サワラちゃんの加計呂麻日記

奄美群島・加計呂麻島から文化の発信を試みております。自然・政治・経済・民俗学など想い付くままの事柄どうぞお聞きください。

「サワラチャンの加計呂麻島日記-2017-04-22 号」

2017-04-20 15:08:09 | 教育

 

New ・ サワラちゃんの


 加計呂麻島日記 & 貝殻採取

 

2017-04-22号

 

 

 

  

 

 奄美の白百合が咲き始めた。海岸の道端に潮風にそよぐ風景が今年も見られる。

一株だけポットに移してみた。そのまま根付くかどうか?

植え替えた白百合

 

畑の柵代わりに植えた一枝のバラが、5年で畑の周りの3/4を埋め尽くした。

原種ならではの繁殖力。毎年大きくなる。今年は満開!

お客には枝を分けてあげる。 その内に島中<ナニワイバラ>が咲きだす。

 

ナニワイバラ 

     

ナニワイバラ 

  

 

 

      

特集 ・1

シリア情勢 

 

米中会談が始める前に、中東シリアで化学兵器とみられる攻撃が有った。

現在の所犯人はハッキリと特定されていない。シリア政府、ロシア、米国、ISISが候補に挙がっては居るが。

それぞれ否定をしている。しかし、第三国の二か所の研究機関が、サリンやそれに類似した成分を確認した。 

 

 

 

米国がシリアの戦闘機が駐機している飛行場を、地中海からトマホーク59発を撃ち込んだ。

情報が錯綜しているのであるが、ロシア政府には予め通告している事が解った。

破壊率は20%とか。攻撃後、暫くしてシリアの攻撃が再開された。

 

トマホークの着弾地点 

 

 

戦闘機の掩体壕 

 

 

米中会談の途中で中国の習近平国家主席に対して、トランプ大統領がシリア爆撃を通告した。

大凡は中国も事前通告は受けていた筈だが、これ程早く実行するとは予想していなかったようだ。

それだけに中国政府の驚きは大きかったようだ。

 

米中会談 

 

 

ロシアはシリア政府もサリン攻撃を否定してる。ISISが予めサリンを隠し持っていて、

偶然にシリアの攻撃で破壊されたとしているが真偽は分からない。

サリンは高度な科学技術が無ければ製造できない。

何処の国が提供したか・・謎は深まるが犯人を特定するのは難しいだろう。

 

アサド、プーチン大統領 

 

 

北朝鮮問題で朝鮮半島は危険度を増している中、以前、日本と北朝鮮を結んでいた貨客船万宝峰号が、

ロシアのウラジオストックとの間で、新たに就航することになった。

この船は日本の経済制裁の一環で就航を中止していた船である。

 

万宝峰号

 

 

 最近中国政府と北朝鮮は折り合いが悪く、石炭の中国からの返却も始まっていた折りの事である。

ロシア政府の北朝鮮への接近であろう。北朝鮮労働者の導入希望が背景にある。

それ以上に北朝鮮の中国離反、ロシア接近の一つの姿であろう。

 

 

   

 

特集 ・2  

 

北朝鮮情勢 

 

北朝鮮情勢は日増しに厳しさを増している。北朝鮮の核実験場の衛星からの、

 米ジョンズ・ホプキンズ大の北朝鮮分析サイト「38ノース」は18日、

電話記者会見し、北朝鮮北東部・豊渓里にある核実験場内でバレーボールが行われている様子が、16日に撮影した。

非常に不思議な現象である。何かを意図としているのであろう。欺瞞であろうという見方が強い。

 

核実験場とバレーコート

   

 

4/20になって核実験監視の米偵察機WC135が緊急発進した。

同日頃、「北が中国に核実験を通知」との噂も出ていた。未確認ではあるが・・・。

【北朝鮮情勢】核実験「待機状態」か 米大分析サイトが公表 された。

 

 北朝鮮の核・軍事基地

 

 

米空母カールビンソン 

 

米国第三艦隊の空母部隊は、4/15日には朝鮮半島の東シナ海辺りを航行している筈だった。

ところが実際にはシンガポールを出航した艦隊は、インド洋で共同訓練をし、インドネシアのスンダ海峡(Sunda Strait)を、

通過していた。現在はユックリとしたスピードで、目的地の朝鮮半島沖に向かっている。

東シナ海の済州島沖まで来るのは、4/25とされている。何故、このようにゆっくりした行動を取ったのか?

 

航路 

 

空母・カールビンソンが奇妙な行動を取った背景には、2つの理由が有るとされている。 

1-北朝鮮に空母の行動を知られたくなかった。戦略上の理由である。

2-第七艦隊空母・レーガンが横須賀で整備中である。それが5月初旬まで掛かる。

この関係でカールビンソンは思わぬ行動を取ったのである。しかし、北鮮はこれを認識していた。

その答えが核実験場でのバレーボールであろう。

知っているぜ!>というサインであろう。 

 

第七艦隊空母・ドナルド レーガン

 

 

 

中国高官韓国訪問 ・武大偉

 

 

米中会談後は中国の出方を見ていると、段々変化が出て来た。

中国の武大偉朝鮮朝鮮問題担当の高官が、韓国を訪れていた。

北朝鮮には拒否されている。しかし、韓国のTHAAD問題は相変わらず拒否である。

 

朝鮮半島周辺の情勢

 

4/21現在では中国の人民解放軍が、鴨緑江の周辺地域を15万の軍勢で固めたり、

戦闘機、大型爆撃機を飛ばして厳重に警戒を始めている。

米国のトランプ大統領はその行動を評価した発言までしているのである。 

 

金書記長亡命工作 

 

 

