サワラちゃんの加計呂麻日記

奄美群島・加計呂麻島から文化の発信を試みております。自然・政治・経済・民俗学など想い付くままの事柄どうぞお聞きください。

「サワラチャンの加計呂麻島日記-2017-03-25号」

2017-03-25 10:02:49 | 教育

 

New ・ サワラちゃんの


 加計呂麻島日記 & 貝殻採取

2017-03-25号

 

 

 

 

イッぺー」と呼ばれている南西諸島の宮古島方面の花 

綺麗だな! 

 

さくら とは違った趣のある黄色い花 

 

台湾の鉄道を走る電車の車体のお絵かき

 

日中国交45周年記念の中国での歌舞伎の舞台 

 

 やっと咲いてくれた自宅の周りのナニワイバラの白い花。

これから数十mに渡って咲いて行く

    

 

桜前線も東京からすでに北上を開始している 。

今週末からあちこちでお花見の宴が模様される。 

 

 

 

喫茶店でちょっと一服 - 1

 

     Goo blog character     

 

   

 

先日購入した面白そうな政治経済関係の新刊本のご紹介 

 

「米中若し戦わば」

 

 

著者・米国大統領補佐官 / 国家通商会議議長

ピーター・ナヴァロ

   

 

専門は経済学の学者で、トランプ大統領の政権移行チームのメンバー。

現在の中国軍の軍事面の実態と戦後国際政治史における中国の実相を書いている。

金融経済学よりも軍事兵器について、ミサイル、戦闘機、艦船の現状を詳細に著している。

  

「嘘だらけの〇〇近現代史」 

 

  

 

 教科書やお決まりの参考書に飽きた方。 裏の世界から見た近現代史。

意外とこのような中に歴史の真実が隠れている。全6巻本。

教科書・参考書を併用して読むと、意外な視点が見えて来る。

 

「ローマ帝国衰亡史」

   

 

トランプ政権登場時から、世界的に有名になり、長い間読まれて来た時代を超えた名著!

岩波書店の10巻本ではでは・・・という方は上記のダイジェスト版を・・

 

 

 

春の昼と夜を読書で如何ですか・・・・・眠たい・・・

 

 

喫茶店でちょっと一服 - 2

 

     Goo blog character     

 

   

 

 Twitter の面白さ

 

国際政治経済の裏表を垣間見る!

 

米国務長官・テラーソン氏と中国外相・王氏の異常な握手 

 

 

Twitterで一番早く出てきた写真。見た時アッと驚いた。

テラーソン氏と王氏の対照的な顔 

 

 

中国外相の何とも冴えない引き攣った顔の表情。この後NewsWeekのWEBで筑波大学名誉教授の遠藤誉氏の論文を読んで、

この冴えない表情の意味が分かった。直感で感じた事は正しかった。

「実業家上がりの癖に、偉そうにするな。政治の世界はビジネスの世界とは違うんだ。分かったか!」

「俺は外交の世界での百戦錬磨の達人なんだ。良く覚えて置け!」

こうそのまま言った訳ではないのだが、このような思いで握手・会話していたようだ。

王外相の大変無礼で失礼な態度であるとの解説であった。 

その後 

習近平氏と会談の後 ・・鋭い眼差し・・対照的だ!

 

習近平国家主席との面談の後の、二人の対照的な顔をご覧いただきたい。 

米国国務長官・テラーソンは実業家出身であるが、長い間中国・ロシアとの関係が長い方なのである。

中露の政治経済の実情には詳しく通暁しているのである。さて、どうしたものか?

3/25になってある報道がWEBに表れた。

テラーソン国務次官が中国の北朝鮮関係の今後の政治行動の提案を、悉く突っぱねたという事だ。

これに対する中国外務省の強い反発が根底に有ったので、王外相の強い抵抗の行動が出た訳である。

納得!

 

 

イスラエル・ネタニアフ首相と習国家主席 

 

Twitterでこの写真を見て、またまたビックリした。 

米国でドイツのメルケル首相とトタンプ大統領が米独会談を終える前に、トランプ氏と会談が持たれた。

そして、テラーソン国務長官が米中会談をしていると前後して、ネタニアフ首相が訪中である。

驚いたこと・・の答えはこの下の写真にある。お解りになられるだろうか。

トランプ大統領の家族写真である。トランプ夫人の後ろは先妻の娘・イヴァンカ氏と

 

 

 

この謎解きは各自でお考え下さい。ある重大な意味が込められている。

国際政治の怖さを感じたのである。何かこの後重大な事が起こるんじゃないか?・・・

 

国際政治経済の裏表を垣間見る!

 

 金正男暗殺事件の裏表をどう考えるか?  02

 

先回は大凡の今回の事件の概要を書いてみた。

誰もが新聞、TV,雑誌などで大凡の事は知っていると思う。 

今でもWEB欄には報道機関からのNewsが飛び込んで来る。特に目新しいものはないが。

 

暗殺被害者・金正男氏と息子 

 

  

 

故・金正日氏と故・金正男氏 

 

 

 故・金正日氏と金書記長                   故・金正男氏と金書記長

     

 

マレーシア警察関係者 

 

 

 

 

 

 

上記の写真は、今回のマレーシアのクアランプール飛行場の搭乗口付近で発生した北朝鮮籍・金正男氏暗殺事件で、

報道機関から発表された写真である。直接の被疑者はヴェトナムとインドネシアの女性である。

事件が発生してから、様々な報道が各社からなされ、いろいろ振り回された。

現在は金正男氏の遺体は防腐処理をして、マレーシアに安置されている模様である。

マカオに居た金氏の家族は、その後オランダをキーマンとした中国、米国、日本等の計らいで、

中国を離れたという情報が有る。(現在は米国という情報も流れている)

 

        

 

現在、 北朝鮮政府はマレーシア政府が預かっている遺体を金正男氏とは認めていない。

ただし、北朝鮮人である事は認識している様である。

両国とも駐在大使が本国に帰任中であり、実質的に大使召還のようになっている。

韓国の駐日大使と同じような扱いであろうか。

又、一部の大使館関係者も拘束されており、在住の労働者なども逮捕されたり、拘束されている状態だ。

唯、このまま長引けば国交断絶などに発展する危険性がある。

今、両国の間で厳しい交渉が続いている。

 

今回の事件は大韓航空機事件のような事件のようでもあり、また、大きく違っている面もある。 

最も違う点は直接の被疑者として逮捕されている2人の女性が、

外国人であり且つ諜報教育を受けたプロでないようなところが有る。

簡単に言うと上手に操られて、使われたような感じがするのである。

 

 

直接、金氏殺害に及んだ実行犯とされている女性 

 

ドアン・テイ・フオン        シテイ・アイシャ

 

  

 

 

大韓航空機事件の場合は、被疑者の一人は自害し、もう一人は逮捕された諜報のプロである。

しかも、何れも北朝鮮国籍を持っていた。この辺りがまるで違う。 

 

     

 

事件の概要は皆さんが報道機関で知っているような事件ではあるが、

今回の事件の本当の実態はそれほど単純でない気がしてならない。 

 

・一つ例を挙げると・ 

 

事件が発生した際の各国の報道機関の中で、一早く詳細に報道していたのはマレーシア政府ではなかったのである。

ここに初めから筆者は疑問を持っていた。事件には直接無関係の国の報道機関であった。

何故なのだろうか。そして殺害にVX等のような劇薬の液体とか、注射針を使用したとか詳細に報道された・・・

マレーシア政府が発表したのは可なり後になってからである

不思議だ???

 

 

次回からは

時系列的に報道された事実を書いて、少しづつ考えてみようと思う。

現実は小説よりも奇なりとか。真実は思いもかけぬことが多い。

慌てないでゆっくり進んで行く積りである。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「サワラチャンの加計呂麻島日記-2017-03-17号」

2017-03-17 17:01:16 | 教育

 

New ・ サワラちゃんの


 加計呂麻島日記 & 貝殻採取

2017-03-17号

 

 

春  ・・・ 春

 

台湾阿里山(アリシャン)

 

  

 

極東アジアはすべからく春たけなわである。

 ワシントン

 

日本から戦前に米国に贈られ、今や世界的な桜並木

 

中国 ・福州 

 

一面の菜の花畑を、タイ族の女性が連れだって・・・

& 

 の原点は中国という事のなのだろうか?

 

 

Twitter の面白さ 

今回はアメリカ大統領・トランプ氏を例にとって、Twitterの面白さを語ってみよう!

トランプ氏は確認しただけでも、3個のアカウントを持っている。

 

           

 

 彼は少なくとも3個のアカウントを利用して、世界中に情報を真っ先に発信している。

日本時間のAM12:00前後になると、3個のアカウントのいずれか、全てがTwitter上に現れる。

聞くところによれば、大統領の睡眠時間は3~4時間という話もある。超人的である。

このパワーが苦難の大統領選挙を勝ち抜いて来たのだろう。

 

喫茶店でちょっと一服 - 1

     Goo blog character     

   

 

驚きのコメント!

  

   Wikileaks Says: South Korea’s President Park Geun-hye had been funding Hillary Clinton’s…

アリャマ~~~~~ 

 えらいこっちゃ!

3/17 深夜

Twitter・・・・・今後、このコメントが将来韓国政府の大きな混乱に結び付いていくかもしれない。 

日本語訳は皆さん各自どうぞ・・ 

 

上の例でも分かるように、Twitterの情報の速さは抜群である。各報道機関はこれから各自が、事の真偽を確認して行くことになる。

その中から重大なスクープが生まれて来る。速くニュースを知りたい時は、このツールに限る訳である。 

 

感動のシーン

 

この写真を見て、どういう状況であるか解るであろうか?

 以前、Twitterに表れた感動のシーン。その後、各報道機関から発表された。

バイデン副大統領に大統領自由勲章をサプライズ授与 その瞬間、感極まって涙ぐむ 

 という状況である。

アメリカのオバマ大統領は1月12日、ジョゼフ・バイデン副大統領の功績を称える式典で、

アメリカの文民に贈られる最高位の勲章「大統領自由勲章」を授与。 

 

バイデン氏は一時次期大統領に押されたが、家族の不幸も起こり辞退した。

オバマ大統領はバイデン氏に対し、物心両面にわたって暖かい心を差し伸べていたのである。

そして、オバマ政権の終了間際に至って、バイデン氏に対して上記の勲章を授与した。

これで、突然の事でバイデン氏は感極まったのである。

実に素晴らしいシーンであり、信義の篤いことではないか。

 

Twitterと 報道機関の報道を追っていると、こんな良い事を垣間見ることも出来る。

また、同時にオバマ大統領の人柄が理解できる。報道だけではそれは無理なのである。

報道機関の報道は玉石混交であるが、その中から宝物を見つけるのは、読者の自己責任に帰する。

 

国際政治経済の裏表を垣間見る!

 金正男暗殺事件の裏表をどう考えるか?  01

 

 

 

 

最近の極東アジアは、南シナ海・東シナ海(尖閣諸島)・北朝鮮問題・韓国大統領問題 ・少女像の設置 と様々な問題が発生している。

中東情勢もISISとの関連で、昨年からEU諸国まで関連するような大混乱になっている。

世界の2か所で数か国の大国も含むような大事件となっている。

数々の緊張状態の中で、朝鮮半島は格別な地域でもある。

 

   

 

そんな中で今回の北朝鮮の金正男氏暗殺事件が、マレーシアのクアランプール空港で発生した。

2017-02-13の事である。過去にも北朝鮮の関連する大事件が、彼方此方で起きている。

大韓航空機事故

   

 

 暗殺被害者・金正男

 

 

         

 

事件はその後様々な事柄が報道機関を経て、マレーシアの警察、保健省等の国家機関から、

大凡の事件の概要が発表されたが、今の所北朝鮮は被害者の遺体は金正男氏とは別者と否定している。

現在は被害者の指紋確認、家族から提供されたDNAの医学的鑑定から、被害者は金正男氏と断定された。

死体は現在はマレーシアに安置されている。

金正男親子

 

このコーナーでは今回の事件の様々な報道機関や専門家の意見を謙虚に見聞きして、

事件を解剖してみようと思う。出来るだけ客観的に述べたいが、情報の間違いや判断の誤りもあると思うので、

その点はご容赦願いたい。飽くまでの筆者の私見である。

資料としてはNewsWeek、日本の報道機関各社、BBC(英国),Reuter(米国),CNN(米国),新華社(中国)、

中央日報(韓国)の記事やコメント・論文を下敷きにしている。

 

 

02回以降は先ず時系列的に、事件の概要を書きその都度付帯する事実を書きたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「サワラチャンの加計呂麻島日記-2017-03-14号」

2017-03-14 14:50:43 | 教育

 

New ・ サワラちゃんの


 加計呂麻島日記 & 貝殻採取

2017-03-14号

 

 

奄美の冬も既に終わって、もう桃の節句も過ぎて春たけなわ

 

日本の梅の花盛り

中国もが満開

ワシントンの

 

もう日本も桜前線が3/22の北九州を皮切りに北上するとか・・

桜前線は5月の北海道上陸まで、日を増して速度が速まる。

 

 喫茶店でちょっと一服 - 1 

     Goo blog character     

     

 

暫くブログがお休みになってしまった。畑の方も忙しく、そしてTwitterにすっかり嵌ってしまったからに他ならない。

Twitterは今や日本の政治家から始まって、一般の方までが広く使っている。

Twitterの最大の利点はニュースの速さだ。

WEBの報道機関も速いが、Twitterの速度はそれ以上である。BBCやReuter(ロイター)はとにかく早い。

日本の報道機関もこのような国際的な報道機関から、共同通信を通して情報を得ている。

これだけでもTwitterが一般のWEBを凌駕するか分かるというものだ。

著者がTwitterでニュースを投稿してから、日本のWEBが追いかけて記事を掲載するのは何時もの事。

PIKO PIKOなぞやってられないのである。

まあ、そんなことで、すっかりブログから遠ざかってしまった

 

 

畑奮戦記!!

 

ジャガイモが大収穫! 

例年、余りジャガイモは上手に収穫が出来なかった。

インカのジャガイモも大失敗!

しかし、今年は逆転ホームランだ!

 

       

形は不揃いだが大きさも可なりである。早速収穫してカレーライスと相成った。

 

ホクホクしてとても美味しい。長年の苦労が実った。

 

春の初め カタツムリにボロボロになってしまい、全て投げようかと思いつつ、

そのままにホッテ置いたら、全て完全回復してしまった!

 

   

 

植物の生命力には驚かされた。

しかし、一難去ってまた一難!

   

 

水分と成長ののバランスが合わないと、キャベツが割れる。難しいもんだ。

鮮度や美味しさには関係ないので、冷蔵庫の野菜コーナーに入れる羽目。

ここにはパパイアも入っている。満員御礼だ! 

 

喫茶店でちょっと一服 - 2

     Goo blog character     

   

 

Twitter の面白さ

現在、著者(以後 爺)のTwitterは日本国内の一般的個人から、様々な分野の専門家と繋がっている。

フォローワーとフォローである。

 

その中には安倍総理大臣、菅官房長官から始まって、数多くの代議士が登録されている。

深夜にはホワイトハウス、トランプ大統領、娘のイヴァンカ女史、ペイン副大統領からの書き込みが入って来る。

変わったところでは、マイクロソフトのビルゲーツ氏などだ。

英文で書き込めば、彼らに直接メッセージが伝わる。ブロックされていないのでOKだ。

 

     

 

ピコピコでは出来ない訳ではないが、しり込みしてしまうし。メールではブロックされるのが落ちだ。

Twitterの素晴らしい所は、本人が直接入力している点だ。これは重要である。

 

台湾総統 蔡英文

 

先日の3.11の東北大震災の6年目の日には、総統自身から日本国民に対して、

丁寧な日本文で弔意が投稿された。多くの日本人が見たと思う。

Twitterならではの事である。これで総統の人格が生のままで理解できる。

文章は人格を表すのである。

報道は他人が情報を基にして書くので恣意的になる。

Twitterの書き込みは地の儘が出る。本音が出るのだ。ここが大事である。

トランプ大統領は選挙前から、報道機関から評判は芳しくなかった。攻撃一方であった。

つい、日本人は遠国の事なので、それを信じる事になる。

爺の島でもこのケースが非常に多い。人の話の受け売り!

 

 

 

しかし、Twitterのお陰でとBBCやReuter等の外国報道機関の報道を見聞きして、

それが実態に即していないという事が解って来たのである。

さて次回は・・この続きを・・

国際政治経済の裏表を垣間見る! 

そして

 

金正男暗殺事件の裏表をどう考えるか?

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「サワラチャンの加計呂麻島日記-2017-02-07号」

2017-02-07 16:27:34 | 教育

 

New ・ サワラちゃんの


 加計呂麻島日記 & 貝殻採取

2017-02-07号

 

 

2月に入ってから暖かい日が続いています。山の中でイノシシを撃つ猟銃の音が木霊している。

緋寒桜も咲き始め蝋梅も花開いています。もう春の足音が強く響て来ています。

 

      

 

 

 

 対馬の仏像盗難事件 その2

 

 

筆者は文化財や仏像関係の専門家ではないが、長年足を使って数多くの仏像を神社仏閣や博物館等で観て来ている。

そのような経験を基にして、今回もこの仏像を論じてみたいと思う。

 

先般韓国の地方裁判所で、対馬から盗まれた観音寺の所蔵する仏像に対する判決が言い渡された。

「韓国の忠清南道瑞山寺・曹洞宗・浮石寺(プソクサ)に対して、問題の仏像を引き渡す」という判決。

しかし、韓国検察庁はこれを不服として控訴をして、同じ裁判所で控訴事実が認められた。

結果的には浮石寺への即時引き渡しは停止された。

 

この判決を読んで、不思議に感じる点がすぐ分かる。

1-この仏像の体内に納められていた文書の存在は認めたが、内容を判決の中で公開していない。

2-この仏像を高麗佛と認定した。          

判決文の内容を実際に見ていないので、軽率なことは書けないが、

少なくとも韓国の文化財研究所等の科学的な鑑定を基に、司法判断したものかは疑義がある。

また、浮石寺の倭寇による盗難流出によるという証拠も確認していない。

寺の言い分を一方的に認めただけである。これでは初めに結論ありと言わざるを得ない。

初めから政治的な意図をもって、主文を決め、それに見合った判決文を書いたに過ぎないと言わざるを得ないのである。

 

韓国の検察庁がどのような意図を持って、控訴を決めたかは色々考えられる。

ハッキリ分かっていることは、

韓国裁判所の判決で、この仏像等の窃盗犯8人のうち、7人が懲役1~4年の実刑判決。一人は無罪であったことだ。

2012年に盗まれた対馬の文化財は、「銅造如来立像」(統一新羅時代)、「銅造観世音菩薩坐像」(高麗時代)、

「大蔵経」であった。未だに「大蔵経」の行方は不明となっている。経典は小さく分割できる紙製のものだから、

幾つかに分けられて蒐集者に手渡った可能性が高い。何れにしても韓国司法当局は盗難品と認定したのである。

しかし今回の裁判の案件となった「銅造観世音菩薩坐像」の日本への返還を認めなかった。

 

文化財不法輸出入等禁止条約(1972年発効)

 

国際的な文化財の取り決めには、上記のような条約が有る。文化財の不法な搬出を禁ずる国際的な取り決めだが、

発効以前(1972年)に起こった問題には適用されず、盗難品に限られている。

本来なれば盗難品であることが明白であり、1972年以降の事件であり、犯人の処罰もされている事から、

即日、日本に当該仏像は返還されてしかるべきである。しかし、そうはならなかった。

 

世界中にはこのような文化財の返還問題はたくさん存在する。

英国の大英博物館やドイツの博物館には、超国宝級の他国の文化財が存在するのは事実である。

ロゼッタ・ストーンやエルギン・マーブル、ネフェルティティ胸像など・・

しかし、所有している側は正当な手段で入手した主張して、難航する場合が多い。

 ロゼッタ・ストーン、エルギン・マーブル、ネフェルティティ胸像

       

 

 

ナチスがフランスなどから略奪した文化財 

     

 

最近でも ナチスがフランスやオランダなどのヨーロッパ諸国から略奪した文化財が、

政府間の取り決めによって返還された案件も数多い。

今回の問題は仏像や経典など、アジア独特の歴史的な経緯が関係し、日韓の政治的な問題が絡んでいるので、

単に法律的にすんなり解決するレベルの問題ではなくなっている。

 

慰安婦像設置問題・強制労働者像問題 

   

 

文化財の返還問題だけに限るのであれば、本来関係ない筈ではあるが、最近の日韓には多くの歴史的因縁の有る政治問題や、

一見関係ない筈の「南京大虐殺」の問題までが政治問題化し、それが微妙に影を落としている。

 

APA HOTEL の歴史書の問題

 

      

 

この項では政治問題は取り扱わないので、これ以上論術しないが、唯でさえややこしい問題を一層解決困難に仕立て上げている。

次回はさらに踏み込んで、今回の高麗佛と言われる仏像の由来の、歴史的な真相について迫ってみたい。 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「サワラチャンの加計呂麻島日記-2017-01-30号」

2017-01-30 14:15:54 | 教育

 

New ・ サワラちゃんの


 加計呂麻島日記 & 貝殻採取

2017-01-30号

 

 

1/29辺りから奄美の気温が急上昇! 最高気温が22℃となった。

急に温度が上がった影響か、身体の怠さを感じている。

全国でも同じような状態のようだ。まだまだ春は遠い。寒さはこれから・・

 

 

 塀の向こうの畑の<クワズイモ>の葉が、元気いっぱいだ。

明るい太陽の光に照り輝いている。


本州ではもう春の使者が訪れている!

 

野生の菜っぱ・・・どこからともなく生えて来る。

味噌汁や炒め物に最適。有難い自然のプレゼント

 

三河島奈 

 

 

対馬の仏像盗難事件 その1

 

 

先日来ニュース面を賑わした対馬の盗難仏像の韓国裁判所の判決が有ったのはご承知の通り。

日韓の間で喧々諤々の意見が飛び交っている。最近は慰安婦の少女像の設置に絡んで、政治状況が大変な状態だ。

今回は政治状況の問題は一旦横に置いて、純粋に文化財からの視点で書いてみようと思う。

 

5年前に長崎県対馬市の寺から盗難にあった観音佛

 

 

筆者は文化財や仏像関係の専門家ではないが、長年足を使って数多くの仏像を神社仏閣や博物館等で観て来ている。

そのような経験を基にして、この仏像を論じてみたいと思う。 

 

 

 

 

この観音と称される仏像。お顔立ちからはそのものずばりの観音像である。

しかし、仏像の印相を見ると疑問が出て来る。仏像の印相を見て頂きたい。

 

  阿弥陀如来

  

 仏像の手の形や組み方を印契あるいは印相といい、略して「印」と呼ぶが、この観音像は例に挙げた阿弥陀如来と同じである

 

 

観音像の印相

            

 

例として十一面観音、聖観音、如意輪観音を見てみると良く理解できる。

如来とはまるで違うという事が解るであろう。

 

仏頭の髻(もとどり)

    

 

仏頭の曲げ=髻・・が右の大日如来に同じ

また良く仏頭を良く見ると、以前は仏頭に宝冠が有ったようにも見受けられる。

大日如来

 

上記の大日如来は運慶の慶派の代表的な仏像である。下段の円成寺の大日如来は誰でも教科書で覚えが有るはずだ。

対馬の「観音寺」の所有物とされているので観音とされているが、元々は如来系の仏像ではないかという憶測が成り立つ。

 

仏像の鑑定

仏像の鑑定は専門家の手によって、科学的に行われている。日本では東京芸術大学に専門の教育機関が大学院にあり、

奈良の国立博物館等でも研究機関が、専門家の立場で仏像の鑑定・修理修復を行っているのが日本の現状である。

仏像の外見的な様式、仏像に付帯する文書資料、仏像内の様々な資料(体内仏や文書他)

だけでなく、仏像の材質まで科学的に検査するのである。木造で有れば木の材質(檜など様々)で産出地まで分かる。

 

 

金属はブロンズで有れば銅と錫、その他希少金属の混合割合が、時代や国ごとに違うデータを使って、

大凡、製作時代や国まで特定できるのである。韓国の研究機関でも同じ手法が取られている筈である。

今の段階では詳細が発表されてはいないが、仏像体内に文書が有ることは判明している。

この文書の内容からは更に詳しい内容は判明できる。後はこの文書の真偽だけである。

 

 

今回の段階ではこの仏像の外見面だけを取り上げて検討してみた。それだけでもこの仏像の問題の謎が出て来た。

次回はこの仏像の伝来した歴史的経緯を考えてみよう。

韓国の浮石寺の住職の発言 「倭寇による略奪!」??

 

蝋梅

コメント
この記事をはてなブックマークに追加