酒ぶろーぐ

酒を飲んでの失敗談、成功談の他、身近に起こる変なことなどを書き続けます。

棒ノ折山(棒ノ嶺)~さわらびの湯

2011-09-13 09:54:41 | 旅行記


本日は棒ノ折山(棒ノ嶺)にて登山。

9:00
飯能駅よりバスで40分ほどの、さわらびの湯バス停で下車。

「なぐりづえ」をご自由に借りることができる。

「殴り杖」ではなくて「名栗杖」です。
近くに名栗湖という湖があるので、たぶんその「なぐり」だと思う。
とか言って実は「殴り杖」だったら怖いな。




バス停から10分ほど歩くと、名栗湖のダムに到着。
湖沿いを明日いていく。

この辺はやたらバイクが多い。
バイクに乗ってやってきてダムを見ている人とか
ヤンキーが集団でぐるぐる走り回っていたり。




9:20
登山道入り口。
近くに10台くらい車が停められる駐車場もあったけど、すでに満車。




白谷沢という沢沿いを登っていくコース。

少し歩くと、目の前に沢が広がる。

あらかじめ沢沿いの道だとは思っていたけど、
巻き道で行けるのかと思っていたら、
意外に沢の中を歩いたりしないと進めないような
プチ沢登コースであった。




今日は水量も多めだったとのこと。

ちょっとした岩登りもしないと進めないので
初心者だとちょっと引くかも。。というコースでしたが。
個人的には面白かった!。
そして暑い日の沢登りは気持ち良い!




鎖場を登る。
見た目ほど大変ではない。





10:40
岩茸石分岐

沢沿いの道までは良かったのだが、
登山道から1時間20分後の岩茸石という場所からの登りが
急坂続きで、かなーりキツかった。
暑かったせいもあるけど、
周りの登山者もみんな、ひーひー言って登っていた。





最後の最後に、長い木の階段が続く。きつい。
しかも階段が壊れているので登りづらい。
階段を避けて登れるところは、横道から登る方が無難。
同じ考えの人も多いのか、けっこう脇道も踏み固められていた。




11:30
やっとこさ、頂上に到着。
距離と時間の割には、ものすごく疲れた感がある。

高さも969mと1000メートルにはわずかに達しない程度の山なのに。




山頂の視界は開けていますが、
今日は少しもやっていた。

山頂でお昼ご飯食べて、降りる。

12:00
下山開始




12:20
再び岩茸石分岐。
下りルートの河又方面は、
あの大きな石の後ろのに回ると道がある。

登りで疲れ果てていたせいか何なのか、
下りの道も、キツイ。
足が痛い。

なんかここ最近で一番キツイ登山だったような気がするのは
山のせいか気温のせいか体調のせいか?。
ともかく疲れたー。




14:00
さわらびの湯に到着。
温泉に入って、ビール。

この温泉には食堂がないので
自動販売機で缶ビールを買って飲む。




売店で何種類かお惣菜を売っています。




おそばとかも売っている。

食料、飲み物の持ち込みも可なので、
余力があれば飲み物を持ち込むというのもありかと。




季節の野菜のてんぷらとビール。
うまかったです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 銀座 CANDY STORE ROCK | トップ | 川崎 食道園 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL