Nice One!! @goo

観たい映画だけしか観てません。今忙しいんでいろいろ放置

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 (2013) / アメリカ

2014-02-03 | 洋画(あ行)


原題: The Wolf of Wall Street
監督: マーティン・スコセッシ
出演: レオナルド・ディカプリオ 、ジョナ・ヒル 、マーゴット・ロビー 、マシュー・マコノヒー 、ジョン・ファブロー 、カイル・チャンドラー 、ロブ・ライナー 、ジャン・デュジャルダン

公式サイトはこちら。


22歳でウォール街の投資銀行へ飛び込んだジョーダンは、学歴もコネも経験もなかったが、誰も思いつかない斬新な発想と巧みな話術で瞬く間になりあがっていく。26歳で証券会社を設立し、年収4900万ドルを稼ぐようになったジョーダンは、常識外れな金遣いの粗さで世間を驚かせる。全てを手に入れ「ウォール街のウルフ」と呼ばれるようになったジョーダンだったが、その行く末には想像を絶する破滅が待ち受けていた。(映画.com)



結局2回鑑賞してしまいました。1度目は2月の上旬、それからちょうど1月後にもう1回(なのでこれ書いてるのは3月です。笑)。何故かというとこれ結構長いんですね。記憶なくしちゃった所もあり(笑)、あと全編かなり悪意に満ちた感じはわかるんだけど、ではその中の見どころは?という点をもう1回きちんと整理してから書きたかったので。
結果から言えば、これかなり好きでしたね。悪だくみと金儲けしかしない人ばっかり出てくるんだけど、それでも何だか独特のテンポにやられてしまった。

実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの自伝の映画化ということなんだけどこれがまたリアルで拝金主義一辺倒というか、とにかくひたすらウォール街でのし上がるために儲けろ!だけが至上主義。なので話もどうしたら金が入ってくるかオンリーが基準となっている。ウォール街に就職したての頃のジョーダンが冒頭に出てくるが、少しすると結構ウォール街龍に染まってくる。金を儲けることはまるで女を落とすことと同義語かのような上司・同僚の行動がいちいち面白い。とりわけマシュー・マコノヒーですね。彼の意味不明な歌(「ふんふん、ふふふん、ふふふんふんふんふふふん♪」・・・ 笑)あれが頭に残って離れないんですけど(笑) あれってどっかの曲なんでしょうか。それともこの映画のオリジナル?
マコさん、最近の作品はどれもハズレなし。これは前半ちょこっとだけしか出てきてないんだけど、もっと観たいというオーラが出まくりでしたね。アカデミー主演男優賞おめでとう。レオさんは残念だったけど(苦笑)

主演男優賞取れなかったとはいえ、レオさんの演技にも鬼気迫るものがありまして。服用期限切れの鎮静剤(といってもほぼドラッグ的な用途)の「レモン714」を飲んで、大したことないからってんでランボルギーニを運転して近くまで行ったところで「レモン」がようやく効きはじめて、死にそうになりながら帰宅したあとに乱闘するシーンなんかは凄かった。あれはもう正気の沙汰じゃできないでしょう。ああいうシーンってほんとに馬鹿以外の何物でもないんだけど、それでも見てる側としてはそれがエンタメっぽくなっちゃってていつの間にか引き込まれる。

とりあえず、悪趣味なくらい「金」「女」「SEX」が全てという世界にどっぷりと浸かり込んだ男の人生といったところなんですが、それでもただそれだけで彼がのし上がったんじゃないところが、はじめと終わりに出てくる "Sell me this pen," のくだりだろう。ただのアホじゃない、どこかで一枚上手だったからこそ上がっていけた。ただしその手法がイカサマだっただけ。自分にどうしたらペンを売りつけられるか、人にどうやって買ってもらうか、そのノウハウが一歩人とは違うものがあったからこその彼の人生なのだろう。


音楽ですが、うまい使い方をしていると思ったのは2曲。



懐かしいですよねーこれ。そして、会社を興そうとしているシーンにぴったり。日々の"penny"に一喜一憂している者たち、こんなとこから抜け出そうよということで、こんな曲よく見つけてきたなと思いますよ。



そしてもう1曲はこれ。カイル・チャンドラーが出てきていよいよ祭り?ってところだし、何か背徳感がありますよね。この曲って。

エンディングも、"Sell me this pen,"からのあっさりとしたピアノインストゥルメンタルで、ここもうまいなと思いました。スコセッシ作品の音楽が好きなんですよね。緩急つけたテンポだし。映画自体もそんな感じでしてたっぷり低俗なんだけどいつの間にかハマってました。


★★★★☆ 4.5/5点






『映画』 ジャンルのランキング
Comments (6)   Trackbacks (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2014年1月 観賞記録 | TOP | テーブルウェア・フェスティバル... »
最近の画像もっと見る

6 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
偏り~ (cyaz)
2014-03-06 08:17:07
rose_chocolatさん、おはようございます^^

ディカプ、ノミネートまでは良かったですが、
結局はオスカー獲れなかったですね・・・。
『ギルバート・グレーブ』以来、ジョニデもディカプも
成長しているのに、何故か二人ともアkデミーでは
脚光を浴びることないですね~
アカデミー会員の偏りに問題があるのかも(笑)

この映画、マシュー・マコノヒーのアドリブも良かったですが、
『ダラス・バイヤーズクラブ』のマコノヒーは最高に良かったです!
cyazさん (rose_chocolat)
2014-03-06 09:02:06
>偏りに問題があるのかも
もうここまで来ると、嫌がらせとか意地悪の域でオスカーなんてやらん!って感じじゃないですか(苦笑)
まあ今年はマコさんいたから無理もないかな。

ダラス・・・ も観てるんですがまだ書いてなくて(汗)よかったよね。そのうちお邪魔します。
レモン (とらねこ)
2014-03-06 09:41:07
レモンのシーンは、二段階にジョークとしてやってましたね
最初のは彼の視点で、後日明らかになるのが幻想でない姿
辛うじて自分の屋敷にやってきて、ジョナ・ヒルに向かって電話のコードグルグル巻きになりながら、言いたいことを何とかして言おうとするシーンが面白かったな
とらねこさん (rose_chocolat)
2014-03-08 07:23:08
レモンのシーン、すごいですよね。あれだけの破壊とクレイジー、素面でやったとしたら素晴らしい。
言おうとするんだけど呂律が回らないとか、ああいうのはちょっとでも「らしさ」になっちゃうとダメでしょ。なり切らないといけないから。
これ見る前に (sakurai)
2014-05-20 15:59:36
ジョナヒルの21ジャンプストリートを見てて、そのギャップもまた面白かったです。よーやるわ。
スコセッシもまた、役者から引き出すのが上手いのですが、どこかに「仁」みたいな精神が欲しいなあと思う今日この頃です。
いや、やっぱ合わないか、彼には。
sakuraiさん (rose_chocolat)
2014-05-23 06:13:12
ジョナヒルもたくさん出てますね。
仰せの作品は未見なんですが・・・。
スコセッシは好きな監督です。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

9 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ウルフ・オブ・ウォールストリート (あーうぃ だにぇっと)
ウルフ・オブ・ウォールストリート@TOHOシネマズ六本木ヒルズ
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ウルフ・オブ・ウォールストリート」□監督 マーティン・スコセッシ□脚本 テレンス・ウィンター□原作 ジョーダン・ベルフォート□キャスト レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル、マーゴット・ロビー、マシュー・マコノヒー、 ...
ウルフ・オブ・ウォールストリート (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(AF) “このペンを私に売ってみせろ”
ウルフ・オブ・ウォールストリート (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE WOLF OF WALL STREET】 2014/01/31公開 アメリカ 179分監督:マーティン・スコセッシ出演:レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル、マーゴット・ロビー、マシュー・マコノヒー、ジョン・ファヴロー、カイル・チャンドラー、ロブ・ライナー、ジャン・デュジャルダ....
ウルフ・オブ・ウォールストリート (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
ウルフ・オブ・ウォールストリート 13:米 ◆原題:The Wolf of Wall Street ◆監督:マーティン・スコセッシ「ヒューゴの不思議な発明」 ◆主演:レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル、マーゴット・ロビー、マシュー・マコノヒー、カイル・チャンドラー、ロブ・ライナ...
「ウルフ・オブ・ウォールストリート」 狂乱の日々 (はらやんの映画徒然草)
レオナルド・ディカプリオが演じるジョーダン・ベルフォートは株式ブローカーとしてキ
「ウルフ・オブ・ウォールストリート」 (ここなつ映画レビュー)
レオナルド・ディカプリオ、あっぱれ。ずっと思ってたけどたいした役者だ。私はこの作品、好き。大好き。究極、一人の男の栄光と転落の人生を描いたものなのだけれど、なんというパワフルな作りだろうか。特殊な状況下のパワフルというだけでなく、全ての面でパワフル&ゴ...
ウルフ・オブ・ウォールストリート (迷宮映画館)
なんつか、人間こうなっちゃダメっしょ・・・と、見てるこっちが金持ちに対して、優越感に浸れる。
ウルフ・オブ・ウォールストリート (こんな映画見ました~)
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』---THE WOLF OF WALL STREET---2013年(アメリカ )監督: マーティン・スコセッシ出演: レオナルド・ディカプリオ 、 ジョナ・ヒル、マーゴット・ロビー 、マシュー・マコノヒー 80年代から90年代のウォール街で&amp...