博物館とヨーロッパ本部の隣にあるアリアナ美術館では、このレプリカにある梵鐘を誰でも撞(つ)くことができる。アリアナ美術館も入場無料であり、日本の伊万里焼も展示している。スイス観光をして最初か最後にジュネーブ空港から帰国する機会にこのアリアナ美術館の梵鐘を訪ね、梵鐘の音を実感して帰国するのである。そして、この品川寺で、梵鐘を見学し、朱印をもらって記念にするのである。鐘は洋行して帰国した。鐘(金)帰る・・・と縁が良い。ご朱印が生きて来るのである。また、品川寺の前の通りは、ジュネーブ平和通りと命名された。品川寺は、6街道の1つ旧東海道の入り口であり、江戸6地蔵の1つ地蔵菩薩坐像が山門の外に安置されている。国の重要美術品の指定を受けているので、大梵鐘は撞(つ)くことはできない。これも一つの歴史を示している。ジュネーブ市内工房・工場で造られた高級時計(文字盤にGENEVEが入る)や万年筆・ボールペンをお持ちの方は、益々ご縁深いものである。京急青物横丁駅から5分である。品川という地名は、この品川寺を守った品(しな)河(がわ)氏が、源泉である。
             ハルカス近鉄百貨店文化講座講師 近藤太一 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加