Nice One!! @goo

観たい映画だけしか観てません。今忙しいんでいろいろ放置

『ホワイトハウス・ダウン』 (2013) / アメリカ

2013-08-08 | 洋画(は行)



原題: WHITE HOUSE DOWN
監督: ローランド・エメリッヒ
出演: チャニング・テイタム 、ジェイミー・フォックス 、マギー・ギレンホール 、ジェイソン・クラーク 、リチャード・ジェンキンス 、ジェームズ・ウッズ 、ジョーイ・キング
試写会場: ニッショーホール

映画『ホワイトハウス・ダウン』 公式サイトはこちら。(2013年8月16日公開)


議会警察官のジョン・ケイル(チャニング・テイタム)は、大統領ジェームズ・ソイヤー(ジェイミー・フォックス)を警護するシークレットサービスの面接を受けるが不採用となってしまう。幼い娘エミリー(ジョーイ・キング)をがっかりさせたくないと考えたジョンは、娘と共にホワイトハウスの見学ツアーに参加するが、突然謎の武装集団が現れ、ホワイトハウスを占拠する。合衆国政府が大混乱に陥る中、大統領とエミリー、そして国家の運命はケイルの手に託されることになる……。(Movie Walkerより)





何故かメトロ銀座線にこの特大広告多し。新橋と虎ノ門で見かけた。
つい先日も『エンド・オブ・ホワイトハウス』(→未見です)というホワイトハウス絡みの作品があったばかりで、しかもどちらも破壊系というかテロ系なので、好きなチャニングが出てはいますがこれってどうなの?と若干期待値普通めで観賞。
そして試写会後のアンケートを書いた人全員にプレスをプレゼント!これは嬉しいですね。こういうことが一番ブロガーとしてはテンション上がります(笑)


ポイントはズバリ、冒頭のシーンですね。目を凝らしてよーーーく観ておいて下さい。ここが話の伏線となっています。2人の人物の何気ない行動にヒントが隠されてます(とはいっても結構分かりやすい部類なんだけど)。「あれ?」って思う所があったらそれです。
話自体はそんなに込み入ったものじゃなく、ジョン・ケイル自身もすごーく卓越した何かを持っているという訳じゃない。エミリーが映画のキーパーソンとなって、いかにもこの世代のこまっしゃくれたコにありがちな行動をしてしまって、ああやっぱり・・・という部分もかなり想定内(苦笑)そもそもこんなにオタクで反抗期な子を連れ歩くとただでさえいろいろ面倒なのに、期待通りめんどくさいことをしてくれるエミリー。でもそれが結局いろんなことに繋がっていく。

思わぬ人物がテロに加担し、首謀者と共謀者の間でも微妙に温度差が生じ始めるあたりもまた如何にもという感じなんだけど、結局自分たちのためにしか動かないのは誰しも同じ。ソイヤー大統領が世界平和のために軍縮を表明すれば、それで不利益を被る一派が敵に回る。あるいは恨み節を唱えてる者。いつの時代でも何かを唱えればその反対者は出現する。確実にターゲットを倒すためには協力者がいないと不可能なんでしょう。これも昔からよくある話で、ではホワイトハウスをどう突破するのかと見ていると、意外にも安易な方法。これ、ホワイトハウスはセキュリティがこんなに甘いのかって怒られるレベルだと思うんですけどね。

とまあいろいろ指摘できる点はあるんですが(笑)、テロが始まると大統領を守るケイルの活躍がメインになっていく。今乗ってるチャニングですから観ていて単純に釘づけというか(笑)、お目当ての方もそうでない方も彼の身体能力の高さを生かした演技やらアクションは気に入ってもらえるんじゃないかと。信頼していたあの人が実は敵だったとか、もしかしてあの人も敵なんじゃないかとおとりで思わせておいて、最後に用意した本物の黒幕の存在(でも気をつけていれば何となく途中からフラグ見えてくるんですけど)はなるほどなんですね。要するに誰得で考えたらすぐわかっちゃうんだけど。

ケイルの娘のエミリーのポジションは、正義感がお好きなアメリカ人の好みそうな子どものイメージですね。ああいう風になってしまうともうこの先ずっとヒロインでいられるでしょう。
大統領を守る、国を愛する、家族を大事にする、これは味方側でも敵側でもキーポイントとなる考え方で、それがために敵味方に分かれた考え方をする所もまた興味深い。思想は表裏一体ということなのでしょう。何事も究極までつきつめてしまうと正反対になってしまう。アメリカ人の行動規範を見つめながら、徹底的に破壊するのがお好きな?ローランド・エメリッヒ監督の世界を眺めつつ、テロに立ち向かうチャニング・テイタムを楽しむ作品。


★★★★ 4/5点





『映画』 ジャンルのランキング
Comments (20)   Trackbacks (37)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『マジック・マイク』 (2012) / ... | TOP | 魚とワイン hanatare @横浜 »
最近の画像もっと見る

20 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (ituka)
2013-08-16 20:53:55
『エンド・オブ・〜』は未見でしたか。
主人公はあちらはすでに出来上がってる、いやそれ以上のスキル持ってるんですが
こちらは面接で落ちちゃう未完成な男ってことで(でもスキルは高め)こういうところ感情移入しやすかったです。

問題はテロ化する敵の描き方で、ワタシは僅差でジェラルド版に軍牌ですよ(笑)

見終わって冒頭の伏線貼りまくってましたね。
こんばんは♪ (yukarin)
2013-08-16 22:42:25
面白かったです。
はい、徹底的に破壊するのがお好きなもので(笑)
エンド〜も面白かったですがちょいこちらのほうが楽しめました。

確かにホワイトハウスのセキュリティは甘すぎでしたよねぇ。それに裏切り者もわからないなんて(汗)
itukaさん (rose_chocolat)
2013-08-18 07:35:19
もう1つの方観てないんだよねえ。観てたらいろいろ比較で来たんだけど。
単体で観る分には十分楽しかったです。
チャニング好きなので!
yukarinちゃん (rose_chocolat)
2013-08-18 07:36:39
そうなんですよー。セキュリティ甘すぎ!
あんなことで簡単に入れるなら、しょっちゅう破壊されちゃう(笑)
映画用にしたんだろうけど、本物はもっとセキュリティ厳しくしないとねえ。
挑っっっっ挑んだっっ?!?! (q でででで出た)
2013-08-19 23:17:23
エンド・オブ・ホワイトハウスの方も
是非 是非 観て欲しく
大統領・大統領を守るSPとが
 「担当 変え」したという比較が成立するので
なかなか! ← 突っ込みしつつ
えーと もっとサクサクと言えば「ショバ変え」
娘どうやっても 「同じ目線」だー
 日本では考えられない設定も 何故か良い

 つか・・・ホワイトハウス
どうにも弱すぎの守りだ(笑)
こんばんは (とらねこ)
2013-08-21 00:39:20
こんばんは〜。その節はお世話になりました。
『エンド・オブ〜』と違う点がいくつも目に入って、比べながら楽しむことが出来ましたよね^^
お、roseさんもチャニング・テイタム、好きになりましたか?私も、実は『マジック・マイク』以来気になってしまって。
ストリッパー出身でここまで出世するなんて!て、何故かおかーさんの視点になってます(爆
qちゃん (rose_chocolat)
2013-08-21 09:39:41
『エンド・オブ〜』はそのうち観ます。
名画座でかかればいいんだけど。

ホワイトハウス、あれじゃ普通のビル並みの弱い警備だよな。
とらねこさん (rose_chocolat)
2013-08-21 09:41:01
意外と楽しかったですねー。これ。
一歩間違うととんでもなくベタで終わる所を、上手い具合にエンタメに持って行ったと思いました。

チャニングの魅力もありますよね。
私は『第九軍団のワシ』から好きですよぉ。
こんばんわ (にゃむばなな)
2013-08-21 23:13:16
『ザ・ロック』のように作れば映画は面白くなる。
それを体現したかのような映画でもありました。

それにしてもジェームズ・ウッズも老けましたなぁ〜。
にゃむばななさん (rose_chocolat)
2013-08-25 06:42:51
>『ザ・ロック』
それ観てないのでわかんないです。。

ジェームス・ウッズ、齢取りましたよねえ。
最近どうしてるんでしょう。舞台とかTVとかやってるんでしょうか。スクリーンではお久しぶりでした。
セキュリティ (バラサ☆バラサ)
2013-08-26 00:37:25
コンピュータのセキュリティなら穴があったりするのですが、入館系のセキュリティが、いつも脆弱なのに驚きます。まあ、それを破らないと話が進まないのですが。
「ワールド・ウォーZ」のウイルス貯蔵部屋への入館もパスコードのみ。
バラサ☆バラサさん (rose_chocolat)
2013-08-26 18:14:26
>入館系のセキュリティが、いつも脆弱
ホワイトハウスともあろう所が、あんなに簡単に不審者が入れたら困ってしまいますよね。
映画なんでしょうがないけど、実際はそういうことがないように願いますが(苦笑)
ありがとうございました (sakurai)
2013-09-03 15:06:45
ぐちぐちと自分よがりな愚痴を聞いていただき、ありがとうございました。
ニュース報道もだいぶ減って、精神的にも落ちついてきました。全くとんでもないことが起こるもんです。
と思ったら、またぞろ変な事件が起こってしまう。
殺人事件やらには事欠かない日本ですが、そのたびに周囲にとんでもない迷惑やら、精神的重圧やらをかけてるんだなあと、今更ながら知った次第です。
そんな事件を追う仕事をしている記者やら、リポーターさんお精神はどうなってるんだろう・・・などと感じました。
ということで、復活!遅くなりました。

そうそうそう、どっちもパトリオットなんですよね。国を守りたい、国を愛する、家族を愛することには変わりないのに、なぜか変わっていってしまう。。。。
難しい世の中を、うまーく表してたと思います。
エンドの方はご覧になってなかったのですか。
敵は、こっちの方が納得いくなあ。
あとは主人公の好みですが、チャニングに軍配。
バトラーさん、苦手。。
子どもの使い方が、よかったと思います!と言うことで、こっちの方が好きですわ。

あ、夏休み中に「預言者」見ました。
自分が想像していたのと、全く違う中身で、少々面喰いましたが、なかなか面白かったです。
何にために刑務所ってのがあるんだ・・・と、若干納得いかないところもありましたが、お国柄ですかね。
あの主人公が、「第九軍団のワシ」のあの人だったのね!!びっくりでした。
sakuraiさん (rose_chocolat)
2013-09-03 18:32:55
身近でいろいろあると、関係なかったとしてもストレスが知らずのうちにかかっていますよね。
仕事で追いかける人は、完全に他人事として見ないとやってられないんでしょうね。

>どっちもパトリオット
そうなんですよね。国を愛するあまりに極端になってしまう。自分が属する方が常に正しくなってしまうのも同じで、難しい所です。
エンド・・・ は観てないんですよね。こちらの方は楽しかったです。

んーとですね、『預言者』にはチャニングさんは出てなかったと思います。
『第九軍団のワシ』は出てましたよね。あれはよかった。
 (sakurai)
2013-09-03 22:29:29
「第九軍団のワシ」のアザラシ族の青年が、「預言者」の主人公のアラブ系の人でした。
顔を白く塗りたくって最後にやられたやつ。
sakuraiさん (rose_chocolat)
2013-09-04 00:37:51
そっちでしたか! 了解。
タハール・ラヒムさんですね。
しかし全然違うメイクだから同一人物とはわかんないですよねえ。。
マリリン逢引き (ボー)
2013-09-15 09:00:41
マリリンと大統領が逢引きするための秘密通路のネタが出ると聞いて、面白いというウワサもあるし、観てみたら面白かった。
得しましたー。
ボーさん (rose_chocolat)
2013-09-16 07:18:28
これは面白かったですよね。ただの大騒ぎするだけの映画かと思ったら意外と楽しかった。
こんばんは〜 (マリー)
2013-09-18 23:46:28
ただただ壊されるのを見てるのが楽しかった。
そしてチャニングの活躍ぶり(身体も含めて 笑)
見応えありました〜。

セキリュティが甘いなぁっていうのもツッコミません。
でもああいうガイドツアーあるのなら一般人のチェックはかなり厳しそうですよね。参加してみたいけど〜。

マリーさん (rose_chocolat)
2013-09-20 22:25:58
>ただただ壊されるのを見てるのが楽しかった
ですよね。壊してるのに楽しいってヘンなんですけど、それがエメリッヒさんのいいところなのでしょう。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

37 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ホワイトハウス・ダウン (試写会) (風に吹かれて)
娘の役は 旗振り公式サイト http://www.whitehousedown.jp8月16日公開製作総指揮・主演: チャニング・テイタム監督: ローランド・エメリッヒ国内外で賛否両論の、第46代大統
映画:ホワイトハウス・ダウン White House Down 同志向ワシントン破壊系、2発を徹底比較!(笑) (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
ついこの前に「エンド・オブ・ホワイトハウス Olympus Has Fallen が公開されたと思ったら、同方向企画が別配給で。 こうなると、比較採点しないわけにはいかない当ブログ! 以下、4つの指標で、比較してみる。 その × 4は... 1.話のリアル度 2.盛り上がり度 3.俳...
劇場鑑賞「ホワイトハウス・ダウン」 (日々“是”精進! ver.F)
米国危機一髪… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201308160003/ メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を無料交換しますのでご安心下...
[映画『ホワイトハウス・ダウン』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
           ☆いやはや、今年の夏は、娯楽超大作が豊作ですな。  今夜から、『スター・トレック』の新作が先行レイトショーで上映されるけど、私、夜は店を開かなくちゃならないので、本公開を待たなくちゃならない。  で、観るつもりだったけど、後回しと...
ホワイトハウス・ダウン (Akira's VOICE)
てんこ盛りの見どころ&笑いどころ。  
ホワイトハウス・ダウン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3,5点】(10) ジェラルド・バトラー版より庶民寄りの主人公がいい。
ホワイトハウス・ダウン / White House Down (勝手に映画評)
ネタバレあり。 今年は、ホワイトハウスを襲撃する映画の競作の年のようです。先に『エンド・オブ・ホワイトハウス(Olympus Has Fallen)』が公開され、こちらの『ホワイトハウス・ダウン』は後追い公開となりました。『ディープインパクト』と『アルマゲドン』と同じ関...
ホワイトハウス・ダウン (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【WHITE HOUSE DOWN】 2013/08/16公開 アメリカ 132分 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:チャニング・テイタム、ジェイミー・フォックス、マギー・ギレンホール、ジェイソン・クラーク、リチャード・ジェンキンス、ジョーイ・キング、ジェームズ・ウッズ 世界は、ここ...
ホワイトハウス・ダウン (あーうぃ だにぇっと)
ホワイトハウス・ダウン@ニッショーホール
ホワイトハウス・ダウン (ハリウッド映画 LOVE)
原題:White House Down監督:ローランド・エメリッヒ出演:チャニング・テイタム、ジェイミー・フォックス、マギー・ギレンホール、ジェイソン・クラーク、リチャード・ジェンキンス、ジョーイ・キング
ホワイトハウス・ダウン (とりあえず、コメントです)
派手なエンターテイメント作品が得意なローランド・エメリッヒ監督のアクション大作です。 予告編を観て、チャニング・テイタム&ジェイミー・フォックスの活躍が観たいなあと楽しみにしていました。 堂々と輝いていたホワイトハウスが破壊されていく様子に、 さすがエメ...
