あのコルトを狙え

名車よりも懐車!

バーミヤン飲み会

2016-07-23 01:32:37 | 生活

明日は毎年恒例の岳南電車のビール電車に乗りに行きます。

つまみ持ち込み自由で車内はビール飲み放題♪

http://www.fujikyu.co.jp/gakunan/bi-ru1.html

当然前日からアルコールを断ち挑もうとしましたが

仕事帰りにあっさり誘惑に負けバーミヤン飲み会を企画?してしまいました

バーミヤン安い!

楽しかったな♪

これで明日が二日酔いでも仕方なかろう。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

靴とネクタイ

2016-07-20 22:01:59 | 生活

父の親友の奥様が亡くなられたので母と葬儀に行く事になった。

実家のタンスには父が使っていた黒いネクタイがあるので今回はそれを使う事にした。

もう十年も前に亡くなった父の親友の葬儀にも父はそれを締めていた。

父を連れて行くような思いであえてそのネクタイを使う。

玄関でアパートから履いてきた自分の靴を磨こうとした時に、在りし日の父が通勤に履いていた革靴が目に入った。

そういえば礼装用の靴もあったはずだ。

その父の靴も履けたらと、殆ど開けなくなった靴箱を開けると

しょうが抜け踵が落ちたままの靴が隅にあるのを見て

父が亡くなってからの時の流れを感じた。

しかし通勤用に使っていた革靴は一部白くシミが出来ていたがクリーナーで落とせば

いけるかもしれない。

ブラシでホコリを落としクリーナーで磨く。

実家の玄関で父の靴を磨いていると生前、父の靴を磨いていた時を思い出した。

無頓着な父は靴をあまり磨いたりしなかった。

その靴を時折そっと磨くのが好きだった。

磨いておき部屋に戻り父が出勤する時に磨かれた靴に気付いた父が

「靴が磨かれている!」と玄関から喜ぶ声を聞くのが好きだったのだ。

磨いている所を見られてしまった時は照れくさいので

『自分のを磨くついでだから』と答えていた。

磨きながらそんな事を思い出していた。

ふと、後ろから

「お!磨いてくれているのか」と、父が背後から声を掛けてくるような気がして手が止まり

後ろを振り返ろうとしたが僅かに首を動かしただけで振り返る事はなかった。

一人微笑み靴を磨く手を再び動かした。

 

葬儀から戻り実家で休んだ後に玄関の靴に目をやる。

私が無造作に脱いだ父の靴を見ると、まるで父が帰ってきたかのような思いにとらわれた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熱海海浜ホテル 解体中止中?

2016-07-04 08:46:57 | 熱海

6月23日

久々に福島屋旅館に泊まり熱海海浜ホテルの跡地に行ってみますと・・・

 

 

とっくに更地になっていると思いきやあまり進行していません。

 

以前から解体されない理由が135号線が崩れてしまうからでは?なんてお話しがありましたが・・・

 

どうなのでしょう。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

あまりに切ない・・フジテレビ「ラヴソング」

2016-06-16 01:58:45 | ドラマ

初回から視聴率が低いとか言われていたフジテレビ「ラヴソング」の最終回をさっき観ました。

今期のドラマで唯一見ていた作品でした。

福山さんのドラマって「竜馬伝」しか知らない。

でもなんとなく初回から見ましたが初回から泣いてました。

(500マイルの唄が耳から離れん)

他のキャストにもドラマがあって良かったのになぁ。

で、さっき遅番が終わって最終回を観ましたが

あまりの切なさにまたしても涙。

切ないお話しが好きな私にはとても良い作品でした。

 

ラストはなんと「熱海」でした!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

消えた・・・熱海高原ロープウェイ(の文字)

2016-05-29 14:30:57 | 熱海高原ロープウェイ

熱海第一ビルの中にあった旅館案内所に行ってみると

あれ?

以前の様子はこちらを

http://blog.goo.ne.jp/saiun4gou/e/19d3acd118a02869e68128482067dad2

看板も?

 

 

じゃあ、熱海高原ロープウェイの記載があったあの地図は?

地図も電話も時計も全て消えていました。

コンシェルジェの方に伺うと旅館案内所が閉店し「熱海観光案内所」になったそうな。

あの地図は?

「残そうという声もあり迷った結果、処分となりました。たぶん『熱海図書館』にもどこにもありません」

ちょっと残念そうに話してくれました。しかし「熱海図書館」という言葉が出てくるとは思わなかったな。

熱海が賑わうのは嬉しい事だけど色んなものが消えていきます。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

姿を消す「海浜ホテル」

2016-05-18 00:19:10 | 熱海

熱海港沿いにあった廃墟「海浜ホテル」

ついに解体していました(4月5日)

長らくパネルで塞がれていましたが遠くからも解体中の様子が見られました。

近づいてみます。

 真ん中の赤い扉はエレベーターだったのですね。

どんな室内だったのか

 

 小さな蛍光灯が見える辺りは窓辺でイスとテーブルとかあったのかな。

多くのお客がこの部屋で過ごしいろんなドラマがあったのだろう、と考えながら見上げていました。

エレベーター塔にあったネオンサインも輝いていたのでしょう・・・

 先日購入した弘済出版社復刻版時刻表昭和39年10月版に熱海海浜ホテルの広告がありました!

 

 ハワイ大風呂が気になります。

その隣の松涛本館も解体されるようです。

↓ 数年前の様子 ↓

 今回の訪問時はガラスがありませんでした。

4月の事なので今は更地になっているのでしょうか?

 こちらは建て替え前の写真しかありませんでした。 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

10年ぶりに竜宮閣

2016-05-16 00:21:45 | 熱海

4月5日

事情があって泊まり勤務が終わり熱海に行ってみよう、と思い東海道線で行ってきました。

スマホになって過去のブログも出先で見られるようになり車内で見返すと

熱海に通うようになってから10年が経っていた。

あの頃は113系の終焉が迫っており60年代な香りのするサロ110に乗るべく訪れていたのがきっかけだった。

もう二度と乗れない113系のグリーン車・・・

ちょっと諸事情があって福島屋旅館にも熱海にも行けない状態が続いています。

本来はその諸事情の詳しい所を存分に書きたいのですが、また今度。

品川駅から湘南電車に乗るが普通車の席はちょっと座っているだけで尻が痛くなってしまう。

10年前の113系ならもっと座りやすかったのに今の電車は嫌がらせとしか思えん。

半分寝ながら熱海へ到着。

夜勤明けなので着替えはシャツしかないけど泊まって行こうと決心。

福島屋へと思ったがコルトでもないのでたまには変えてみようと竜宮閣にしてみました。

第一ビルの公衆電話から空いているか電話してみると空いていたので素泊まり決定。

10年前と全く変わっていない所が嬉しい。

昭和39年以前の写真。

今とどこが違うか探してみると楽しいです。

こういうのがイイ!

 

宿帳を書き渡されたタオルを持ってお風呂へ。

 

 

人様のブログを読むと二つの湯船のうち一つは加水しているとあったが

ご主人に伺うと「前のお客さんが埋めていれば加水となるが普段は二つとも源泉掛け流しです」との事。

蛇口からチョロチョロとお湯が流れていて入るとお湯が溢れ出る。

慣れた福島屋旅館と違う泉質に感動。

あの福島屋さんの大きな湯船もいいが小さな風呂もいいものです。

部屋

 

風呂から上がり散歩でもしてみようと海岸まで歩いて行きます。

人もまばらな海岸で初めて福島屋を訪れた時の事を思いだしていました。

こんな感じで一人佇み泊まるかどうか悩んでいた事のブログをスマホで読み返す。

10年前の日記を読み返すとなんともこっぱずかしい(汗)

若かったな~

あの頃は「つるや」跡地も更地だった。

椰子の木を見ても10年の間に楽しい思い出の夏とか色々あったな、と思い出してしまう。

熱海行きのきっかけとなった安全体操さんの会社今は無き保養所。

熱海高原ロープウェイ探索、西熱海ホテル、運転手付きハイヤー?で行ったニューフジヤ、ギャル達と行った夏の海、駅前デパートの食堂、マークⅡタクシー等々

いろいろあった10年。

その10年来の仲間と飲んでも話す内容も変わってきた。

薄暗くなり始め船着場の方へと進んだ。

たまには人の運転で街を見ようと路線バスに乗って街中を眺め熱海駅まで戻った。

夕飯は宿の向かいにある焼肉「我旬」で飲んだくれました。

翌日、朝風呂へ入り窓際の椅子に座り外を眺める。

旅館「さくらや」が見えて眺めていると女将さんのような方が白い和服姿で出掛けていく姿が見える。

映画のワンシーンのようだ。

海の色と新緑と心地よい風、穏やかな天気。

心の疲れが癒されました。

今度はいつもの仲間と行きたい。

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ブリジストン SKYWAY

2016-05-01 13:33:12 | 三菱コルト1100

長年トランクに入っているスペアタイヤを出してみる事にしました。

20年程前にデッドストックのバイアスタイヤを5本入手して以来のご対面。

その内の4本は既に使い切り廃棄したがスペア用はその時のまま。

うわ、懐かしい(涙)

トランク下は錆が所々に出ており水漏れしている事が分かりました(汗)

幸いタイヤにはダメージはありませんでした。

「つめ」付いていました。空気入り口のキャップも今のモノと違います。

今まで知らなかったがスペアタイヤのホイールは純正でした。

てっきりスペアも中古タイヤを買った時に別のに変えたと思っていました。

でも中古タイヤ購入の時はトランクまで開けてなかったな(たぶん)。

だとするとこのホイールのみ新車時からのものかも。

20年前にスペアを変えた時にトランク内部のタイヤ固定ふた?が閉まらなくなった。

サイズを1インチアップの6・15-13にしたからだが、あの時に入っていたタイヤはホワイトリボンだった。

もしや5・20-13のオリジナルに近いタイヤが入っていたのか?

ホイールは使用歴があるので教習所の教科書どおりのバイアスタイヤローテーション(スペアも使う)を行っていたようです。

コルト1100のマニュアルより。今のラジアルとは異なるローテーションです。

あの頃はサイズとか全く知らなかったな。

現代のラジアル換算だと155-13になるんですね。

まだヒゲも残っているのでチクチクします。

白くなっているのはリボンの保護剤でしょうか。

今となっては貴重なブリジストンスカイウェイ。パンク時に使ってしまうには惜しいです。

この後は給油所に空気を入れに行きましたがほったらかしの為、あまり空気が入っていませんでした。

時にはスペアタイヤの空気圧もチェックしませう。

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

BSJAPAN・昭和は輝いていた

2016-04-29 15:49:54 | 熱海

今夜(4月29日) 21時からの

「BSJAPAN・昭和は輝いていた」は熱海がテーマです。

http://www.bs-j.co.jp/showa/

熱海、昭和好きにはたまらない番組なようです。

ゲストにはなんと・・・

我等が福島屋旅館のご主人が!

そして「貴重な映像」とは?もしや前にお話しした「あたみ」が使われるのでしょうか?

今晩21時です!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

熱海後楽園ホテル みさき館 2

2016-04-02 12:54:31 | 熱海

送迎バスで熱海後楽園へ

別の日に撮影した熱海後楽園ホテル。

右の奥に見えるのが「みさき館」

タワー館の前は

絵葉書より

遊園地で観覧車がありました。

サンケイ 1000万人の乗用車より転載

熱海後楽園に到着しました。

みさき館廊下

お部屋

ご覧のように外観はレトロな「みさき館」はナウく改装されており高度経済成長時代な

においは殆ど感じさせませんでした。

まぁ、普通の人にはそれで良いのでしょうが。

館内と館外へ探索に出掛けました。

最上階は建て増ししたらしい。

営業を終えた遊園地。

 

なんとなくカオスな・・・

 

部屋から見えたトンネル

ニューアカオまで繋がっているそうです。が、非常時以外は関係者しか通れません。

夕飯はタワー館でバイキング。

【これから行くビール好きな方へ】

ジョッキより料金が同じの瓶ビールにした方が良いです。

中ジョッキという事でしたが・・・ちょっと小さいです。

二杯目に瓶にしましたが、瓶の方がお得です。

 

  

感想

改装されており思ったほど「昭和」な感じはしませんでした。

残念ですが普通の人にはその方が良いですね。

みさき館は8月までの営業なので気になる方はお早めに!

「1000万人の乗用車」の表紙は後楽園前で撮影されています。

この自動車誌の表紙、何がスゴイかって130セドリックのスタンダードです!(130S)

普通は新車試乗記には最高グレードを使うのですがメーカーから供与されたのは

高速有鉛も苦笑いな営業用車の低グレード(笑)

バンパーやグリル、モール類の無い姿が表紙を飾りますが今となっては実に貴重な姿です。

中に試乗記もあり開通間もない熱海ビーチラインを走る姿とかもありますが残念な事に

内装やエンジンルーム内は載っていません。

私は単に日産の広報車が出払ってしまいスタンダードになったのだろう、と思っていましたが

熱海が観光客に向けたこの企画。

熱海新聞より

熱海温泉1,000万円ボーナス賞品

 特賞:ニューセドリック

この賞品を熱海に運んで来ているので駅に展示する前に便乗したのでは?

この時代、「乗用車をプレゼント!」とかあるけどその車種の一番廉価な低グレードがあてがわれる事が多い。

 最上級のセドリックスペシャル6 ¥1,142,000

に対してスタンダード130Sは   ¥750,000

その差¥392,000。  

この個体が「デラックス」だったら『セドリックデラックス』とうたっているでしょう。

何も書いていないし、雰囲気から同じクルマではと推測します。

 

当時は「な~んだ、スタンダードか」と思われていたでしょうが今ではスタンダードの方が高かったりする。

このセドリックを当てたのは確か東北地方の女性だったかと思いますがその記事を

忘れてしまいました。

熱海後楽園のお話しなのに130セドリックの話しになってしまいました(笑)

 

【終わり】

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ブルーバードP312 

2016-03-09 22:23:24 | (旧車)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   My special thanks to Mr.まにまにカレチ                                      

                                2014年 6月 17~18日  

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【業務連絡】和田翔平市会議員へ

2016-01-28 23:26:53 | 熱海

熱海の市議会議員和田翔平さんにお願いです。

これを探してみてください。

昭和41年10月22日の熱海新聞です。

10年以上前のクローズアップ現代で熱海の事が取り上げられた時に

冒頭部分だけが放映されたのと同じものだと思います。

熱海海岸のホテル群の空撮から始まる記録映画「あたみ」

これを探して熱海にお住まいの方々へ上映会を開けば

高齢の方々には懐かしく思い起こされると思いますし

かつての熱海を知らない若い方々にも興味深い作品だと思います。

市役所か図書館に眠っていると思いますがいかがでしょう?

 

 

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

熱海後楽園みさき館  +寝台特急「富士」

2016-01-23 21:21:53 | 熱海

既報ですが8月で熱海後楽園の「みさき館」が終わります。

「みさき館」は高度経済成長期の熱海に出来た現存数少ない近代建築ホテル。

かつての熱海海岸からは後楽園遊園地の観覧車が見えシンボルとなっていたが

彩雲家は泊まった事も入った事もありません。

タワー館が出来てから「みさき館」となり主役を譲りましたがレトロな外観を眺めては

「いつかは・・・」と思っておりました。

しかし一昨年位から「そろそろ閉鎖では?」と噂を耳にして

てっちんさんと行ってきました。

2014年12月19日の事です。

一年以内に書こうと思いきやほったらかしにしてしまいました。

その日を選んだ理由はこれです。

東京駅100周年で特別急行列車富士号が記念運転されたのです。

最後に乗ったのはもう6年前になるのか

送り込みの機関車EF65の1000番台。 

東京駅に電気機関車が・・・

この日は平日の昼間にも関わらず多くの方々で賑わっておりホームは乗客と関係者しか入れませんでした。

 

反対側のホームから、と思いきや嫌がらせのように185系が「試運転」幕で壁を作っていました(苦笑)

でも少しだけでもホームから見えたのでいいや、と富士が発車すると下りの「こだま号」に乗ります。

通常なら湘南電車で行く所が今日だけは違う。

夢の超特急で熱海へ先回り(こだまは特急だけどね)

熱海の駅で待ち構えていると入ってきました。

トンネル抜けてヘッドライトが上に二灯点いているのを見ただけで「おぉ・・・」とため息

幼少の頃に何度か見た富士とは違う。

その頃は電気機関車がEF65の1000番台だった。

今回のは当時、図鑑や本でしか見た事がない500番台の富士マーク付き・・・

まさか見られるなんて、と感慨にふけっていました。 

東海道線に客車列車華やかりし頃は毎日多くの列車が行きかっていた時代。

その幻を見たつかの間の出来事です

伊東線に入り去っていく姿を見えなくなるまで一人見送っていました。

駅前で飲んだ後に富士が来る時間になるとその姿を見送った事もあったな。

当たり前の光景だった・・・

 

先行のてっちんさんから宿に入ったとの連絡が入り私も後楽園へ向かおう。

と、言いながらも熱海駅に残る看板を見にいく。

まだあった!

皆さんならこの看板の希少性?をご理解頂けると信じています(笑

テープの下に隠された文字

こんな所に「かつて」を見つけ悦に入ります。

4つの下の旅館名は熱海へお越しの際にご確認ください。

撮影時期は違えどこんな光景にも味がある

 

熱海駅マクド前から後楽園ホテル行きの送迎バスに乗り込みます。

つづく

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あぶ刑事レパード 2

2016-01-06 01:10:49 | 舘ひろし

上大岡駅を降りて改札口に近づくとコールサイン「港302」でおなじみの

港署の覆面パトカーが見える毎日は幸せです。

写真を撮っている方はほぼ同年代が多い

それぞれ思い出があるのだな、と微笑ましく思い並んで飽きもせず眺めます。

トランクリッドに付いているアンテナは

自動車電話のもの。これも今では見かけません。

この時代の本物の覆面パトの警察無線アンテナというとF1アンテナと呼ばれトランク脇のそれが覆面パトカーを

見破る一つのポイントでした。

そのF1アンテナの次がこの「自動車電話型アンテナ」となっていきますが携帯電話が普及し

逆に目だってしまった事も懐かしい(笑)

さて、今回のレパードの展示で一つだけ残念なのがこちら

面パトの象徴、赤色回転灯。

劇中で使われたのは佐々木電気のSKFM-G。

展示車は安価な赤灯の下部にアルミテープ?を巻いたみたいなのでチト残念。回転灯内部もよく見ると造りがチープ。

私が持っているSKFM Gを提供したかった(笑)

「さらばあぶない刑事」レパード展示も今日6日が最終日です!

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

あけまして「あぶない刑事」

2016-01-03 01:02:58 | 舘ひろし

あけましておめでとうございます。

京急百貨店(上大岡駅)では今月30日に公開される「さらばあぶない刑事」のイベントで

あぶ刑事の象徴F31型レパードが展示されています。

http://www.keikyu.co.jp/company/news/2015/20151218HP_15181NN.html

私の地元の上大岡駅で展示されるなんて・・・

聞いた時から楽しみで出勤前にさっそく見てきました。

あぶない刑事を初めて見たのは中学の頃でした。

日曜日の21時に始まったその刑事ドラマはヨコハマの雰囲気と憧れに溢れていた。

今までにない何か違う面白さと雰囲気に15歳の私はやられてしまいました。

最終回を迎えても映画が作られドラマも続編が出来て高校生の頃は以前に紹介した相棒「竹馬の友」が

これまた偶然に「あぶ刑事」が好きで話したり日曜日になると「もっとあぶない刑事」の撮影を探しに

山下公園周辺まで出掛け遊んでいました。

大げさかとお思いでしょうが「あぶない刑事」は私の青春でした。

それがついに終わってしまう

作り物のドラマといえどこの寂しさは何だろう

ネット時代になると舘ひろしさんを好きな人たちといろいろな出会いが生まれました。

楽しかったな

私にコルト1100がなくていろいろな車の選択肢があったとしたら絶対に

F31レパードを買っていただろう、という位に憧れたあのレパードが「さらばあぶない刑事」で

再び登場するそうな

  「泣かせないでよ・・・」

劇中で使われた車両とは違うと思うが「あのクルマ」が上大岡駅に展示されるなんてこの街に住んだ事に

感謝です。

おそらく座間の日産記念庫に収蔵されている車両だと思います。

赤灯はもちろん無線アンテナや自動車電話のアンテナも付いていました。

3階には

パネルが展示され台本や過去のCMが流れ

劇中で使用される銃器が展示されていました。

このコルトガバメント欲しいなぁ・・・

「港302なレパード」は1月6日まで京浜急行上大岡駅改札前に展示されています。

明日も出勤前に早く出て拝んで行きます。

出勤の行きも帰りも見られるなんて幸せ過ぎです!

 

あ、ついつい熱くなってしまいましたが本年も宜しくお願い致します

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加