愛色森宇宙

古里の愛色とある森宇宙を詩で綴ります

春をかける

2017-03-24 21:44:51 | ポエム
徳島県勝浦町 春をかける菜の花畑

「春をかける」

荷車の輪だけが残り錆び水の垂れる
過去のわだちに錆び水は流れる
誰かの過ちを責めも問もしない

現実につづく固まったわだち
よたよたした足取りにどこまでも厳しく
世の中の尖ったギスギスは責めて叩いて
自分を祝うことも許さない

季節をたどってきた自信と深い思慮は
弱音もしんどさも言えないまま
まだまだ進め歩けと自分を進ませる

此処まで歩いて来て辺りは温もうと
常に新しさに頭を下げねばならない
自分を孤独に追いやり今も春をかける
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

恋しくて辺川

2017-03-11 20:20:32 | ポエム
牟岐町辺川より五剣山

のんびりした駅に汽車が止まる
乗降客はなく汽車は出てゆく 
山 田んぼ 谷川 田舎風景
心の古里しみじみ辺川は此処にしかない 

      「山里」

なんでだかうるうるしてしまう山里
あの家にどんな人が暮らしているのか
あの山の向こうに懐かしい人がいそう

人がいて家があるから山里なんだ
鎮守の森に社があって山里らしい

雀が落穂をついばむ田んぼがある
田んぼが活きているから山里

物心つけば此処にいた
何かに執着することなくごく自然だから
この地で泣き笑いの人生をおくれる
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早春模様

2017-02-28 16:19:28 | ポエム
徳島県海陽町 大里海岸

「早春模様」

ゴーゴーと吹き抜ける風は空気の砲弾
点々と続く竹林で弾けてる
しなってうねって竹は踊り
もがれず切れもせず竹の葉光る

竹枝を見え隠れメジロはかくれんぼ
竹影に紅色ちらちら藪椿いとおしみ
梅の花一輪一輪をじっくりあじわう花見
爛漫と称されない孤高の花模様
侵されず侵さない花心を詠む

野山のしじまより早春の便り
神々しい香りは匂いたちて
閉ざされた季節は色ずきはじめる
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そんなに寒くない

2017-02-13 21:24:12 | ポエム
徳島県海陽町神野 田舎風景

「そんなに寒くない」

そんなに寒くない
山路は春の入口で梅の花はひっそり
いつもの春が来る古里になるから
そんなに寒くない

そんなに寒くなくても
予期せぬ突然の春夏秋冬
凍えても暑くても着替えできない
そんなにとは過ごせない

そんなに寒くないけど
どうして寒いなら寒いままにいない
南風の便りでさーっと春がいい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨のそぼふる居場所

2017-02-03 15:36:16 | ポエム
徳島県牟岐町 古牟岐

「雨そぼふる居場所」

優しい雨は柴小屋をポタポタ濡らし
シトシトと堕ちて波紋を描く水溜まり

いさぎよい雨は川面に波紋
静寂の絶景を幾重にも積み重ね何処までも無常

命ある限り広がる心の波紋
淡々と降る雨に少し流して歩く

ぽつぽつ雨の濡らす道
濡れながら歩いていく

ざあざあ雨のはねかえる道
空を仰いで涙をぬぐいはじいて
自分の居場所を求めて歩む
コメント
この記事をはてなブックマークに追加