「さなぎの食堂」へようこそ!

食券一枚で三食、現金300円から暖かい食事の出来る食堂です。からだに優しい「日替わり健康定食」をお楽しみ下さい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

皆さんも「さなぎの食堂」のボランティアをしてみませんか?

2012-10-11 10:45:02 | Weblog


さなぎ食堂のボランティアに参加して3ヶ月が過ぎました。 スタッフの足を引っ張らないようにと、おばさんはかなりの緊張の中奮闘しています。

おばさんにとって大変だなぁと感じることは、立て続けに入る注文を記憶し、スピーディーに動くことです「目が回る忙しさ」とは本当に目が回るんだなぁと実感しました。しかし週1回ではありますが、食堂に一歩足を踏み入れると、おばさんの中の眠っていた何かがフツフツと沸き立ち、家路につくときには心地よい疲労と充実感に満たされます。

最近では食堂に来てくださるお客様の顔や好みなどが少しわかるようになってきました。それと同時に寿の抱えている現実やスタッフの苦労も伝わってきます。

 ご縁あってさなぎ達と関われたことは、大きな感謝です。おばさんの力は微力どころかマイナスかもしれません。でも、おばさんは母の目線で、これからも心を込めて「ありがとうございました!」とお食事を手渡ししていけたらと思っています。
                          (カトリック菊名教会所属 谷口)

 *谷口さんは今の所、週一回「さなぎの食堂」のボランティアとして働いてくださっています。自称「おばさん」ですが……まだバリバリの現役アラフィー?の張り切りお母さんです。
目の回る忙しさで頑張っている彼女や食堂のスタッフのおかげで、お客様も増えている様子…本当にありがたいことです。末永くお付き合い下さいネ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナラさん、ありがとう!  「さなぎの食堂」店長・岡野慶光

2012-03-04 11:23:46 | Weblog
 
*新店長・岡野慶光が新しい店長として4月より、「さなぎの食堂」を支えています。(彼は調理師免許も取りました)この10年間に寿町も、食堂も大きく変貌したけれど、「目の前にいるお腹が空いている人に暖かいご飯を食べてほしい!」という開店時の原点をしっかりと見据え、これからも皆さんに愛される場所であり続けたいスタッフ一同心を引き締めて頑張っていく覚悟です。よろしくお願いします


ナラさん、ありがとう!      
さなぎの食堂には、5〜6年みんなと一緒に働いたNさんというスタッフがいた。
広島出身で年齢は60過ぎ、少しすきっ歯で体格はよく声は低く、お酒はダメだが煙
草を好み、持病があるのにつまみ食いが好きだった。
一見ぶっきらぼうのようだが面倒見がよく、初めてのスタッフやボランティアさんにも
いつも丁寧に接し教えてくれていた。仕事に対しても真面目で考えてくれていて、衝
突したりご指摘いただくことも多かった。休みのときは切りものなど、自分の利益度外視で手
伝ってくれた。話をするのも好きだった。3畳のドヤでの生活はなかなか合う人もいないのだろ
う、話をしている姿はほんとに楽しそうでいい笑顔をしていた。ときどき食堂に忘れた腕
時計や携帯電話を取りにくる、そんな姿が人間臭くて好きだなぁと思っていた。
 そんなNさんが昨年12月の半ばに亡くなった。
引いた風邪が悪化し、肺に水が溜まっていた。
全身が浮腫んでしまい、1週間に7kgも体重が増えたという。
じつは、その前日は閉店後にミーティングがあった。
体調が悪く、息をするのも苦しいのにNさんはそれでも参加してくれた。
食堂がいろいろゴタゴタしていたときで
「和を大事にしようよ。」と言ってくれた、その晩に空へ旅立ってしまった。
急すぎて何が何だか分からなかった。
これからってときだったのに。
もっといろいろ話したかったのに。
もっといろいろ教わりたかったのに。
「ジュニアそれはなぁ・・・」てもっと叱って欲しかったのに。
みんなで最後の面会に行ったら木の箱の中の表情はとても穏やかだった。
結局どんな風にして寿町に来たかは聞けずじまいだった。
でもこれだけは分かる、Nさんはさなぎの食堂が好きでわりと楽しんで
やってくれていたってことが。

この春から食堂は新しい体制・スタッフになり、また新しい事業を
展開してゆくことになる。
小さいミスをして「あぁっ!」って声を上げるたびに、
「何をやってるんだよ(笑)」って言っているNさんの声がよく聞こえる。
彼の姿を見ていた僕は、
「がんばりますから!」って、
「安心して見守っていてください」って言うしかないのだ。

Nさんの写真はいつまでも食堂に飾ってある。
彼の想いを胸に、みんなでこの温かい食堂を続けていきたいとおもう。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さなぎの食堂を退職するにあたり、皆様に感謝申し上げます 土谷伊麻里

2012-03-03 19:53:20 | Weblog
 *「さなぎ達(さなぎの食堂)を退職するにあたり、皆様に感謝申し上げます」*

2002年の「越冬プロジェクト」に、ちょっとした好奇心から初めて寿町に足を踏み入れ、「さなぎの食堂」の店長として、気がつけば10年近くも経ってしまいました。
「目の前にいるお腹が空いた人に、屋根の下で暖かい食事をしてもらいたい!」から始まった「さなぎの食堂」でしたが、{ローソンと提携してのもったいない運動}{おかげさま宅配弁当(寄付金つき弁当)}{減塩食弁当}{生活就労支援のJUMP}、など様々な事業を展開してきて、(多少の課題はありますが)現在ではスタッフも、メニューの内容も充実してきたと自負しております。

食堂での体験を通して、実に多くの思いを抱いてきましたが、振り返るとやはり人との「出会いと別れ」が非常に印象深く、心に残っていることに気がつきました。お客様、ボランティアの方、スタッフ、寿町に何かを探しに来た人、生きがいを見つけて留まる人、ここにいるしかない人、亡くなった人たち・・・。多くの方の人生の一部を垣間見ることができ、ここだからこそ味わえた貴重な経験をさせていただいたと感謝しています。これらの経験は、今後の私の柱となると思います。
最後に、これまで活動を継続してこられたのは皆様のお力添えがあったからだと実感しております。
心より御礼申し上げます。ありがとうございました。今後も引き続き、さなぎ達へのご指導・ご支援をよろしくお願いいたします。

土谷伊麻里「NPO法人さなぎ達理事/さなぎの食堂シェフ・店長」



「さなぎの食堂」で25歳から10年間働いてくれた、土谷シェフ/店長が2012年3月末をもって退職することになりました。
「カレーライスと豚汁」のメニューからスタートしたこのささやかな食堂を,文字通り粉骨砕身で育ててくれた土谷シェフに感謝し、彼の新しい人生のスタートを,残されたスタッフ一同、大きな拍手で祝福したいと思います。
土谷は、「寿町の人にとって、ここでの食事が最後の晩餐になるかもしれない。だから、いつでも心をこめて調理するんだ」と言っていました。寿町の片隅にある、私達の「さなぎの食堂」はこの土谷スピリットを守り続けて頑張っていく覚悟です。土谷さん、新しい職場でも、頑張って!!!




「さなぎの食堂」は、さなぎ達 の5本の柱の内の「食」と「職」の面に重点を置いています。路上生活者に暖かい食事を食べてもらおうという趣旨で2002年から始まりました。三回の食事を提供し、テーブルで椅子に座って食事をすることができます。もちろん一般のお客様も大歓迎です!

 さなぎの食堂の目的は大きく分けて三つあります。
   *暖かい食事の提供
冷たい食事しか食べられない路上生活者や生活に生きづらさを抱えている人々に暖かい食事を三食提供する。
   *寿町地区および周辺地域の生きづらさを抱えている人々に就労機会の提供
不況の影響で、就労機会は減少しています。本食堂の従業員として、寿地区生活者やその周辺地域の生きづらさを抱えている人々を対象に雇用することにより、雇用機会を創出します。またジョブトレーニングの場としても機能しています。
   *寿町地区生活者の「元気度チェック」
食堂のスタッフが、利用者に声をかけていくことにより、寿地区生活者の健康状態、精神状態をチェックし、必要ならば医療機関との連携をとり対処します。とくに、こうして顔なじみになることにより、役所の手の届かない人々に様々なサービスを提供しています。