現在までハッキリとした確証がないので、掲載を控えて来たが、

4/20現在、国会議員も含めて公開の場で公言しているので、

皆さんもご存知かとは思うが、事実関係を掲載してみたい。 

 

    

 

<韓国紙「朝鮮日報」(10日付)は、現在韓国国内の情報誌の内容を引用し、

「4月末までに、中国当局が金正恩委員長の亡命を説得する。

説得が失敗に終われば、米国は先制攻撃を加える」と報じた>

 

日付については4/20という説もある。昨日、夜半、

北朝鮮はこの事について拒否した>というニュースが流れた後、

沖縄から米軍の大型偵察機が発信し、給油を受けながら現在偵察中である。

 

石涛

 

 在米中国問題専門家の石涛氏も、中国語ラジオ局「希望の声」の評論番組で同様の見解を述べた。

中国当局は過去、故ノロドム・シハヌークカンボジア国王を保護したことがある。

金氏に対しても、例えば、マレーシアなど他の国に亡命させ、その後の面倒をすべてみるのは十分考えられる

ノロドム・シハヌークカンボジア国王の保護は歴史的な事実であるが、

飽くまでも未確認の憶測であるが、単なる週刊誌的与太話ではないであろう。

現在の所、国会議員や専門家の一部もこれを認めているが・・・ 

これがもし現実に実現すると劇的な変化が朝鮮半島に訪れる。        

 

 何故、世界は北朝鮮の核開発をこれ程までに懸念するのか??

その答えはケ国の政治的な絡み合いの結果生まれるのである。

 シリアと北朝鮮

    

 

イランとイスラエル

         

 

 次回はその解明をしてみようと思う。

 

   

 

特集 ・3

 サイバー攻撃

  

 4/16に行われた北朝鮮のミサイル発射は、打ち上げ4秒後に爆発して失敗に終わった。

最近の同型のミサイルの失敗率は88%とか言われている。

オバマ時代から始まったと言われているサイバー攻撃。

 

 

米国どころでなく、中国のサイバー攻撃、北朝鮮のサイバー攻撃は相当ハイレベル化しているとされている。

サイバー攻撃はコンピューターの回路を電子的に破壊してしまうから、一瞬にして産業・医療基盤を破壊できる。

核戦争の破壊の中の大きな要因はこの電子的破壊力に有る。ミサイルには事故に際しての自己破壊装置が装備されている。

この装置にアクセスして突然破壊をしてしまうのであろう。打ち上げ技術的な問題ではないようである。

 

   

 

特集 ・4 

  

 

 金正男暗殺事件の裏表をどう考えるか? 

 

 

 

 もう過去の事件となってしまった「金正男暗殺事件」の本質は、一体何だったんであろうか。

この事件の報道はマレーシア当事国ではなく、他国の方が非常に的確で速かった不思議さがある。

気が付いていた方も居るであろう。不思議である。何故か??

 

遺体の搬送 

 

事件の関係者とみられた複数の人間は、殆どマレーシアの大使館要員と引き換えに帰国してしまった。

残ったのは直接の加害者とみられる、ベトナム・インドネシア人の女性が2人のみである。

後、VXとみられる化学薬品が検出確認されただけだ。真実は歴史の闇の中に消えて行った。

 

直接の加害者とみられる被疑者

 

金正男氏の長男・キム ハンソル氏はオランダ、中国、米国、X国の手引きの中で、マカオから消えて行った。

今どこに潜んでいるかは何の確証もない。米国という噂はあるが。

では、この事をどう考えるべきなのか? 北朝鮮の大きな騒動とは別個の事件なのだろうか?

少なくとも米中各国は、この長男をどのように将来しようと考えているのだろうか。

ここに視点を移すと、思いがけない事が浮かび上がって来る。

 

金正男氏の子息・ キム・ハンソル

 

 噂の金書記長

 

 

 次回は朝鮮半島が大きく燃え上がらなければ、この事を考えてみたい。

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「サワラチャンの加計呂麻島日記-2017-04-15号」

2017-04-15 06:33:46 | 教育

 

New ・ サワラちゃんの


 加計呂麻島日記 & 貝殻採取

2017-04-07号

 

 

 

桜前線の北帰行はどこまで行ったであろうか。

 

 

 

 

 

      

特集 ・1

米露会談始まる 

 

ティラーソン米国務長官(左)とラブロフ露外相

 

4/12いよいよロシアに於いて、懸案の米露外相会談が始まった。

初めはロシアの抵抗が強かったが、一応予定通りである。

 

 

テラーソン氏は険しい顔付である。

 

 

 ここに写真はないが、この後当初Stopが掛かった、プーチン大統領との会談も開催された模様。

初めはロシアは頑なだったが結局折れた。これには裏の理由が有るようだ。

最大の理由はテラーソン国務長官の以前からのロシアとの熱い人脈であった。

特に彼がエクソンモービル会長だったころからプーチン氏とは親しく、ロシアから勲章まで授与されている。

これでは上手く行かない訳がない。人脈とはこのような時効果を発する。

 

 

次に考えられるのはシリアの化学兵器攻撃の下手人が、米国ではない?と云う事かもしれない。

今の所真実は闇の中だが、ロシアにも弱みがあるという事だろう・・・?

何れにしても会談が行われた。無論、大統領からの非難は有った。

米国は国際法違反である>・・たしかに法律上は問題はあるのだ。  

シリア&ロシア 

 

 結果的には米国とロシアの決定的な対立は回避された。

米露の対立は歴史的な事実が多くあり、古くはキューバ危機が有名である。 

 

中露電話会談

 

4/12にどちらからの要請かは定かではないが、トランプ&習電話会談は有った。

中国からの先の米中会談の<お礼の電話>とも言われてはいるが、

双方の言い分は違うのである。何れにしても電話会談は有った。

 

トランプ&習

 

 

 

   

 

特集 ・2 

北朝鮮情勢 

 



豪紙デーリー・テレグラフ(電子版)によると、米政府は11日までにオーストラリアなど同盟国に対し、

北朝鮮が弾道ミサイルを新たに発射した場合には迎撃する用意があると通知した。

これを受け、豪州などは迎撃を支援する態勢を整えた。米国がシリア攻撃に踏み切ったことで朝鮮半島でも緊張感が高まっている。

 同紙によると、情報筋は北朝鮮が故金日成主席の生誕105周年を迎える今月15日ごろかそれ以前に

弾道ミサイル試射に踏み切る可能性があるとみている。

 米軍が共同使用し、北朝鮮のミサイル発射をレーダーなどで監視している豪州内陸部の

パイン・ギャップ基地が支援態勢に入ったという。同基地は、旧ソ連の弾道ミサイル実験監視などにも対応してきた。

 米海軍は8日、原子力空母カール・ビンソンを中心とする第1空母打撃群をシンガポールから

豪州に寄港させる予定を変更するなど、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮への牽制(けんせい)を強めている。

   (シンガポール 吉村英輝)

 

原子力空母カール・ビンソン
 


 

4/06~07で米国・フロリダで行われた米中首脳会談の中で両国が確認したとされる、
北朝鮮に対する核兵器、ミサイルなどの開発廃止、停止抑制要求から、
北朝鮮が強く反発してICBMなどの長距離ミサイルを発射する危険性がある事から来ている。

報道機関などの情報からXデーとされる日は
4/11~15 / 4/30 /  5/09
とされている。しかし、これは飽くまでも憶測である。
仮にミサイルなどの発射が有った場合、どこに飛んで行くかは予想できない。
射程距離もグアム程度までは確実のようだ。
唯、精度が低い関係で思わぬ事態も想定される。

奄美群島は常識的に観て危険性は低いが、
精度が低いので思わぬ事態もある。
そのような観点から注意は必要であろうと思われる。


 
常識的なことであるが・・

 

[北朝鮮の挑発「容認せず]

米、必要なら断固行動  

 

 ワシントン共同】スパイサー米大統領報道官は11日の記者会見で、

トランプ大統領は北朝鮮の挑発行為を「容認しないことをはっきりさせている」と述べ、

弾道ミサイルの発射実験などを行うことは認めないと強調した。

こうした米国の方針は北朝鮮に伝わっているとの認識を示した。

 スパイサー氏は「シリアに(ミサイル攻撃で)示したように、大統領が行動する時は、

米国の立場を示すため決然と適切に行動する」と述べ、必要なら断固とした行動を取る姿勢を見せた。

 「大統領は全ての選択肢をテーブルの上に置いており、手の内は見せないようにしている」として、

軍事力行使も選択肢であることを指摘。 

 

「無敵艦隊」派遣と米大統領」  
 
 
米大統領は空母打撃群を朝鮮半島に向かわせたことについて「無敵艦隊を派遣した」と述べ、北朝鮮をけん制。

 
 

 

   

 第三米国空母艦隊攻撃用空母・カールビンソン

 

米国第三艦隊の空母部隊がシンガポールからオーストラリアに向かっている途中で、

本国からの命令で朝鮮半島近海までのBackを命じられた。

つい先日までは海上自衛隊などと、東シナ海で合同訓練を行っていたのである。

米国国務長官は特別な目的ではないと表明しているが・・

誰もそんなことは信用するはずはない。重要な目的があるからだ。

朝鮮海域には韓国軍と4/30まで合同訓練が、第七艦隊空母と共に行われている。

詰まり、後詰である。用意周到な布陣である。

 

 

 中韓会談

 

この頃韓国では中国の武大偉・中国外交部朝鮮 半島事務特別代表と韓国外務省に於いて会談が行われた。

最近までTHAAD(サード)問題で、中国が韓国に様々な嫌がらせをしていたにもかかわらずである。

何故か?

1-韓国大統領選挙の情勢が中国の予想を覆し始めたから。

2-米中会談が当初の思惑と違って、中国の失敗に終わったから。 

余後のフォローを慌ててし始めたのであろう。気位の高い中国にしては珍しい!

 

 麻生財務大臣

 

米側のトップを務めるペンス副大統領が来日する日程がある。

それが4/18までに「ひょっとしたら行われるかどうかわからない?」と発言した!

麻生副総理の発言は冗談ではない・・<何が言いたいのか?>

答えはすぐ解るであろう。

朝鮮半島有事が有ったら、会談は中止になる」と云う事であろう。

それだけ現在の朝鮮半島は危険な状況だという事になる。 

 

北朝鮮の声明

 

現在北朝鮮は政治的行事の真っ最中である。

 北朝鮮は、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が最高指導者に就任して4月11日で5年となる。

これに先立って何時もながらの米国に対する強いメッセージが発表され、

一段と緊張が走った・・ミサイル発射・6回目の核実験である。

このことが、或は北朝鮮の各種の行事が集中する今月に、ミサイルなどの発射・核実験があるかも・・・

麻生財務相の発言は何らかの情報を基にして、出て来たものと憶測できる。

通常このような事項は発言を慎むのが常識。 詰まり危機感の表れと国民に対する情報の発信である。 

 

北朝鮮の外交委員会の再開 

 

中国の武大偉代表の訪韓のニュースと前後して、面白いニュースが飛び込んで来た! 

今迄19年間も開催されていなかった「北朝鮮外交委員会」が、

今回改めて開催されることになった。 

 

これは何を意味しているのだろうか?

 

今まで強気一辺倒だった北の首脳が、今になって外交委員会を開催する意味があるのだろうか。

金正日時代ならそれは考えられるが・・・

一つ考え付くことは、中国の北朝鮮政策に大きな舵取りの変更。

もう一つは北朝鮮の危機感の表れであろう。

米空母部隊が朝鮮半島に2つも展開が決定し、果たして北朝鮮が対抗できるか?

 

北朝鮮からの石炭の輸入停止 

 

中国に北朝鮮から輸入された石炭が、商社の船で北朝鮮に全量返却されている。 

輸入停止処分が始まっている事実がある。いずれ、石油などの重要な製品が、中国から輸出停止になる事も予想される。

この事に対する危機感が、19年振りの「外交国委員会」の再開になったのではないだろうか?

 

 

 

 

何れにしても米中会談後、中国の外交姿勢は変化している。

これが朝鮮半島の危機に大きく影響して来る事は間違いない。

今後、4/15から4/30、5/09の韓国大統領選挙まで、注意はしなければならないが、

少し明るさも見えて来たような感じはするが・・4/13現在。  

 

北朝鮮がサリン弾保有も (4/13・Reuter

 

 

首相、抑止力強化訴え・・・安倍晋三首相は13日の参院外交防衛委員会で、

北朝鮮について「サリンを弾頭に付けて着弾させる能力を既に保有している可能性がある」と述べた。

猛毒サリンが使われたとみられるシリアの惨状を踏まえ、北朝鮮への抑止力を強化する必要性を訴えた。

国際社会の批判を無視して北朝鮮が核・ミサイル開発を進めていることに触れ「北朝鮮の行動を改めさせる必要がある。

圧力をかけていかなければ、彼らは対応を変えていかない」と語った。 

 

大規模爆風爆弾 

  

  

【ワシントン共同】米軍は13日、アフガニスタンで過激派組織「イスラム国」(IS)の施設を狙い、

大規模爆風爆弾(MOAB)を投下した。核兵器を除く通常兵器として最強の破壊力を持つとされ、使用は初めて。

重量ー9t。 爆薬ー9.600kg

 

アメリカ・マティス国防長官

 

 

アメリカのマティス国防長官は仮に北朝鮮に先制攻撃をする場合は、通常型爆弾を使用すると言っている。

これはReuter電から来ている報道である。この意味は「大規模爆風爆弾」を使うことを示唆しているのであろう。

核兵器に次ぐ強い破壊力を持つ爆弾とされている。

 

太平洋戦争中、日本軍が大型飛行機に数トンの爆薬を装填し、体当たり攻撃を行った模様で、

この破壊力は数km四方が火の海になるものだそうだ。実際の効果は報道されてはいないが。

恐らく、米軍はこの兵器を模したものかもしれない。

 


     自民党、北朝鮮有事に即応確認 
二階俊博幹事長「遠くへ出かけないように」と所属議員に伝達

 
自民党は14日の役員連絡会で、朝鮮半島有事に備え、即応できる態勢をあらかじめ整える方針を確認した

 二階俊博幹事長は同日の記者会見で、北朝鮮について「正直に言って、見通しは立てられない。

慎重に見守りながら、後れを取らないようにしたい」と述べた。

その上で「予定もあるだろうから急に縛りをかけているわけではないが、ただちに招集に応じられるよう

、遠くへ出かけないように、という気持ちは(議員らに)伝えてある」と語った。 

 



 


[中国消息筋「韓半島海域に潜水艦20隻急派…戦争勃発に対応

韓国・中央日報
 
日本列島の近海で宋型潜水艦発見! 恐らく海上自衛隊かも?
 

宋型潜水艦 

 

 

 日本海域で確認された中国潜水艦宋型は、1999年から就役した、

中国の国産の039型ヂーゼル型潜水艦。新世代型潜水艦。

現在、朝鮮半島付近に20隻遊弋中とされている。型式は不明! 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「サワラチャンの加計呂麻島日記-2017-04-07号」

2017-04-08 10:33:32 | 教育

 

New ・ サワラちゃんの


 加計呂麻島日記 & 貝殻採取

2017-04-07号

 

 

筆者の畑の周囲数十mの垣根のナニワイバラが真っ白い花を盛んに付け始めた。

 

 

 

原種の棘のとても鋭いバラで、成長力も大変強い。

ホンの数本のバラの苗を植えて、5年でこんなに成長する。

 

  

 

玄関先に奄美の地元の蔓バラが咲いている。小さな赤のバラだ。

草むらに咲く花。地味だが可憐である。

 

  

 

 中国の春の一コマ 一面のチューリップ

 

 

野辺の花々の一群 

 

カタクリ 

 

もう北半球は春爛漫である。 

 

 

喫茶店でちょっと一服 - 1

     Goo blog character      

   

 

 ダイヤモンド

 

   

 先日、アフリカでダイヤモンドの許可された鉱山の中で、

牧師さんが掘り当てた705カラットのダイヤの原石。

カットして仕上げたら、どの位の商品になるか?

その内に発表になるであろう・・・

 

天然ダイヤの原石

 

現在、良質のダイヤであれば1カラット=250万円とか・・  

 

 ピンクの大型ダイヤモンド

 

59.60カラット大粒ダイヤモンドピンクスター」

 

香港で宝飾品販売の周大福珠宝が過去最高額 

 

 

 7120万ドル(78.8億円)で落札した。

 

 

イングランドで最も小さい城、売りに出ている 築190年の「モリーズロッジ」

 ウォリックシャー州のロングコンプトンの村外れにあり2470平米の敷地

ゲストハウス付きで£55万≒7600万円 ロンドンの下手なフラットより安い 。

 

どちらを買いますか・・? 各自計算してね!

