小春奈日和

赤ちゃんは、人間は、どのように言葉を獲得するの?
わが家の3女春奈と言葉の成長日記です。

新しい環境で

2016年10月16日 01時40分28秒 | 日記
2013年5月30日(木)(5歳2か月)
 
 
 これまで春奈が口にした言い間違いなどを採り上げて
きたけど、それは決して面白がってのことじゃあない。
 
 赤ん坊から乳幼児へ、この間に言葉が育つわけだけど、
その過程の中には言い間違いがいっぱいある。
 
 言い換えれば、人は間違いをすることで言葉が話せる
ようになっていくということだ。
 
 言い間違いを見つけることは言葉の成長を見ること
でもある。
 
 
 しかし、さすがに5歳になると、春奈の言葉の中に
面白い言い間違いなどを見つけることも少なくなった。
 
 少々ネタ切れ、といったところなのだろうけど、実際は
僕が聞き逃していることも多いのではなかろうか。
 
 それでも、聞き逃してしまうということは、それだけ
春奈の言葉がしっかりしてきたという証拠でもあると
思う。
 
 ただ、ひとつ気づくことは、保育所に通い始める前は、
春奈が口にする言いまわしや表現というものは、家族や
身近な人が口にしているものがほとんどだったのに、
保育所に通い始めて1年が過ぎた今、言葉のレパー
トリーが各段に増えていることだ。
 
 その理由は解説するまでもなくたくさんのお友達や
先生たちと長い時間を一緒にいることだけど、そこでは
春奈が初めて耳にする言葉もたくさん飛び交っている
はずだ。
 
 しかし、その環境の中にいることで、その言葉の意味を
自然に見つけ自分も使うようになっていたのである。
 
 このことは、やっぱり環境の中で聞こえる言葉は自然に
話せるようになる、ということを証明している。
 
 
 そんな春奈、今日で満5歳2か月。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 537 出雲臣と青の人々 その10 | トップ | 538 出雲臣と青の人々 その11 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。