営業時間は下記のようになっております。  
 10時〜14時
 15時半〜18時 
 (14時〜15時半 休憩、仕込み時間)


さまざまな方達がここ「さなぎの食堂」で顔を合わせ、同じテーブルで同じ食事をする・・・寿町という大きな家族やそこに集う仲間達の居場所でありたい、と願っています。今後ともみなさまのご協力とご支援をお願い申し上げます。

住所 横浜市中区寿町2−7−7 神崎ビル一階
電話 045−228−1055(さなぎ達事務局)
e-mail:sanagitachi@nifty.com
Blog:http://blog.goo.ne.jp/sanagikitchen/


【寄付先】
2012年2月1日より、「さなぎの食堂」で使用します「お米・野菜等」の食材購入専用寄付口座を開設致しました。
口座名称: さなぎの食堂
口座記号番号:00200−1−116876


 お米、味噌、醤油、だしの素、卵、野菜、調味料、カレールーなどのご寄付も大歓迎!!!です。

 どうぞ、ゆっくり座って召し上がって下さい。 
 
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

7月「仕出し弁当」メニュー

2011-07-05 11:12:42 | Weblog
「仕出し弁当」7月のメニューはこちらからご覧ください

夏日が続いていますが、
食欲は落ちていませんか??

夏はトマトやきゅうり、ピーマンなどの色とりどりの野菜が美味しい時期です!
トマトには体の塩分を取り除き、疲労を回復してくれる効果があり、
きゅうりには、利尿作用が抜群!体にこもった熱を尿と一緒に排出してくれる効果があります。
旬の野菜は、その季節に合った体への効能も備えているので、美味しく食べて健康になれますよ

7月から、お弁当のメニューが変わったのですが、もちろん今回も旬の野菜を取り入れたメニューが満載です。
例えば・・・
麻婆ナス、ラタトウィユ、鶏ささ身と夏野菜のサラダ、ニガウリと玉ねぎのサラダなど
これらはすべて副菜なのですが、主菜だけでなく副菜にもシェフの技がいっぱい隠れています。

是非お試しください

8月は仕出し弁当はお休みさせていただきます。ご了承ください。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月「仕出し弁当」メニュー

2011-06-07 11:56:48 | Weblog
仕出し弁当」6月のメニューはこちらからご覧ください。

来月から新メニューになりますので(3カ月ごとに変わります)
気になるメニューがあれば、今月中にお試しください!

ちなみに来週のメニューは…
  月 赤魚のエスカベッシュソース、鶏肉と大根のコンソメ煮、いろいろ豆のサラダ
  火 ハンバーグ(デミグラスソース)、きんぴらごぼう、ポテトサラダ 
  水 鮭の西京みそ焼き、大根とちくわの煮物、イカときゅうりの酢の物
  木 チンジャオロース、カボチャの中華煮、貝柱とキャベツの柚子胡椒和え
  金 鯖のおろし煮、かにと三つ葉の卵焼き、春キャベツの酢味噌和え



食は、元気の素です!
暑い夏に向けて、しっかり栄養をとって夏バテに備えましょう

「さなぎの食堂」では、安価で栄養のあるメニューを揃えています。
仕出し弁当のご注文、食堂へのご来店、心よりお待ちしています
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月「仕出し弁当」メニュー

2011-04-28 17:22:20 | Weblog
いつも「さなぎ達」をご支援いただきありがとうございます。

東日本大震災以降「仕出し弁当」の販売を一時休止していましたが、5月より再開することになりました。
メニューはこちらをクリックしてください。

*注文、問い合わせは「さなぎの食堂」までお願いいたします。
TEL/FAX:045−662−7234 (担当:土谷)
*相談につきましてメールでもOKです。
E-mail:sanagitachi@nifty.com

皆さまからのご注文お待ちしています


だんだんと気温も高くなり体調を崩しやすい時期かと思いますが、しっかり食べて夏に備えましょう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

避難場所に「寿町」は???

2011-03-26 19:25:43 | Weblog
        
NPO法人さなぎ達理事長
横浜・寿町・ポーラのクリニック院長 山中修
        
地震以来 ずっと毎日ゆられながら考えた。

 自分にできることは何だろう?休診にして岩手・宮城へ?

 実際、検死医募集の依頼も来た。ここの住民は、衣医食職住に不自由はない。横浜の中区には県庁、県警があるから、停電の心配もない。

 そうだ、募金だ!!貧者の一灯を考え、寿の患者に禁酒・禁煙を課して生活保護のお金から募金強要したら?

 「先生、そんなことする奴は寿町の中にはいないよ。」「そんなことが出来るくらいなら、どこかで嫁もらって、ふつうの生活してるよ。」と、軽く却下された。

 そんなに人情がないのだったら、ここを離れて東北へ行こうか?その勇気もなく、十文字にひび割れたおんぼろクリニックの壁を見つめながら、仕事をしている。一方向ならまだ大丈夫だが、このクリニックの入っているビルは十文字割れが至るところにある。次、でかいのがきたらきっと倒壊すること間違いない。

 寿町にクリニックを開業するとき、最初に考えたことを反芻してみた。寿町は一年中、精神的被災地。路上生活、またはダニ・ゴキブリの多い簡易宿泊所に残された人生。人生の終焉まで衣医食職住は保証されている。保護されている。

 これが地震の被災地とは根本的に違う。オレが必要とされているのは、その終焉までの苦痛を緩和するため。それだけ……。

 避難所の人々を簡易宿泊所の空室に迎える?多分、100%お勧めしない。
家族がいない。心配してくれる人がいない。喜びも悲しみも共感してくれる人がいない…そして虫がいる!寿の住民達はまさしく「永遠の避難民」なのかもしれない。

 その人たちにもやっぱり医療は必要なんだから、必要とされる限り自分はここにいよう。
ここは一年中避難地域なのだとあらためて思う。東北地方で、財産・家・家族・親戚・友人の全てを失った人がいるなら、いつでも喜んでお引き受けしようと思う。


 以下におすすめブログをご紹介します
 
 
 医療スタッフとして、
 被災地で働いたある看護師さんのブログ日記もご紹介します。

「 JKTS」  
http://blog.goo.ne.jp/flower-wing
  「現場ではどんな状況下でも絶対に泣かないこと。
  私達は同情しに行くんじゃない。
  看護、医療を提供しに行く。
  あなたたちが泣きたい気持ちなんかより、
  現地の方々はどんなに泣きたいか」
 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

地震のお見舞いとお知らせ

2011-03-18 15:53:03 | Weblog
3月11日(金)に発生しました「東日本巨大地震」で多くの方が被災され、又予想を超える数の方々が亡くなりましたことに、心からの哀悼の意を表します。

一週間を経た現在もまだ行方不明の方、安否の分からない方、避難所で辛い生活を強いられている皆様におかけする言葉もありません。

原発の現状を見守っていると、私達の生活もこれから大きく改革せざるをえない歴史の分岐点にあると思います。

ささやかな私達の「さなぎの食堂」も、これから厳しい現実が突きつけられることになるでしょう。
今はただ、毎日を大切に自分たちに出来ることをしていくしかありません。スタッフ一同ますます気を引き締めて頑張っていこうと思います。

尚、電気事情、食材の仕入れ,ガソリン不足などの関係から当分の間、「仕出し弁当」はお休みさせて頂きます。どうぞ、ご理解、ご協力をお願いいたします。

一刻も早く事態が好転しますように、お祈り申し上げます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「あなたの一回の昼食。それが、ホームレスの人のサポートになります。」

2011-03-11 12:36:57 | Weblog
ハンバーグデミグラスソース煮、サツマイモと人参のハニージンジャーサラダ、鶏肉と大根のカレーコンソメ煮


おかげさまで「さなぎの食堂」は、この11月末に8年目を迎えます。そもそも私たちは「ホームレスの人たちのために」食堂を立ち上げました。この機会に、その原点にもう一度立ち戻りたいと、一昨年から「日替わり仕出し弁当(思いやり弁当)」を始めました。

お弁当は定価550円。この価格には、ホームレスの人たちの食事券50円分の寄付がふくまれています6人の方がこのお弁当を食べてくださると、一人のおなかを空かせたホームレス(及びその予備軍!)が、「さなぎの食堂」で温かい食事を食べることができます。 (さなぎの食堂で使える300円の食事券は 木曜パトロール等で配布します)。

この「日替わり仕出し弁当」は、経験豊かな土谷伊麻里シェフが毎日、心をこめて作ります。そして、皆さまのご希望の場所(オフィス等)に配達いたします。ただし、寿町から配達可能な場所にかぎりますので、ご相談ください。

ご注文は、前日の15時までに電話、またはファックスでお願いいたします。
045−662−7234 (土日・祝日はお休みですが20個以上のご注文でしたら、ご相談ください)


左上の写真・豚バラ肉といろどり野菜の黒酢あんかけ/豆もやしのナムル/かぶのクリーム煮
右上の写真・揚げ鶏のおろしあんかけ/マカロニサラダ/ごぼうの明太子あえ
左下の写真・さんまの蒲焼/きんぴらごぼう/茄子の柚子みそ田楽
    (日替わりのメニューは14種類あります)

「さなぎの食堂の目的」については、右サイドバーをご参照ください」

=====================================


土屋伊麻里店長/シェフ

さなぎの食堂は、2002年にオープンしました。
当時、冷たいご飯を路上でしか食べられなかった{パン券(現在の食券)}受給者に
*三食、温かい食事を、
*季節や天気に影響されない屋根のある環境で、
*テーブルで椅子に座って、くつろげる場を提供する……。
                  
おなかを空かせた眼の前にいるあなた、一緒に温かいご飯をたべましょうよ!――そんなプロジェクトから始まりました。(註・食券の説明は左サイドバーをお読み下さい。)

 しかし、この7年間に横浜市の「法外援助」の形態も、また{パン券}の発行基準も変化したので、ホームレスの人がパン券で食事をする機会がほとんど無くなってしまったのです。
 
 たしかに食堂はその間に、寿町に根付き、ドヤに住んでいる生活保護の方や町の人々、ソトブキ(寿のそと)の住人たちにも愛される食堂に進化しました。

 けれども、そうであればこそ、もう一度食堂の初心に帰るべき時点がいまなのです。
 そこで私たちは、もう一度さなぎの食堂の原点に立ち帰り、ホームレスの人の食を支援しようと決心したのです。どうぞ、このプロジェクトを応援のほど、よろしくお願いいたします!

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

3月のお弁当メニュー

2011-03-07 12:22:14 | Weblog
お待たせしました!
3月の仕出し弁当のメニューはこちらからご覧下さい。

のように暖かいかと思えば、また冬に逆戻りの寒さ・・・
不安定な気候が続きますが、今月も、しっかり食べて乗り切りましょう


昨年からの日本経済の低迷?の余波を受けて…野菜、その他の食品の値上がりが続き、「さなぎの食堂」は四苦八苦しています。

お米(毎日60キロ消費します)どなたかご寄付して下さるかたいらっしゃいませんか 

生活クラブ、生協などで余剰米をいただけませんか

学校や教会お寺などで、集めていただくことはできませんか?
お野菜…家庭菜園で作りすぎた野菜、農家で形が悪くて出荷できない野菜…ご寄付をいただけませんか


「さなぎの食堂」では外部に向けて「仕出し弁当」にとりくんでいます。日曜日は基本的には配達をしていませんが、20個以上でしたら、ご相談に応じます(寿町から、配達できる範囲になりますが…)ご近所の教会などで注文を頂けると嬉しいです。

食堂で働いて下さるボランティアの方も募集をしています。野菜切り、食器洗い(機械)をして下さる方…いらっしゃいませんか?
週一回から、出来れば決まった時間に手伝っていただけたら、とても助かります。

お願いばかいで、ごめんなさい。でも…このままでいくと食堂存続すら危なくなりそうです。どうぞ皆さまの暖かいご協力を心からお願い申し上げます。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お弁当2月メニュー

