仙台バッハゼミナール

バッハの作品の解釈と演奏研究により作品への理解を深めることを目的として発足いたしました。現在会員14名で活動しています。

4月18日のゼミ

2017年04月18日 | 今日のゼミ

出席7人で賑やかでした

プレリュードを細かく見直ししました。

担当のIさん、かなりこだわった資料を作ってきてくれました。

そして、写本の見比べをして検討すべき材料がどんどんでてきました。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

3月30日のゼミ

2017年04月02日 | 今日のゼミ

出席4人+αでした。

6月の研究発表会準備が始まってます。

残り4曲を終えた何か記念になることをしたいね~と話がでました

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

富田庸さん特別講座終了しました

2017年03月24日 | バッハ

バッハ研究者の富田さんから貴重なお話を沢山聞けました。

今後の研究発表会には、今日の知識をまぜお話をしていけたらと思っています。

お越しいただきました皆様ありがとうございました!

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

バッハ研究者富田庸氏による特別講座vol.2

2017年03月14日 | 音楽四方山話

 

お申し込み&お問い合わせはsendai_bachseminar@yahoo.co.jp まで!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

研究発表会vol.23終了

2017年03月14日 | 今後のスケジュール

研究発表会にご来場ありがとうございます

引き続き22日(水)にはバッハ研究者富田庸氏の特別講座があります。

彼の編集に携わっているヘンレ版の話も色々聞けると思います。

一般の方も参加可能ですので、どうぞ興味がありましたら予約のうえ参加下さい!

申込&お問い合わせはsendai_bachseminar@yahoo.co.jpまで!

 

平均律第2巻第20番の発表風景。

 

平均律第1巻第20番の発表風景。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

研究発表会 vol.23

2017年02月05日 | ご案内

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月は充実の月!

2017年02月04日 | 今後のスケジュール

皆さま 早くも立春を過ぎ…何と3月は目前です!

3日に発表会、そして22日には富田氏の講座「J.S.バッハ《平均律クラヴィーア曲集》ピアノでの演奏のヒントを、楽譜から読み解く面白さ!」です。後でチラシをアップしていただきたいと思いますが…、ざっと詳細を。
会場は仙台朝市のすぐ近くにある仙台中央音楽センター・地下Aスタジオです。
10:00~12:00は、資料などを見ながら富田氏のお話を伺います。ランチタイムを経て13:00~15:00は実践の時間。一応、例として平均律II巻の20番a-moll、17番As-Dur、I巻の24番h-mollを挙げていますが、他の曲でも大丈夫。ピアノで演奏する時の色々な問題点や素朴な疑問など、演奏を通じて楽しくディスカッションしたいと考えています。
参加費は午前・午後とも2,000円。平均律の楽譜をご持参ください。ランチを富田氏と一緒に取りたい方は、必ず事前にご連絡下さい。
e-mail:sendai_bachseminar@yahoo.co.jp
Tel:022-794-9244/Fax:022-794-9284

また、唐突ですが…今の子どもたちが成長する20年後あたり、日本はどうなっているか分かりませんが、いずれにしても人工知能などIT関係がどんどん進んでいくことだけは確実です。想像すると恐ろしいのは…生まれた時から電子機器に囲まれ、ロボットやバーチャル人間(?)がお友達になるような感性を持った人たちが増えていくということ。私たち自身は生身の人間なのに…。だから、情緒や人間らしい感性がこれからすごく大切になっていくと思います。そのためにも、音楽、とりわけバッハのような普遍的な力をもった音楽を、どんなに細々とでもつなげていかなくてはなりません。それが、私たち音楽に携わる人間の大事な仕事だと思います。
またしても笑われそうですが、私は200%本気で「バッハは人類を救う」と信じています(^^)/ S


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年最後のゼミ♪

2016年12月23日 | 今日のゼミ
20日に、今年最後のゼミがありました。
このa-moll、けっこう色々な写本があって違っているんですね。II巻はバラバラの頁が集められた自筆譜しかないので、信憑性はどこに求められるのか…見方によっても変わります。
このフーガの主題冒頭の「e-c-f-gis」の音型、実に印象的で、ヘンデルのメサイアやモーツァルトのレクイエムでも用いられています。何か修辞学的な意味があるのかもしれないけど、私たちにはちょっとハードル高いです。どなたかご存知でしたら教えてください!

それにしても…最新のHenle版は富田氏の編集によるのですが、表紙に「Yo Tomita」とちゃんと書かれていることに今回初めて気づいた、間抜けな私でした('_') 
ちなみに、来年3月22日(水)に富田氏の講座を大々的に行う予定です!ちゃんとチラシも作って準備しなくちゃ。

そしてゼミに引き続き、ピザの会も楽しみました(^^)/6名によるこじんまりとした女子会!?でしたが、手作りのオードブルやマリネが絶品!でした。美味しいレモンパイもいただきました~。


トナカイの紙コップや紙皿もかわいく、クリスマスの雰囲気を演出してくれました




働き盛り(?)の皆さん、本当に忙しそうですが、身体の変化が起きる頃でもあります。体調に気をつけてくださいね。
そして、来年もどうぞよろしく! S
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日のゼミ

2016年11月29日 | 今日のゼミ
今日は4人集まりました。3月に行うII巻のa-moll…おもしろ過ぎます。バッハと話がしてみたい!
I巻のa-mollはやたらと冗長で、もしかしたら息子か誰かの作品かも!?とさえ言われるものですが、こちらII巻はシンプルにしてセンス抜群!何というか…スマートでインテリジェント。
I巻のリベンジか、或いは「同じ調性でもワシが作るとこうなるんじゃ」とでも言いたいのか。
しかも、このフーガの主題はモツレクの「キリエ」の冒頭や、「メサイア」の25番の合唱"And with his stripes"の冒頭にも使われています。何か修辞的意味があるのでしょう…。
私たち、知らないことが多すぎますね。だからこそ面白いのだけれど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

研究発表会 vol.22 終了

2016年11月03日 | バッハ


研究発表会にお越しくださった皆様ありがとうございました!

今回は参加出来るメンバーも少なく、お客様も少ないのでは…と心配していましたが、
多くの方に来ていただき、そして今回初めて来ていただいたお客様もいらっしゃって、
嬉しい悲鳴でした。


オープニング演奏の写真がないのですが、
ブランデンブルグ協奏曲 第2番 3楽章の連弾演奏で華やかに始まりました。


2巻19番の発表は発表デビューのAさん。
準備期間が短かったのですが頑張ってくれました。




1巻19番の発表




代表田原さえの演奏





次回研究発表会は来年3月3日です♪
皆様ぜひお越しください☆
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加