 

 

 

 

米中会談が4/06~7に開催される 

 

フロリダ州パームビーチの高級別荘「マールアラーゴ」で中国の習近平国家主席との初会談に臨む

 Mar-a-Lago

(スペイン語で・・海から湖へ)

 

 

この別荘は以前はある富豪の女性所有であったが、その後米国政府に渡り、

最後はトランプ大統領の所有となって現在に至る。

先回の日米会談の会場でもあった別荘である。会員制のクラブでもあり2.000万円とか。

それで、一応中国も面目を保てたという事か。フィンランドを4/06夕刻立って移動か。

 

 

 

 

 先回のオバマ大統領の会談ではあまり満足した対応は受けなかった。

今回はどうであろうか。注目したいものだ。

トランプ&習 各氏

 

話し合いは如何でしょうか???

 

米中会談は最終盤の模様。何とか行った模様。

トランプ大統領は握手が大嫌いだそうな。大サービスである。

 

 

詳細は次回で・・

 

 

米中会談直前のミサイル発射事件 

   

 

ミサイル発射事件は潜水艦から発射する型のミサイルの陸上変更型のようである。 

 

防衛省の発表では<ロフテッド型>ではない模様で、実験は失敗とされてはいるが、

確実に技術力は向上している様である。4/15は北朝鮮の記念日でも有る。

<ロフテッド型>の場合は高度1.000kmにも達することが出来、

下降の際の速度が非常に早く邀撃が難しいそうである。

 *アメリカ国防総省 の当局者は詳しい分析の結果、 、中距離弾道ミサイル「 」と見ていると明らかに。

 

 

 

サンクトペテルブルグ地下鉄テロ

 

現地時間4/03にプーチン大統領が故郷のサンクトペテルブルグに帰郷を狙ったかのようなテロが発生した。

11人が死亡、45人が負傷した。ロシアの通信社の4日の報道によると、

キルギスタン当局は同国生まれのロシア国籍を持つ市民が実行犯である可能性があると述べた。

背景はISISであろうとされているようだ。

  

 

 

追いかけるように惨劇は続く

 

シリアに於けるサリンガスの爆弾投下

 トランプ米大統領は5日、シリア北部の空爆で市民に対して化学兵器が使用された疑惑を巡り、

「いくつもの一線を越えた」と同国のアサド政権を非難した。ガスは「サリン」とされている。

 

痛ましい・・少女が父親に抱かれて 

 

シリアのアサド政権が過去の例にある通り一番疑われている。

当然、裏にロシアが関与していると見られているのである。

国連安全保障委員会は開催され討議が続いている。

 

国連安全保障委員会 

 

今回のテロや化学兵器の使用は、米中会談の前の事件だけに、波紋を呼ぶことであろう。

直接の関連性があるかどうかは分からない。現代史は複雑怪奇であるから・・・?である。 

 

シリア飛行場へのミサイル攻撃・59発

 

駆逐艦からのトマホーク発射

 

トマホーク

 

事件は突然起こった。米中会談の夕食会の終わった時である。

この攻撃については詳細は次回するが、米国同盟国、ロシア、中国にも事前通知は有ったと思われる。

その証拠に中国からは大きな反発はなかった。ただ、こんな急に起こるとは予想しなかったかも。

またロシアも安保理事会の緊急上程を叫んでいるが、少なくともプーチン大統領は知っているはずだ。

次回に詳細理由を書いてみたい

 

 

喫茶店でちょっと一服 - 2

     Goo blog character      

   

 

  Twitter の面白さ

   

 このブログを見ている方もTwitterをされている方は多いと思う。

ニュースは間違いなく一番早い。海外の報道機関から時間に関係なく情報が取れる。

今回も興味ある国際政治経済のニュースを・・

 

トランプ米大統領、側近バノン氏をNSCメンバーから外す

 

 

 

米大統領は5日米国家安全保障会議 (NSC)を刷新し、

側近のスティーブ・バノン首席戦略官・上級顧問をメンバーから外した。

マクマスター大統領補佐官(国家安全保障問題)が今後、NSCを取りまとめることになる。

マクマスター氏とバノン氏らとの間では主導権争いが強まっていたと言われており、

今回の人事でマクマスター氏の影響力が高まる可能性がある。

バノン氏は白人至上主義で反ユダヤでもある。

 

マクマスター大統領補佐官

 

トランプ大統領・義息子・ジャレッドクシュナー氏と・・

 

米中首脳会談はジャレッド・クシュナー大統領上級顧問崔天凱駐米中国大使の合同作品>・・

これは韓国・中央日報で報道された。筆者は信憑性は高いと思っている。

 

 

以前ご紹介したスナップ写真であるが、1/20のトランプ大統領時にTwitter等の掲載された。

この時すでに何かを筆者は感じ取っていた。それが今回表に浮上して来たのである。見覚えがあると思う。

この写真の見どころは、クシュナー氏夫妻(クシュナー&イヴァンカ)である。

 

トランプ大統領の家族 

   

 

クシュナー&イヴァンカ夫妻はユダヤ教信奉者である。この事が大統領就任後すぐに、イスラエル首相

とトランプ大統領との会談に結び付いた。以後、中国へ首相は向かう。

 

 

 

後を追うように米国国務長官が中国に向かい、習近平国家主席と会談した。

 

 

それからすぐ、ネタニアフ・イスラエル首相はロシアに向かい、プーチン大統領と会談する。

4月11,12日に米国国務長官は訪露する。何のために・・ここが味噌である。

その答えは4/07の米中会談以後に出て来る。さてどう出て来るか??

 

プーチン・ネタニアフ会談 

 

 

 

 金正男暗殺事件の裏表をどう考えるか?  

今回は余りにもBigNewsが多いので、お休みします。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「サワラチャンの加計呂麻島日記-2017-04-01号」

2017-04-01 06:33:23 | 教育

 

New ・ サワラちゃんの


 加計呂麻島日記 & 貝殻採取

2017-04-01号

 

 

 

日本全国は雪国は別として、桜が満開であろう。 

日本から移植された有名な桜並木である。

米国・ワシントン

 

米国連邦議会議事堂付近のさくら

 

たわわに花が咲き誇り 満開である。 

 

 

 

中国のお茶摘み 

 

 

 中国の貴州省辺りのタイ族という人たちが住んでいる地域であろう。

周りには桜が咲いている。

 

 

 

茶摘みの道具も詰み方もスタイルも同じだね。 

 

 

 

日本語の語源の一部はこの辺りから発している。当然に似た様な文化的背景を感じるのである。

桜は原種が日本、台湾、韓国、中国にそれぞれ存在している。 

 

 

 

   

 

   

 

今年はカラスの被害と野良猫の被害が甚大である。

特にカラスは野菜の苗を食い荒らし、折ってしまう程だ。

茄子の苗はボロボロ。トマトも危ないので隔離した。タマネギは無事である。

 

  

 

矢もなくそこらに有った網を応急的に張った。不格好でも構わない。 

まるで、イノシシ対策のような形になった。

ピーマンとパセリだけは嫌いらしく食害なしだ。 

雨は降らなくなり、毎夕水撒きである。今年の夏は渇水かな?

 

ピーマンとパセリ

 

 

野良猫がどこからとも現れ、大繁殖である。

わざわざ、畑の中で糞をしてしまう。ハエが集って散々だ!  

 

 ニャン・ニャン ニャンコの勝手でしょう!

 

     

 

 

 

喫茶店でちょっと一服 - 1

     Goo blog character      

   

 

米中首脳会談は4/06~4/07・・フロリダで。

 

4/06迄 フィンランドを訪問。その後米国のフロリダ迄飛んで行く。

当然、夕刻に到着。セレモニー位は有るであろう。翌日4/07に本格会談が設定される筈。

そして4/07夕刻には中国へ向かう。 実質会議時間は1日である。

ネタニアフ・イスラエル首相が訪露・・・また先に行っている?・・・何故

 

ネタニアフ・イスラエル首相・プーチン大統領 

 

 

今回の米中会談の主要議題は2つ!

1-米中の貿易赤字の解消 2-中国の北朝鮮への政治対策

詰まるところ・・政治的なバーター取引となる公算が大である。

上手く行かなければ、北朝鮮に対する米国の先制攻撃は有る。それで良いのか?

中国政府は(習近平国家主席)はどう答えるか?

次回は、米中会談終了後を・・書いてみよう! 

 

 

喫茶店でちょっと一服 - 2

 

     Goo blog character      

 

   

  Twitter の面白さ

   

3/31は大きなニュースが二件飛び込んで来た。その一つが<韓国大統領 逮捕!>AM3:00 

即、検察に逮捕され拘置所へ連行・・・以後、起訴~裁判が始まる。

証拠隠滅の恐れありと判断されれば・・・そのまま判決まで・・

毎日1440ウオン(¥140円)の食事で過ごさねばならない。判決は禁固刑であろう。

これは苦しい事になりそうだ。禁固10年以上は有ると言われる・・

朴氏は12平方メートル足らずの特別の独房(6人分)に収監される可能性が高い。

トイレを含め、ロッカーや机、テレビ、床暖房など、最小限の家具が備え付けられている。

ここの拘置所には 崔順実被告や最大財閥、サムスングループ経営トップの李在鎔(イ・ジェヨン)被告も収監されている。

 

 

   

 

裁判所に 入廷の際に4年振りで、実の弟が面会に趣いた。

実の妹は居たであろうか? 実母は暗殺。実父も暗殺である。娘は禁固刑に・・・

他人事ながら凄まじい朴家の家庭の歴史である。

いろいろ書きたいが・・もう、余計な事は書くまい。

 

 

          

 

 

 英国の苦難!

 

 メイヤー首相と鉄の女・サッチャー

                 

 

極東アジア、中東と大きな争いが起きている。今度はイギリスでそれが起こってしまった。

 

英国のEU離脱問題ブレキジット(Brexit)」

 

2016年の初っ端にこの事件は起こった。英国がEUから離脱するという国民投票が、OKのサインを出してしまった。

当初、否決の報道機関の予想は見事引っ繰り返り、時の首相は辞任に追い込まれた。

その後を引き継いだメイヤー首相は、先日、EUに対して離脱宣言の文書に署名した。

 

エリザベス女王 

 

 

これだけでも大事件なのに・・今度はスコットランドが離脱騒ぎ・・EUから離れたくない・・・

これでは英国はバラバラになるじゃん! である。

 

ニコラ・スタージョン(スッコトランド首相

    

 

スコットランドが英国から離脱するか否かの住民投票は、2017/09/18に行われる。

次回はこの問題の歴史的背景を書いてみよう。

  

 

    

 

国際政治経済の裏表を垣間見る!

 

 

 

 

 金正男暗殺事件の裏表をどう考えるか?  04

 

          

 

2017-03-30になって、漸くマレーシアでの金正男暗殺事件の、表面的な事件の解決が図られた。 

北朝鮮政府に拘束されていたマレーシア政府の大使館員関係者9人と、

マレーシアで拘束していた北朝鮮大使館員関係者が相互に開放に応じた。 

 

 

その際、マレーシアに安置されていた、金正男氏の遺体も関係者と共に 北京へ 向かった。

3/31のBBC(英国放送)によれば、飛行機には棺桶と思しきものが、

搭載されたようだ。遺体は火葬にはしていないようである。

 

マレーシアに到着した大使館員(3/31

 

 

 

北朝鮮政府はこれまで、死亡したのは「金正男・キム・ジョンナム」ではなく、

所持していたパスポートの名義の「キム・チョル」だとしたうえで、

死因についても、猛毒のVXによる殺害ではなく心臓発作であり、

アメリカと韓国の陰謀によって事件に仕立て上げられたと主張して来た。

これにより北朝鮮内に於いては、この主張が続くであろう。

 

  

しかし、韓国からは反論の文章が30万枚のビラで、北朝鮮内にばら撒かれているようだ。

何れ巷間に流布し、国民は真実を知ることになるだろう。

それ以外に闇のWEBや携帯は封鎖・管理されているが・・時間の問題であろう。 

何れにしても金正男なる人物は、故郷・北朝鮮に搬送されるようだ?

 

マレーシア・北朝鮮大使館

  

 

マレーシア に於ける事件の捜査は、今後困難を極めるかもしれない。

北朝鮮はインターポール(国際刑事警察機構)に加盟していないので、

手配中の犯人逮捕は事実上できない。国外でしか無理なのである。

事件関係者の殆どが北朝鮮に出国し、事件関係者は被疑者であるヴェトナム、インドネシアの女性だけとなった。

彼女らは事件の氷山の一角を担い、事件のごく一部を知るだけの存在であるからだ。

 

 

   

 

 

この事件は 御承知の通り2017-02-13に、マレーシ国際空港の搭乗口付近の辺りで突然発生した。

被害者は北朝鮮の金正とされる人物である。特定までは可なりの時間を要した。

各国からの情報が錯綜した。最後の決め手は日本と韓国からの指紋・DNA等の資料であった。

さらに、マカオに在住したされている、被害者の家族の提供したDNA等の資料だ。

2001-05-01に金正男なる人物が、日本に入国した際に取られた指紋が有ったようだ。

この指紋の資料が今回マレーシアに提供された模様だ。

 

この時点で、オランダがチーフとなって、米国、中国、X国が、金正男氏の息子を、

安全な所に移動させるべく動いていた。この中の一連の中の動きでもあったのである。

X国がどこで有るかの確かな情報はないが・・・推察通りだろう!

 

金正男と東京ディズニーランド密入国未遂事件

    

 

ここに張られている2枚の写真・VTRはその時の物であろう。

このスナップが今回の事件でも公開され、視聴者が混乱する事にもなった。

日本の入国管理局に拘束された時は、本人と(正妻ではない)と付添婦1人と子供である。

家族

 

この事を記憶して置いて欲しい。意外な事件の核心に繋がるようである

 

金正男氏

 

 

事件の際に現場付近のカメラで撮影された被疑者とみられる女性

 ↓

 

 

 

ハンケチ大の布にVXをクリームの中に含ませたものを、被疑者が被害者の後ろから顔を覆うような写真も存在するようだ。

専門家(日本の大学関係者)によれば・・VXは大変な猛毒であるが揮発性が弱いので、クリームのような物質に含ませて、

顔に塗りつける事により、VXを皮膚から染み込ませ、短時間で致命傷を負わせる仕組みのようである。

しかし、扱いを間違えば加害者の命にも係わる。加害者は事件の後すぐ水で手を洗浄したが、

気分が悪くなったと証言している。結果的に専門家の指摘は正しかったようだ。

 

 金正男氏

       

 

 筆者は全ての情報を公開されている報道機関やTwitterで情報を集めて掲載している。

捜査機関やそれに類するものは何もない。超一流の情報収集者というものは、

新聞の一面Topの記事から情報を取らず、三面記事のしかも最後の欄のべタ記事から、

情報を入手するそうである。そこに真実が埋まっているそうだ。

今回は突然、新しい情報が飛び込んで来たので、それを主体に書いてみた。

次回からいよいよ事件の入口に入れるかも????

 

金正男氏の家系図とされているもの真実かどうかは断定できない 

 

関係者の写真 (金正日・金正恩・金正男<子供時代)各氏

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「サワラチャンの加計呂麻島日記-2017-03-25号」

2017-03-25 10:02:49 | 教育

 

New ・ サワラちゃんの


 加計呂麻島日記 & 貝殻採取

2017-03-25号

 

 

 

 

イッぺー」と呼ばれている南西諸島の宮古島方面の花 

綺麗だな! 

 

さくら とは違った趣のある黄色い花 

 

台湾の鉄道を走る電車の車体のお絵かき

 

日中国交45周年記念の中国での歌舞伎の舞台 

 

 やっと咲いてくれた自宅の周りのナニワイバラの白い花。

これから数十mに渡って咲いて行く

    

 

桜前線も東京からすでに北上を開始している 。

今週末からあちこちでお花見の宴が模様される。 

 

 

 

喫茶店でちょっと一服 - 1

 

     Goo blog character     

 

   

 

先日購入した面白そうな政治経済関係の新刊本のご紹介 

 

「米中若し戦わば」

 

 

著者・米国大統領補佐官 / 国家通商会議議長

ピーター・ナヴァロ

   

 

専門は経済学の学者で、トランプ大統領の政権移行チームのメンバー。

現在の中国軍の軍事面の実態と戦後国際政治史における中国の実相を書いている。

金融経済学よりも軍事兵器について、ミサイル、戦闘機、艦船の現状を詳細に著している。

  

「嘘だらけの〇〇近現代史」 

 

  

 

 教科書やお決まりの参考書に飽きた方。 裏の世界から見た近現代史。

意外とこのような中に歴史の真実が隠れている。全6巻本。

教科書・参考書を併用して読むと、意外な視点が見えて来る。

 

「ローマ帝国衰亡史」

   

 

トランプ政権登場時から、世界的に有名になり、長い間読まれて来た時代を超えた名著!