2011-02-03 17:42:41 | Weblog
日が長くなって来ました。
暦の上では、もう春です
とはいえ朝晩は、まだまだ寒い日が続きますので、しっかり食べて体調を整えましょう

今日の仕出し弁当のメニューは、、さばの味噌煮鶏そぼろと長ねぎの卵焼、春菊と人参の白和えでした。
自分の食堂の味を誉めるのも恐縮ですが、とても美味しく頂きました

仕出し弁当のメニューは、さなぎの食堂の店長:土谷のオリジナルです。
味はもちろん、見た目の彩りも大切にしています。

まだ食べる機会がないのですが、今月は気になるメニューがあるんです!
長ねぎソースのハンバーグ、里芋のデミグラス煮みそマヨサラダ
召し上がった方がいらっしゃったら、是非感想などお聞かせください!

仕出し弁当2月のメニューはこちらからどうぞ!





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月のお弁当メニュー

2011-01-07 17:18:53 | Weblog
1月の仕出し弁当メニューはこちらからごらん下さい

さて、気が付けば新年も明けて1週間がたちましたね。

1月7日、今日は七草がゆの日です
この日に「七草粥」を食べると邪気が払われ、無病息災でいられるといわれています。
みなさま、召し上がったでしょうか??

クリスマス、年末、正月と食べ続けて、やばい!と感じている方も少なくないはず
今日は七草粥を食べて、胃を休めてあげましょう


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新年おめでとうございます。

2011-01-01 15:31:40 | Weblog
一年は速いもので、又新しい年がめぐってきました。この八年間の間に寿町の年末年始もずいぶん様変わりしています。年越しのテント村が大にぎわいで、食堂にもボランティアの皆さんが大勢集まって、お弁当を作り続けたのも、懐かしい思い出です。

ホームレスの方たちに、温かい食事を、暖かい場所で食べてほしい…と始まった食堂もパン券の発行も減少し、ホームレスの方が食べにくる機会もめっきり減ってきているようです。食堂の使命は、時間と共に変わっていくのはしかたのない事ですが、「さなぎの食堂」の存続をかけて、スタッフ一同気を引き締めて、新しい一年に立ち向かっていきたいと思います。互いを思いやり、一人ひとりが自分の仕事に責任を持って「明るく、楽しく、そして美味しいさなぎの食堂」を作っていきたいと思います。

今年の私たちのテーマは、

   「暗いと不平を言うよりも、進んで明りをつけましょう!」

でいきたいと思いいます。

どうぞ皆様、本年もよろしく「さなぎの食堂」を応援よろしくお願いいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月のお弁当メニュー

2010-12-08 12:25:36 | Weblog
お待たせしました!

12月の仕出し弁当メニューはこちらからどうぞ
*拡大して、大きさを調整してご覧下さい。

“仕出し弁当”とは、ホームレス支援を目的としたお弁当です。
お弁当の代金の一部を、ホームレスの人たちへの食事支援のための寄付金とさせていただいております。
そのご寄付を元に「食事券」を発行し、夜回りを通してホームレスの人たちに配り、さなぎの食堂で温かい食事をしてもらおう、というものです。

(詳しくはこちらをクリックして下さい)


早いもので12月も1週間が過ぎ、新年へ向けてのカウントダウンが始まってきました。

いろいろと忙しい時期ではありますが、ここにきて、野菜の高騰が落ち着いたという、喜ばしいニュースがありました

来年はどうなることでしょう・・・
不安もありますが、みなさまのご支援を頂いて、がんばっていきたいと思います

いよいよ冬本番の寒さになりつつありますが、しっかり食べて、寒さを乗り切って行きましょう


「さなぎの食堂」は年内は休まず営業します。(元旦のみお休みします)
是非、食べにいらしてください。
お待ちしています

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仕出し弁当11月のメニューです。

2010-11-21 10:12:02 | Weblog
「さなぎの食堂仕出し弁当11月メニュー」をクリックして100%に拡大してご覧くださいね。よろしくお願いいたします。ご近所は一個からでも配達します。
30個以上なら土日も配達しますので、ご相談ください。

さなぎの食堂仕出し弁当11月メニュー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加