愛色森宇宙

古里の愛色とある森宇宙を詩で綴ります

春野山の消滅

2017-04-21 17:30:04 | ポエム
高知県室戸市 室津の湊

「春野山」

冬枯れあとから野草はあおあお
山田の奥からチョロチョロと水の流れ
ちゃんと春は来ている

冬をしのいだ生物は目覚めて
春を最大で見せてくれる
野山が春の中に確かにある

春を難解に著す
難解にして解釈できず独り歩きする
それを論じられても感銘もしない

春景色を描いた絵画
そこに春は見えて感動が生まれる

春を唯我独尊にしてしまえば
春は遠ざかり現実に限界はすすむ
春は消滅してしまう
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ふるさとを追われて | トップ | 自然設計図 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL