Nice One!! @goo

観たい映画だけしか観てません。今忙しいんでいろいろ放置

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『東ベルリンから来た女』 (2012) / ドイツ

2013-01-22 | 洋画(は行)


原題:  BARBARA
監督: クリスティアン・ペッツォルト
出演: ニーナ・ホス 、ロナルト・ツェアフェルト 、ヤスナ・フリッツィー・バウアー
観賞劇場: Bunkamura ル・シネマ

映画『東ベルリンから来た女』公式サイトはこちら。


<あらすじ>
1980年、夏。旧東ドイツの片田舎の町に赴任した女医バルバラ。西側への移住申請が許可されず、秘密警察〈シュタージ〉の監視の下、大病院から左遷されてきたのだ。いつどこで密告されるかもしれない不安と恐怖を抱きながら、西ベルリンに暮らす恋人ヨルクと密会を重ね、脱出の日を画策する。しかし、同僚の医師アンドレの誠実さに触れ、さらには、助けを求める患者ステラとの出会いにバルバラの心は揺れ始める。(goo映画より)



以下ネタばれあり。





ベルリンの壁崩壊が1989年11月なので、そのかなり前、まだ東西共存の足あとが見える前の東独での話である。
こうした映画を観るといつも思うことだけど、息が詰まりそうな日常生活の様子を如何にして表現していくかがポイント。地方に左遷されたバルバラを取り巻く環境も同様で、常に監視下にある中で逃亡を計画する緊迫感が否が応でも観客にも伝わってくる。
この系統で思い出すのは『善き人のためのソナタ』だけど、比較すると主人公同士の恋愛要素は薄め。

西側にいる恋人との生活を夢見て密かに準備することの方がバルバラにとっては第一だった。既存の関係の方が主体になっているので、最初はアンドレが自分に寄せる思いに気がつかない。
アンドレはアンドレで、最初は同僚兼バルバラの監視役を仰せつかる訳だが、バルバラを一目見た瞬間から彼女に惹かれてるのがわかる。ここは大事な所で、監視よりも彼女そのものを大事に想うことの伏線になっている。そして一瞬で男を虜にしてしまうバルバラの、地味な服や表情で隠しても滲み出てしまう官能もよく出ている。

隠しても隠しきれないのは秘めた官能だけではなく、バルバラの希望もそうだ。一般的に「人は人を隠す」と言うが、ただでさえ西独よりも人がまばらな当時の東独で、しかも周りは相互監視社会、その中でふらっと現れた訳あり美女というだけでも注目の的なのに、その中で準備をすることは相当な用意周到さが必要だったはずだ。いくらバレないようにしていても、素振りで気付く人は多いんじゃないだろうかとも思うが、そういった思惑など、無駄な場面が一切省いてあるのが緊迫感が増していく。
監視役の役人ですら大きな汚点だとか後ろめたさがあった訳で、そう考えると同じ穴の狢なのだろう。

普段抑圧している分、恋人と逢う時は弾ける訳だが、それを過剰に前面に出す訳でもなく、むしろ結末に向けての伏線として使っていることがわかる。離れていた間にバルバラに起こった出来事は、屈辱的なものも確かにあっただろうが、アンドレの医師としての姿勢やステラとの出会いによって、バルバラはこれからの自分の生き様について考えさせられたはずだ。
あのタイミングでステラが現れたことによって大きくバルバラの運命も変わっていくが、彼女はそれを悔いたり嘆きもせず、むしろ誇らしげな気持ちで受け止めたように思う。一瞬の判断に迷いはない。彼女は人間としての自分を選んだのだ。
最後にアンドレに見せる表情などはどこか勝利宣言をしたかのように晴れ晴れとしており、いつか野望を達成してやるという決意に満ち満ちている。





緊迫感や恋愛模様のドラマティックさで言えば『善き人のためのソナタ』ほどではないものの、むしろそのあっさり感や無表情さが却って現実的なのかもしれない。
この9年後にようやくベルリンの壁が崩壊したことを思えば、果たしてこの後バルバラはどうしたのだろうという所に思いを馳せるのも面白い。実際こういう人々はごまんといたのだろう。自由を求め、そしてそれを阻止した人々。過去の設定だが、この不毛な攻防は後世に語り継がれるべきものではないだろうか。


★★★★☆ 4.5/5点





『映画』 ジャンルのランキング
Comments (14)   Trackbacks (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南翔饅頭店 西武渋谷店 | TOP | 【未体験ゾーンの映画たち201... »
最近の画像もっと見る

