すけさん日誌

杜の都で気ままに暮らす、管理人さんの日記です。
備忘録を兼ねた記録として使えれば、野望達成。

勇気ある決断

2007年01月17日 | サッカーとか

実は臼井の方がヤバイと思っていたんで、いろんな意味で予想外でした。

永井 篤志選手 ベガルタ仙台に完全移籍のお知らせ
この度、モンテディオ山形の永井篤志選手がベガルタ仙台に完全移籍することが決定しましたのでお知らせいたします。

本人コメント:
7年という長い間お世話になりました。モンテディオ山形の一員として戦えた時間は、自分のサッカー人生にとって貴重な、かけがえのない時となりました。「山形の永井」とチームを応援してくださったファンのみなさんには申し訳ないのですが、自分の年齢も考えながら、プロサッカー選手である限り飽くなき挑戦を続けていきたいと、今回の移籍を決意しました。山形でお世話になったチーム関係者、サポーターファンのみなさん、いままでありがとうございました。自分がこれからも活躍することがみなさんへの恩返しだと考えます。そう思ってがんばっていきます。



うーん、またもや古参の選手の離脱ですか。
樽さん も期待しているように、このリストラ(原義の再構築という意味で)が新たな常勝チームを創っていくための一過程となることを祈るのみです。
(-人-) ナムー




それにしても永井が移籍してしまうとは、やっぱりショックですね。

巷の評判では「ファンタジスタ」ということになるのでしょうが、個人的には「サッカーが上手い選手」というイメージがあります。
いやいや、プロになるくらいなんだから上手いのは当然なのですが、ここで言いたいのは、その競技の根本を理解しているというか何と言うか・・・。

つまり、ポジショニングが抜群だったり、プレーの選択が適切だったり、それでいて単独で中央突破を図ろうとするような強引さを織り交ぜる技術を持っている、相手にとっては実に嫌な選手だったろうなあ、というような印象です。
特に、そのポジション取りの巧みさは、移籍直後に見たときから一サッカーファンとして魅せられている特筆すべき能力だと思っております。


他チーム、ましてライバルの仙台に行ってしまうのは残念ですが、サッカー選手としては結構イイトシなのも事実なので、本人がやりたいことに挑戦してほしいと素直に思いもします。

今までありがとう。これからもよろしく。





















・・・と、冷静なサポを装ってはみましたが、やっぱりさみしいなあ。

「自分にとってのモンテディオ山形とは」という問いに、
「自分を救ってくれたチーム」 と答えてくれたあなたのことを、俺たちは決して忘れない。

またいつか、同じ旗の下で。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 燃えろ!いろいろ | トップ | 故郷は山形 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。