[洋画] すごく面白かったけどリアリティはちょっとね「ホワイトハウス・ダウン」 (窓の向こうに)
公開2日目にして土曜日のせいか、開始15分くらい前に行ったのにほぼ満席で、前から3列目の端の席しか取れなかった。まあ、混んでいるのは良いことだ。 題名ホワイトハウス・ダウン(原題:White House Down) 監督ローランド・エメリッヒ 出演チャニング・テイタム(ジョ...
ホワイトハウス・ダウン   出た! (Said q winning)
 ストーリー:大統領ジェームズ・ソイヤー(ジェイミー・フォックス)を警護するシークレット サービスを目指すも、不採用となってしまった議会警察官のジョン・ケイル(チャニング・テイタム)。不採用だったことで幼い娘を悲しませたくないと、気晴 らしも兼ねて彼女を...
ホワイトハウス・ダウン  (心のままに映画の風景)
議会警察官のジョン・ケイル(チャニング・テイタム)は、シークレットサービスへの転身を目指し、次席特別警護官キャロル(マギー・ギレンホール)の面接を受けるが、結果は不採用。 娘エミリーをがっか...
ホワイトハウス・ダウン ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
「インデペンデンス・デイ」「2012」のローランド・エメリッヒ監督が、謎の組織にホワイトハウスが乗っ取られ、ワシントンD.C.が危機に陥る様子を描くアクション大作。議会警察官のジョン・ケイルは、大統領のシークレットサービスになるため面接試験を受けるが不採用とな...
『ホワイトハウス・ダウン』 (こねたみっくす)
ローランド・エメリッヒ監督がセルフ・タブーに踏み込んだのか!? 『ザ・ロック』と『エンド・オブ・ホワイトハウス』を小ギャグで味付けしたかのように、新鮮味は皆無ではあるもの ...
ホワイトハウス・ダウン (映画の話でコーヒーブレイク)
暑い夏をぶっ飛ばすのに最適な、痛快アクション映画です。 「ダイハード」と「エアフォースワン」を足して2で割り、ホワイトハウストリビアを 散りばめたって感じです。 主人公の名前も「ダイハード」と同じジョン、お呼びじゃないのにたまたま居合わせて事件に巻き込ま....
「ホワイトハウス・ダウン」 サービス精神がギュッとコンパクトに (はらやんの映画徒然草)
今年は本作と「エンド・オブ・ホワイトハウス」という二つの作品で、ホワイトハウスが
ホワイトハウス・ダウン (だらだら無気力ブログ!)
予想以上に面白かったなぁ。
「ホワイトハウス・ダウン」 (ここなつ映画レビュー)
チャニング・テイタムつながり、という事で。「マジック・マイク」でノックアウトされた私は、彼の勇姿を観る為なら何でもします(笑)。アクションで魅せる事ができる役者なのは「エージェント・マロリー」で実証済みだし。 ローランド・エメリッヒ監督は、アメリ...
ホワイトハウス・ダウン 手に汗握ったけど・・・ね〜 (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜)
【=43 うち今年の試写会5】 朝早い新幹線で品川に帰ってきたので、このまま出勤します、大阪から東京は通勤圏内なんやと思ってしまうのはもちろんまったく勘違いです。  大統領ジェームズ・ソイヤー(ジェイミー・フォックス)を警護するシークレットサービスを目指....
ホワイトハウス・ダウン (映画的・絵画的・音楽的)
 『ホワイトハウス・ダウン』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)ことさら暑い今年の夏なのでスカッとするアクション物がいいのではと思い、映画館に行きました。  ホワイトハウスをめぐるアクション映画は、もう一つ『エンド・オブ・ホワイトハウス』も公開されている...
★ホワイトハウス・ダウン(2013)★ (Cinema Collection 2)
WHITE HOUSE DOWN 世界は、ここから落ちる 上映時間 132分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント) 初公開年月 2013/08/16 ジャンル アクション/サスペンス 映倫 G 【解説】 「インデペンデンス・デイ」「2012」の...
『ホワイトハウス・ダウン』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ホワイトハウス・ダウン」□監督 ローランド・エメリッヒ□脚本 ジェームズ・ヴァンダービルト□キャスト チャニング・テイタム、ジェイミー・フォックス、マギー・ギレンホール、       ジェームズ・ウッズ■鑑賞日 8月17...
『ホワイトハウス・ダウン』 愛国者の条件 (映画のブログ)
 異星人に制圧された米国と、その解放のために立ち上がる大統領を、米国の独立戦争になぞらえて描いた『インデペンデンス・デイ』(1996年)は、さぞかし米国民の愛国心を高揚させたに違いない。  その迫力あ...
「破壊王」 エメリッヒ参上! 〜『ホワイトハウス・ダウン』 (真紅のthinkingdays)
 WHITE HOUSE DOWN  議会警護官であるジョン・ケイル(チャニング・テイタム)は、ジェームズ・ソ イヤー大統領(ジェイミー・フォックス)をヒーローと崇める娘エミリー(ジョー イ・キン...
ホワイトハウス・ダウン (迷宮映画館)
おもしれかった!!よくできてたぞぉ。
ホワイトハウス・ダウン/WHITE HOUSE DOWN (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 「インデペンデンス・デイ」「デイ・アフター・トゥモロー」「2012」などパニック映画お得意、 ぶっ壊したら右に出るものなしの破壊王、ローランド・エメリッヒ監督最新作 「21ジャンプ・ストリート....
映画「ホワイトハウス・ダウン」 (FREE TIME)
映画「ホワイトハウス・ダウン」を鑑賞しました。
「ホワイトハウス・ダウン」 (或る日の出来事)
めっちゃ、おもしろいじゃん! で、ホワイトハウスにマリリンとの逢引き用秘密通路が、あるんかい!?
『ホワイトハウス・ダウン』 (pure breath★マリーの映画館)
            出会うはずのない警官と大統領。二人は世界支配を止められるのか? 『ホワイトハウス・ダウン』 監督・・・ローランド・エメリッヒ 出演・・・チャニング・テイタム、ジェイミー・フォックス、マギー・ギレンホール 他          ....
ホワイトハウス・ダウン (こんな映画見ました〜)
『ホワイトハウス・ダウン』---WHITE HOUSE DOWN---2013年(アメリカ)監督: ローランド・エメリッヒ出演:チャニング・テイタム、ジェイミー・フォックス 、マギー・ギレンホール 、ジェイソン・クラーク、リチャード・ジェンキンス 、ジョーイ・キング、ジェ...
ホワイトハウス・ダウン (銀幕大帝α)
WHITE HOUSE DOWN 2013年 アメリカ 132分 アクション/サスペンス 劇場公開(2013/08/16) 監督: ローランド・エメリッヒ『2012』 出演: チャニング・テイタム:ジョン・ケイル ジェイミー・フォックス:ジェームズ・ソイヤー大統領 マギー・ギレンホ....
ホワイトハウス・ダウン (いやいやえん)
チャニング・テイタムさんを主役に、ジェイミー・フォックスさんを大統領に据えた、「エンド・オブ・ホワイトハウス」に続くホワイトハウス陥落もの。うーんこれは甲乙つけがたい。どちらも娯楽映画として充分に楽しめます。色々被ってるところもあるけど。 しかし「...
映画『ホワイトハウス・ダウン』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-68.ホワイトハウス・ダウン■原題:White House Down■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:131分■料金:1,800円■観賞日:8月31日、新宿ピカデリー(新宿) □監督・製作:ローランド・エメリッヒ◆チャニング・テイタム◆ジェイミー・フォック...
ホワイトハウス・ダウン (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ローランド・エメリッヒ 出演:チャニング・テイタム、ジェイミー・フォックス、マギー・ギレンホール、ジェームズ・ウッズ 【解説】 『インデペンデンス・デイ』『2012』などのローランド・エメリッヒ監督が放つアクション大作。謎の武装集団に占拠されたホワイ...
ホワイトハウス・ダウン (miaのmovie★DIARY)
ホワイトハウス・ダウン [DVD](2014/06/04)チャニング・テイタム、ジェイミー・フォックス 他商品詳細を見る 【WHITE HOUSE DOWN】 制作国:アメリカ  制作年:2013年 ホワイトハウスが占拠されてしまうアメリカ史上最悪の危機に、たまたま 居合わせてしまった議...