14 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
参りました ()
2013-02-08 20:50:39
『善き人のためのソナタ』はメロドラマでしたけど、こちらはroseさんおっしゃる「あっさり感や無表情」が硬質なドラマにしていましたね。この映画、好きです。それにしてもヒロインの「隠しても隠しきれない官能」はすごい。参りました。
雄さん (rose_chocolat)
2013-02-08 21:43:49
私も結構参りましたよーこれ。
硬質な映画って最近なかなかなくて。
何でもしゃべったり種明かしたり、そんなふにゃふにゃの映画に飽き飽きしている私としては、かなり満足です。
官能だって、やたら見せればいいってもんじゃなくて(笑)、こういう部分の表現って非常に大事だと思うんですよね。
こんばんは。 (sannkeneko)
2013-03-22 21:36:04
不要な回想シーンもなければ、説明は最小限。
バルバラがピアノを弾くまでそういえばBGMがなかったんだ・・・と気付くほど。
不要な演出は一切なくても緊迫感や心情は伝わってくる。
ラストのふたりの表情も秀逸でした。
sannkenekoさん (rose_chocolat)
2013-03-23 14:38:18
最近は余計な説明が多過ぎたり、足りな過ぎたり、ちょうどいいテイストの作品がなかなかないんですよね。
なのでこれは内容も含めてとっても気に入りました。
こういう上質の作品が増えてほしいですね。
秘めた官能 (えい)
2013-03-24 17:45:58
こんにちは。

この映画の魅力は、
ヒロインの“秘めた官能”でしょうね。
秘めているがゆえに、
よけいに狂おしくそれが見え隠れする。
もし、
それがなかったら
自分自身ももっとうまく隠せていたかも…。
よく考え抜かれた映画だと思います。
えいさん (rose_chocolat)
2013-03-26 07:46:04
美しい人ってただでさえ目立ちますよね。そして殺風景な田舎町に官能的な人が来たら、もう目が離せなくなる。
そのあたりの計算がとてもなされてました。
こういう話は東西冷戦時代ならではなんだと思います。物悲しいけどこういう話が多かったんじゃないかと。
今日は~ (小米花)
2013-07-30 17:13:12
抑えた表現が現実味を帯びてたように思います。

東欧らしさっていうのは、これカナって思いました。
いい映画でした。

壁崩壊後の彼女、どうなるのでしょうね。
私は変わらず田舎町で淡々と生きてくような気がします。
途惑う東で懸命に生きた人も多くいたはずですからね。
小米花さん (rose_chocolat)
2013-07-31 08:12:40
抑え目な作品が好きなんですよね。これでもかと出しまくるのよりは。

>途惑う東で懸命に生きた人も多くいたはず
経済格差もあったし、生き残るのは大変だったと思うんですよね。
それでも彼女なら生き抜いたと思います。
大人な映画でしたね (maru♪)
2014-01-02 01:31:09
とっても大人な映画でしたね!

とにかくバルバラが良かったです!
おっしゃるとおり、隠しきれない官能ですよね・・・
地味な服装の中に見える女性らしさとか、センスがいいです!

当時の東ドイツの状況や、シュタージ監視下に置かれることなども描きつつ、
バルバラの医師としての誇り、恋愛、ステラに対する思いを描くのも上手いと思いました。

ライナー医師がイケメンじゃないものイイです(笑)
maru♪ちゃん (rose_chocolat)
2014-01-02 10:51:14
そうなんですよ。
隠そうとしても隠しきれない官能。
こういう作品って今、なかなかないだけに、本当に観てよかったと思うんですよね。

自由を求めた冷戦時代の映画って、非常に厳しい現実を描いてると思います。
もちろんこんなにドラマチックじゃないと思うけど、その中で懸命に頑張った姿を残したいという想いも私は好きでした。

>ライナー医師がイケメンじゃないものイイです(笑)
だよね。あそこでイケメンじゃいかにもです(笑)
そういえば、 (ボー)
2014-03-06 07:26:58
「善き人のためのソナタ」って、それほど好きじゃなかったですが、これは好きです。
まー、人間、千差万別ってことですねー。

Chicの動画トップ画面、なんか怖い(?)んですけど!笑
ボーさん (rose_chocolat)
2014-03-06 09:03:59
善きソナ、すごいハマったんですよね。この年の1位にしたと思う。
冷戦時代のことってやっぱりドラマ性があるんで、映画になっても興味深いです。
Chic、言われてみれば怖い? w
2013年の2位^^ (latifa)
2014-07-10 12:16:52
roseさん、こんにちは!
いやー、良かった、良かったです、この映画。
roseさんが2位にするのも解る。
私もこういう映画はドストライクです。

善きソナも良かったけれど、ドイツ映画、やっぱり素敵だなー!
latifaさん (rose_chocolat)
2014-07-11 07:09:41
わー!
よかったぁ。latifaさんに気に入っていただけて。
これ、1位にしてもよかったかなあなんて、今更思う・・・
DVD買おうかしら。
ドイツ映画、好きなものはだーいすきなんですよね。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

15 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
東ベルリンから来た女 (佐藤秀の徒然幻視録)
華氏と摂氏の“温度差” 公式サイト。ドイツ映画。英題:Barbara。クリスティアン・ペツォールト監督、ニーナ・ホス、ロナルト・ツェアフェルト、ライナー・ボック、ヤスナ・フリッツ ...
東ベルリンから来た女 (とりあえず、コメントです)
1980年の東ドイツを舞台に、一人の女性の生き方を描いた人間ドラマです。 自転車に乗っている写真が印象的で、これから何が起きるのだろうと気になっていました。 サスペンスではないのに、出だしから緊張感が漂う空気が伝わってくるような作品でした。
「東ベルリンから来た女」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Barbara」2012/ドイツ バルバラに「イェラ/2007」のニーナ・ホス。 アンドレにロナルト・ツェアフェルト。 秘密警察のシュッツに「白いリボン/2009」「ミケランジェロの暗号/2010」「アンノウン/2011」「戦火の馬/2011」のライナー・ボック。 少女ステラに...
『東ベルリンから来た女』 バルバラの息の音 (Days of Books, Films )
Barbara(film review) 舞台は旧東ドイツ北部の小さな町。曇天の
東ベルリンから来た女 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
愛と自由の狭間で揺れるヒロインの生き様をサスペンスフルに描く「東ベルリンから来た女」。硬質の美貌のニーナ・ホスの秘めた情熱が魅力的だ。1980年、東ドイツ。田舎町の病院にバ ...
映画・東ベルリンから来た女 (読書と映画とガーデニング)
2012年 ドイツ 原題 Barbara まだ東西ドイツが分裂していた時代 東ベルリンの大病院に勤務していたが、西ドイツへの出国を望んだため拘留されバルト海沿岸の田舎町の病院へ飛ばされた医師バルバラ(ニーナ・ホス) この町で彼女は秘密警察の監視下に置かれ、....
「東ベルリンから来た女」 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
女性として、医師として。 ラタトゥユ。 土曜日の夜。
『東ベルリンから来た女』 (ラムの大通り)
(原題:Casare deve morire) 「来年のことを言うと鬼がなんとやらだけど、 これは少なくともベスト10には入れたい映画だね」 ----またまた気が早い。 この映画って、 今年2012年のベルリン国際映画祭銀熊賞(監督賞)受賞の話題作。 厳しい監視の目を盗んで西側社会...
東ベルリンから来た女 (映画と本の『たんぽぽ館』)
彼女なら、どこにいても強い意志で生き抜けるかな?             * * * * * * * * * ベルリンの壁崩壊前の東ドイツ。 ある海辺の田舎町の病院に、美しい小児科医バルバラが赴任して来ました。 彼女は西側に恋人がいて、 西へ移住申請を....
東ベルリンから来た女 (KATHURA WEST)
東ベルリンから来た女 原題:Barbara 監督:クリスティアン・ペッツォルト キャスト:ニーナ・ホス、ロナルト・ツェアフェルト、他 2012/ドイツ オフィシャルサイト  秘密警察の監視のもと、西側への脱出を計画する女医の物語。 時は1980年、ベルリ...
東ベルリンから来た女 (こんな映画見ました~)
『東ベルリンから来た女』---BARBARA---2012年( ドイツ)監督:クリスティアン・ペツォールト出演:ニーナ・ホス 、ロナルト・ツェアフェルト 、ライナー・ボック 、ヤスナ・フリッツィ・バウアー、マルク・ヴァシュケ 人々が秘密警察の存在に怯えていた社会主...
「東ベルリンから来た女」 (ここなつ映画レビュー)
クリスティアン・ペッォルト監督の「幻影三部作」の第一部にあたるこの作品。淡々とした流れの中にも独特な緊張感、ヨーロッパ映画らしい雰囲気があり、私の好きなテイストです。 自転車。風のある風景。当局の管理下に置かれたある種の囚われ人特有の殺風景な部屋。...
『東ベルリンから来た女』鑑賞@WOWOW (・*・ etoile ・*・)
『東ベルリンから来た女』鑑賞@WOWOW 録画しといた『東ベルリンから来た女』見た!良かった!じっくり見応えのある作品。女性らしい強さのバルバラと、彼女を温かく包み込むライナー先生が良かった!壁崩壊まで後9年、長いと思うか、短いと思うか、立場によって違うと思う...
「東ベルリンから来た女」 (或る日の出来事)
彼女がどんな選択をするのか。 いい映画だと思う。
「東ベルリンから来た女」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
凄く好みの映画でした。4つ★半~5つ★