岩波書店の10巻本ではでは・・・という方は上記のダイジェスト版を・・

 

 

 

春の昼と夜を読書で如何ですか・・・・・眠たい・・・

 

 

喫茶店でちょっと一服 - 2

 

     Goo blog character     

 

   

 

 Twitter の面白さ

 

国際政治経済の裏表を垣間見る!

 

米国務長官・テラーソン氏と中国外相・王氏の異常な握手 

 

 

Twitterで一番早く出てきた写真。見た時アッと驚いた。

テラーソン氏と王氏の対照的な顔 

 

 

中国外相の何とも冴えない引き攣った顔の表情。この後NewsWeekのWEBで筑波大学名誉教授の遠藤誉氏の論文を読んで、

この冴えない表情の意味が分かった。直感で感じた事は正しかった。

「実業家上がりの癖に、偉そうにするな。政治の世界はビジネスの世界とは違うんだ。分かったか!」

「俺は外交の世界での百戦錬磨の達人なんだ。良く覚えて置け!」

こうそのまま言った訳ではないのだが、このような思いで握手・会話していたようだ。

王外相の大変無礼で失礼な態度であるとの解説であった。 

その後 

習近平氏と会談の後 ・・鋭い眼差し・・対照的だ!

 

習近平国家主席との面談の後の、二人の対照的な顔をご覧いただきたい。 

米国国務長官・テラーソンは実業家出身であるが、長い間中国・ロシアとの関係が長い方なのである。

中露の政治経済の実情には詳しく通暁しているのである。さて、どうしたものか?

3/25になってある報道がWEBに表れた。

テラーソン国務次官が中国の北朝鮮関係の今後の政治行動の提案を、悉く突っぱねたという事だ。

これに対する中国外務省の強い反発が根底に有ったので、王外相の強い抵抗の行動が出た訳である。

納得!

 

 

イスラエル・ネタニアフ首相と習国家主席 

 

Twitterでこの写真を見て、またまたビックリした。 

米国でドイツのメルケル首相とトタンプ大統領が米独会談を終える前に、トランプ氏と会談が持たれた。

そして、テラーソン国務長官が米中会談をしていると前後して、ネタニアフ首相が訪中である。

驚いたこと・・の答えはこの下の写真にある。お解りになられるだろうか。

トランプ大統領の家族写真である。トランプ夫人の後ろは先妻の娘・イヴァンカ氏と

 

 

 

この謎解きは各自でお考え下さい。ある重大な意味が込められている。

国際政治の怖さを感じたのである。何かこの後重大な事が起こるんじゃないか?・・・

 

国際政治経済の裏表を垣間見る!

 

 金正男暗殺事件の裏表をどう考えるか?  02

 

先回は大凡の今回の事件の概要を書いてみた。

誰もが新聞、TV,雑誌などで大凡の事は知っていると思う。 

今でもWEB欄には報道機関からのNewsが飛び込んで来る。特に目新しいものはないが。

 

暗殺被害者・金正男氏と息子 

 

  

 

故・金正日氏と故・金正男氏 

 

 

 故・金正日氏と金書記長                   故・金正男氏と金書記長

     

 

マレーシア警察関係者 

 

 

 

 

 

 

上記の写真は、今回のマレーシアのクアランプール飛行場の搭乗口付近で発生した北朝鮮籍・金正男氏暗殺事件で、

報道機関から発表された写真である。直接の被疑者はヴェトナムとインドネシアの女性である。

事件が発生してから、様々な報道が各社からなされ、いろいろ振り回された。

現在は金正男氏の遺体は防腐処理をして、マレーシアに安置されている模様である。

マカオに居た金氏の家族は、その後オランダをキーマンとした中国、米国、日本等の計らいで、

中国を離れたという情報が有る。(現在は米国という情報も流れている)

 

        

 

現在、 北朝鮮政府はマレーシア政府が預かっている遺体を金正男氏とは認めていない。

ただし、北朝鮮人である事は認識している様である。

両国とも駐在大使が本国に帰任中であり、実質的に大使召還のようになっている。

韓国の駐日大使と同じような扱いであろうか。

又、一部の大使館関係者も拘束されており、在住の労働者なども逮捕されたり、拘束されている状態だ。

唯、このまま長引けば国交断絶などに発展する危険性がある。

今、両国の間で厳しい交渉が続いている。

 

今回の事件は大韓航空機事件のような事件のようでもあり、また、大きく違っている面もある。 

最も違う点は直接の被疑者として逮捕されている2人の女性が、

外国人であり且つ諜報教育を受けたプロでないようなところが有る。

簡単に言うと上手に操られて、使われたような感じがするのである。

 

 

直接、金氏殺害に及んだ実行犯とされている女性 

 

ドアン・テイ・フオン        シテイ・アイシャ

 

  

 

 

大韓航空機事件の場合は、被疑者の一人は自害し、もう一人は逮捕された諜報のプロである。

しかも、何れも北朝鮮国籍を持っていた。この辺りがまるで違う。 

 

     

 

事件の概要は皆さんが報道機関で知っているような事件ではあるが、

今回の事件の本当の実態はそれほど単純でない気がしてならない。 

 

・一つ例を挙げると・ 

 

事件が発生した際の各国の報道機関の中で、一早く詳細に報道していたのはマレーシア政府ではなかったのである。

ここに初めから筆者は疑問を持っていた。事件には直接無関係の国の報道機関であった。

何故なのだろうか。そして殺害にVX等のような劇薬の液体とか、注射針を使用したとか詳細に報道された・・・

マレーシア政府が発表したのは可なり後になってからである

不思議だ???

 

 

次回からは

時系列的に報道された事実を書いて、少しづつ考えてみようと思う。

現実は小説よりも奇なりとか。真実は思いもかけぬことが多い。

慌てないでゆっくり進んで行く積りである。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加