酒ぶろーぐ

酒を飲んでの失敗談、成功談の他、身近に起こる変なことなどを書き続けます。

ディープスポット桜坂ハシゴ酒パート2

2009-10-27 20:06:37 | 旅行記


沖縄最後の今夜も引き続き桜坂をハシゴして攻めます!

まず一軒目。
「おでんや 悦っちゃん」
桜坂を知っている人にとっては、割と有名店です。

ドアを開けようとすると、鍵がかかっていて驚くが、
すぐに開けてくれて
感じのよいママが明るく出迎えてくれる。




てびち、大根、青菜などを盛り付けてくれた。
オリオンビールを飲みつついただく。
てびちはトロトロでおいしい。




時間も早いせいか客は私一人だった。
悦ちゃんはお喋り好きでよく喋っていた。
何故か恋愛談義になって、盛り上がる。


おでんとビール1本で、1,200円でした。




2軒目
「あすなろ」。




泡盛を頼むと、どんどん食べ物を出してくれる。
大根は、薄味だけど美味しかった。
「もっと食べる?」と追加でどんどん出してくれる。
ソーミンチャンプルも美味しかった。

サービス精神が旺盛のようで
ポテチとかチョコレートとか、どんどんいろいろくれる。

ここのママも人懐っこく、たくさんいろいろ喋っていた。
ここでも客は私一人だったので、つきっきり。

沢山食べて、カラオケ一曲歌って
お会計は700円。安い!




3軒目
「バーエロス」

こんな名前ですが、別にHなお店ではなく、普通のバーです。
ここも有名どころ。

一瞬入り口がよくわからないけど
左の黄色い小さなドアから入る。




70年代の曲が流れるバー。
店の雰囲気は怪しげに雑多でいいかんじ。
個人的には若干古い曲でツボから若干はずれていたが、
どんぴしゃの年代の人には、たまらないかもしれない。

泡盛水割りを飲んだけど、薄かったのもあって
ちょっと不完全燃焼。

お会計は800円。




4軒目。
「garett」
バーエロスの不完全燃焼で、濃いカクテルが飲みたくなったところで
カクテルの種類が多そうなバーを見つけた。




しかし階段の果てが、行き止まり・・
あれ?どこから入るんだ?

よーく見ると、奥の天井と続くドアらしきものに
「押し上げてください」って書いてあった。

この入りにくさに魅了さて、この店に入ることを決めた。
重い天井を、よいしょ、と押し上げて、
屋根裏部屋へあがるようにして入る。

若め、というか同じ年代くらいのお店のおにいさんが
ドアを持ち上げて入れてくれた。




マティーニを飲んだ。
ガーリックトーストをおつまみに出してくれた。

年配ママの話しを聞いてきた後に
同年代的な人と話すと
会話が楽だなあ、と思った。




あそこがお店の入り口。

お会計は900円でした。




5軒目突入!
「餃子の店 新茶屋」

ママが超キレイでかわいい。




ここの餃子は、ニンンクがまるごと一個入っているのだ。
半分量づつ焼いて出してくれるので
アツアツが食べられるのが嬉しい。

隣に座っていた自称ジェームズと名乗るおじさんと
話しながら、ママ含め、カラオケを順番に歌っていたりしていたら
お会計を全部もってくれた。
ゴチソウサマでした!



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 那覇市場近辺ぶらぶら | トップ | 沖縄から帰る日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL