志太泉オフィシャルブログ

静岡県藤枝市の地酒の蔵元。志太泉酒造のブログ。違う角度から見た日本酒の現在とは

中日新聞12月3日 

2016-12-03 10:04:08 | 志太泉掲載放送等

本日中日新聞の静岡版の連載「たっちゃん走る」のコーナーで志太泉の酒造り風景が紹介されました。
志太泉への期待あふれる、温かい文章と西原杜氏と平野麹屋が出麹前の麹をほぐす作業をしている写真を載せて頂きました。

新酒の出荷は、今年は「本醸造 蔵出し濁り酒」からになります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

志太泉 百八景 その二 実用型にゃんかっぷ

2016-11-08 19:18:46 | 志太泉 百八景



にゃんかっぷは、お酒を飲み終わった後、ご家庭でコップとして使われる。
蔵では、お酒を飲み終わった後、麹菌を入れて種切り(※1)に使う。
蓋になる布はベンベルグ(※2)。


※1 種切り 蒸米に麹菌を振りかける作業の事。麹菌は種こうじとももやしとも呼ばれる。

※2 ベンベルグ 繊維の1種。キュプラとも呼ばれる。この繊維の細かさが麹菌の通過に適しているいわれるが、これは杜氏や技術者の伝承で、あまり検証はされていない。
http://www.ak-bemberg.jp/what-bemberg/index.html

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

志太泉 百八景 その壱 ドラム缶の中の割れ瓶

2016-10-22 13:16:28 | 志太泉 百八景


瓶は必ずいつか割れる。
志太泉の酒瓶は、酒瓶業界大手「日本山村硝子」、にゃんかっぷなどプリント瓶は「石塚硝子」そして半人工瓶の雄「酒井硝子」などが製造している。
瓶には、志太泉が詰められ出荷され、地元流通の瓶は、かなりの割合で回収瓶として酒蔵の戻る。
回収瓶は、再洗浄されまた出荷されるが、その際に割れた瓶、傷のある瓶は集められ大きなドラム缶に入れられる。その後は、廃棄物業者が回収しカレット化したのちリサイクルされる。
写真は、大きなドラム缶内部の風景。喧噪の中、飲み人に寄り添ってきた瓶も役目を終えて、静かにただ割れている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もひとつ【番組宣伝】静岡のチカラ23日

2016-10-22 11:35:36 | 志太泉掲載放送等

昨日の「とびっきりしずおか」は鳥取地震のため21日の放送はなくなりました。
鳥取も酒処。酒蔵に地震の被害が少ないとよいですね。

もひとつ番組宣伝です。
23日日曜日午後3時55分から「静岡朝日テレビ」にて
「静岡のチカラ」スペシャル。静岡吟醸特集です。ぜひご覧ください。(静岡ローカル放送)

http://www.satv.co.jp/0300program/0110library/2016/shizuokanochikara/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【番組宣伝】静岡限定「とびっきりしずおか」10月21日

2016-10-21 13:46:31 | 志太泉掲載放送等

静岡朝日テレビの「とびっきりしずおか」の
『知りたい!パネルSHOW 』でコーナーで
静岡の日本酒をいつも応援してくださっている
「神田 えり子」さんが日本酒の魅力を紹介されます。
番組の開始時間は、今日10月21日の16時45分です。

志太泉のお酒も少しでるかな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

特殊から一般へ

2016-10-20 17:28:10 | 酒造り

日本酒の酒蔵の労務のざっくりとしたトレンドは以下の通りです。

①雇用期間
季節雇用→年間雇用
②スタッフの居所
出稼ぎ労働による泊まり込み→地元雇用による通勤
③スタッフの出身地
南部、能登、越後、丹波、丹後、広島等杜氏集団のあるところ→どこでも
④責任者
(伝統的な)杜氏→蔵元杜氏または社員杜氏
⑤賃金体系
日給制→月給制
⑥労働時間
かなりの長時間→標準(やや長め)

すごく乱暴にまとめると、特殊な世界から普通の職場になりつつある。
でも、現状はまだ特殊。

他のことをいろいろ書こうと思ったが時間がかかりそうなのでやめた。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蒸米10月上旬

2016-10-19 17:05:29 | 酒造り


H28BY蒸米の風景です。
なにかが普通と違います。
正解は、画像が90度傾いていることです。

それ以外は、なかなかわかりにくいのですが、画像が微妙に明るいです。
この時期だけは、蒸しあがりが午前7時30分~8時くらいです。
明るい中、お米を蒸しているうちは、まだこころに余裕があります。

通常(10月末ごろ~)は、米の蒸しの完了は午前5時半くらいです。
冬なので、周囲は真っ暗です。
この時期になると、もう後戻りはできないという感じになります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もうひとつの言葉

2016-10-18 16:37:57 | 酒造り

ついでに、もうひとつ静岡限定の河村傳兵衛氏のよる酒造り格言は
「微生物にホリディなし」

酒造りの関わる諸微生物(酵母、麹菌、乳酸菌等)は休みなく働いている。

お前ら(酒を造る人間)も常に働け。

という意味です。

「酒造りには、強烈な精神の強さが必要である。」
とも
「ブラック企業による洗脳」
とも解釈可能です。

まあ、どっちでも書こうとも思えば文章は書けますが、現実は混合物ですよ。だいたい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドラム型洗濯機

2016-10-18 11:48:59 | 酒造り



酒造業は製造業の1種ですが
他の製造業の機械を見ても、どのような工程でなんのために使うかわからないです。
比較的、化学・食品・飲料系の製造業の機械はなんとなく想像がつく場合が多いです。

さて、この機械ですが
実は、クリーニング店の自営の方はすぐわかったかもしれません。
これは、業務用のドラム型洗濯機です。
これで、酒造りに使用する布を大量に毎日洗濯します。

「酒造りは、米洗いにはじまり、袋洗いに終わる。」という言葉があります。

これは、静岡県内限定の酒造り格言で、静岡県の酒造りを確立した元静岡県工業技術センター(当時の名称)の河村傳兵衛氏の言葉です。

いかに、(静岡型の)酒造りにおいて、洗いというものが大事であるかという意味です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

焼津地酒倶楽部 秋の会10月12日

2016-10-14 08:45:08 | 志太泉が関わるお酒の会やイベント


恒例の焼津地酒倶楽部の秋の会が10月12日に開催されました。
まず、純米大吟醸がすぐなくなり、その後、特別本醸造、吟醸、開龍、ラヂオ正宗がほぼ同時になくりました。
途中差し入れがあったシダシードルも瞬飲されました。
杯を重ねる方が多く、1.8L11本がすべてなくなりました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加